トップ

製品の詳細

パラメータ

Number of receivers 4 Number of transmitters 3 ADC sampling rate (Max) (MSPS) 45 Interface type MIPI-CSI2, SPI Rating Catalog Operating temperature range (C) -40 to 140 open-in-new その他の 車載ミリ波レーダー・センサ

パッケージ|ピン|サイズ

FC/CSP (ABL) 161 108 mm² 10.4 x 10.4 open-in-new その他の 車載ミリ波レーダー・センサ

特長

  • FMCW トランシーバ
    • PLL、トランスミッタ、レシーバ、ベースバンド、A2D を内蔵
    • 76~81GHz 帯で使用可能帯域幅 5 GHz
    • 4 つの受信チャネル
    • 3 つの送信チャネル
    • フラクショナル N PLL を使用した超高精度のチャープエンジン
    • TX 出力:13dBm
    • RX ノイズ指数:12dB
    • 1MHz での位相ノイズ:
      • -96dBc/Hz (76~77 GHz)
      • -94dBc/Hz (77~81GHz)
  • 較正および自己テストを内蔵
    • 内蔵ファームウェア (ROM)
    • 周波数および温度の自己較正システム
  • ホスト・インターフェイス
    • SPI で外部プロセッサと通信可能な制御インターフェイスまたは I2C インターフェイスを介した外部プロセッサとの制御インターフェイス
    • MIPI D-PHY および CSI2 v1.1 を介した外部プロセッサとのデータ・インターフェイス
    • フォルト・レポート用の割り込み
  • ASIL B 向け
  • AECQ100 認定取得済み
  • AWR2243 の高度な機能
    • 内蔵された自己監視機能によりホスト・プロセッサの関与を制限
    • 複素ベースバンド・アーキテクチャ
    • 複数のデバイスをカスケード接続することで、チャネルの増設が可能
    • 干渉検出機能を内蔵
  • パワー・マネージメント
    • 内蔵 LDO ネットワークにより PSRR の向上を実現
    • I/O は 3.3V/1.8V のデュアル電圧に対応
  • クロック・ソース
    • 40MHz の外部駆動クロック (方形波/正弦波) をサポート
    • 負荷コンデンサ付きの 40MHz 水晶振動子接続をサポート
  • ハードウェア設計が簡単
    • 組み立てが簡単で低コストの PCB を設計できる 0.65mm ピッチ、161 ピン、10.4mm × 10.4mm のフリップチップ BGA パッケージ
    • 小さなソリューション・サイズ
  • 車載用動作温度範囲に対応

All trademarks are the property of their respective owners.

open-in-new その他の 車載ミリ波レーダー・センサ

概要

AWR2243 は、76~81GHz 帯で動作可能な統合型シングルチップ FMCW トランシーバです。超小型のフォームファクタで、かつてないレベルの統合を実現しています。AWR2243 は、低消費電力で自己監視機能を備えた、超高精度の車載レーダー・システムに最適なソリューションです。

自己完結型の FMCW トランシーバ・シングルチップ・ソリューションであることから、76~81GHz 帯の車載レーダー・センサを簡単に実装できます。TIの低消費電力45nm RFCMOSプロセスで製造され、PLLおよびA/Dコンバータを内蔵する3TX/4RXシステムのモノリシック実装を実現しています。プログラミング・モデルを変更するだけで、さまざまなセンサ(短距離、中距離、長距離)を実装でき、マルチモード・センサの実装においては動的再構成にも対応します。また、リファレンス・ハードウェア・デザイン、ソフトウェア・ドライバ、サンプル構成、APIガイド、ユーザー・マニュアルを含む、完全なプラットフォーム・ソリューションとして供給されます。

open-in-new その他の 車載ミリ波レーダー・センサ
ダウンロード

技術資料

star = TI が選択したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
すべて表示 30
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート AWR2243 76GHz~81GHzのシングルチップ FMCWトランシーバ データシート 最新の英語版をダウンロード (Rev.A) 2020年 2月 12日
* エラッタ AWR2243 Device Errata Silicon Revision 1.0 (Rev. A) 2020年 6月 23日
アプリケーション・ノート mmWave Production Testing Overview 2021年 3月 30日
ユーザー・ガイド AWR2243 Evaluation Module (AWR2243BOOST) mmWave Sensing Solution User's Guide (Rev. D) 2021年 2月 22日
アプリケーション・ノート Self-Calibration of mmWave Radar Devices (Rev. A) 2020年 12月 2日
アプリケーション・ノート AWR2243 Cascade Coherence Application Note 2020年 11月 28日
アプリケーション・ノート XWR1xxx Power Management Optimizations - Low Cost LC Filter Solution (Rev. A) 2020年 11月 11日
ホワイト・ペーパー The fundamentals of millimeter wave (Rev. A) 2020年 8月 27日
ユーザー・ガイド カスケード接続のミリ波センサを使用したイメージング・レーダーのリファレンス・デザイン (Rev. A 翻訳版) 英語版をダウンロード (Rev.A) 2020年 5月 26日
技術記事 Enabling the highest performance front-end radar to help bring Vision Zero into reality 2020年 3月 25日
アプリケーション・ノート Programming Chirp Parameters in TI Radar Devices (Rev. A) 2020年 2月 13日
アプリケーション・ノート AWR1xx Data Path Programmer’s Guide (Rev. A) 2020年 2月 13日
アプリケーション・ノート AWR2243 Bootloader Flow 2020年 2月 13日
ユーザー・ガイド MMWCAS-RF-EVM AWR1243 Cascaded Radar RF User's Guide (Rev. A) 2020年 2月 13日
アプリケーション・ノート Interference Management Using AWR/IWR Devices 2020年 1月 3日
技術記事 Driving industrial innovation with small-size sensors 2019年 9月 12日
技術記事 The need for speed – The future of radar processing 2019年 7月 17日
技術記事 Imaging radar: one sensor to rule them all 2019年 7月 9日
アプリケーション・ノート AWR1243 Cascade (Rev. B) 2019年 5月 16日
アプリケーション・ノート MIMO Radar (Rev. A) 2018年 7月 26日
アプリケーション・ノート TI mmWave Radar sensor RF PCB Design, Manufacturing and Validation Guide 2018年 5月 7日
アプリケーション・ノート CMOS Milli-meter Wave ICs: Technology Overview 2018年 2月 28日
ホワイト・ペーパー Reliability advantages of TI flip-chip BGA packaging 2018年 1月 25日
ホワイト・ペーパー 従来の 24GHz 帯から最新の 77GHz 帯レーダへの移行 英語版をダウンロード 2017年 11月 6日
アプリケーション・ノート AWR1xxx Power Management Optimizations- Low Cost LC Filter Solution 2017年 10月 16日
ホワイト・ペーパー Cities grow smarter through innovative semiconductor technologies 2017年 7月 7日
ホワイト・ペーパー FMCW レーダ・システムにおける 複素ベースバンド・ アーキテクチャの使用法 英語版をダウンロード 2017年 5月 31日
ホワイト・ペーパー ミリ波センサの基礎 最新の英語版をダウンロード (Rev.A) 2017年 5月 31日
ホワイト・ペーパー 自動運転アプリケーション向けに設計されたTIのスマート・センサ製品 英語版をダウンロード 2017年 5月 26日
アプリケーション・ノート System Performance Measurement with AR12xx Device 2017年 5月 10日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ハードウェア開発

評価ボード ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
349
概要

AWR2243 BoosterPack™ プラグイン・モジュールは、AWR2243 シングルチップ・ミリ波センシング・デバイス向けの使いやすい評価基板であり、TI のマイコン (MCU) LaunchPad™ 開発キット・エコシステムとの直接のコネクティビティを確立できます。

AWR2243BOOST には、低消費電力の Arm® Cortex® R4F プロセッサの開発を開始するために必要な機能がすべて付属しています。この評価基板は、プログラミングおよびデバッグ向けのオンボード・エミュレーション機能と、複数のボタンや LED をオンボード搭載しているので、シンプルなユーザー・インターフェイスを迅速に統合できます。

標準的な 20 ピン・ブースタパック・ヘッダーを搭載したこの評価基板は、さまざまなマイコン LaunchPad 開発キットとの互換性があり、プロトタイプ製作を容易に実施できます。

特長
  • オンボード・アンテナ搭載で、フィールド・テストが実施可能
  • フラッシュ・プログラミング用シリアル・ポートを使用した XDS110 ベースの JTAG
  • 制御、構成、データ視覚化のための UART から USB へのインターフェイス
  • TI のマイコンとシームレスに接続するための TI LaunchPad 開発キット・インターフェイス
  • CAN コネクタにより、車載ユニットとの直接インターフェイスが可能
評価ボード ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
499
概要

DCA1000 評価基板 (EVM) は、TI の AWR と IWR の各レーダー・センサ EVM から取得する 2 レーンおよび 4 レーンの LVDS (低電圧差動信号伝送) トラフィックに対して、リアルタイム・データ・キャプチャとストリーミングを実施できます。1Gbps イーサネットを使用して、MMWAVE-STUDIO ツールを実行している PC 宛にこのデータをリアルタイムでストリーミング送信し、キャプチャと可視化を実行した後、選定したアプリケーションにその結果を渡し、データ処理とアルゴリズムの開発を進めることができます。

特長
  • ラボとモバイル・コレクションのシナリオをサポート
  • AWR/IWR の各レーダー・センサから LVDS データをキャプチャ
  • 1Gbps イーサネットを経由して出力をリアルタイムでストリーミング送信
  • 複数のオンボード・スイッチまたは GUI / ライブラリを使用して制御
評価ボード ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
2249
概要

MMWCAS-DSP 評価基板 (EVM) の設計は、カスケード接続した画像処理レーダー・システムに関する処理の基礎を示します。カスケード接続した複数のレーダー・デバイスは、フロントの長距離レーダー (LRR) ビーム・フォーミング・アプリケーションに加えて、コーナーおよび側面のカスケード接続したレーダーやセンサ・フュージョン・システムにも対応できます。この EVM の設計は、先進運転支援システム (ADAS) アプリケーションの開発とテストに適した、機能するソフトウェア評価プラットフォームを製作するための材料を、認定を受けたデベロッパーに提供します。

MMWCAS-DSP-EVM は、複数の車載レーダー・フロント・エンド・サブシステムとアンテナ・サブシステムをサポートする基本プラットフォームの開発期間短縮に貢献します。

標準のミリ波ツールやソフトウェアは MMWCAS-DSP-EVM をサポートしており、mmWave Studio (MMWAVE-STUDIO) や TDAx ADAS SoC 向けプロセッサ SDK (PROCESSOR-SDK-TDAX) がこれに該当します。

MMWCAS-RF-DSP を適切に評価するには、ミリ波カスケード接続画像処理レーダー RF 評価基板 (MMWCAS-RF-EVM) (別売り) と組み合わせる必要があります。

設計を開始

ステップ 1:この EVM (MMWCAS-DSP-EVM) と MMWCAS-RF-EVM を購入する
ステップ 2:MMWAVE-STUDIO-2G をダウンロードし、RF 性能の評価とアルゴリズムの開発に着手する
ステップ 3:MMWAVE-DFP-2G をダウンロードし、開発中のホスト・プロセッサにセンサを統合する作業に着手する

特長
  • 高性能 TDA2x デバイス、4 個のレーダー処理 SIMD アクセラレータ付き (各 AWRxにつき 1 個の EVE)
  • 制御とデータ向けに、それぞれイーサネットと PCIe のコネクティビティ
  • 「Jacinto™ ADAS プロセッサを使用したカスケード型画像処理レーダー・キャプチャのリファレンス・デザイン」 (TIDEP-01017) と「カスケード接続ミリ波センサを使用する画像処理レーダーのリファレンス・デザイン」 (TIDEP-01012) が提示する各リファレンス・デザイン
評価ボード ダウンロード
MMWCAS-RF-EVM
MMWCAS-RF-EVM
document-generic ユーザー・ガイド
1099
概要
MMWCAS-RF 評価基板 (EVM) は、AWR1243 または AWR2243 デバイスの 4 つのデバイスのカスケード接続アレイを実装する場合に役立つ、TI のセンシング・ソリューションです。このカスケード接続レーダー構成で、単一のマスター・デバイスは 20GHz の局部発振器 (LO) 信号を 4 つのデバイスすべてに分配し、これら 4 つのデバイスが単一の RF トランシーバとして動作できるようにしています。この方法で、最大 12 個の送信 (TX) アンテナ素子と 16 個の受信 (RX) アンテナ素子をサポートできます。TX ビーム・フォーミング、ビーム・ストリーミング、および MIMO/SIMO (複数入力、複数出力 / 単一入力、複数出力) の各使用事例で、アンテナ素子の数が多くなるほど、単一デバイス・システムに比べて高い S/N 比 (SNR、信号対雑音比) と優れた角度分解能を実現できます。

標準のミリ波ツールやソフトウェアは MMWCAS-RF-EVM をサポートしており、MMWAVE-STUDIO やミリ波デバイス・ファームウェア・パッケージ (MMWAVE-DFP) がこれに該当します。

MMWCAS-RF-EVM は、ミリ波カスケード接続画像処理レーダー DSP 評価基板 (MMWCAS-DSP-EVM) (別売り) と組み合わせる必要があります。MMWCAS-DSP-EVM は、レーダー・データのキャプチャ機能と蓄積機能を実現します。

この基板を使用する新規設計の場合、AWR2243 のパーツ XA2243PBGABL のみを使用してください。

特長
  • 画像処理レーダー
  • いっそうの長距離に対応する TX ビーム・フォーミングとビーム・ステアリング
  • 角度分解能の優れた MIMO

ソフトウェア開発

ファームウェア ダウンロード
ミリ波デバイス・ファームウェア・パッケージ(DFP)
MMWAVE-DFP mmWave –DFP は、TI の各 77GHz RF トランシーバ・デバイス (AWR1243、AWR2243) に対応するデバイス・ファームウェア・パッケージです。このパッケージは、ファームウェア / ROM パッチと API を提供します。この API (...)
特長
  • RF / アナログ・サブシステムのフレキシブルな構成
  • キャリブレーション機能と監視機能を内蔵
  • 適切に定義された抽象化 API を使用する、シームレスな制御と通信
  • 先進的な波形生成 API (AWR2243)
  • カスケード構成と API (AWR2243)
IDE (統合開発環境)、構成機能、またはデバッガ ダウンロード
mmWave Studio
MMWAVE-STUDIO mmWave Studio は、ミリ波センサの評価を強化するための一連のツールで構成されています。これらの使いやすいツールにより、チャープ設計の評価とプロトタイプ製作を行い、すぐに使用できるデモを活用して実験を進めることができます。これらのツールは、TI の Web サイトで直接ホストされており、ミリ波センサ評価基板と連携した動作が可能です。また、これらのツールを保存して、オフラインで使用することもできます。

MMWAVE-STUDIO
mmWave Studio は、スタンドアロンの Windows GUI であり、TI のミリ波センサ・モジュールの構成と制御、およびオフライン分析を実施するための ADC データの収集という機能を実現します。この ADC データ・キャプチャが意図しているのは、RF 性能の評価と特性評価、および信号処理アルゴリズムに関する PC 側の開発を実施できるようにすることです。

mmWave Studio は、ADC データの基本的な後処理と可視化、および MATLAB をベースとする後処理の例を複数提示します。開発を開始する際に、これらを出発点として使用することができます。

TI のセンサ・モジュールに直接接続できる mmWave Studio の要件:

  • DCA1000EVM は、BOOST と ISK の各センサ・モジュールに接続し、キャプチャの目的で ADC のデータを PC 宛にストリーミング送信</li>
  • MMWAVE-DSP-EVM は、MMWAVE-RF-EVM (カスケード) センサ・モジュールに接続するもので、キャプチャの目的で EVM のデータを PC 宛にストリーミング送信する場合に必須

mmWave Studio には、DCA1000EVM 向けのスタンドアロン・ユーティリティも付属しています。このユーティリティは、アプリケーション固有のデータをキャプチャするために、 Studio GUI から独立した形で使用することができます。MMWAVE-SDK を使用して、この機能のデモを実現しています。

MMWAVE-SENSING-ESTIMATOR-CLOUD
Sensing Estimator (...)

特長
  • mmWave Studio
    • ADC データの後処理と処理済みデータの視覚化
    • ボード制御(SOP の変更、制御のリセット)
    • RS-232 接続とファームウェアのダウンロード
    • レーダー API コマンドを使用してミリ波センサを構成
    • 未加工の ADC データ・キャプチャから DCA1000EVM へのインターフェイス
  • mmWave Sensing Estimator
    • 最大距離、最大速度、距離分解能などのシーンの情報からチャープ・パラメータを直接計算可能
    • 範囲外のパラメータに対してリアルタイムのフィードバックを提供
    • すでに作成したチャープの保存と復元が可能
  • mmWave Demo Visualizer
    • ミリ波ソフトウェア開発キット(SDK)のすぐに使用できるデモの出力から、ポイント・クラウドのリアルタイム・プロットを生成可能
    • GUI インターフェイスを通じて直接的に総合的な構成が可能
    • 距離、距離分解能、速度、速度分解能など、エンドユーザーにとって一般的なシナリオに合わせてチューニングしたプロファイル

mmWave Studio は無料で、TI へのランタイム・ロイヤリティも不要です。

ソフトウェア・プログラミング・ツール ダウンロード
UniFlash stand-alone flash tool for microcontrollers, Sitara™ processors and SimpleLink™ family
UNIFLASH サポート対象のデバイス: CC13xx、CC25xx、CC26xx、CC3x20、CC3x30、CC3x35、Tiva、C2000、MSP43x、Hercules、PGA9xx、IWR12xx、IWR14xx、IWR16xx、IWR18xx、IWR68xx、AWR12xx、AWR14xx、AWR16xx、AWR18xx。  コマンドライン専用:AM335x、AM437x、AM571x、AM572x、AM574x、M65XX、K2G

CCS Uniflash は、TI マイコン (MCU) 上のオンチップ・フラッシュ・メモリや、Sitara プロセッサのオンボード・フラッシュ・メモリをプログラムする (書き込む) 目的で使用する、スタンドアロンのツールです。Uniflash には、GUI、コマンド・ライン、スクリプト・インターフェイスがあります。CCS Uniflash は無料で利用できます。

設計ツールとシミュレーション

シミュレーション・モデル ダウンロード
SPRM754.ZIP (1055 KB) - IBIS Model
シミュレーション・モデル ダウンロード
SPRM755.ZIP (1 KB) - BSDL Model
設計ツール ダウンロード
Industrial mmWave radar sensors third-party search tool
MMWAVE-3P-SEARCH TI has partnered with companies to offer a wide range of solutions using TI mmWave radar sensors and related services. These companies can accelerate your path to production using mmWave radar. Download this search tool to quickly browse our third-party solutions and find the right third-party to (...)
特長
  • Many IWR/AWR devices supported
  • Search by application, country, or technical parameters
  • Links and contacts for quick engagement
  • Third-party companies located around the world
回路図 ダウンロード
SPRR419.ZIP (799 KB)

リファレンス・デザイン

リファレンス・デザイン ダウンロード
TIDEP-01012
TIDEP-01012 このカスケード開発キットには、以下のような 2 つの主な使用事例があります。
  1. MMWCAS-DSP-EVM をキャプチャ・カードとして使用し、mmWave studio ツールと組み合わせて AWR2243 の 4 チップ・カスケード性能を包括的に評価するには、『TIDEP-01012 design guide』 (英語) をお読みください。
  2. MMWCAS-DSP-EVM を使用してレーダーのリアルタイム SW アプリケーションを開発するには、『TIDEP-01017 design guide』 (英語) をお読みください。

このリファレンス・デザインは、カスケード接続された画像処理レーダーの RF(無線周波数)システムを使用します。カスケード接続されたレーダー・デバイスは、長距離レーダーのビーム・フォーミング・アプリケーションや、中距離レーダーと短距離レーダーの MIMO(複数入力複数出力)アプリケーションに対応し、強化された角度分解能性能を実現します。

AWR2243 カスケード・レーダー RF 開発キットは、マルチデバイスのビーム・フォーミング構成を使用する場合、350m を上回る距離で (水平面上で) 位置の推定と追跡を行う目的で使用されてきました。さらに、このシステムは、TDMA(時分割多元接続)-MIMO 構成を使用する場合、最小 1.4 度の水平角度分解能を実証してきました。

document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド document-generic 英語版をダウンロード (Rev.A)

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
FC/CSP (ABL) 161 オプションの表示

購入と品質

含まれる情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating/ リフローピーク温度
  • MTBF/FIT の推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

おすすめの製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価モジュール、またはリファレンス・デザインが含まれている場合があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示

ビデオ