Thread 製品

IP ベースの低消費電力ワイヤレス・メッシュ・テクノロジーの採用で、ホーム・オートメーションとビル・オートメーションの高度化を推進

parametric-filter製品をすべて表示
Thread を活用すると、スマート・ロック、サーモスタット、その他のセンサやアクチュエータ・デバイスを、既存のクラウド・ベース・インフラやデジタル・アシスタントにシームレスに統合できます。SimpleLink™ ワイヤレス・マイコン製品ラインアップ上で動作する TI の各種 OpenThread サンプルは、0.85μA 以下のスリープ電流を実現します。さらに SimpleLink™ 製品ラインアップは、Thread 上で動作する Matter コネクティビティ規格 (以前の呼称は Project CHIP) もサポートしています。

カテゴリ別の参照

Thread 対応各種ワイヤレス・マイコン

高品質 Thread ワイヤレス・マイコン (MCU) で構成された TI の幅広い製品ラインアップを活用すると、開発中の設計をいっそう向上させることができます。主な特長は、最大 704KB のフラッシュ・メモリ、ソフトウェア互換性のある製品ラインアップなどです。

Matter 対応各種ワイヤレス・マイコン

Matter プロトコル向けに製作した、TI の革新的なワイヤレス・マイコン (MCU) 製品ラインアップを活用できます。主な特長は、最小消費電力の各種ソリューションと、より大容量の SRAM オプションによる高いフレキシビリティです。

Thread 対応各種ワイヤレス・マイコン

TI の事前認証済みシステム・イン・パッケージ (SiP) モジュールを使用すると、スペース制約が厳しいアプリケーションを強化し、開発期間を短縮することができます。

メモリと使用事例別の Thread 製品ラインアップ

設計プロセスと開発プロセスの簡素化

シンプルな設計、または複雑なシステム構築のどちらに取り組む場合でも、自信を持って設計を進めるだけの根拠が必要です。TI の包括的で使いやすいハードウェア・ツールやソフトウェア・ツールと、業界のエキスパートに 24 時間 365 日アクセスすることができるので、技術革新を推進しやすくなります。

詳細はこちら

設計と開発に役立つリソース

Design tool
SimplElink™ CC2xxx デバイス向けハードウェア設計レビュー

SimpleLink ハードウェアの設計レビュー・プロセスは、問い合わせの手段を提供します。その後、関連する設計に関するエキスパートと 1 対 1 で連絡、エキスパートはお客様の設計に対するレビューを実施し、役に立つフィードバックをお知らせします。レビューの依頼に関する 3 ステップのシンプルなプロセスと、関連する技術資料やリソースへのリンクは、こちらで見つかります。

開始

ステップ 1:レビューを依頼する前に、対応する製品ページ (以下の CC2xxx 製品ページへのリンクを参照) に掲載されている技術資料と設計や開発向けのリソースをお客様の側で参照することが重要です。
ステップ (...)

アプリケーション
Matter を使用するロックのサンプル
SimpleLink CC13xx と CC26xx の各ワイヤレス・マイコンで Matter を使用する方法を提示する TI の複数のサンプルを活用して、Matter アプリケーションの開発を開始することができます。
認証
OpenThread の認証
TI は SimpleLink ワイヤレス・マイコン・ファミリを通じて OpenThread をサポートしており、OpenThread の継続的な開発に積極的に貢献しています。

Thread と Matter 向けの TI 製品の利点

checkmark

業界をリードする低消費電力特性

温度範囲全体で 0.85μA のスタンバイ電流や、10dBm 以上の強度を確保できるクラス最高のコインセル動作などの特長を達成する TI の Thread デバイスや Matter デバイスを採用して、バッテリ動作期間を延長することができます。

checkmark

Matter 対応の製品ラインアップ

TI は CSA (Connectivity Standards Alliance、旧呼称は ZigBee Alliance) のプロモーター・メンバーであり、業界初の公開デモを実施した実績もあります。お客様は、IoT Matter プロジェクトの開発をすぐに開始するために必要なものすべてを TI から入手できます。 

checkmark

信頼性の高いソフトウェア・スタック

TI の SimpleLink™ ソフトウェア開発キット (SDK) を使用すると、任意のプロトコルやアプリケーションの開発を開始できます。この SDK は、TI の低消費電力デバイス向けに最適化済みで、非常に信頼性が高く完成度の優れたソフトウェア製品です。

checkmark

品質、信頼性、認証

Thread と Matter に対応する各種ソリューションは、最高の産業用規格と規制準拠規格を満たすことが実証済みかつテスト済みであり、CSA (Connectivity Standards Alliance、旧呼称は ZigBee Alliance) による容易な認証取得に役立ちます。

Matter コネクティビティ規格の概要 (英語)

Matter

新しい Matter 規格は従来、CHIP (Project Connected Home over IP:IP 上で動作するネットワーク接続型ホーム開発プロジェクト) と呼ばれていました。TI の SimpleLink™ ワイヤレス・マイコン・プラットフォームをベースとする、この規格に対応するデモをご覧ください。Matter は、互換性のある各種デバイスやシステムを相互接続するための単一の統合接続規格を実現します。メーカー各社はこの統合型アプリケーション・レイヤを活用して、開発期間を短縮し、IoT スマート・デバイス全体の互換性を向上させることができます。TI は、Matter アクセスで利用できるように、Thread ベースのすべてのトポロジをサポートしています。