トップ

製品の詳細

パラメータ

Protocols Wireless M-Bus (T, S, C mode) Frequency bands (MHz) 300-348, 387-464, 779-928 TX power (Max) (dBm) 12 Sensitivity (best) (dBm) -116 RX current (lowest) (mA) 14.3 Data rate (Max) (kbps) 500 Rating Catalog Operating temperature range (C) -40 to 85 open-in-new その他の Sub-1GHz 製品

パッケージ|ピン|サイズ

VQFN (RGP) 20 16 mm² 4 x 4 open-in-new その他の Sub-1GHz 製品

特長

  • RF Performance
    • High sensitivity
      • –116 dBm at 0.6 kBaud, 433 MHz, 1% packet error rate
      • –112 dBm at 1.2 kBaud, 868 MHz, 1% packet error rate
    • Low current consumption (14.7 mA in RX, 1.2 kBaud, 868 MHz)
    • Programmable output power up to +12 dBm for all supported frequencies
    • Excellent receiver selectivity and blocking performance
    • Programmable data rate from 0.6 to 600 kbps
    • Frequency bands: 300-348 MHz, 387-464 MHz and 779-928 MHz
  • Analog Features
    • 2-FSK, 4-FSK, GFSK, and MSK supported as well as OOK
      and flexible ASK shaping
    • Suitable for frequency hopping systems due to a fast settling
      frequency synthesizer; 75 µs settling time
    • Automatic Frequency Compensation (AFC) can be used to align the frequency
      synthesizer to the received signal centre frequency
    • Integrated analog temperature sensor
  • Digital Features
    • Flexible support for packet oriented systems; On-chip support for
      sync word detection, address check, flexible packet length, and
      automatic CRC handling
    • Efficient SPI interface; All registers can be programmed with
      one "burst" transfer
    • Digital RSSI output
    • Programmable channel filter bandwidth
    • Programmable Carrier Sense (CS) indicator
    • Programmable Preamble Quality Indicator (PQI) for improved protection
      against false sync word detection in random noise
    • Support for automatic Clear Channel Assessment (CCA) before transmitting
      (for listen-before-talk systems)
    • Support for per-package Link Quality Indication (LQI)
    • Optional automatic whitening and de-whitening of data
  • Low-Power Features
    • 200 nA sleep mode current consumption
    • Fast startup time; 240 µs from sleep to RX or TX
      mode (measured on EM reference design [1] and [2])
    • Wake-on-radio functionality for automatic low-power RX polling
    • Separate 64-byte RX and TX data FIFOs (enables burst mode data transmission)
  • General
    • Few external components; Completely on-chip frequency synthesizer, no external
      filters or RF switch needed
    • Green package: RoHS compliant and no antimony or bromine
    • Small size (QLP 4x4 mm package, 20 pins)
    • Suited for systems targeting compliance with EN 300 220 (Europe) and
      FCC CFR Part 15 (US)
    • Suited for systems targeting compliance with the Wireless MBUS standard EN 13757-4:2005
    • Support for asynchronous and synchronous serial receive/transmit mode for backwards
      compatibility with existing radio communication protocols
  • Improved Range using CC1190
    • The CC1190 [21] is a range extender for 850-950 MHz and is an ideal
      fit for CC1101 to enhance RF performance
    • High sensitivity–118 dBm at 1.2 kBaud, 868 MHz, 1% packet error
      rate–120 dBm at 1.2 kBaud, 915 MHz, 1% packet error rate
    • +20 dBm output power at 868 MHz
    • +27 dBm output power at 915 MHz
    • Refer to AN094 [22] and AN096 [23] for more performance figures of the
      CC1101 + CC1190 combination
  • Reduced Battery Current using TPS62730
    • The TPS62730 [26] is a step down converter with bypass mode for
      ultra low power wireless applications
    • In RX, the current drawn from a 3.6 V battery is typically less than
      11 mA when TPS62730 output voltage is 2.1 V. When connecting CC1101
      directly to a 3.6 V battery the current drawn is typically 17 mA
    • In TX, at maximum output power (+12 dBm), the current drawn from a
      3.6 V battery is typically 22 mA when TPS62730 output voltage is 2.1 V.
      When connecting CC1101 directly to a 3.6 V battery the current drawn is
      typically 34 mA
    • When CC1101 enters SLEEP mode, the TPS62730 can be put
      in bypass mode for very low power down current
    • The typical TPS62730 current consumption is 30 nA in bypass mode.
    • The CC1101 is connected to the battery via an integrated 2.1 Ω (typical)
      switch in bypass mode
open-in-new その他の Sub-1GHz 製品

概要

CC1101 is a low-cost sub-1 GHz transceiver designed for very low-power wireless applications. The circuit is mainly intended for the ISM (Industrial, Scientific and Medical) and SRD (Short Range Device) frequency bands at 315, 433, 868, and 915 MHz, but can easily be programmed for operation at other frequencies in the 300-348 MHz, 387-464 MHz and 779-928 MHz bands.

The RF transceiver is integrated with a highly configurable baseband modem. The modem supports various modulation formats and has a configurable data rate up to 600 kbps.

CC1101 provides extensive hardware support for packet handling, data buffering, burst transmissions, clear channel assessment, link quality indication, and wake-on-radio.

The main operating parameters and the 64- byte transmit/receive FIFOs of CC1101 can be controlled via an SPI interface. In a typical system, the CC1101 will be used together with a microcontroller and a few additional passive components.

The CC1190 850-950 MHz range extender [21] can be used with CC1101 in long range applications for improved sensitivity and higher output power.

open-in-new その他の Sub-1GHz 製品
ダウンロード
おすすめの類似製品
open-in-new 製品の比較
機能およびピン配置は同じだが、同等ではない比較製品
CC110L アクティブ バリュー・ライン、Sub-1GHz ワイヤレス・トランシーバ This product is a cost-optimized Sub-1 GHz RF transceiver with the same RF characteristics and pin-to-pin compatible with CC1101.

技術資料

= TI が選択したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。 すべて表示 61
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート CC1101 Low-Power Sub-1 GHz RF Transceiver データシート 2013年 11月 5日
* エラッタ CC1101 Errata Note 2015年 9月 25日
* 放射線と信頼性レポート CC1101 Reliability Report 2008年 2月 26日
セレクション・ガイド ワイヤレス・コネクティビティ技術セレクション・ガイド 英語版をダウンロード 2020年 2月 28日
セレクション・ガイド Wireless Connectivity Technology Selection Guide.. 2020年 2月 28日
セレクション・ガイド Wireless Connectivity Technology Selection Guide... 2020年 2月 28日
セレクション・ガイド Wireless Connectivity Technology Selection Guide..... 2020年 2月 28日
技術記事 Bluetooth® Low Energy shifts gears for car access 2019年 7月 15日
アプリケーション・ノート DN507 DEC Decoding 2019年 3月 21日
技術記事 Top 3 design challenges that the new generation of SimpleLink™ Wi-Fi® devices will help you overcome 2019年 2月 21日
ホワイト・ペーパー Migrating your proprietary solution to the SimpleLink™ WMCU 2018年 11月 7日
アプリケーション・ノート CC11xx Sensitivity Versus Frequency Offset and Crystal Accuracy 2018年 9月 27日
アプリケーション・ノート CRC Implementation 2018年 9月 27日
技術記事 Exploring the impact of IoT on innovation 2018年 7月 17日
技術記事 An out-of-the-box Internet of Things: building a seamless and secure smart home network 2018年 6月 12日
アプリケーション・ノート Debugging Communication Range 2018年 3月 27日
アプリケーション・ノート Achieving Optimum Radio Range 2017年 9月 5日
その他の技術資料 無線通信ソリューション 2015年 11月 4日
アプリケーション・ノート CC11x and CC112x Example and Range Test Software for MSP430-Based LaunchPads 2015年 10月 19日
アプリケーション・ノート TI LPRF EASYMODE 2014年 12月 12日
ホワイト・ペーパー 6LoWPAN Overview 2014年 10月 28日
アプリケーション・ノート Antenna Diversity 2014年 10月 23日
アプリケーション・ノート Considerations for Final Test of Products Containing Wireless Technologies 2014年 10月 1日
アプリケーション・ノート DN024 -- 868 MHz, 915 MHz and 955 MHz Monopole PCB Antenna 2013年 2月 22日
アプリケーション・ノート DN035 -- Antenna Quick Guide 2013年 2月 12日
アプリケーション・ノート Miniature Helical PCB Antenna for 868 MHz or 915/920 MHz 2012年 11月 27日
アプリケーション・ノート AN098 - Layout Review Techniques for Low Power RF Designs 2012年 8月 2日
アプリケーション・ノート DN022 -- CC110x CC111x OOK ASK Register Settings 2012年 3月 8日
アプリケーション・ノート 低消費電力RF 設計向けのレイアウト・レビュー技法 最新の英語版をダウンロード (Rev.A) 2012年 3月 8日
その他の技術資料 Sub-1 GHz RF Performance and Value Line Brochure 2012年 2月 13日
アプリケーション・ノート DN036 +20 dBm Transmit Power without using FHSS under FCC 15.247 2011年 11月 7日
アプリケーション・ノート DN025 -- Johanson Technology Matched Balun Filter optimized for CC1101 868/915MH 2011年 10月 13日
アプリケーション・ノート DN023 -- 868 MHz, 915 MHz and 955 MHz Inverted F Antenna 2011年 8月 30日
アプリケーション・ノート Basic RF Testing of CCxxxx Devices 2011年 8月 8日
アプリケーション・ノート AN095 -- Continuous Data Streaming Applications - Using Serial Synchronous Mode 2011年 7月 18日
アプリケーション・ノート AN096 Using CC1190 Front End with CC1101 under FCC 15.247 2011年 5月 2日
アプリケーション・ノート CC1101-CC1190 application note 2011年 1月 11日
アプリケーション・ノート AN058 -- Antenna Selection Guide 2010年 10月 6日
アプリケーション・ノート DN031 -- Design Notes 2010年 8月 26日
アプリケーション・ノート DN006 -- CC11xx Settings for FCC15.247 Solutions 2010年 8月 17日
アプリケーション・ノート DN505 -- RSSI interpretation and timing 2010年 6月 16日
アプリケーション・ノート Data Whitening and Random TX Mode 2010年 4月 12日
アプリケーション・ノート Implementing 'Diversity' Using Low Power Radios 2010年 1月 26日
アプリケーション・ノート DN107 -- DMA and Radio Configuration 2009年 12月 17日
アプリケーション・ノート DN010 -- Close-in Reception with CC1101 2009年 7月 21日
アプリケーション・ノート DN009 -- Upgrading from CC1100 to CC1101 2009年 7月 16日
アプリケーション・ノート DN500 -- Packet Transmission Basics 2009年 4月 6日
アプリケーション・ノート AN069 -- Low Cost Long Range One Way Audio Communications at 900 MHz 2009年 3月 24日
アプリケーション・ノート DN111 - Current Consumption for a Polling Receiver 2009年 3月 24日
アプリケーション・ノート DN300 -- SmartRF04EB Troubleshooting 2009年 3月 24日
アプリケーション・ノート DN400 -- Interfacing CC1100 - CC2500 with MSP430 2009年 3月 24日
アプリケーション・ノート DN501 -- PATABLE Access 2009年 3月 24日
アプリケーション・ノート AN047--CC1100/CC2500 Wake on Radio 2009年 3月 23日
アプリケーション・ノート AN067 - Wireless MBUS Implementation with cc1101 and MSP430 2008年 11月 6日
アプリケーション・ノート DN017 -- CC11xx 868/915 MHz RF Matching 2008年 3月 31日
アプリケーション・ノート DN013 -- Programming output powers on CC1101 2008年 1月 2日
アプリケーション・ノート LC フィルタの高周波減衰量を向上させる 2007年 11月 27日
アプリケーション・ノート DN503 -- SPI Access 2007年 10月 22日
アプリケーション・ノート DN504 -- FEC Implementation 2007年 10月 22日
アプリケーション・ノート DN506 GDO Pin Usage 2007年 10月 22日
その他の技術資料 CC1101 Material content 2007年 7月 16日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ハードウェア開発

評価ボード ダウンロード
149
概要

SmartRF Transceiver 評価ボード(TrxEB)は、評価、性能テスト、ソフトウェア開発のため、TI のローパワー RF トランシーバと組み合わせて使用します。

以下のトランシーバ評価モジュールがサポートされています。

  • CC1101EM*
  • CC11xLEM*
  • CC112xEM*
  • CC1175EM*
  • CC1200EM*
  • CC2500EM
  • CC2520EM

(*) すべての周波数派生版、および CC1190 との組み合わせもサポートされています

評価モジュールは、TI ストアで別売りの EMK(評価モジュール・キット)の形で入手できます

SmartRF TrxEB を使用して実行できる作業

  • MSP430F5438A マイコンでの無線プロトコルの開発。関連するトランシーバの Web ページに掲載されているコード・サンプルの参照。
  • SmartRF Studio を使用したトランシーバの性能評価。
  • TrxEB+EM を使用して得られた結果と、独自ハードウェアから得られた結果の比較。
  • 独自ボードの無線を TrxEB に接続し、既知の正常に動作するソフトウェアを使用して独自の RF 設計をテスト。その後、SmartRF Studio を使用して無線の実験。
  • 独自ボード上のマイコンを TrxEB に実装されているブレークアウト・ピン 経由でトランシーバ EM に接続し、既知の正常に動作する RF ハードウェアを使用して独自ソフトウェアをテスト。

ボードの最新情報については、SmartRF TrxEB ユーザーズ・ガイドを参照してください。このガイドでは、ドライバのインストール方法、ボードに実装されているペリフェラルの詳細、トランシーバ評価モジュールとのインターフェイス確立方法について説明しています。

特長
  • MSP430F5438A マイコン
  • 64 x 128 ピクセルのシリアル LCD
  • 4 個の汎用 LED
  • 5 個の押しボタン
  • 256KB のシリアル Flash
  • 3 軸デジタル加速度計
  • 周辺光センサ
  • 電流測定用のジャンパ
  • ブレークアウト・ピン
  • フルスピード USB 2.0 インターフェイス
  • SmartRF Studio のサポート
デバッグ・プローブ ダウンロード
49
概要

The CC Debugger is a small programmer and debugger for the TI Low Power RF System-on-Chips. It can be used together with IAR Embedded Workbench for 8051 (version 7.51A or later) for debugging and SmartRF Flash Programmer for flash programming. The CC Debugger can also be used for controlling (...)

特長

Contents in the box:

  • CC Debugger
  • Mini USB cable
  • 10-pin flat cable with 2x5 2.54mm connector
  • 10-pin flat cable with 2x5 1.27mm connector
  • Converter board 2.54mm-1.27mm connector
  • Documentation

CC-Debugger can be used to program and debug the following 8051-based system-on-chips from Texas Instruments:

  • CC1110 (...)

インターフェイス・アダプタ ダウンロード
19
概要

This BoosterPack kit contains one "EM Adapter BoosterPack". The purpose of the EM adapter board is to provide an-easy-to-use bridge between any of the TI MCU LaunchPads and the wide variety of TI RF evaluation modules (EM), for instance the CCxxxx Low-Power RF evaluation modules. No specific (...)

特長
  • Evaluation Module (EM) connectors supporting all EMs from Texas Instruments
  • Dual-row LaunchPad (LP) connectors, allowing stacking of XL BoosterPacks
  • USB power supply to support assemblies drawing more current than the LaunchPad is able to source alone
  • Buck/boost voltage regulator, allowing any power (...)

ソフトウェア開発

サンプル・コードまたはデモ ダウンロード
SWRC021F.ZIP (841 KB)
ドライバまたはライブラリ ダウンロード
SimpliciTI 準拠のプロトコル・スタック
SIMPLICITI 注: 最新情報に含まれている「リリース・ノート」を必ずお読みください。

SimpliciTI は、小規模な(256 未満)RF ネットワークを対象にした、シンプルなローパワー RF ネットワーク・プロトコルです。通常、これらのネットワークには、バッテリで動作するデバイスが含まれています。このようなデバイスは、バッテリーの寿命が長く、データ・レートとデューティ・サイクルが低くなければなりません。また、このようなネットワークでは、直接もしくはアクセス・ポイントかレンジ・エクステンダを介して通信するノードの数に制限があります。アクセス・ポイントとレンジ・エクステンダがなくても、メッセージの保存や転送などの追加機能を提供します。SimpliciTI では、MCU リソースに関する要件が最小に抑えられるので、システム・コストを削減できます。

SimpliciTI は、低消費電力 MCU の MSP430 ファミリ、CC1XXX/CC25XX トランシーバ TI RF platforms 、SoC などの複数の TI RF プラットフォームにそのまま導入して展開できるように設計されています。サンプル・アプリケーションは、CC1100EM、CC1101EM、または CC2500EM が装着された MSP430FG4618/F2013 実験用ボード上でそのまま実行できます。

ダウンロードと登録(E メールで更新通知を受信するため)

SimpliciTI-IAR-1.1.1.exe for CC11xx, CC25xx and CC2x30 using IAR EW430 or EW8051

SimpliciTI-CCE-1.1.0.exe for CC1101, CC2500, CC2520 and CC430 using (...)

特長
  • ローパワー - TI 専用のローパワー・ネットワーク・プロトコル
  • 低コスト - 4K 未満のフラッシュ、512 バイト未満の RAM を使用
  • 柔軟性:
    • デバイス間の直接通信
    • エンド・デバイスに保存および転送するためのアクセス・ポイントを持つ単純なスター・トポロジ
    • 範囲を 4 ホップに拡張するレンジ・エクステンダ
  • シンプル - 5つのコマンドを持つ API を利用
  • 低データ・レートおよび低デューティ・サイクル
  • 使いやすさ
  • アプリケーション例:
    • アラームとセキュリティ: 人体センサ、光センサ、一酸化炭素センサ、ガラス破損センサ
    • 煙検出器
    • 自動メーター読み取り器: ガス・メーター、水道メーター、e メーター
    • アクティブ RF-ID アプリケーション
サポート・ソフトウェア ダウンロード
SWRC219C.ZIP (571 KB)

設計ツールとシミュレーション

計算ツール ダウンロード
Third party wireless module search tool
3P-WIRELESS-MODULES Engineers looking to incorporate wireless connectivity technology into their IoT design can use the third party wireless module search tool to identify products that meet their end equipment specifications, procure production ready wireless modules, and help accelerate their development and time to (...)
特長
  • Based on our TI wireless technology supporting Wi-Fi®, Bluetooth®, Zigbee®, Sub-1 GHz, Sigfox, 2.4 GHz ,multi-band connectivity and more
  • Integrates clocks, SPI flash and passive components
  • Years of successful collaboration
  • Includes hardware customization, software integration and cloud services
  • Links to (...)
計算ツール ダウンロード
SmartRF プロトコル Packet Sniffer
PACKET-SNIFFER
SmartRF Packet Sniffer 2

SmartRF Packet Sniffer 2 includes software and firmware to capture and display over-the-air packets. The capture device is connected to the PC via USB. SmartRF Packet Sniffer 2 supports the CC13xx and CC26xx family of devices as capture device and uses Wireshark for packet (...)

計算ツール ダウンロード
TI RF 距離推定ツール
RF-RANGE-ESTIMATOR — このツールにより、TI のワイヤレス・デバイスを使用した屋内外の RF リンク向けの実用的な距離概算機能を実現できます。屋外距離の場合、見通し距離(Line-of-Sight:LOS)をベースとして概算します。屋内距離の場合、Tx(送信)ユニットと Rx(受信)ユニット間に存在する建設資材を選択することができます。Tx ユニットと Rx ユニットの間に存在する建設資材の減衰が大きいほど、距離は短くなります。
特長
  • Sub-1GHz デバイスと 2.4GHz デバイス向けの距離概算スプレッドシート
  • 距離デバッグ・チェックリスト
計算ツール ダウンロード
SmartRF スタジオ
SMARTRFTM-STUDIO SmartRF™ Studio は TI のローパワー RF 製品の評価や構成に使用できる Windows アプリケーションです。RF システム設計プロセスの初期段階での無線の容易な評価を可能にします。特に、構成レジスタの値やコマンドの生成、RF (...)
特長
  • リンク・テスト:ノード間でパケットを送受信します。
  • アンテナ / 放射線試験:連続波の TX と RX 状態で無線を設定します。
  • 全製品に対するレジスタの推奨 / 代表値。
  • 個別の RF レジスタの読み取りと書き込みを行います。
  • 無線制御のために個別のコマンドを実行します。
  • 各レジスタまたはコマンドのビット・フィールドに関する詳細情報。
  • ファイルからデバイス構成データの保存と読み込みを行います。
  • レジスタの設定値とコマンド引数を、ユーザー定義可能なフォーマットにエクスポートします。
  • 無線構成コードをエクスポートします(CC13xx、CC26xx)。
  • カスタム GPIO 構成を可能にします(CC13xx、CC26xx)。
  • デバッグ・プローブまたは評価ボードを通じて、USB 経由で複数の評価ボードと通信します。
  • 単一のコンピュータで最大 32 の評価ボードをサポートします。

互換性に関する問題

SmartRF Studio 6 は、Microsoft® Windows 98、Windows 2000、Windows XP (32 ビット)、Windows Vista (32 ビット)、Windows 7 (32 ビット) の各環境で動作します。

SmartRF Studio 7 は、32 ビット版と 64 ビット版の Microsoft® Windows 7、8、10 で動作します。

インストール手順:
  • 該当 ZIP ファイルをハード・ディスクにダウンロードします。
  • そのファイルを解凍します。
  • readme.txt ファイルを読み、このリリースに関する情報を参照します。
  • 手順に従ってセットアップ・ファイルを実行します。
設計ツール ダウンロード

リファレンス・デザイン

リファレンス・デザイン ダウンロード
評価モジュール(EM)アダプタ
TIDM-LPBP-EMADAPTER This BoosterPack kit contains one "EM Adapter BoosterPack". The purpose of the EM adapter board is to provide an-easy-to-use bridge between any of the TI MCU LaunchPads and the vide variety of TI RF evaluation modules (EM), for instance the CCxxxx Low-Power RF evaluation modules. No specific (...)
document-generic 回路
リファレンス・デザイン ダウンロード
Sub-1 GHz および 2.4 GHz アンテナ・リファレンス・デザイン
CC-ANTENNA-DK-RD このアンテナ・ボード・リファレンス・デザインには、1GHz 未満および 2.4GHz の短距離ワイヤレス・システム向けのさまざまな低コストのアンテナ・ソリューションが含まれています。
document-generic 回路

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
QFN (RGP) 20 オプションの表示

購入と品質

おすすめの製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価モジュール、またはリファレンス・デザインが含まれている場合があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示

ビデオ

関連ビデオ