Zigbee 製品

スマート・ホームおよびビル用の堅牢で低消費電力のメッシュ・ネットワーク

parametric-filter製品をすべて表示
ZigBee® は、標準ベースのワイヤレス・メッシュ・ネットワークであり、ビル・オートメーション、照明、スマート・シティ、医療、資産管理の各分野で広く使用されています。TI のスケーラブルな ZigBee 製品ラインアップは消費電力が最小のメッシュ・ソリューションを実現し、産業用温度範囲全体で複数年にわたるコインセル使用やバッテリ不要の動作を可能にします。TI は Connectivity Standards Alliance (CSA、旧呼称は ZigBee Alliance) のプロモーター・メンバーであり、10 年以上にわたって最新の規格に対応した高信頼性のスタック選択肢を提供してきました。TI が CSA に参加した結果、実証済みで安全かつ信頼性の高い低消費電力 ZigBee と超長距離通信を組み合わせた、ZigBee Sub-GHz などの新しい技術を市場に提供しやすくなります。

カテゴリ別の参照

種類別に選択

ZigBee ワイヤレス・マイコン

開発中の ZigBee ネットワークで活用できる内蔵パワー・アンプ、フレキシブルなメモリ、性能、パッケージ、コストのオプションを取り揃えた TI の各種高品質ワイヤレス・マイコン (MCU) を使用すると、開発中の設計を強化できます。

ZigBee ワイヤレス・モジュール

TI の事前認証済みシステム・イン・パッケージ (SiP) ワイヤレス・マイコンは、SiP フットプリント採用でレイアウトを 70% 小型化しているので、スペース制約が厳しいアプリケーションで、開発期間の短縮や消費電力の低減に役立ちます。

メモリと使用事例別の ZigBee 製品ラインアップ

設計プロセスと開発プロセスの簡素化

シンプルな設計、または複雑なシステム構築のどちらに取り組む場合でも、自信を持って設計を進めるだけの根拠が必要です。TI の包括的で使いやすいハードウェア・ツールやソフトウェア・ツールと、業界のエキスパートに 24 時間 365 日アクセスすることができるので、技術革新を推進しやすくなります。

詳細はこちら

設計と開発に役立つリソース

Design tool
SimplElink™ CC2xxx デバイス向けハードウェア設計レビュー

SimpleLink ハードウェアの設計レビュー・プロセスは、問い合わせの手段を提供します。その後、関連する設計に関するエキスパートと 1 対 1 で連絡、エキスパートはお客様の設計に対するレビューを実施し、役に立つフィードバックをお知らせします。レビューの依頼に関する 3 ステップのシンプルなプロセスと、関連する技術資料やリソースへのリンクは、こちらで見つかります。

開始

ステップ 1:レビューを依頼する前に、対応する製品ページ (以下の CC2xxx 製品ページへのリンクを参照) に掲載されている技術資料と設計や開発向けのリソースをお客様の側で参照することが重要です。
ステップ (...)

計算ツール
Z-Stack™ power calculator tool (Z-Stack™ 電力カリキュレータ・ツール)
SimpleLink™ Z-Stack™ ソフトウェアのユーザーは、このツールを使用すると、Zigbee アプリケーション内にある、スリープ状態の多いエンド・デバイスのシステム電力プロファイルを分析できます。
トレーニング
ZigBee アプリケーション・ビルダ
SysConfig 内で ZigBee Cluster Library (ZCL:ZigBee クラスタ・ライブラリ) の特性を自動的に構成する方法で、ZigBee アプリケーションの開発を開始できます。

ZigBee で TI を選択する理由

checkmark

業界をリードする低消費電力特性

温度範囲全体で 0.85μA のスタンバイ電流や、10dBm 以上の強度を確保できるクラス最高のコインセル動作などの特長を達成する TI の ZigBee デバイスを採用して、バッテリ動作期間を延長することができます。

checkmark

いっそうの長距離に対応するメッシュ・ネットワーク

Zigbee Sub-GHz 向けのオプションを取り揃え、+20dBm の強度を達成して消費電力を業界最小クラスに抑えたパワー・アンプを内蔵しており、到達距離の延長と消費電力の低減を実現できます。

checkmark

信頼性の高いソフトウェア・スタック

TI の SimpleLink™ ソフトウェア開発キット (SDK) を使用すると、任意のプロトコルやアプリケーションの開発にこの 1 箇所で対処できます。この SDK は、TI の低消費電力デバイス向けに最適化済みで、非常に信頼性が高く完成度の優れたソフトウェア製品です。

checkmark

品質、信頼性、認証

TI の ZigBee ソリューションは、産業用規格と規制準拠規格に適合することが実証済みかつテスト済みであり、CSA (Connectivity Standards Alliance、旧呼称は ZigBee Alliance) による容易な認証取得に役立ちます。

ZigBee Sub-GHz の概要

長距離メッシュ・ネットワーク

到達距離の延長、干渉の低減、メッシュ・ネットワーク、相互運用性、自己修復型ネットワークを想定するネットワーク接続型ビル・アプリケーション (ビル・オートメーションなど) で、新しい ZigBee Sub-GHz プロトコルを採用した TI の SimpleLink™ ワイヤレス・マイコン・プラットフォームをどのように活用できるかをご確認ください。

技術リソース

resourceType:certifications
resourceType:certifications
ZigBee 製品認証の概要
TI の ZigBee デバイスを採用すると、開発した最終製品に対する認証を ZigBee Special Interest Group (SIG) から取得し、各種規格の規制に準拠することができます。
関連資料
関連資料
TI RF 距離推定ツール
このツールを使用すると、TI のワイヤレス・デバイスを使用した屋内や屋外の RF リンクで、実用的な距離推定値を計算できます。
アプリケーション・ノート
アプリケーション・ノート
Z-Stack Large Mesh Network Performance Using the SimpleLink™ Wireless MCU Family (Rev. B)
このアプリケーション・レポートは、Z-Stack 3.5.0 が動作している SimpleLink CC1352P と CC2652R の各デバイスを使用して ZigBee® 3.0 大規模メッシュ・ネットワーク・テストを実行するプロセスを説明します。
document-pdfAcrobat PDF