製品の詳細

Number of receivers 4 Number of transmitters 3 ADC sampling rate (Max) (MSPS) 25 Arm CPU ARM-Cortex R4F 200MHz Interface type 2 CAN-FD, I2C, QSPI, SPI, UART Hardware accelerators Radar hardware accelerator RAM 1472 Rating Automotive Operating temperature range (C) -40 to 125
Number of receivers 4 Number of transmitters 3 ADC sampling rate (Max) (MSPS) 25 Arm CPU ARM-Cortex R4F 200MHz Interface type 2 CAN-FD, I2C, QSPI, SPI, UART Hardware accelerators Radar hardware accelerator RAM 1472 Rating Automotive Operating temperature range (C) -40 to 125
FC/CSP (ABL) 161 108 mm² 10.4 x 10.4
  • FMCW transceiver
    • Integrated PLL, transmitter, receiver, Baseband, and ADC
    • 60- to 64-GHz coverage with 4-GHz continuous bandwidth
    • Four receive channels
    • Three transmit channels
    • Supports 6-bit phase shifter
    • Ultra-accurate chirp engine based on fractional-N PLL
    • TX power: 12 dBm
    • RX noise figure:
      • 12 dB
    • Phase noise at 1 MHz:
      • –93 dBc/Hz
  • Built-in calibration and self-test
    • Arm Cortex-R4F-based radio control system
    • Built-in firmware (ROM)
    • Self-calibrating system across frequency and temperature
    • Embedded self-monitoring with no host processor involvement on Functional Safety-Compliant targeted devices
  • C674x DSP for advanced signal processing (AWR6843 only)
  • Hardware accelerator for FFT, filtering, and CFAR processing
  • Memory compression
  • Arm® Cortex®-R4F microcontroller for object detection, and interface control
    • Supports autonomous mode (loading user application from QSPI flash memory)
  • Internal memory with ECC
    • AWR6843:1.75 MB, divided into MSS program RAM (512 KB), MSS data RAM (192 KB), DSP L1RAM (64KB) and L2 RAM (256 KB), and L3 radar data cube RAM (768 KB)
    • AWR6443: 1.4 MB, divided into MSS program RAM (512 KB), MSS data RAM (192 KB), and L3 radar data cube RAM (768 KB)
    • Technical reference manual includes allowed size modifications
  • Other interfaces available to user application
    • Up to 6 ADC channels (low sample rate monitoring)
    • Up to 2 SPI ports
    • Up to 2 UARTs
    • 2 CAN-FD interfaces
    • I2C
    • GPIOs
    • 2 lane LVDS interface for raw ADC data and debug instrumentation
  • Functional Safety-Compliant targeted
    • Developed for functional safety applications
    • Documentation will be available to aid ISO 26262 functional safety system design
    • Hardware integrity up to ASIL-B targeted
    • Safety-related certification ISO 26262 certification by TUV Sud planned
  • Non-Functional safety variants
  • AEC-Q100 qualified
  • Power management
    • Built-in LDO network for enhanced PSRR
    • I/Os support dual voltage 3.3 V/1.8 V
  • Clock source
    • 40.0 MHz crystal with internal oscillator
    • Supports external oscillator at 40 MHz
    • Supports externally driven clock (square/sine) at 40 MHz
  • Easy hardware design
    • 0.65-mm pitch, 161-pin 10.4 mm × 10.4 mm flip chip BGA package for easy assembly and low-cost PCB design
    • Small solution size
  • Supports automotive temperature operating range
  • FMCW transceiver
    • Integrated PLL, transmitter, receiver, Baseband, and ADC
    • 60- to 64-GHz coverage with 4-GHz continuous bandwidth
    • Four receive channels
    • Three transmit channels
    • Supports 6-bit phase shifter
    • Ultra-accurate chirp engine based on fractional-N PLL
    • TX power: 12 dBm
    • RX noise figure:
      • 12 dB
    • Phase noise at 1 MHz:
      • –93 dBc/Hz
  • Built-in calibration and self-test
    • Arm Cortex-R4F-based radio control system
    • Built-in firmware (ROM)
    • Self-calibrating system across frequency and temperature
    • Embedded self-monitoring with no host processor involvement on Functional Safety-Compliant targeted devices
  • C674x DSP for advanced signal processing (AWR6843 only)
  • Hardware accelerator for FFT, filtering, and CFAR processing
  • Memory compression
  • Arm® Cortex®-R4F microcontroller for object detection, and interface control
    • Supports autonomous mode (loading user application from QSPI flash memory)
  • Internal memory with ECC
    • AWR6843:1.75 MB, divided into MSS program RAM (512 KB), MSS data RAM (192 KB), DSP L1RAM (64KB) and L2 RAM (256 KB), and L3 radar data cube RAM (768 KB)
    • AWR6443: 1.4 MB, divided into MSS program RAM (512 KB), MSS data RAM (192 KB), and L3 radar data cube RAM (768 KB)
    • Technical reference manual includes allowed size modifications
  • Other interfaces available to user application
    • Up to 6 ADC channels (low sample rate monitoring)
    • Up to 2 SPI ports
    • Up to 2 UARTs
    • 2 CAN-FD interfaces
    • I2C
    • GPIOs
    • 2 lane LVDS interface for raw ADC data and debug instrumentation
  • Functional Safety-Compliant targeted
    • Developed for functional safety applications
    • Documentation will be available to aid ISO 26262 functional safety system design
    • Hardware integrity up to ASIL-B targeted
    • Safety-related certification ISO 26262 certification by TUV Sud planned
  • Non-Functional safety variants
  • AEC-Q100 qualified
  • Power management
    • Built-in LDO network for enhanced PSRR
    • I/Os support dual voltage 3.3 V/1.8 V
  • Clock source
    • 40.0 MHz crystal with internal oscillator
    • Supports external oscillator at 40 MHz
    • Supports externally driven clock (square/sine) at 40 MHz
  • Easy hardware design
    • 0.65-mm pitch, 161-pin 10.4 mm × 10.4 mm flip chip BGA package for easy assembly and low-cost PCB design
    • Small solution size
  • Supports automotive temperature operating range

The AWR device is an integrated single chip mmWave sensor based on FMCW radar technology capable of operation in the 60-GHz to 64-GHz band. It is built with TI’s low power45-nm RFCMOS process and enables unprecedented levels of integration in an extremely small formfactor. This is an ideal solution for low power, self-monitored, ultra-accurate radar systems in the automotive space. Multiple automotive qualified variants are currently available including Functional Safety-Compliant targeted devices and non-functional safety devices.

The AWR device is an integrated single chip mmWave sensor based on FMCW radar technology capable of operation in the 60-GHz to 64-GHz band. It is built with TI’s low power45-nm RFCMOS process and enables unprecedented levels of integration in an extremely small formfactor. This is an ideal solution for low power, self-monitored, ultra-accurate radar systems in the automotive space. Multiple automotive qualified variants are currently available including Functional Safety-Compliant targeted devices and non-functional safety devices.

ダウンロード

おすすめの類似製品

open-in-new 製品の比較
比較対象デバイスと類似の機能。
AWR6843 アクティブ DSP、マイコン、レーダー・アクセラレータを統合し たシングルチップ 60GHz ~ 64GHz 車載レーダー・センサ AWR6443 は AWR6843 と同じピン配列ですが、DSP なしの場合は機能が低下します。

技術資料

star = TI が選択したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
5 資料すべて表示
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート AWR6443, AWR6843 Single-Chip 60- to 64-GHz mmWave Sensor データシート (Rev. C) 2021年 4月 1日
* エラッタ AWR6443 Device Errata, Silicon Revision 2.0 2020年 4月 1日
アプリケーション・ノート mmWave Radar Radome Design Guide 2021年 8月 17日
アプリケーション・ノート Memory Compression and Decompression Engine for TI mmwave Radar 2019年 12月 2日
ホワイト・ペーパー FMCW レーダ・システムにおける 複素ベースバンド・ アーキテクチャの使用法 英語版をダウンロード 2017年 5月 31日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

評価ボード

AWR6843ISK — AWR6843 シングルチップ 60GHz ~ 64GHz 車載レーダー・センサ・アンテナのプラグイン・モジュール

AWR6843ISK は、AWR6843 デバイスをベースとする、使いやすい 60GHz ミリ波センサ評価キットです。AWR6843ISK を使用して、AWR6843 と AWR6443 の各デバイスを評価することもできます。この基板は、USB インターフェイス経由で電力を受け取り、USB または CAN-FD インターフェイス経由でポイント・クラウドのデータにアクセスすることができます。

ミリ波ツールやソフトウェアがこのキットをサポートしており、mmWave Studio (MMWAVE-STUDIO) やミリ波ソフトウェア開発キット (MMWAVE-SDK) がこれに該当します。

付加的なボードを使用して、追加機能を実現することもできます。たとえば、DCA1000EVM を使用すると、LVDS インターフェイス経由でセンサの未加工データにアクセスできます。MMWAVEICBOOST を使用すると、TI の CCS を活用したソフトウェア開発とトレース機能を実施できます。

AWR6843ISK と MMWAVEICBOOST を組み合わせると、TI のマイコン (MCU) LaunchPad™ 開発キット・エコシステムとのインターフェイスを実現できます。

在庫あり
制限: 5
評価ボード

DCA1000EVM — レーダー・センシング向けリアルタイム・データ・キャプチャ・アダプタの評価モジュール

DCA1000 評価基板 (EVM) は、TI の AWR と IWR の各レーダー・センサ EVM から取得する 2 レーンおよび 4 レーンの LVDS (低電圧差動信号伝送) トラフィックに対して、リアルタイム・データ・キャプチャとストリーミングを実施できます。1Gbps イーサネットを使用して、MMWAVE-STUDIO ツールを実行している PC 宛にこのデータをリアルタイムでストリーミング送信し、キャプチャと可視化を実行した後、選定したアプリケーションにその結果を渡し、データ処理とアルゴリズムの開発を進めることができます。

評価ボード

MMWAVEICBOOST — ミリ波センサ・キャリア・カード・プラットフォーム

MMWAVEICBOOST キャリア・カードは、選択された 60GHz ミリ波評価基板の機能を拡張します。このボードを使用すると、先進的なソフトウェア開発機能に加え、TI の Code Composers と互換性のある各種デバッガを使用する場合に、トレースやシングル・ステップ実行などの各種デバッグ機能を実現できます。LaunchPad のオンボード・インターフェイスを使用すると、TI のブースタパックと互換性のある各種ハードウェアと組み合わせ、追加のセンサやワイヤレス・コネクティビティに対応することができます。TI の LaunchPad エコシステムを活用すると、MMWAVEICBOOST から、より多様な一連のペリフェラルやコネクティビティにアクセスできます。

MMWAVEICBOOST は、LaunchPad™ 開発キット向けのインターフェイスを搭載しているので、PoE (パワー・オーバー・イーサネット)、Wi-Fi®、Sub-1GHz などの拡張コネクティビティに対応できます。

リファレンス・デザイン

TIDEP-01023 — 60GHz アンテナ搭載パッケージのミリ波センサを使用した、子供の存在と占有を検出するリファレンス・デザイン

このリファレンス・デザインは、アンテナを内蔵した 60GHz シングルチップ・ミリ波センサである AWR6843AOP の使用方法を示します。また、このセンサは、DSP、マイコン (MCU)、高速フーリエ変換 (FFT) 処理向けのハードウェア・アクセラレータも内蔵しています。

AWR6843AOP センサは、多様な車内センシング・アプリケーションに活用できます。これらに該当する使用事例は、車内の後部座席などにいる子供の占有検出、シートベルトの警告、侵入者検出などです。 小型フォーム・ファクタを採用しているので、リアビュー・ミラー (ルーム・ミラー) 周辺にあるオーバーヘッド・コンソール、ヘッドレスト、B/C ピラー (フロント・ドアとリア・ドアの間、またはリア・ドアと車体後部の間にある垂直方向の柱や窓枠)、シートのような小規模な空間にセンサを配置できます。この結果、ティア 1 ベンダー (1 次下請け業者) や自動車メーカー側で、最終的な使用事例を計画する際のフレキシビリティが向上します。

パッケージ ピン数 ダウンロード
FC/CSP (ABL) 161 オプションの表示

購入と品質

含まれる情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating/ リフローピーク温度
  • MTBF/FIT の推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

おすすめの製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価モジュール、またはリファレンス・デザインが含まれている場合があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

ビデオ