トップ

製品の詳細

パラメータ

Resolution (Bits) 16 Number of input channels 1 Sample rate (Max) (kSPS) 100 Interface Serial, SPI Architecture SAR Input type Single-Ended Multi-channel configuration Rating Catalog Reference mode Ext Input range (Max) (V) 5.25 Input range (Min) (V) 0 Features Operating temperature range (C) -40 to 85 Power consumption (Typ) (mW) 4.5 Analog voltage AVDD (Min) (V) 2.7 SNR (dB) 92 Analog voltage AVDD (Max) (V) 5.25 INL (Max) (+/-LSB) 7.9 Digital supply (Min) (V) 2.7 Digital supply (Max) (V) 5.25 Approx. price (US$) 5.06 | 1ku open-in-new その他の 高精度 ADCs (<=10MSPS)

パッケージ|ピン|サイズ

VSSOP (DGK) 8 15 mm² 3 x 4.9 open-in-new その他の 高精度 ADCs (<=10MSPS)

特長

  • 100kHzのサンプリング・レート
  • Power
    • 100kHz、2.7Vで1.8mW
    • 10kHz、2.7Vで0.3mW
  • パワーダウン時: 3µA (最大値)
  • 8ピンのVSSOPパッケージ
  • ADS7816およびADS7822とピン互換
  • シリアル(SPI/SSI)インターフェイス

アプリケーション

  • バッテリ動作のシステム
  • リモート・データ収集
  • 絶縁型データ収集
  • 同時サンプリング、マルチチャネル・システム
  • 産業用制御
  • ロボティクス
  • 振動解析

All trademarks are the property of their respective owners.

open-in-new その他の 高精度 ADCs (<=10MSPS)

概要

ADS8320デバイスは、2.7V~5.25Vの電源電圧範囲で動作が保証された、16ビット・サンプリングのアナログ/デジタル(A/D)コンバータです。100kHzのフル・データ・レートで動作している時でも、必要な電力は非常に微少です。それより低いデータ・レートでは、このデバイスの高速性により、大半の時間をパワー・ダウン・モードとすることができます。平均消費電力は、10kHzのデータ・レート時で100mW未満です。

また、ADS8320は2V~5.25Vでの動作、同期シリアル(SPI/SSI互換)インターフェイス、差動入力も特長です。基準電圧は、500mV~VCCの範囲で任意のレベルに設定可能です。

非常に消費電力が低く、小型のため、ADS8320は携帯およびバッテリ駆動のシステムに理想的です。また、リモート・データ収集モジュール、同時マルチチャネル・システム、絶縁型データ収集にも最適です。ADS8320は8ピンのVSSOPパッケージで供給されます。

open-in-new その他の 高精度 ADCs (<=10MSPS)
ダウンロード

技術資料

= 主要な資料
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。 すべて表示 15
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート ADS8320 16ビット、高速、2.7V~5V microPowerサンプリング A/Dコンバータ データシート (Rev. E 翻訳版) 英語版をダウンロード (Rev.E) 2017年 2月 7日
その他の技術資料 電圧リファレンスを使用した設計のヒントとコツ 英語版をダウンロード 2018年 3月 23日
技術記事 Trends in building automation: predictive maintenance 2016年 11月 1日
ホワイト・ペーパー Voltage-reference impact on total harmonic distortion 2016年 8月 1日
技術記事 Can I get that shunt reference to go, please? 2016年 2月 29日
その他の技術資料 Best of Baker's Best: Precision Data Converters -- SAR ADCs 2015年 5月 21日
技術記事 Understanding Voltage References: Ultra-low dropout - not just for the series reference 2015年 4月 30日
アプリケーション・ノート Determining Minimum Acquisition Times for SAR ADCs, part 2 2011年 3月 17日
アプリケーション・ノート 高速データ変換 英語版をダウンロード 2009年 12月 11日
アプリケーション・ノート データ収集と A/D 変換の原理 最新の英語版をダウンロード (Rev.A) 2009年 8月 5日
アプリケーション・ノート データ・コンバータのドリフトに関する設計者の必須知識: 最悪劣化度の構成要素を理解して仕様の条件を減らす 英語版をダウンロード 2009年 4月 22日
その他の技術資料 ADS832x Videocast 2008年 7月 10日
アプリケーション・ノート アナログ・デジタルの仕様とパフォーマンス特性の用語集 (Rev. A 翻訳版) 最新の英語版をダウンロード (Rev.B) 2008年 1月 18日
アプリケーション・ノート Interfacing the ADS8320/ADS8325 to TMS320C6711 DSP 2003年 6月 27日
アプリケーション・ノート Interfacing the ADS8320 ADC to the TMS320C5402 DSP 2001年 1月 10日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ハードウェア開発

評価基板 ダウンロード
概要

ADC-INPUT-CALC は A/D コンバータ(ADC)に対する入力バッファの設計をサポートするオンライン・ツールです。ADC 入力の駆動に使用可能な 24 種類のオペアンプ・ベース・バッファ回路を用意しています。使用可能なトポロジーは差動、シングルエンド、トランス結合型入力です。AC 結合型と DC 結合型の設計、単一電源とデュアル電源トポロジーをサポートしています。Beginner モードと Expert モードの 2 つのモードを提供しています。Beginner モードでは質問に対する答えが用意されています。さらに、ソリューションの回路図が表示されます。場合によってはソリューションのオプション・バージョンが複数表示されます。Expert モードでは使用可能な 24 ソリューションすべてがブロック図の形で表示されます。希望のトポロジーをクリックするだけで、ソリューションの回路図にジャンプできます。この回路図には設計の主要な特長の概要が記載されています。場合によっては別のビルトイン・ユーティリティへのリンクも表示され、コンポーネント選択をさらに調整することが可能です。

評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
概要

ADCPro™ は、高価なロジック・アナライザや複雑な解析ルーチンを必要とせずに A/D コンバータ(ADC)を評価できるモジュール型ソフトウェア・システムです。単独使用では、ADC (...)

特長

TI の ADCPro™ ソフトウェアは ADC データの収集と解析を簡素化し、評価を容易にします。これにより、評価システムの容易な設定が可能になります。この評価システムは、実際のシステムと多少異なる場合がありますが、システム要件と対比可能で重要な結果が得られます。

  • データ・セットの保存 / 読み出し機能
  • モジュール型設計により EVM とテストのサポートの追加が可能
  • 時間、ヒストグラム、周波数ドメイン(周波数領域)でのテスト

ADCPro&trade (...)

評価基板 ダウンロード
概要

ADS8320EVM-PDK は包括的な評価/デモ・キットで、DSP ベースの MMB0 ボードをマザーボードとして使用し、ADS8320EVM と組み合わせています。このマザーボードと ADCPro™ 評価ソフトウェアは Microsoft™ Windows オペレーティング・システムを駆動する PC での使用に最適です。ボードの組み合わせにより、ADS8320 の包括的な評価が可能になります。

特長
  • Microsoft™ Windows に対応した使いやすい評価ソフトウェア
  • データ収集をテキスト・ファイルに出力
  • オシロスコープ、FFT、ヒストグラム・ディスプレイなどのビルトイン分析ツール
  • ボード設定の包括的な制御
  • TI の新しい分析プラグイン・ツールにより容易に拡張可能

ソフトウェア開発

IDE (統合開発環境)、構成機能、コンパイラ、デバッガ ダウンロード
DCPFREETOOL ソフトウェア・プラグイン、Code Composer Studio 用
DCPFREETOOL The data converter support plug-in is a free tool, which allows the user of Code Composer Studio™ to create initialization data and configuration software for Texas Instruments data converters based on inputs on a graphical user interface.

IMPORTANT: Please read the following before downloading the (...)

特長

The data converter support plug-in (DCP) is a component of TI's Code Composer Studio™ and offers easy-to-use windows for the "point-and-click" configuration of TI's data converters from within the integrated development environment (IDE), preventing illegal combinations of settings. The DCP (...)

設計ツールとシミュレーション

シミュレーション・ツール ダウンロード 計算ツール ダウンロード
アナログ技術者向けカリキュレータ
ANALOG-ENGINEER-CALC — アナログ・エンジニア向けカリキュレータは、アナログ回路設計エンジニアが日常的に繰り返し行っている計算の多くを迅速化します。この PC ベース・ツールはグラフィカル・インターフェイスにより、帰還抵抗を使用したオペアンプのゲイン設定から、A/D コンバータ(ADC)のドライブ・バッファ回路の安定化に最適な部品の選択に至るまで、一般的に行われている各種計算のリストを表示します。スタンドアロン・ツールとして使用できるほか、『アナログ回路設計式一覧ポケット・ガイド』で説明されているコンセプトと組み合わせることもできます。
特長
  • A/D コンバータ(ADC)と D/A コンバータ(DAC)の回路設計を迅速化
    • ノイズの計算
    • 一般的な単位変換
  • アンプ回路設計の一般的な問題を解決
    • 標準的な抵抗を使用してゲインを選択
    • フィルタの構成
    • 一般的なアンプ構成の総ノイズ
  • PCB 寄生成分の計算(R、L、C など)
  • 一般的なセンサのセンサ出力値の算定(RTD、熱電対など)
  • 受動回路の一般的な問題を解決(受動部品を使用する電圧デバイダなど)
計算ツール ダウンロード
ジッタおよび SNR カリキュレータ、ADC 用
JITTER-SNR-CALC JITTER-SNR-CALC の使用により、入力周波数とクロック・ジッタに基づく ADC の理論上の信号対ノイズ比(SNR)性能の計算が可能になります。

リファレンス・デザイン

リファレンス・デザイン ダウンロード
TIDM-WLMOTORMONITOR
TIDM-WLMOTORMONITOR この TI Design は、モーターと機械の状態を監視し、保守(または交換)の予測と日程設定を高精度で実施すると同時に、産業界における製造時にコストとダウン時間の最小化を実現するためのリファレンス・デザインです。現在、数百万個の産業用モーターでは、ハンドヘルドまたは有線式のピエゾ加速度計センシング・デバイスを使用して監視が行われています。こうしたモーター監視コストは、モーター 1 台あたり年間約 300 ドルに上ります。

近年の超低消費電力プロセッサ技術の進歩や、無線、ピエゾ・センサの小型化に伴い、ワイヤレス機能を採用した小型、低コストのモーター監視機能の開発と普及が進展しています。これらのワイヤレス・モーター・モニタは、コイン・セルを電源としており、そのバッテリ寿命は 10 年以上に達します。これらのシステムは、既存のハンドヘルド・システムと同様なレベルの感度で状態を把握し、振動に関するデータを収集するとともに、データに関するスペクトラム分析を実行します。内蔵のインテリジェンス機能を活用して、直接のアクセスが難しい場所にこれらのシステムを配備、監視を行うことができます。これらの機能によりコストの節約が可能になり、システム導入コストを数か月で回収できます。このモーター・ワイヤレス監視用リファレンス・デザインは、開発とテストの目的で 2 つの異なるフォーム・ファクタを使用していますが、これらは電気的には同等です。

フォーム・ファクタは、以下のとおりです。

  • モジュール形式フォーム・ファクタ
  • コンパクト・フォーム・ファクタ

モジュール形式フォーム・ファクタは、TI LaunchPad™ 開発キットと EM (...)

document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
VSSOP (DGK) 8 オプションの表示

購入と品質

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示