ホーム ワイヤレス・コネクティビティ Sub-1GHz 製品

ワイヤレス・コネクティビティ

TI は Sub-1GHz RF 設計のパートナーです。フレキシブルな低消費電力 RF トランシーバとワイヤレス・マイコンで構成された TI の製品ラインアップを採用すると、高品質の無線と超低消費電力の特性を活用して、グローバル規模で展開の障壁を取り除くことができます。 

RF トランシーバ

20 年以上にわたる RF 分野の経験を活用した、業界で実証済みのトランシーバを使用できます

  • シンプルな SPI インターフェイス使用で、既存の各種マイコンに RF を追加できます
  • 産業用市場向けの各種高性能デバイス
  • 狭帯域と ETSI カテゴリ 1 向けの各種トランシーバ

Sub-1GHz ワイヤレス・マイコン

小規模アプリケーション向けの単一 IC で、開発中の設計を最適化できます

  • 最大 +20dBm に達する TX を搭載したパワー・アンプを内蔵
  • 最大 143dBm のリンク・バジェット
  • センサ・コントローラを使用しており、わずか 1μA で動作します

マルチバンド・ワイヤレス・マイコン

開発中の設計に、Sub-1GHz と 2.4GHz の同時接続を追加できます

  • ダイナミック・マルチプロトコル・マネージャにより並列動作を実現します
  • 単一の無線で Sub-1GHz と Bluetooth® Low Energy に対応しています
  • 開発中の設計に Bluetooth Low Energy を追加できます

TI の Sub-1GHz の利点

各種 Sub-1GHz ソリューションで構成された TI の幅広い製品ラインアップには、以下の特長があります。
  • 最小 -125dBm の感度と最大 4Mbps のデータ・レートを実現する各種トランシーバと SoC
  • 複数のメモリ・サイズでピン互換のワイヤレス・マイコン・ファミリ
  • 世界各地の複数の地域で使用されているマルチバンドに合わせて高度な構成が可能な無線
  • 高温時であっても非常に優れた超低消費電力特性
  • スタンバイ・モードでコード実行能力のある、プログラマブル・センサ・コントローラのコア 

Sub-1 GHz products by memory & pin out

あらゆるニーズに対応する各種ソフトウェア・ソリューション

ワイヤレス M-Bus プロトコル・ソフトウェア

ワイヤレス M-Bus (WMBUS) 規格は、欧州のスマート・メーター向けの仕様であり、水道、ガス、暖房、電力の各メーターとデータ収集デバイスとの間の RF 通信リンクをサポートしています。

TI 15.4-Stack ソフトウェア

FCC と ETSI に準拠、セキュリティ機能搭載、ワイヤレス・ファームウェア・アップグレードにも対応という、事前構築済みの仕様に基づく堅牢な自社独自ネットワークを構築することに関心をお持ちの場合、TI の 15.4-Stack を検討することをお勧めします。

mioty 技術向けのプロトコル・ソフトウェア

TI は mioty® Alliance の創設メンバーの 1 社であり、LPWAN (low-power wide-area networks、低消費電力広域ネットワーク) 向けの Sub-1GHz スペクトルに適した標準化済みプロトコルを提供できることをうれしく思っています。

独自仕様のソフトウェア

TI は、SimpleLink™ SDK (ソフトウェア開発キット) の一部として、複数の独自ソフトウェア・サンプルと資料で構成された信頼性の高いセットを提供しています。 EasyLink API レイヤを活用して、設計プロセスを簡素化することができます。  

Wi-SUN ソフトウェア

Wi-SUN は、スマート・メーターと都市向けの標準的なメッシュ・ワイヤレス・ネットワークです。詳細については、以下のリンクをご覧ください。

Sub-1GHz + Bluetooth ソフトウェア

TI のデュアル・バンド・デバイスを使用すると、開発中の Sub-1GHz ソリューションに Bluetooth Low Energy を追加できます。Bluetooth Low Energy を使用して、開発中のデバイスを構成、プロビジョニング、保守するためのソフトウェア・サンプルについては、SimpleLink Academy をご覧ください。

Amazon Sidewalk ソフトウェア

既存の Amazon インフラを活用し、開発中の製品で IoT クラウドとのコネクティビティを迅速に実現します。低コストかつ低消費電力でシングル・プロトコルまたはマルチプロトコルに対応した TI のワイヤレス・マイコンを活用する、具体的な実現方法をご確認ください。

開発中のソフトウェアとの組み合わせに最適な製品を検索できます

TI 15.4-Stack

WMBUS の C、S、T の各モード

WMBUS の N モード

mioty

Wi-SUN

独自

Amazon Sidewalk

周波数 (MHz) 433、868、915 433、868 169 868、915
868、915 プログラマブル 915
PHY のスループット (kbps) 5 ~ 200  32 ~ 100  2.4 ~ 19.2  0.4  50 ~ 200  2.5 ~ 1000

FSK – 50kbps

BLE – 2Mbps、1Mbps、500kbps、125kbps

ネットワークの種類 スター スター スター スター メッシュ スターとメッシュ スター
周波数ホッピング
オプション × いいえ オプション
ネットワーク・サイズ (最大) 1,000 1,000 1,000 10,000 またはそれ以上 5,000 プログラマブル 条件によって異なります。
実用的な範囲 100m ~ 2km 100m 2km 15km
100m 100m ~ 10km
100m ~ 2km
サポートされているデバイス CC1310CC1312RCC1352RCC1352P
CC1310
CC112x
CC1310CC1312R
 CC1200、    CC1312R、   CC1352P、   CC1352P7
CC1310、   CC1312RCC1352R、  CC1352P
  CC1312R、    CC1352R、   CC1352P

Sub-1GHz の開発を開始

TI のインタラクティブな SimpleLink Academy は、Sub-1GHz の独自ネットワークの製作や既存ネットワークの移行のための基盤として使用できます。

役に立つガイド

TI E2E™ サポート・フォーラムにアクセスし、クイック・スタート・ガイドを参照すると、Sub-1GHz 製品に関するヘルプや詳細を入手できます。

迅速なプロトタイピング

SimpleLink™ マルチバンド CC1352R ワイヤレス・マイコンの LaunchPad™ SensorTag キットを使用すると、Sub-1GHz センサ・ネットワークを数分で作成できます。または、TI の多くのサード・パーティーが提供しているワイヤレス・モジュールのいずれかを選択できます。

TI のモジュール・ベンダは、複数の外部部品をすでに組み込んであるソリューションを活用し、お客様の設計プロセスを迅速化できるようにします。