トップ

製品の詳細

パラメータ

Features Separate MCU requirement, Stackable (built-in interface) Operating temperature range (C) -40 to 125 Rating Automotive open-in-new その他の バッテリーモニタ&バランサ

パッケージ|ピン|サイズ

TSSOP (PW) 16 22 mm² 5 x 4.4 open-in-new その他の バッテリーモニタ&バランサ

特長

  • 車載アプリケーションに対応
  • 下記内容で AEC-Q100 認定済み
    • デバイス温度グレード 1:動作時周囲温度範囲 –40°C~+125°C
    • デバイス HBM ESD 分類レベル 2
    • デバイス CDM ESD 分類レベル C4B
  • 機能的安全性に準拠
  • リング・アーキテクチャでフォルトが検出されたとき、BMS/BMU システムを自動的にウェイクアップ
  • 4.75V~40V の電源をサポート
  • UART/SPI ホスト・インターフェイス
  • 3.3V/5V ロジックと互換
  • 絶縁差動デイジー・チェーン
    • 1 デバイスでリング・アーキテクチャをサポート
    • 変圧器/コンデンサ絶縁をサポート
  • BCI/EMI/EMC 堅牢性を目的として設計
  • BQ7961x-Q1 および BQ79606A-Q1 (フォルト・デイジー・チェーン・インターフェイスなし) をサポート

All trademarks are the property of their respective owners.

open-in-new その他の バッテリーモニタ&バランサ

概要

BQ79600-Q1 は、 通信 (ブリッジ) IC で、マイクロコントローラ (MCU) と TI のバッテリ監視 IC (BQ7961X-Q1 や BQ79606A-Q1 など) を接続するよう設計されています。MCU からの情報は、デバイスによって、TI のバッテリ管理用デイジー・チェーン・プロトコルで認識される信号に変換されてから、送出されます。デイジー・チェーンからの信号は、ビット・ストリームにデコードされてから、MCU へ送り返されます。

MCU と PMIC がシャットダウン/スリープのとき、リング・アーキテクチャを使用していれば、マスクされないフォルトが検出されたとき、BQ79600-Q1 によってウェイクアップできます。

open-in-new その他の バッテリーモニタ&バランサ
ダウンロード

技術資料

= TI が選択したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。 すべて表示 6
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート BQ79600-Q1 ホストの自動ウェイクアップ機能を持つ ASIL-D 準拠の車載用 SPI/UART 通信インターフェイス データシート 2019年 11月 21日
ホワイト・ペーパー Wired vs. Wireless Communications In EV Battery Management.. 英語版をダウンロード 2020年 11月 4日
ホワイト・ペーパー Functional Safety Considerations in Battery Management for Vehicle ElectrificatK 2020年 9月 17日
ホワイト・ペーパー 自動車電動化に関連するバッテリ管理分野での機能安全に関する検討事項 英語版をダウンロード 2020年 9月 17日
アプリケーション・ノート Safety Manual for BQ79600 Communication Bridge Interface 2020年 6月 30日
ユーザー・ガイド BQ79600-Q1 Evaluation Module User's Guide 2020年 6月 26日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ハードウェア開発

評価ボード ダウンロード
299
概要
BQ79600EVM は、BQ79600-Q1 デバイス向けの評価基板 (EVM) です。このデバイスの一般的な用途は、マイコン (MCU) と TI のバッテリ監視 IC (たとえば、BQ7961X-Q1 と BQ79606A-Q1) の間のインターフェイスとして機能するブリッジ IC です。このデバイスは、MCU から到着した情報を、TI のバッテリ管理デイジー・チェーン・プロトコルが認識できる複数のパルスに変換して、送信します。このデバイスは、ホストの自動ウェークアップ機能を搭載しており、この機能を BQ7961X-Q1 ファミリと組み合わせて活用すると、マスクされていない障害をバッテリ監視 IC が検出したときに、INH (インヒビット) ピン経由でホストを自動的にウェークアップさせることができます。 
特長
  • UART/SPI ホスト・インターフェイス
  • デイジー・チェーン対応、絶縁型差動インターフェイス
  • 4.74V ~ 40V の電源電圧をサポート
  • リング・アーキテクチャ内で障害を検出したときに、BMS/BMU システムを自動的にウェークアップ
  • ASIL-D 通信

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
TSSOP (PW) 16 オプションの表示

購入と品質

含まれる情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating/ リフローピーク温度
  • MTBF/FIT の推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

おすすめの製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価モジュール、またはリファレンス・デザインが含まれている場合があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示

ビデオ

関連ビデオ