トップ

製品の詳細

パラメータ

Arm MHz (Max.) 1500 DSP 1 C66x Co-processor(s) Arm Cortex-M4, PRU-ICSS Display type 3 LCD and 1 HDMI 1.4a Graphics acceleration 1 2D, 1 3D Camera MIPI CSI-2, Parallel Ethernet MAC 10/100/1000, 2-Port 1Gb Switch, 4-Port 10/100 PRU EMAC, 6-Port 10/100 PRU EMAC Serial I/O CAN, I2C, McASP, McSPI, SPI, UART, USB Industrial protocols EtherCAT, EtherNet/IP, POWERLINK, PROFIBUS, PROFINET RT/IRT, SERCOS III Security enabler Cryptographic acceleration, Debug security, Device identity, External memory protection, Initial secure programming, Secure boot, Secure storage, Software IP protection, Trusted execution environment Operating temperature range (C) -55 to 125 Arm CPU 1 Arm Cortex-A15 PCI/PCIe 2 PCIe Gen 2 DRAM DDR3, DDR3L Rating HiRel Enhanced Product open-in-new その他の AM5x Arm Cortex-A15 プロセッサ

特長

  • シリコン・リビジョン1.0の情報については、SPRS919を参照
  • ARM® Cortex®-A15マイクロプロセッサ・サブシステム
  • C66x浮動小数点VLIW DSP
    • C67xおよびC64x+と完全にオブジェクト・コード互換
    • サイクルごとに最高32回の16×16ビット固定小数点乗算
  • 最大512KBのオンチップL3 RAM
  • レベル3 (L3)とレベル4 (L4)の相互接続
  • DDR3/DDR3Lメモリ・インターフェイス(EMIF)モジュール
    • DDR3-1333 (667MHz)までをサポート
    • 単一チップ・セレクトで最大2GB
  • デュアルARM® Cortex®-M4コプロセッサ
  • IVA-HDサブシステム
  • ディスプレイ・サブシステム
    • フルHDビデオ(1920×1080p、60fps)
    • 複数のビデオ入力とビデオ出力
    • 2Dおよび3Dグラフィックス
    • DMAエンジンを搭載し、最大3つのパイプラインを持つディスプレイ・コントローラ
    • HDMI™エンコーダ: HDMI 1.4aおよびDVI 1.0準拠
  • 2x デュアルコアのプログラマブルなリアルタイム・ユニットと産業用通信サブシステム(PRU-ICSS)
  • アクセラレータ(BB2D)サブシステム
    • Vivante™ GC320コア
  • ビデオ・プロセッシング・エンジン(VPE)
  • シングル・コアのPowerVR® SGX544 3D GPUを利用可能
  • 1つのビデオ入力ポート(VIP)モジュール
    • 最大4つの多重化された入力ポートをサポート
  • 汎用メモリ・コントローラ(GPMC)
  • 拡張ダイレクト・メモリ・アクセス(EDMA)コントローラ
  • イーサネット・サブシステム
  • 16個の32ビット汎用タイマ
  • 32ビットMPUウォッチドッグ・タイマ
  • 5つのI2C (Inter-Integrated Circuit)ポート
  • HDQ™/1-Wire®インターフェイス
  • 10個の構成可能なUART/IrDA/CIRモジュール
  • 4つのマルチチャネル・シリアル・ペリフェラル・インターフェイス(McSPI)
  • クワッドSPIインターフェイス(QSPI)
  • SATA Gen2インターフェイス
  • 8つのマルチチャネル・オーディオ・シリアル・ポート(McASP)モジュール
  • SuperSpeed USB 3.0デュアル・ロール・デバイス
  • High-Speed USB 2.0デュアル・ロール・デバイス
  • 4つのマルチメディア・カード/セキュア・デジタル/セキュア・デジタル入出力インターフェイス(MMC/SD/SDIO)
  • 2本の5Gbpsレーンを持つPCI Express® 3.0サブシステム
    • 1つの2レーン、Gen2準拠のポート
    • または2つの1レーン、Gen2準拠のポート
  • デュアル・コントローラ・エリア・ネットワーク(DCAN)モジュール
    • CAN 2.0Bプロトコル
  • MIPI® CSI-2カメラ・シリアル・インターフェイス
  • 最大215の汎用I/O (GPIO)ピン
  • 電源、リセット、クロック管理
  • CToolsテクノロジによるオンチップ・デバッグ
  • 28nm CMOSテクノロジ
  • 23mm×23mm、0.8mmピッチ、760ピンBGA (ZBO)

All trademarks are the property of their respective owners.

open-in-new その他の AM5x Arm Cortex-A15 プロセッサ

概要

AM5718-HIREL Sitara ARMアプリケーション・プロセッサは、今日の組み込み製品に求められる高度な処理の要求を満たすため開発された製品です。

AM5718-HIRELデバイスは、完全に統合された混在プロセッサ・ソリューションの最高の柔軟性により、高い処理性能を実現します。このデバイスには、プログラム可能なビデオ処理と、高度に統合されたペリフェラル・セットも組み込まれています。

Neon™拡張機能を搭載したシングル・コアのARM Cortex-A15 RISC CPUと、TI C66x VLIW浮動小数点DSPコアにより、プログラムが可能です。ARMプロセッサにより、開発者は制御機能と、DSPおよびコプロセッサ上でプログラムされるビジョン・アルゴリズムとを分離して、システム・ソフトウェアの複雑性を低減できます。

さらに、TIはARMおよびC66x DSP用に完全な開発ツールのセットを提供しており、Cコンパイラ、DSPアセンブリ・オプティマイザなどを使用してプログラミングとスケジューリングを簡素化し、デバッグ・インターフェイスによってソースコードの実行を見通すことができます。

AM5718-HIREL Sitara ARMプロセッサ・ファミリは、AEC-Q100標準に従って認定済みです。

open-in-new その他の AM5x Arm Cortex-A15 プロセッサ
ダウンロード

技術資料

= TI が選択したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。 すべて表示 14
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート AM5718-HIREL Sitaraプロセッサシリコン・リビジョン2.0 データシート 英語版をダウンロード 2017年 8月 28日
* エラッタ AM571x and AM570x Sitara Processor Silicon Errata (Silicon Revision 2.0, 1.0) 2018年 3月 29日
技術記事 Designing smarter remote terminal units for microgrids 2019年 10月 2日
アプリケーション・ノート AM57x Schematic Checklist 2019年 7月 9日
技術記事 Security versus functional safety: a view from the Processor Software Development Kit 2019年 5月 31日
ユーザー・ガイド AM571x and AM570x Sitara Processor Technical Reference Manual 2019年 5月 9日
アプリケーション・ノート AM572x/AM574x PCB Escape Routing 2019年 3月 19日
アプリケーション・ノート Common EOS Pitfalls in Board Design 2019年 2月 13日
アプリケーション・ノート AM57x Hardware Design Guide 2019年 1月 25日
アプリケーション・ノート PRU-ICSS / PRU_ICSSG Migration Guide 2018年 11月 5日
技術記事 Simplified software development through the Processor SDK and tools 2018年 10月 2日
技術記事 Processor SDK: one for all and all for one 2018年 6月 27日
アプリケーション・ノート Ethernet PHY Configuration Through MDIO for Industrial Applications 2017年 12月 11日
ホワイト・ペーパー Enable security and amp up chip performance w/ hardware-accelerated cryptograpy 2016年 8月 11日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ハードウェア開発

評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
599
概要

ステップ 1:EVM を購入
ステップ 2:クイック・スタート・ガイドをダウンロード
ステップ 3:プロセッサ SDK をダウンロード

AM572x 評価基板は Sitara™ Arm® Cortex®-A15 AM57x プロセッサ(AM5728AM5726AM5718AM5716)の迅速な評価を可能にし、HMI、マシン・ビジョン、ネットワーキング、医療用画像処理などの多くの産業用アプリケーションの開発期間を短縮する低コストのプラットフォームです。デュアル Arm Cortex-A15、デュアル C66x DSP プロセッサをベースとする開発プラットフォームで、PCIe、SATA、HDMI、USB 3.0/2.0、デュアル・ギガビット・イーサネットなど多数のコネクティビティを統合しています。

この評価基板はビデオ、3D/2D グラフィック・アクセラレーション機能や、デュアルコア・プログラマブル・リアルタイム・ユニット(PRU)、デュアル Arm Cortex-M4 コアも統合しています。

特長
ハードウェア ソフトウェア コネクティビティ
  • AM5728 プロセッサ
  • 2GB DDR3L
  • TPS659037 電源 IC
  • 7 インチ WVGA 静電容量式タッチスクリーン LCD
  • 3MP(3 メガピクセル)カメラ・モジュール(非搭載。https://www.ti.com/tool/TMDSCM572X で注文する必要があります)
  • 4GB eMMC
  • Linux
  • TI-RTOS
  • ギガビット・イーサネット(2)
  • MiniPCIe
  • e/mSATA
  • Micro SD カード
  • Micro USB 2.0
  • USB 3.0 ハブ(3)
  • HDMI
  • オーディオ入出力
  • WiLink8 コネクタ
評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
899
概要

TMDXIDK5718:AM571x 産業用開発キット(IDK)は、1.5GHz で動作する Cortex A-15 を搭載し、産業用アプリケーションをターゲットとするシングル・コアの AM57x をサポートしています。

  1. 6 ポートのイーサネット、2 x RGMII、4 x MII を同時サポート
  2. 産業用イーサネットと Fieldbus の各プロトコルを統合しており、マスター / スレーブ、マスター / マスター、またはスレーブ / スレーブの同時動作
  3. 高速パラレル外部インターフェイス用の PCie と GPMC の拡張ポート
  4. マシン・ビジョン・アプリケーションを実現するカメラ・ドーター・カード
  5. スケーラブルなHMI アプリケーションに最適な 10 インチ静電容量性タッチ・ディスプレイ・オプション
  6. HLOS(高水準 OS)として、低レイテンシのディタミニスティック TI-RTOS と RT-Linux をサポートしています。パートナーが提供する付加的な OS サポートも利用できます。
特長
  • 6 ポートのイーサネットを同時利用可能
  • 産業用イーサネットと Fieldbus の各プロトコルをサポート
  • ECC 付き 1GB DDR、16GB eMMC、32MB QSPI NOR フラッシュ
  • カメラ・ドーター・カードが付属
評価基板 ダウンロード
AM57x IDK LCD キット
TMDXIDK57X-LCD
document-generic ユーザー・ガイド
199
概要

AM57x 産業用開発キット(IDK)の LCD 画面は AM57x の IDK とともに使用し、HMI、パネル PC、高解像度ディスプレイなどの評価向けに、タッチ機能とディスプレイ機能を追加することができます。AM57x IDK の LCD 画面は 10.1 インチのディスプレイで、1080p の解像度(1920 x 1200)を使用し、10 点の静電容量式タッチをサポートしています。この LCD 画面と、Processor-SDK-Linux-RT の組み合わせは、AM57x IDK(TMDXIDK5728)でサポートされています。

特長
ハードウェアソフトウェア
10.1 インチの LCD 画面(1920 x 1200) Linux RT

ソフトウェア開発

ソフトウェア開発キット (SDK) ダウンロード
AM57x Sitara™ プロセッサ向けプロセッサ SDK - Linux, TI-RTOS, Android サポート
PROCESSOR-SDK-AM57X プロセッサ SDK(ソフトウェア開発キット)は、TI の組込みプロセッサ向けに統合ソフトウェア・プラットフォームで、セットアップが簡単で、ベンチマークとデモへの迅速なアクセスが可能です。すべての新しいプロセッサ SDK は TI の広範なプラットフォームに対応した一貫性を確保しており、複数のデバイス間でソフトウェアのシームレスな再利用や移行を行えます。プロセッサ SDK と TI の組込みプロセッサ・ソリューションは、スケーラブル・プラットフォーム・ソリューションの開発を極めて容易にします。

プロセッサ SDK v.02.xx は、Linux、TI-RTOS、Android の各オペレーティング・システムをサポートしています。

Linux の構成要素:

  • LTS(Long-Term Stable)メインライン Linux カーネルのサポート
  • U-Boot ブートローダのサポート
  • Linaro GNU compiler collection(GCC)ツール・チェーン
  • Yocto Project™ OE Core 互換のファイル・システム

RTOS の構成要素:

  • TI-RTOS カーネル:TI のデバイス向け組込み軽量リアルタイム・オペレーティング・システム
  • チップ・サポート・ライブラリ、ドライバ、基本的なボード・サポート・ユーティリティ
  • コア間およびデバイス間の通信に対応するプロセッサ間通信機能
  • C66x の最適化済みアルゴリズム・ライブラリ
  • 基本的なネットワーク・スタックとプロトコル
  • ブートローダとブート・ユーティリティ
  • Linaro GNU compiler collection(GCC)ツール・チェーン

Android の構成要素:

  • Linux の LTS(Long-Term Stable)メインライン Linux カーネルがベース
  • U-Boot ブートローダのサポート
  • Google の Android GNU (...)
特長

Linux の特長

  • Open Linux のサポート
  • Linux のカーネルとブートローダ
  • ファイル・システム
  • Qt/Webkit アプリケーション・フレームワーク
  • 3D グラフィックスのサポート
  • 統合型の WLAN と Bluetooth® のサポート
  • GUI ベースのアプリケーション・ランチャー
  • 以下を含むサンプル・アプリケーション:
    • ARM ベンチマーク:Dhrystone、Linpack、Whetstone
    • Webkit Web ブラウザ
    • Soft Wifi アクセス・ポイント
    • 暗号化:AES、3DES、MD5、SHA
    • マルチメディア:GStreamer/FFMPEG
    • プログラマブル・リアルタイム・ユニット(PRU)
  • フラッシュ・ツールと Pin Mux Utility を含むホスト・ツール
  • Linux 開発用の Code Composer Studio™ IDE
  • 技術資料

RTOS の特長

  • フル・ドライバが利用可能
  • ファイル・システム
  • ベアメタル・セカンダリ・ブートローダ
  • デバッグと計測用のユーティリティ
  • ボード・サポート・パッケージ
  • デモとサンプル
  • Pin Mux と Clock Tree の各ユーティリティを含むホスト・ツール
  • RTOS 開発用の Code Composer Studio™ IDE
  • 技術資料

Android の特長

  • Linux のカーネルとブートローダ
  • 3D グラフィックスのドライバとライブラリ
  • 以下を含むサンプル・アプリケーション:
    • マルチメディア・ビデオと 3D グラフィックス
    • プログラマブル・リアルタイム・ユニット(PRU)用のイーサネット
    • Android Web ブラウザ
  • ホスト・ツール
  • デバッグ・オプション
  • 技術資料

(...)

デバッグ・プローブ ダウンロード
XDS110 ダイナミック・レンジの広い(ETHDR)EnergyTrace™ デバッグ・プローブ・アドオン
TMDSEMU110-ETH TI の XDS110 ETHDR(EnergyTrace™ High Dynamic Range、広いダイナミック・レンジ)は、XDS110 デバッグ・プローブ(エミュレータ)のアクセサリで、EnergyTrace 機能のダイナミック・レンジを拡大します。この結果、どの Simplelink (...)
149
特長

TI の XDS110 ETHDR(EnergyTrace™ High Dynamic Range、広いダイナミック・レンジ)は、XDS110 デバッグ・プローブ(エミュレータ)の第 1 のアクセサリです。EnergyTrace (...)

デバッグ・プローブ ダウンロード
XDS110 JTAG デバッグ・プローブ
TMDSEMU110-U The Texas Instruments XDS110 is a new class of debug probe (emulator) for TI embedded processors. The XDS110 replaces the XDS100 family while supporting a wider variety of standards (IEEE1149.1, IEEE1149.7, SWD) in a single pod. Also, all XDS debug probes support Core and System Trace in all ARM and (...)
99
特長

The XDS110 is the latest entry level debug probe (emulators) for TI embedded processors. Designed to be a complete solution that delivers JTAG and SWD connectivity at a low cost, the XDS110 is the debug probe of choice for entry-level debugging of TI microcontrollers, processors and SimpleLink (...)

ドライバとライブラリ ダウンロード
Sitara プロセッサ向け PRU-ICSS 対応産業用ソフトウェア
PRU-ICSS-INDUSTRIAL-SW PRU-ICSS プロトコルは TI Sitara プロセッサ向けの産業用リアルタイム通信を可能にします。  PRU-ICSS プロトコルは、TI の統合型ソフトウェア開発プラットフォームであるプロセッサ SDK RTOS の上位に構築されており、最適化済みの PRU-ICSS ファームウェア、Arm プロセッサに対応する PRU-ICSS ドライバ、複数のサンプル・アプリケーションで構築されています。PRU-ICSS ファームウェアは PRU コア上で動作し、タイムクリティカルなリンク・レイヤ処理を、TI-RTOS を実行しているメインの Arm プロセッサからオフロードします。 PRU-ICSS ドライバは、PRU-ICSS リソースへの簡潔なアクセス手段を提供し、Arm コア上で動作しているプロトコル・スタックやアプリケーション・ソフトウェアと容易に統合することができます。  これらのサンプルは、低水準ファームウェアを、プロトコル・スタックやアプリケーション・ソフトウェアと統合しています。

PRU-ICSS ソフトウェア・パッケージは現在、以下に対応したものが入手できます。

プロトコル サポート対象デバイス
EtherCAT AM335x AM437x AM57x AMIC110AMIC120AM654x
Profinet AM335x、AM437xAM57x AMIC110AMIC120
Ethernet/IP AM335x、AM437xAM57x AMIC110AMIC120
Profibus スレーブ AM335x、AM437xAM57x AMIC110AMIC120
(...)
特長
  • PRU-ICSS ファームウェアのバイナリ・イメージとドライバのソース
  • サード・パーティーによるスタックと評価用ライブラリ
  • CCS プロジェクトを生成するためのスクリプト
  • 評価用のサンプル・アプリケーション
  • 資料(リリース・ノート、プロトコルのデータシート、ユーザー・ガイド、移植ガイドなど)

サポートしている特定の機能の詳細については、該当するプロトコル・パッケージのプロトコル・データシートとリリース・ノートをご覧ください。

ドライバとライブラリ ダウンロード
Linux プラットフォーム向け、WL183x と CC2564C 搭載 TI Bluetooth 4.2 スタック・アドオン
TI-BT-4-2-STACK-LINUX-ADDON This package contains the install package, pre-compiled object of the TI Bluetooth Stack and Platform Manager, and pre-compiled object with source of sample applications to easily upgrade the default LINUX EZSDK Binary on an AM335x EVM. The software was built with Linaro GCC 4.7 and can be added to (...)
特長
  • Dual mode Classic Bluetooth (BR/EDR) and Bluetooth Low Energy (BLE) Stack
    • Bluetooth Core Specification v4.2
  • Platform Manager Framework to enable multiple client applications to use the stack.
  • User space applications and stack that do not require specific kernel modules.
  • Compiled with Linaro GCC 4.7 (...)
IDE (統合開発環境)、構成機能、コンパイラ、デバッガ ダウンロード
Code Composer Studio IDE
CCSTUDIO

Code Composer Studio™ - 統合開発環境(IDE)

Code Composer Studio は、TI のマイコンと組込みプロセッサ・ポートフォリオをサポートする統合開発環境(IDE)です。Code Composer Studio は、組込みアプリケーションの開発およびデバッグに必要な一連のツールで構成されています。最適化 C/C++ コンパイラ、ソース・コード・エディタ、プロジェクト・ビルド環境、デバッガ、プロファイラなど、多数の機能が含まれています。直感的な IDE には、アプリケーションの開発フローをステップごとに実行できる、単一のユーザー・インターフェイスが備わっています。使い慣れたツールとインターフェイスにより、ユーザーは従来より迅速に作業を開始できます。Code Composer Studio は、Eclipse ソフトウェア・フレームワークの利点と、TI の先進的な組込みデバッグ機能の利点を組み合わせ、組込み分野のデベロッパーにとって豊富な機能を備えた魅力的な開発環境を実現します。

特長

プラットフォームごとの特長- 個別のプロセッサ・ファミリで利用できる機能の詳細をご確認ください。

 

Code Composer Studio は TI の幅広い組込みプロセッサ・ポートフォリオを包括的にサポートします。お探しのファミリに対応するリンクが上に表示されていない場合は、そのファミリのプロセッサ・コアが最も類似した製品のリンクを選択してください。


ダウンロード

  • Code Composer Studio の最新バージョンをダウンロード
  • 追加のダウンロード - 以前のバージョンを含む包括的なダウンロード・リストを利用するには、Code Composer Studio download site(英語)にアクセスしてください。
  • クラウド・ツール - TI のクラウド・ツールにアクセスするには、dev.ti.com をご利用ください。特定のデバイスに関連するリソース全般の参照や、デモ・アプリケーションの実行、さらに Code Composer Studio Cloud を使用した開発が可能です。

追加情報

IDE (統合開発環境)、構成機能、コンパイラ、デバッガ ダウンロード
開発プラットフォーム、Sitara AM57x プロセッサ用
BeagleBoard.org Foundation からの提供 BeagleBoard-X15 は、Sitara™ AM57x プロセッサ(AM5728AM5726AM5718AM5716)を対象とした、低コスト、オープンソース、コミュニティ・サポートの開発プラットフォームです。  BeagleBoard-X15 は、ユーザー・インターフェイスやビデオ/グラフィックス・アクセラレータとして使用する 2 個の 1.5GHz Arm® Cortex®-A15 コアをに加え、2 個の 750MHz C66x DSP コア、クワッド・コアの PRU、リアルタイム制御向けデュアル・コア Cortex-M4 コアを搭載しており、製品開発向けのハードウェア・プラットフォームを設計者に提供します。  BeagleBoard-X15 は USB 3.0/2.0、eSATA、HDMI、2 個の 1Gb イーサネット、オーディオ入出力、ペリフェラル拡張機能を搭載しており、統合とコネクティビティを最適化できます。
特長
  • ハードウェア
    • AM5728 プロセッサ
    • 2GB DDR3L
    • 4GB eMMC
    • Micro SD カード
    • TPS659037 電源 IC
  • ソフトウェア
    • Linux
  • コネクティビティ
    • USB 3.0(3)
    • Micro USB 2.0(スレーブ)
    • eSATA
    • HDMI
    • Gb イーサネット(2)
    • オーディオ入出力
    • ペリフェラル拡張機能

設計ツールとシミュレーション

シミュレーション・モデル ダウンロード
SPRM661.ZIP (12620 KB) - IBIS Model
シミュレーション・モデル ダウンロード
SPRM662.ZIP (13 KB) - BSDL Model
シミュレーション・モデル ダウンロード
SPRM663.ZIP (2 KB) - Thermal Model
計算ツール ダウンロード
ピン・マルチプレクサ・ユーティリティ、ARM MPU プロセッサ(AM389x、AM35x、AM/DM37x、C6A816x、DM816x、OMAP35x)用
PINMUXTOOL The Pin MUX Utility is a software tool which provides a Graphical User Interface for configuring pin multiplexing settings, resolving conflicts and specifying I/O cell characteristics for TI MPUs. Results are output as C header/code files that can be imported into software development kits (SDKs) or (...)
計算ツール ダウンロード
特長

Power Estimation Tool (PET)

Step 1.

Download an input spreadsheet and fill it out.
Save it as Excel 2003 format.

For OMAP35x Processors:

Download Simplified Spreadsheet for OMAP35x

Download Advanced Spreadsheet for OMAP35x

For AM35x ARM Cortex™-A8 Microprocessors:

Download Simplified Spreadsheet for AM35x

(...)

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
(ZBO) 760 オプションの表示

購入と品質

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示

ビデオ

関連ビデオ