狭帯域アプリケーション向け、50kHz またはそれ以上のチャネル間隔、マルチチャネル FSK/OOK CMOS ワイヤレス・トランシーバ

トップ

製品の詳細

パラメータ

Protocols Proprietary Frequency bands (MHz) 402-470, 804-960 TX power (Max) (dBm) 10 Peripherals 2 SPI, 2 UART, I2S Sensitivity (best) (dBm) -109 RX current (lowest) (mA) 19.9 Data rate (Max) (kbps) 153.6 Rating Catalog Operating temperature range (C) -40 to 85 open-in-new その他の Sub-1GHz 製品

パッケージ|ピン|サイズ

VQFN (RSS) 32 49 mm² 7 x 7 open-in-new その他の Sub-1GHz 製品

特長

  • True Single-Chip UHF RF Transceiver
  • Frequency Range 402 MHz to 470 MHz and
    804 MHz to 930 MHz
  • High Sensitivity
    • Up to –112 dBm for 38.4 kHz Receiver Channel Filter Bandwidth
    • Up to –106 dBm for 102.4 kHz Receiver Channel Filter Bandwidth
  • Programmable Output Power
  • Low Current Consumption
    • RX: 19.9 mA
  • Low Supply Voltage
    • From 2.3 V to 3.6 V
  • Very Few External Components Required
  • Small Size
    • QFN 32 Package
  • Pb-Free Package
  • Digital RSSI and Carrier Sense Indicator
  • Data Rate Up to 153.6 kBaud
  • OOK, FSK, and GFSK Data Modulation
  • Integrated Bit Synchronizer
  • Image Rejection Mixer
  • Programmable Frequency
  • Automatic Frequency Control (AFC)
  • Suitable for Frequency Hopping Systems
  • Suited for Systems Targeting Compliance With
    EN 300 220 and FCC CFR47 Part 15
  • Easy-to-Use Software for Generating the CC1021 Configuration Data
  • Fully Compatible With CC1020 for Receiver Channel Filter Bandwidths of 38.4 kHz and Higher

All trademarks are the property of their respective owners.

open-in-new その他の Sub-1GHz 製品

概要

The CC1021 device is a true single-chip UHF transceiver designed for very low power and very low voltage wireless applications. The circuit is mainly intended for the ISM (Industrial, Scientific and Medical) and SRD (Short Range Device) frequency bands at 433 MHz, 868 MHz, and 915 MHz, but can easily be programmed for multichannel operation at other frequencies in the 402- to 470-MHz and 804- to 930-MHz range.

The CC1021 device is especially suited for narrowband systems with channel spacing of 50 kHz and higher complying with EN 300 220 and CC CFR47 part 15.

The CC1021 device main operating parameters can be programmed through a serial bus, thus making the CC1021 device a very flexible and easy to use transceiver.

In a typical system, the CC1021 device is used together with a microcontroller and a few external passive components.

open-in-new その他の Sub-1GHz 製品
ダウンロード

More Information

The current RUZ package used with CC1021 will be replaced by the RSS package to secure manufacturability and long term availability of CC1021, as described in PCN# 20141212001. Such changes are normal during the lifetime of a product and do not affect the availability or support of the CC1021 product. In a transition period defined in the PCN the existing package (RUZ) will be available alongside the drop-in replaceable (RSS) package. Note that when the CC1021RUZ-based products retire, new orderable part names need to be ordered as outlined in the PCN. This will be informed through the CC1021 product web page and the CC1021 datasheet accordingly when these changes occur.

技術資料

= TI が選択したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。 すべて表示 19
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート CC1021 Single-Chip Low-Power RF Transceiver for Narrowband Systems データシート 2018年 10月 31日
* エラッタ CC1021 Errata Notes 2006年 1月 31日
* 放射線と信頼性レポート Reliability Report 2006年 4月 28日
技術記事 Bluetooth® Low Energy shifts gears for car access 2019年 7月 15日
技術記事 Top 3 design challenges that the new generation of SimpleLink™ Wi-Fi® devices will help you overcome 2019年 2月 21日
技術記事 Exploring the impact of IoT on innovation 2018年 7月 17日
技術記事 An out-of-the-box Internet of Things: building a seamless and secure smart home network 2018年 6月 12日
その他の技術資料 無線通信ソリューション 2015年 11月 4日
アプリケーション・ノート DN024 -- 868 MHz, 915 MHz and 955 MHz Monopole PCB Antenna 2013年 2月 22日
アプリケーション・ノート DN035 -- Antenna Quick Guide 2013年 2月 12日
アプリケーション・ノート AN098 - Layout Review Techniques for Low Power RF Designs 2012年 8月 2日
アプリケーション・ノート 低消費電力RF 設計向けのレイアウト・レビュー技法 最新の英語版をダウンロード (Rev.A) 2012年 3月 8日
アプリケーション・ノート DN023 -- 868 MHz, 915 MHz and 955 MHz Inverted F Antenna 2011年 8月 30日
アプリケーション・ノート AN058 -- Antenna Selection Guide 2010年 10月 6日
アプリケーション・ノート DN031 -- Design Notes 2010年 8月 26日
アプリケーション・ノート 自動周波数制御(AFC) 2007年 12月 6日
アプリケーション・ノート LC フィルタの高周波減衰量を向上させる 2007年 11月 27日
その他の技術資料 CC1021 Material content 2007年 7月 16日
その他の技術資料 CC1021 RoHS Confirmation 2006年 1月 31日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

設計ツールとシミュレーション

計算ツール ダウンロード
SmartRF スタジオ
SMARTRFTM-STUDIO SmartRF™ Studio は TI のローパワー RF 製品の評価や構成に使用できる Windows アプリケーションです。RF システム設計プロセスの初期段階での無線の容易な評価を可能にします。特に、構成レジスタの値やコマンドの生成、RF (...)
document-generic ユーザー・ガイド
特長
  • リンク・テスト:ノード間でパケットを送受信します。
  • アンテナ / 放射線試験:連続波の TX と RX 状態で無線を設定します。
  • 全製品に対するレジスタの推奨 / 代表値。
  • 個別の RF レジスタの読み取りと書き込みを行います。
  • 無線制御のために個別のコマンドを実行します。
  • 各レジスタまたはコマンドのビット・フィールドに関する詳細情報。
  • ファイルからデバイス構成データの保存と読み込みを行います。
  • レジスタの設定値とコマンド引数を、ユーザー定義可能なフォーマットにエクスポートします。
  • 無線構成コードをエクスポートします(CC13xx、CC26xx)。
  • カスタム GPIO 構成を可能にします(CC13xx、CC26xx)。
  • デバッグ・プローブまたは評価ボードを通じて、USB 経由で複数の評価ボードと通信します。
  • 単一のコンピュータで最大 32 の評価ボードをサポートします。

互換性に関する問題

SmartRF Studio 6 は、Microsoft® Windows 98、Windows 2000、Windows XP (32 ビット)、Windows Vista (32 ビット)、Windows 7 (32 ビット) の各環境で動作します。

SmartRF Studio 7 は、32 ビット版と 64 ビット版の Microsoft® Windows 7、8、10 で動作します。

インストール手順:
  • 該当 ZIP ファイルをハード・ディスクにダウンロードします。
  • そのファイルを解凍します。
  • readme.txt ファイルを読み、このリリースに関する情報を参照します。
  • 手順に従ってセットアップ・ファイルを実行します。
設計ツール ダウンロード

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
QFN (RSS) 32 オプションの表示

購入と品質

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示

ビデオ

関連ビデオ