トップ

製品の詳細

パラメータ

Protocols Wi-SUN, Wireless M-Bus (S, C, N mode) Frequency bands (MHz) 137-158.3, 164-190, 205-237.5, 274-316.6, 410-475, 820-950 TX power (Max) (dBm) 16 Sensitivity (best) (dBm) -123 RX current (lowest) (mA) 19 Data rate (Max) (kbps) 1250 Rating Catalog Operating temperature range (C) -40 to 85 open-in-new その他の Wi-SUN 製品

パッケージ|ピン|サイズ

VQFN (RHB) 32 25 mm² 5 x 5 open-in-new その他の Wi-SUN 製品

特長

  • RF Performance and Analog Features:
    • High-Performance, Single-Chip Transceiver
      • Excellent Receiver Sensitivity:
        • –123 dBm at 1.2 kbps
        • –109 dBm at 50 kbps
      • Blocking Performance: 86 dB at 10 MHz
      • Adjacent Channel Selectivity: Up to 60 dB at 12.5-kHz Offset
      • Very Low Phase Noise: –114 dBc/Hz at
        10-kHz Offset (169 MHz)
    • Programmable Output Power Up to +16 dBm With 0.4-dB Step Size
    • Automatic Output Power Ramping
    • Supported Modulation Formats:
      2-FSK, 2-GFSK, 4-FSK, 4-GFSK, MSK, OOK
    • Supports Data Rate Up to 1.25 Mbps in Transmit and Receive
  • Low Current Consumption:
    • Enhanced Wake-On-Radio (eWOR) Functionality for Automatic Low-Power Receive Polling
    • Power Down: 0.12 μA (0.5 μA With eWOR Timer Active)
      • RX: 0.5 mA in RX Sniff Mode
      • RX: 19 mA Peak Current in Low-Power Mode
      • RX: 23 mA Peak Current in High-Performance Mode
      • TX: 46 mA at +14 dBm
  • Other:
    • Data FIFOs: Separate 128-Byte RX and TX
    • Support for Seamless Integration With the CC1190 Device for Increased Range Providing up to 3-dB Improvement in RX Sensitivity and up to +27 dBm TX Output Power
  • Digital Features:
    • WaveMatch: Advanced Digital Signal Processing for Improved Sync Detect Performance
    • Security: Hardware AES128 Accelerator
    • Data FIFOs: Separate 128-Byte RX and TX
    • Includes Functions for Antenna Diversity Support
    • Support for Retransmission
    • Support for Auto-Acknowledge of Received Packets
    • Automatic Clear Channel Assessment (CCA) for Listen-Before-Talk (LBT) Systems
    • Built-in Coding Gain Support for Increased Range and Robustness
    • Digital RSSI Measurement
    • Improved OOK Shaping for Less Occupied Bandwidth, Enabling Higher Output Power While Meeting Regulatory Requirements
  • Dedicated Packet Handling for 802.15.4g:
    • CRC 16/32
    • FEC, Dual Sync Detection (FEC and non-FEC Packets)
    • Whitening
  • General:
    • RoHS-Compliant 5-mm x 5-mm No-Lead QFN 32-Pin Package (RHB)
    • Pin-Compatible With the CC1120 Device
  • Regulations – Suitable for Systems Targeting Compliance With
    • Europe: ETSI EN 300 220, EN 54-25
    • US: FCC CFR47 Part 15, FCC CFR47 Part 90
    • Japan: ARIB STD-T30, T67, T108
open-in-new その他の Wi-SUN 製品

概要

The CC1200 device is a fully integrated single-chip radio transceiver designed for high performance at very low-power and low-voltage operation in cost-effective wireless systems. All filters are integrated, thus removing the need for costly external SAW and IF filters. The device is mainly intended for the ISM (Industrial, Scientific, and Medical) and SRD (Short Range Device) frequency bands at 164–190 MHz, 410–475 MHz, and 820–950 MHz.

The CC1200 device provides extensive hardware support for packet handling, data buffering, burst transmissions, clear channel assessment, link quality indication, and Wake-On-Radio. The main operating parameters of the CC1200 device can be controlled through an SPI interface. In a typical system, the CC1200 device will be used with a microcontroller and only a few external passive components.

The CC1200 and the CC1120 devices are both part of the high-performance transceiver family. The CC1120 device is more optimized toward narrowband applications, while the CC1200 device is optimized toward wideband applications but can also effectively cover narrowband down to 12.5-kHz channels.

open-in-new その他の Wi-SUN 製品
ダウンロード
おすすめの類似製品
類似しているが機能が同等ではない比較製品
CC1120 アクティブ 狭帯域システム向け、高性能 Sub-1GHz ワイヤレス・トランシーバ 本製品は狭帯域システム向けの高性能 Sub-1GHz トランシーバです。
CC1125 アクティブ 狭帯域システム向け、超高性能 Sub-1GHz ワイヤレス・トランシーバ 本製品は狭帯域システム向けの超高性能 Sub-1GHz トランシーバです。
CC1201 アクティブ 低消費電力、高性能のワイヤレス・トランシーバ 本製品は低消費電力の高性能 RF トランシーバです。

技術資料

= TI が選択したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。 すべて表示 35
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート CC1200 Low-Power, High-Performance RF Transceiver データシート 2014年 9月 29日
* ユーザー・ガイド CC120X Low-Power High Performance Sub-1 GHz RF Transceivers 2013年 9月 26日
技術記事 Bluetooth® Low Energy shifts gears for car access 2019年 7月 15日
技術記事 Top 3 design challenges that the new generation of SimpleLink™ Wi-Fi® devices will help you overcome 2019年 2月 21日
アプリケーション・ノート DN403 -- CC112x/CC120x On-Chip Temperature Sensor 2018年 10月 24日
技術記事 Exploring the impact of IoT on innovation 2018年 7月 17日
技術記事 An out-of-the-box Internet of Things: building a seamless and secure smart home network 2018年 6月 12日
アプリケーション・ノート Debugging Communication Range 2018年 3月 27日
ホワイト・ペーパー Wireless Connectivity For The Internet of Things, One Size Does Not Fit All 2017年 10月 16日
アプリケーション・ノート CC-Antenna-DK2 and Antenna Measurements Summary 2017年 10月 2日
アプリケーション・ノート Achieving Optimum Radio Range 2017年 9月 5日
ホワイト・ペーパー Frequency hopping for long-range IoT networks 2016年 7月 18日
ホワイト・ペーパー Diversifying the IoT with Sub-1 GHz technology 2015年 11月 4日
その他の技術資料 無線通信ソリューション 2015年 11月 4日
アプリケーション・ノート CC1120-CC1190 Boost Module 2015年 10月 5日
アプリケーション・ノート Simple Link CC1200 AES Operation 2015年 6月 2日
アプリケーション・ノート CC1190 Evaluation Module for 868 MHz 2015年 2月 18日
アプリケーション・ノート TI LPRF EASYMODE 2014年 12月 12日
アプリケーション・ノート CC112X/CC120X On-Chip Battery Monitor 2014年 12月 3日
ホワイト・ペーパー 6LoWPAN Overview 2014年 10月 28日
アプリケーション・ノート Antenna Diversity 2014年 10月 23日
アプリケーション・ノート AN126 - Using the CC1200 Under ARIB STD T108 2014年 3月 11日
ホワイト・ペーパー Long-range RF communication - why narrowband is the de facto standard 2014年 3月 8日
その他の技術資料 TI: The IoT technology leader 2013年 11月 1日
アプリケーション・ノート CC112x/CC120x RX Sniff mode with Smart Preamble 2013年 10月 23日
アプリケーション・ノート CC112x/CC120x RX Sniff Mode 2013年 10月 9日
その他の技術資料 The Evolution of the Internet of Things 2013年 9月 9日
その他の技術資料 Introducing the CC1200 to RF Performance Family 2013年 7月 8日
アプリケーション・ノート AN112 -- Using CC1190 Front End with CC112x Under EN300220 2013年 6月 21日
アプリケーション・ノート AN110 - Using CC1190 Front End with CC112x Under FCC 15.247 2013年 6月 13日
アプリケーション・ノート Wireless M-Bus Implementation with CC112x High Performance Transceiver Family 2013年 2月 20日
アプリケーション・ノート DN035 -- Antenna Quick Guide 2013年 2月 12日
アプリケーション・ノート Miniature Helical PCB Antenna for 868 MHz or 915/920 MHz 2012年 11月 27日
アプリケーション・ノート DN040_Reduced_Battery_Current_Using_CC112x_CC1175_and CC1200_ with_TPS62730 2012年 10月 2日
アプリケーション・ノート DN039 CC112x IPC Ref design. 2012年 8月 20日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ハードウェア開発

評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
149
概要

SmartRF Transceiver 評価ボード(TrxEB)は、評価、性能テスト、ソフトウェア開発のため、TI のローパワー RF トランシーバと組み合わせて使用します。

以下のトランシーバ評価モジュールがサポートされています。

  • CC1101EM*
  • CC11xLEM*
  • CC112xEM*
  • CC1175EM*
  • CC1200EM*
  • CC2500EM
  • CC2520EM

(*) すべての周波数派生版、および CC1190 との組み合わせもサポートされています

評価モジュールは、TI ストアで別売りの EMK(評価モジュール・キット)の形で入手できます

SmartRF TrxEB を使用して実行できる作業

  • MSP430F5438A マイコンでの無線プロトコルの開発。関連するトランシーバの Web ページに掲載されているコード・サンプルの参照。
  • SmartRF Studio を使用したトランシーバの性能評価。
  • TrxEB+EM を使用して得られた結果と、独自ハードウェアから得られた結果の比較。
  • 独自ボードの無線を TrxEB に接続し、既知の正常に動作するソフトウェアを使用して独自の RF 設計をテスト。その後、SmartRF Studio を使用して無線の実験。
  • 独自ボード上のマイコンを TrxEB に実装されているブレークアウト・ピン 経由でトランシーバ EM に接続し、既知の正常に動作する RF ハードウェアを使用して独自ソフトウェアをテスト。

ボードの最新情報については、SmartRF TrxEB ユーザーズ・ガイドを参照してください。このガイドでは、ドライバのインストール方法、ボードに実装されているペリフェラルの詳細、トランシーバ評価モジュールとのインターフェイス確立方法について説明しています。

特長
  • MSP430F5438A マイコン
  • 64 x 128 ピクセルのシリアル LCD
  • 4 個の汎用 LED
  • 5 個の押しボタン
  • 256KB のシリアル Flash
  • 3 軸デジタル加速度計
  • 周辺光センサ
  • 電流測定用のジャンパ
  • ブレークアウト・ピン
  • フルスピード USB 2.0 インターフェイス
  • SmartRF Studio のサポート
ドーター・カード ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
99
概要

The CC1200 Evaluation Module Kit for 420-470 MHz can be used in conjunction with the CC1200 Development Kit to evaluate the operation of the CC1200 in the mentioned frequency range. The CC1200DK is required for operation and needs to be ordered separately.


This CC1200 Evaluation Module Kit for (...)

特長
  • 2 x CC1200 Evaluation Modules for 420-470 MHz
  • Antennas
ドーター・カード ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
99
概要

868 ~ 930MHz 用 CC1200 評価モジュール・キットは、CC1200 開発キットとともに使用することで、記載の周波数範囲内で CC1200 の動作を評価できます。動作には CC1200DK が必要です。CC1200DKは別途ご注文していただく必要があります。

開発キット ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
299
概要

CC1200 開発キットは、TI の Sub-1 GHz CC1200 デバイス用に包括的なハードウェア・パフォーマンス・テストおよびソフトウェア開発プラットフォームを提供します。この開発キットは、パケット・エラー率テストが事前プログラミングされた状態で出荷されるため、デバイスの RF 性能の評価をすぐに開始でき、簡単です。異なる RF 設定を使用して RF 範囲や堅牢性をテストできるほか、消費電力を簡単に測定できます。このキットでは、868 ~ 930MHz の周波数範囲がサポートされています。他の周波数をサポートするために、追加のプラグイン・ボードを個別に購入することができます。

このキットには、ソフトウェアの試作を開発するための多数の有用な機能と USB コネクティビティを備えた SmartRF トランシーバ評価ボード(TrxEB)が含まれているため、ボードを PC に接続し、SmartRF スタジオから無線を制御できます。

特長
  • 2 x SmartRF トランシーバ EB(TrxEB)
  • 2 x CC1200EM 868 ~ 930MHz
  • 2 x パルス・アンテナ
  • 1 x MSP-FET430UIF(MSP430 デバッガ)
  • 技術資料
インターフェイス・アダプタ ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
19
概要

This BoosterPack kit contains one "EM Adapter BoosterPack". The purpose of the EM adapter board is to provide an-easy-to-use bridge between any of the TI MCU LaunchPads and the wide variety of TI RF evaluation modules (EM), for instance the CCxxxx Low-Power RF evaluation modules. No specific (...)

特長
  • Evaluation Module (EM) connectors supporting all EMs from Texas Instruments
  • Dual-row LaunchPad (LP) connectors, allowing stacking of XL BoosterPacks
  • USB power supply to support assemblies drawing more current than the LaunchPad is able to source alone
  • Buck/boost voltage regulator, allowing any power (...)

ソフトウェア開発

サンプル・コードとデモ ダウンロード
SWRC274A.ZIP (258 KB)
デバッグ・プローブ ダウンロード
デバッガおよびプログラマ、RF システム・オン・チップ用
CC-DEBUGGER The CC Debugger is a small programmer and debugger for the TI Low Power RF System-on-Chips. It can be used together with IAR Embedded Workbench for 8051 (version 7.51A or later) for debugging and SmartRF Flash Programmer for flash programming. The CC Debugger can also be used for controlling (...)
49
特長

Contents in the box:

  • CC Debugger
  • Mini USB cable
  • 10-pin flat cable with 2x5 2.54mm connector
  • 10-pin flat cable with 2x5 1.27mm connector
  • Converter board 2.54mm-1.27mm connector
  • Documentation

CC-Debugger can be used to program and debug the following 8051-based system-on-chips from Texas Instruments:

  • CC1110 (...)

サポート・ソフトウェア ダウンロード
SWRC219C.ZIP (571 KB)

設計ツールとシミュレーション

計算ツール ダウンロード
Third party wireless module search tool
3P-WIRELESS-MODULES Engineers looking to incorporate wireless connectivity technology into their IoT design can use the third party wireless module search tool to identify products that meet their end equipment specifications, procure production ready wireless modules, and help accelerate their development and time to (...)
特長
  • Based on our TI wireless technology supporting Wi-Fi®, Bluetooth®, Zigbee®, Sub-1 GHz, Sigfox, 2.4 GHz ,multi-band connectivity and more
  • Integrates clocks, SPI flash and passive components
  • Years of successful collaboration
  • Includes hardware customization, software integration and cloud services
  • Links to (...)
計算ツール ダウンロード
TI RF 距離推定ツール
RF-RANGE-ESTIMATOR — このツールにより、TI のワイヤレス・デバイスを使用した屋内外の RF リンク向けの実用的な距離概算機能を実現できます。屋外距離の場合、見通し距離(Line-of-Sight:LOS)をベースとして概算します。屋内距離の場合、Tx(送信)ユニットと Rx(受信)ユニット間に存在する建設資材を選択することができます。Tx ユニットと Rx ユニットの間に存在する建設資材の減衰が大きいほど、距離は短くなります。
特長
  • Sub-1GHz デバイスと 2.4GHz デバイス向けの距離概算スプレッドシート
  • 距離デバッグ・チェックリスト
計算ツール ダウンロード
SmartRF スタジオ
SMARTRFTM-STUDIO SmartRF™ Studio は TI のローパワー RF 製品の評価や構成に使用できる Windows アプリケーションです。RF システム設計プロセスの初期段階での無線の容易な評価を可能にします。特に、構成レジスタの値やコマンドの生成、RF (...)
document-generic ユーザー・ガイド
特長
  • リンク・テスト:ノード間でパケットを送受信します。
  • アンテナ / 放射線試験:連続波の TX と RX 状態で無線を設定します。
  • 全製品に対するレジスタの推奨 / 代表値。
  • 個別の RF レジスタの読み取りと書き込みを行います。
  • 無線制御のために個別のコマンドを実行します。
  • 各レジスタまたはコマンドのビット・フィールドに関する詳細情報。
  • ファイルからデバイス構成データの保存と読み込みを行います。
  • レジスタの設定値とコマンド引数を、ユーザー定義可能なフォーマットにエクスポートします。
  • 無線構成コードをエクスポートします(CC13xx、CC26xx)。
  • カスタム GPIO 構成を可能にします(CC13xx、CC26xx)。
  • デバッグ・プローブまたは評価ボードを通じて、USB 経由で複数の評価ボードと通信します。
  • 単一のコンピュータで最大 32 の評価ボードをサポートします。

互換性に関する問題

SmartRF Studio 6 は、Microsoft® Windows 98、Windows 2000、Windows XP (32 ビット)、Windows Vista (32 ビット)、Windows 7 (32 ビット) の各環境で動作します。

SmartRF Studio 7 は、32 ビット版と 64 ビット版の Microsoft® Windows 7、8、10 で動作します。

インストール手順:
  • 該当 ZIP ファイルをハード・ディスクにダウンロードします。
  • そのファイルを解凍します。
  • readme.txt ファイルを読み、このリリースに関する情報を参照します。
  • 手順に従ってセットアップ・ファイルを実行します。
設計ツール ダウンロード
CAD/CAE シンボル ダウンロード
SWRR145A.ZIP (4039 KB)

リファレンス・デザイン

リファレンス・デザイン ダウンロード
ETSI Cat2 レシーバ対応、wM-Bus 868 MHz RF サブシステム、スマート・ユーティリティ・メータおよび暖房コスト配分用
TIDC-WMBUS-868MHZ このリファレンス・デザインでは、ETSI Cat.(カテゴリ)2 のレシーバに対応したスマート・メーター用の RF サブシステムについて説明しています。このサブシステムは EN13757-4:2014 の規定に従い、最も一般的な wM-Bus の S、T、C の各モードに 868MHz で完全準拠しています。SimpleLink RF トランシーバ・デバイスは、ブロック能力、選択能力、RX 感度に関連して市場トップクラスの数値を達成し、双方向流量メーター、e メーター、ヒート・コスト・アロケータのような wM-Bus アプリケーションで活用できます。コスト最適化されたこの設計では、安価な推奨部品を使用して、S2 モードで ±60ppm というワーストケースの周波数オフセットに対処します。@868MHz という wM-Bus モードの仕様を満たす目的では、外部 SAW フィルタやコストのかかる TCXO 部品のどちらも必要ありません。さらに、この設計では出力電圧を動的に調整できる超低 Iq の DC/DC コンバータを使用し、設計の消費電力を従来にない高いレベル最適化することができ、バッテリ寿命が大幅に延長されます。
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド
リファレンス・デザイン ダウンロード
RF レイアウト・リファレンス・デザイン、420~470 MHz 用 (CC1200 および CC1201)
CC120XEM-420-470-RD この RF レイアウト・リファレンス・デザインでは、420 ~ 470MHz の周波数帯域で動作するローパワー RF デバイス用の適切なデカップリングとレイアウトの技術の実例を示します。
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド
リファレンス・デザイン ダウンロード
RF レイアウト・リファレンス・デザイン、868~930 MHz 用 (CC1200 および CC1201)
CC120XEM-868-930-RD This RF Layout Reference Design demonstrates good decoupling and layout techniques for a low power RF device operating in the 868 MHz and 915 MHz frequency bands.
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
VQFN (RHB) 32 オプションの表示

購入と品質

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示

ビデオ

関連ビデオ