トップ

製品の詳細

パラメータ

詳細を表示できません。製品の データシートを参照してください。

特長

  • サンプリング・レート:1.25MHz
  • 積分非直線性INL:±1.5LSB(Typ)、±2.5LSB(Max)
  • 微分非直線性DNL:+0.8/–0.6LSB(Typ)、+1.5/–1LSB(Max)
  • ノー・ミッシング・コード:18ビット(TA = -40°C~ +85°C)
  • オフセット誤差:±0.5mV
  • オフセット誤差ドリフト:±0.05ppm/°C
  • ゲイン誤差:±0.1%FSR
  • ゲイン誤差ドリフト:±0.5ppm/°C
  • SNR:98.5dB,THD:-120dB、SFDR:121dB
  • ゼロ・レイテンシー
  • 低消費電力:235mW(Typ 1.25MSPS時)
  • 疑似バイポーラ完全差動入力範囲:Vref ~ –Vref
  • ドリフト6ppm/°Cのリファレンス内蔵
  • リファレンス・バッファ内蔵
  • 高速パラレル・インターフェイス
  • デジタル電源:2.7V~5.25V
  • バス伝送:8/16/18ビット
  • 48ピン7 × 7QFNパッケージ
  • アプリケーション
    • 医療機器
    • 光ネットワーク
    • トランスデューサ用インターフェイス
    • 高精度データ・アクイジション・システム
    • マグネットメータ

open-in-new その他の 高精度 ADCs (<=10MSPS)

概要

ADS8484は18ビット、1.25MSPSのADコンバータであり、4.096Vの内部リファレンスおよび疑似バイポーラ、完全差動入力 を備えています。本デバイスは、固有のサンプル・アンド・ホールド回路を備えた、コンデンサをベースとした18ビットの逐次比較型ADコンバータです。また、ADS8484はフルで18ビットのインターフェイスを備え、データが2リード・サイクルで読み取られる16ビットのオプションと、3リード・サイクルを使用する8ビット・バスのオプションがあります。

ADS8484は48ピンの7 × 7QFNパッケージで入手でき、産業用の–40℃から85℃の温度範囲で特性が規定されています。

open-in-new その他の 高精度 ADCs (<=10MSPS)
ダウンロード

技術資料

= 主要な資料
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。 すべて表示 10
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート 18 ビット、1.25MSPS、擬似バイポーラ、完全差動入力、マイクロパワー、AD コンバータ パラレル・インターフェイス、リファレンス付き データシート 英語版をダウンロード 2008年 5月 15日
セレクション・ガイド 高精度データ・コンバータ・セレクション・ガイド (Rev. A 翻訳版) 最新の英語版をダウンロード (Rev.B) 2017年 9月 21日
ホワイト・ペーパー Voltage-reference impact on total harmonic distortion 2016年 8月 1日
その他の技術資料 Best of Baker's Best: Precision Data Converters -- SAR ADCs 2015年 5月 21日
アプリケーション・ノート Determining Minimum Acquisition Times for SAR ADCs, part 2 2011年 3月 17日
アプリケーション・ノート 高速データ変換 英語版をダウンロード 2009年 12月 11日
アプリケーション・ノート データ収集と A/D 変換の原理 最新の英語版をダウンロード (Rev.A) 2009年 8月 5日
アプリケーション・ノート データ・コンバータのドリフトに関する設計者の必須知識: 最悪劣化度の構成要素を理解して仕様の条件を減らす 英語版をダウンロード 2009年 4月 22日
ユーザー・ガイド ADS848xEVM User's Guide 2008年 9月 9日
アプリケーション・ノート アナログ・デジタルの仕様とパフォーマンス特性の用語集 (Rev. A 翻訳版) 最新の英語版をダウンロード (Rev.B) 2008年 1月 18日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ハードウェア開発

評価基板 ダウンロード
概要

ADC-INPUT-CALC は A/D コンバータ(ADC)に対する入力バッファの設計をサポートするオンライン・ツールです。ADC 入力の駆動に使用可能な 24 種類のオペアンプ・ベース・バッファ回路を用意しています。使用可能なトポロジーは差動、シングルエンド、トランス結合型入力です。AC 結合型と DC 結合型の設計、単一電源とデュアル電源トポロジーをサポートしています。Beginner モードと Expert モードの 2 つのモードを提供しています。Beginner モードでは質問に対する答えが用意されています。さらに、ソリューションの回路図が表示されます。場合によってはソリューションのオプション・バージョンが複数表示されます。Expert モードでは使用可能な 24 ソリューションすべてがブロック図の形で表示されます。希望のトポロジーをクリックするだけで、ソリューションの回路図にジャンプできます。この回路図には設計の主要な特長の概要が記載されています。場合によっては別のビルトイン・ユーティリティへのリンクも表示され、コンポーネント選択をさらに調整することが可能です。

設計ツールとシミュレーション

シミュレーション・モデル ダウンロード
SLAM071.ZIP (53 KB) - IBIS Model
シミュレーション・ツール ダウンロード 計算ツール ダウンロード
アナログ技術者向けカリキュレータ
ANALOG-ENGINEER-CALC — アナログ・エンジニア向けカリキュレータは、アナログ回路設計エンジニアが日常的に繰り返し行っている計算の多くを迅速化します。この PC ベース・ツールはグラフィカル・インターフェイスにより、帰還抵抗を使用したオペアンプのゲイン設定から、A/D コンバータ(ADC)のドライブ・バッファ回路の安定化に最適な部品の選択に至るまで、一般的に行われている各種計算のリストを表示します。スタンドアロン・ツールとして使用できるほか、『アナログ回路設計式一覧ポケット・ガイド』で説明されているコンセプトと組み合わせることもできます。
特長
  • A/D コンバータ(ADC)と D/A コンバータ(DAC)の回路設計を迅速化
    • ノイズの計算
    • 一般的な単位変換
  • アンプ回路設計の一般的な問題を解決
    • 標準的な抵抗を使用してゲインを選択
    • フィルタの構成
    • 一般的なアンプ構成の総ノイズ
  • PCB 寄生成分の計算(R、L、C など)
  • 一般的なセンサのセンサ出力値の算定(RTD、熱電対など)
  • 受動回路の一般的な問題を解決(受動部品を使用する電圧デバイダなど)
計算ツール ダウンロード
ジッタおよび SNR カリキュレータ、ADC 用
JITTER-SNR-CALC JITTER-SNR-CALC の使用により、入力周波数とクロック・ジッタに基づく ADC の理論上の信号対ノイズ比(SNR)性能の計算が可能になります。

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
VQFN (RGZ) 48 オプションの表示

購入と品質

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示