製品の詳細

Number of receivers 4 Number of transmitters 3 ADC sampling rate (Max) (MSPS) 25 Arm CPU ARM-Cortex R4F 200MHz Interface type CAN, CAN-FD, I2C, QSPI, SPI, UART DSP C674x DSP 600MHz Hardware accelerators Radar hardware accelerator RAM 2048 Rating Automotive Operating temperature range (C) -40 to 125 Security Cryptographic acceleration, Device identity/keys, Secure boot, Secure software update, Software IP protection
Number of receivers 4 Number of transmitters 3 ADC sampling rate (Max) (MSPS) 25 Arm CPU ARM-Cortex R4F 200MHz Interface type CAN, CAN-FD, I2C, QSPI, SPI, UART DSP C674x DSP 600MHz Hardware accelerators Radar hardware accelerator RAM 2048 Rating Automotive Operating temperature range (C) -40 to 125 Security Cryptographic acceleration, Device identity/keys, Secure boot, Secure software update, Software IP protection
FCBGA (ALP) 180
  • FMCW transceiver
    • Integrated 4 receivers and 3 transmitters Antennas-On-Package (AOP)
    • Integrated PLL, transmitter, receiver, Baseband, and ADC
    • 76- to 81-GHz coverage with 4 GHz available bandwidth
    • Ultra-accurate chirp engine based on fractional-N PLL
    • TX Effective isotropic radiated power (EIRP): 16 dBm
    • RX Effective isotropic noise figure: 10 dB (76 to 81 GHz)
    • Phase noise at 1 MHz:
      • –95 dBc/Hz (76 to 77 GHz)
      • –93 dBc/Hz (77 to 81 GHz)
  • Built-in calibration and self-test (monitoring)
    • Arm Cortex-R4F-based radio control system
    • Built-in firmware (ROM)
    • Self-calibrating system across frequency and temperature
  • C674x DSP for FMCW signal processing
  • On-chip Memory: 2MB RAM
  • Arm Cortex-R4F microcontroller for object tracking and classification, AUTOSAR, and interface control
    • Supports autonomous mode (loading user application from QSPI flash memory)
  • Host interface
    • CAN (two instances, one being CAN-FD)
  • Other interfaces available to user application
    • Up to 6 general purpose ADC channels
    • Up to 2 SPI ports
    • Up to 2 UARTs
    • I2C
    • GPIOs
    • 2-lane LVDS interface for raw ADC data and debug instrumentation
  • Functional Safety-Compliant targeted
    • Developed for functional safety applications
    • Documentation will be available to aid ISO26262 functional safety system design
    • Hardware integrity up to ASIL-B targeted
    • Safety-related certification
      • ISO 26262 certification by TUV Sud planned
  • AEC-Q100 qualified
  • AWR1843AOP advanced features
    • Embedded self-monitoring with no host processor involvement
    • Complex baseband architecture
    • Embedded interference detection capability
    • Programmable phase rotators in transmit path to enable beam forming
  • Power management
    • Built-in LDO network for enhanced PSRR
    • I/Os support dual voltage 3.3 V/1.8 V
  • Clock source
    • Supports external oscillator at 40 MHz
    • Supports externally driven clock (square/sine) at 40 MHz
    • Supports 40 MHz crystal connection with load capacitors
  • Easy hardware design
    • 0.8-mm pitch, 180-pin 15 mm × 15 mm flip chip BGA package (ALP) for easy assembly and low-cost PCB design
    • Small solution size
  • Supports automotive temperature operating range
  • FMCW transceiver
    • Integrated 4 receivers and 3 transmitters Antennas-On-Package (AOP)
    • Integrated PLL, transmitter, receiver, Baseband, and ADC
    • 76- to 81-GHz coverage with 4 GHz available bandwidth
    • Ultra-accurate chirp engine based on fractional-N PLL
    • TX Effective isotropic radiated power (EIRP): 16 dBm
    • RX Effective isotropic noise figure: 10 dB (76 to 81 GHz)
    • Phase noise at 1 MHz:
      • –95 dBc/Hz (76 to 77 GHz)
      • –93 dBc/Hz (77 to 81 GHz)
  • Built-in calibration and self-test (monitoring)
    • Arm Cortex-R4F-based radio control system
    • Built-in firmware (ROM)
    • Self-calibrating system across frequency and temperature
  • C674x DSP for FMCW signal processing
  • On-chip Memory: 2MB RAM
  • Arm Cortex-R4F microcontroller for object tracking and classification, AUTOSAR, and interface control
    • Supports autonomous mode (loading user application from QSPI flash memory)
  • Host interface
    • CAN (two instances, one being CAN-FD)
  • Other interfaces available to user application
    • Up to 6 general purpose ADC channels
    • Up to 2 SPI ports
    • Up to 2 UARTs
    • I2C
    • GPIOs
    • 2-lane LVDS interface for raw ADC data and debug instrumentation
  • Functional Safety-Compliant targeted
    • Developed for functional safety applications
    • Documentation will be available to aid ISO26262 functional safety system design
    • Hardware integrity up to ASIL-B targeted
    • Safety-related certification
      • ISO 26262 certification by TUV Sud planned
  • AEC-Q100 qualified
  • AWR1843AOP advanced features
    • Embedded self-monitoring with no host processor involvement
    • Complex baseband architecture
    • Embedded interference detection capability
    • Programmable phase rotators in transmit path to enable beam forming
  • Power management
    • Built-in LDO network for enhanced PSRR
    • I/Os support dual voltage 3.3 V/1.8 V
  • Clock source
    • Supports external oscillator at 40 MHz
    • Supports externally driven clock (square/sine) at 40 MHz
    • Supports 40 MHz crystal connection with load capacitors
  • Easy hardware design
    • 0.8-mm pitch, 180-pin 15 mm × 15 mm flip chip BGA package (ALP) for easy assembly and low-cost PCB design
    • Small solution size
  • Supports automotive temperature operating range

The AWR1843AOP is an Antenna-On-Package device capable of operation in the 76- to 81GHz band. The device is built with TI’s low-power 45-nm RFCMOS process and enables unprecedented levels of integration in an extremely small form factor. The AWR1843AOP is an ideal solution for low-power, self-monitored, ultra-accurate radar systems in the automotive space.

It integrates a DSP subsystem, which contains TI’s high-performance C674x DSP for the Radar Signal processing. The device includes a BIST processor subsystem, which is responsible for radio configuration, control, and calibration. Additionally the device includes a user programmable Arm Cortex-R4F based for automotive interfacing. The Hardware Accelerator block (HWA) can perform radar processing and can offload the DSP in order to execute higher level algorithms. Simple programming model changes can enable a wide variety of sensor applications with the possibility of dynamic reconfiguration for implementing a multimode sensor. Additionally, the device is provided as a complete platform solution including reference hardware design, software drivers, sample configurations, API guide, and user documentation.

The AWR1843AOP is an Antenna-On-Package device capable of operation in the 76- to 81GHz band. The device is built with TI’s low-power 45-nm RFCMOS process and enables unprecedented levels of integration in an extremely small form factor. The AWR1843AOP is an ideal solution for low-power, self-monitored, ultra-accurate radar systems in the automotive space.

It integrates a DSP subsystem, which contains TI’s high-performance C674x DSP for the Radar Signal processing. The device includes a BIST processor subsystem, which is responsible for radio configuration, control, and calibration. Additionally the device includes a user programmable Arm Cortex-R4F based for automotive interfacing. The Hardware Accelerator block (HWA) can perform radar processing and can offload the DSP in order to execute higher level algorithms. Simple programming model changes can enable a wide variety of sensor applications with the possibility of dynamic reconfiguration for implementing a multimode sensor. Additionally, the device is provided as a complete platform solution including reference hardware design, software drivers, sample configurations, API guide, and user documentation.

ダウンロード

技術資料

star = TI が選択したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
20 資料すべて表示
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート AWR1843AOP Single-chip 77- and 79-GHz FMCW radar sensor データシート (Rev. A) 2021年 9月 23日
* エラッタ AWR1843AOP Device Errata, Silicon Revision 1.0 (Rev. A) 2021年 6月 3日
アプリケーション・ノート Self-Calibration of mmWave Radar Devices (Rev. B) 2021年 9月 29日
アプリケーション・ノート mmWave Radar Radome Design Guide 2021年 8月 17日
技術記事 How AoP technology expands radar sensor placement for automotive applications 2021年 5月 27日
アプリケーション・ノート mmWave Radar Sensors: Object Versus Range (Rev. A) 2021年 5月 10日
アプリケーション・ノート mmWave Production Testing Overview 2021年 4月 10日
ユーザー・ガイド xWR1843AoP EVM User’s Guide 2021年 3月 24日
アプリケーション・ノート XWR1xxx Power Management Optimizations - Low Cost LC Filter Solution (Rev. A) 2020年 11月 11日
ホワイト・ペーパー The fundamentals of millimeter wave (Rev. A) 2020年 8月 27日
アプリケーション・ノート Programming Chirp Parameters in TI Radar Devices (Rev. A) 2020年 2月 13日
アプリケーション・ノート Interference Management Using AWR/IWR Devices 2020年 1月 3日
アプリケーション・ノート Memory Compression and Decompression Engine for TI mmwave Radar 2019年 12月 2日
アプリケーション・ノート 適切な近接センサ技術を選択する方法 2019年 7月 19日
ホワイト・ペーパー Automated parking made possible with TI mmWave radar and repurposed ultrasonic s (Rev. A) 2019年 6月 28日
ユーザー・ガイド Radar Hardware Accelerator User's Guide (Rev. B) 2018年 10月 23日
アプリケーション・ノート xWR1xxx ADC Raw Data Capture (Rev. B) 2018年 10月 23日
アプリケーション・ノート Watchdog Timer xWR1443, xWR1642 Radar Sensors (Rev. A) 2018年 6月 8日
アプリケーション・ノート Flash Usage for mmWave Devices 2017年 9月 25日
ホワイト・ペーパー FMCW レーダ・システムにおける 複素ベースバンド・ アーキテクチャの使用法 英語版をダウンロード 2017年 5月 31日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

評価ボード

AWR1843AOPEVM — AWR1843AOP evaluation module for single-chip 76-GHz to 81-GHz automotive radar sensor

AWR1843 アンテナ・オン・パッケージ (AoP) 評価基板 (EVM) は、AWR1843AOP ミリ波レーダー・センサを評価するための使いやすいプラットフォームであり、MMWAVEICBOOST と DCA1000EVM の各開発キット (別売り) との直接のコネクティビティを確立できます。

AWR1843AOPEVM には、オンチップの C67x DSP コアと低消費電力の Arm® Cortex®-R4F プロセッサを使用してソフトウェア開発を開始するために必要な要素すべてが付属しています。

在庫あり
制限: 5
ソフトウェア開発キット (SDK)

MMWAVE-SDK — ミリ波ソフトウェア開発キット(SDK)

このミリ波 SDK (ソフトウェア開発キット) は、TI のミリ波センサを使用するアプリケーションの評価と開発を実施するための一連のソフトウェア・パッケージで構成されています。設計に関するお客様のニーズに対応できるように、このツールには MMWAVE-SDK と関連パッケージが付属しています。

MMWAVE-SDK は、TI のミリ波センシング製品ラインアップ向けの統合ソフトウェア・プラットフォームであり、セットアップが簡単で、評価機能と開発機能にすぐにアクセスできます。ミリ波 SDK のどのリリースも、TI (...)

サンプル・コードまたはデモ

D3-3P-DEV — D3 support for AI cameras, hardware, drivers and firmware

D3 Engineering は製品開発企業であり、DesignCore® プラットフォームとソリューションを活用する組込み設計ソリューションに特化しているので、お客様側の開発期間短縮やリスク低減に役立ちます。同社には、インテリジェントな自律型機械向けのビジョン・システムとセンシング・システムの開発分野で 20 年を上回る経験があります。同社は TI (テキサス・インスツルメンツ) にカスタマイズ済みのハードウェア、ソフトウェア、AI (人工知能) カメラの各ソリューションを提供しており、開発ユーザーは Jacinto™ プロセッサ上で同社の IP (知的財産) (...)
D3 Engineering からの提供
シミュレーション・モデル

AWR1843 BSDL Model

SPRM739.ZIP (1 KB) - BSDL Model
シミュレーション・モデル

AWR1843AOP IBIS Model

SPRM780.ZIP (1008 KB) - IBIS Model
リファレンス・デザイン

TIDEP-01026 — 76GHz~81GHz のアンテナ・オン・パッケージ(AoP)ミリ波センサを使用した自動パーキング・リファレンス・デザイン

TIDEP-01026 リファレンス・デザインは、自動パーキング・アプリケーション向けにアンテナを内蔵した 76GHz ~ 81GHz シングルチップ TI ミリ波センサである AWR1843AOP の使用方法を提示します。また、AWR1843AOP センサは、DSP とマイコンを統合しているほか、高速フーリエ変換 (FFT) と CFAR (Constant False Alarm Rate:一定の誤警報レート) 処理を実施するハードウェア・アクセラレータ (HWA) (...)
リファレンス・デザイン

TIDEP-01024 — Obstacle detection reference design using 76-Ghz to 81-GHz antenna-on-package (AoP) mmWave sensor

このリファレンス・デザインは、アンテナ・オン・パッケージ (AoP) に内蔵した、76GHz ~ 81GHz シングルチップ周波数変調連続波 (FCMW) ミリ波センサである AWR1843AOP の使用方法を示します。また、このセンサは、DSP、マイコン、高速フーリエ変換 (FFT) 処理向けのハードウェア・アクセラレータも内蔵しています。

AWR1843AOP (...)

パッケージ ピン数 ダウンロード
FCBGA (ALP) 180 オプションの表示

購入と品質

含まれる情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating/ リフローピーク温度
  • MTBF/FIT の推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

おすすめの製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価モジュール、またはリファレンス・デザインが含まれている場合があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

ビデオ