ホーム ワイヤレス・コネクティビティ Bluetooth 製品

ワイヤレス・コネクティビティ


優れた性能

長距離通信向けに最適化された、信頼性の高い消費電力


フレキシブル

広範なマイコンと互換で、多くの開発ニーズに対応可能


使いやすさ

TI のモジュール・ソリューションは、統合型ソリューション、システム・オン・チップ、認証済みモジュールなどの開発期間を短縮可能


認証済み

FCC、IC、CE、Bluetooth SIG の認証済みで、開発期間を短縮可能

主な製品

TI の CC256x デバイス・ファミリでは、設計要件に応じてクラシック Bluetooth またはデュアル・モード Bluetooth / Bluetooth Low Energy ソリューションを選択できます。これらのソリューションは信頼性が高く、使いやすく、多数のアプリケーション・プロセッサとロイヤリティ・フリー・スタックを組み合わせた選択が可能で、高いフレキシビリティを特長としています。

cc2564c

CC2564C

CC2564MODA

CC2564MODA

CC2564MODN

CC2564MODN

CC2564

CC2564

Bluetooth BR-EDR
yes
yes
yes
yes
Bluetooth Low Energy
yes
yes
yes
yes
モジュール/IC IC モジュール モジュール IC
FCC/IC/CE 認定
no
yes
yes
no
Bluetooth 認定 5.1 4.1 4.1 4.1
内蔵アンテナ
no
yes
no
no

性能

TI のデュアル・モード Bluetooth デバイスは、最適化された消費電力で、信頼性の高い長距離通信を実現します。  

  • 100m 以上の距離
  • Tx 電力:+12dBm
  • Tx 感度:95dBm
  • 高度なパワー・マネージメント
  •       
bluetoothlogo

フレキシブル

CC256x デバイス・ファミリは、TI の MSP432™ マイコンMSP430™ マイコンTM4C マイコンAM335x Sitara™ プロセッサ、さらに TI 以外のプラットフォームも含め、多様なマイコンや MPU と互換で、多くのアプリケーションに対応可能なフレキシビリティを提供します。  各製品に対応するスタックの利用可能状況をご確認ください。

CC256X 向けの TI Bluetooth スタックの利用可能状況:  

  • クラシック Bluetooth と Bluetooth Low Energy(BLE)を同時にサポート
  • フレキシビリティが高く、ロイヤリティ・フリーのソフトウェア・スタック・オプション
  • デュアル・モード Bluetooth スタック、MSP43x™ マイコン用
  • デュアル・モード Bluetooth スタック、TI 以外のマイコン用
  • AM335x Sitara™ プロセッサ

ハードウェア(HW)、ソフトウェア(SW)、評価ツール、ユーザー・ガイドなど、CC256x とアプリケーション・プロセッサの組み合わせの詳細については、TI のセレクション・ガイドをご覧ください。

        

使いやすさ

エコシステム

TI は、開発をサポートするために多くのオンライン・リソースとツールを提供しています:  

モジュール

CC2564MODA(アンテナ内蔵)と CC2564MODN(アンテナ外付け)は、認証済みモジュールで、最小の RF 専門知識で、迅速な開発を可能にします。

認証済み

認証済みデュアル・モード Bluetooth デバイスは、Bluetooth SIG 認定済みであり、TI のモジュールは FCC、IC、CE 認証済みなので、開発期間を短縮できます。&この認証を基に開発中のデバイスで認証を受ける方法は以下のとおりです。

  • ハードウェア認証CC256x FCC Certification Guide Wiki
  • 各製品で Bluetooth SIG の認証が利用可能
  • 複数のプロファイルでホスト・スタック認証が利用可能
  •