製品の詳細

Protocols IEEE 802.15.4, Wireless M-Bus (T, S, C, N mode), 6LoWPAN, Wi-SUN NWP, Amazon Sidewalk Frequency bands (MHz) 143-176, 287-351, 359-439, 431-527, 861-1054, 1076-1315 TX power (Max) (dBm) 14 RAM (KB) 80 Sensitivity (best) (dBm) -121 GPIO 30 RX current (lowest) (mA) 5.8 Data rate (Max) (kbps) 4000 Rating Catalog Operating temperature range (C) -40 to 105
Protocols IEEE 802.15.4, Wireless M-Bus (T, S, C, N mode), 6LoWPAN, Wi-SUN NWP, Amazon Sidewalk Frequency bands (MHz) 143-176, 287-351, 359-439, 431-527, 861-1054, 1076-1315 TX power (Max) (dBm) 14 RAM (KB) 80 Sensitivity (best) (dBm) -121 GPIO 30 RX current (lowest) (mA) 5.8 Data rate (Max) (kbps) 4000 Rating Catalog Operating temperature range (C) -40 to 105
VQFN (RGZ) 48 49 mm² 7 x 7
  • マイクロコントローラ
    • 強力な 48MHz Arm® Cortex®-M4Fプロセッサ
    • EEMBC CoreMark®スコア:148
    • 352KB のインシステム・プログラマブル・フラッシュ
    • プロトコルおよびライブラリ機能用の256KB ROM
    • 8KB のキャッシュ SRAM (汎用 RAM としても使用可能)
    • 80KB の超低リークSRAM (動作の信頼性を高めるため、パリティで保護)
    • 2 ピンの cJTAG および JTAG デバッグ
    • OTA (Over-The-Air) アップグレードに対応
  • 4KB の SRAM を搭載した超低消費電力センサ・コントローラ
    • センサ・データのサンプリング、保存、処理
    • システム CPU から独立して動作
    • 高速ウェイクアップにより低消費電力動作を実現
  • TI-RTOS、ドライバ、ブートローダ、IEEE 802.15.4 MAC を ROM に配置してアプリケーション・サイズを最適化
  • RoHS 準拠のパッケージ
    • 7mm × 7mm の RGZ VQFN48 (30 GPIO)
  • ペリフェラル
    • デジタル・ペリフェラルを任意の GPIO に接続可能
    • 4× 32ビットまたは 8× 16ビットの汎用タイマ
    • 12 ビット ADC、200k サンプル/秒、8 チャネル
    • 内部基準電圧 DAC を搭載した 2 つのコンパレータ
      (連続時間 ×1、超低消費電力 ×1)
    • プログラマブルな電流ソース
    • UART×2
    • SSI×2(SPI、MICROWIRE、TI)
    • I2C
    • I2S
    • リアルタイム・クロック(RTC)
    • AES 128/256ビット暗号化アクセラレータ
    • ECCおよびRSA公開鍵ハードウェア・アクセラレータ
    • SHA2 アクセラレータ (SHA-512 までのフル・スイート)
    • TRNG (True Random Number Generator)
    • 容量性センシング、最大 8 チャネル
    • 温度およびバッテリ・モニタを内蔵
  • 外部システム
    • オンチップの降圧型 DC/DC コンバータ
  • 低消費電力
    • 広い電源電圧範囲:1.8V~3.8V
    • アクティブ・モード RX:5.8mA (3.6V、868MHz)
    • アクティブ・モード TX (+14dBm 時):24.9mA (868MHz)
    • アクティブ・モード MCU 48MHz (CoreMark):
      2.9mA (60µA/MHz)
    • センサ・コントローラ、低消費電力モード、2MHz、無限ループ実行時:30.8µA
    • センサ・コントローラ、アクティブ・モード、24MHz、無限ループ実行時:808µA
    • スタンバイ:0.85µA (RTC 動作、80KB RAM および CPU を保持)
    • シャットダウン:150nA (外部イベントでウェイクアップ)
  • 無線部
    • 柔軟性の高い高性能 Sub-1GHz RF トランシーバ
    • 非常に優れたレシーバ感度
      SimpleLink 長距離モード、5kbps で -121dBm
      50kbps で -110dBm
    • 温度補償付きで最大 +14dBm の出力電力
    • 国際的な無線周波数規制への準拠を目標としたシステムに最適
      • ETSI EN 300 220 受信機カテゴリ 1.5 および 2、EN 303 131、EN 303 204 (欧州)
      • FCC CFR47 パート 15
      • ARIB STD-T108
    • 幅広い規格に対応
  • 開発 ツールとソフトウェア
  • マイクロコントローラ
    • 強力な 48MHz Arm® Cortex®-M4Fプロセッサ
    • EEMBC CoreMark®スコア:148
    • 352KB のインシステム・プログラマブル・フラッシュ
    • プロトコルおよびライブラリ機能用の256KB ROM
    • 8KB のキャッシュ SRAM (汎用 RAM としても使用可能)
    • 80KB の超低リークSRAM (動作の信頼性を高めるため、パリティで保護)
    • 2 ピンの cJTAG および JTAG デバッグ
    • OTA (Over-The-Air) アップグレードに対応
  • 4KB の SRAM を搭載した超低消費電力センサ・コントローラ
    • センサ・データのサンプリング、保存、処理
    • システム CPU から独立して動作
    • 高速ウェイクアップにより低消費電力動作を実現
  • TI-RTOS、ドライバ、ブートローダ、IEEE 802.15.4 MAC を ROM に配置してアプリケーション・サイズを最適化
  • RoHS 準拠のパッケージ
    • 7mm × 7mm の RGZ VQFN48 (30 GPIO)
  • ペリフェラル
    • デジタル・ペリフェラルを任意の GPIO に接続可能
    • 4× 32ビットまたは 8× 16ビットの汎用タイマ
    • 12 ビット ADC、200k サンプル/秒、8 チャネル
    • 内部基準電圧 DAC を搭載した 2 つのコンパレータ
      (連続時間 ×1、超低消費電力 ×1)
    • プログラマブルな電流ソース
    • UART×2
    • SSI×2(SPI、MICROWIRE、TI)
    • I2C
    • I2S
    • リアルタイム・クロック(RTC)
    • AES 128/256ビット暗号化アクセラレータ
    • ECCおよびRSA公開鍵ハードウェア・アクセラレータ
    • SHA2 アクセラレータ (SHA-512 までのフル・スイート)
    • TRNG (True Random Number Generator)
    • 容量性センシング、最大 8 チャネル
    • 温度およびバッテリ・モニタを内蔵
  • 外部システム
    • オンチップの降圧型 DC/DC コンバータ
  • 低消費電力
    • 広い電源電圧範囲:1.8V~3.8V
    • アクティブ・モード RX:5.8mA (3.6V、868MHz)
    • アクティブ・モード TX (+14dBm 時):24.9mA (868MHz)
    • アクティブ・モード MCU 48MHz (CoreMark):
      2.9mA (60µA/MHz)
    • センサ・コントローラ、低消費電力モード、2MHz、無限ループ実行時:30.8µA
    • センサ・コントローラ、アクティブ・モード、24MHz、無限ループ実行時:808µA
    • スタンバイ:0.85µA (RTC 動作、80KB RAM および CPU を保持)
    • シャットダウン:150nA (外部イベントでウェイクアップ)
  • 無線部
    • 柔軟性の高い高性能 Sub-1GHz RF トランシーバ
    • 非常に優れたレシーバ感度
      SimpleLink 長距離モード、5kbps で -121dBm
      50kbps で -110dBm
    • 温度補償付きで最大 +14dBm の出力電力
    • 国際的な無線周波数規制への準拠を目標としたシステムに最適
      • ETSI EN 300 220 受信機カテゴリ 1.5 および 2、EN 303 131、EN 303 204 (欧州)
      • FCC CFR47 パート 15
      • ARIB STD-T108
    • 幅広い規格に対応
  • 開発 ツールとソフトウェア


CC1312R デバイスは、ワイヤレス M-Bus、IEEE 802.15.4g、IPv6-Enabled Smart Objects (6LoWPAN)、KNX RF、 Wi-SUN®、および TI 15.4 スタックを含む独自システムを対象とした Sub-1GHz ワイヤレス MCU です。

CC1312R デバイスは、コスト効率の優れた超低消費電力の 2.4GHz および Sub-1GHz RF デバイスである SimpleLink™ MCU プラットフォームの製品です。アクティブ時のRFおよびマイクロコントローラ(MCU)電流が非常に低いことに加え、最大80KBのパリティ保護付きRAMを保持するためのスリープ電流が1µAに満たないため、バッテリ駆動時間が長く、小さなコイン型電池や環境発電アプリケーションでも動作可能です。

CC1312Rは、複数の物理層およびRF規格をサポートするプラットフォームにおいて、柔軟な超低消費電力RFトランシーバと、強力な48MHz Arm® Cortex®-M4F CPUとを組み合わせた製品です。専用の無線コントローラ(Arm® Cortex®-M0)により、ROMまたはRAMに格納された低レベルのRFプロトコル・コマンドを処理するため、超低消費電力と優れた柔軟性が確保されます。CC1312Rは、RF性能を犠牲にすることなく低消費電力を実現します。また、CC1312Rは感度と安定性(選択性とブロッキング)も優れています。

CC1312R デバイスは、高度に統合された真のシングルチップ・ソリューションであり、完全な RF システムとオンチップ DC/DC コンバータを内蔵しています。

プログラムおよびデータ用の 4KB SRAM を搭載したプログラム可能な自律型超低消費電力センサ・コントローラ CPU により、極めて低い消費電力でセンサを操作できます。高速ウェイクアップ機能と超低消費電力 2MHz モードを備えたこのセンサ・コントローラは、アナログとデジタル両方のセンサ・データをサンプリング、バッファリング、処理するように設計されているため、MCU システムはスリープ時間を最大限に延ばして、アクティブ電力を低減できます。

CC1312R デバイスは SimpleLink™マイクロコントローラ (MCU) ファミリの一部です。このファミリは
Wi-Fi®Bluetooth® Low Energy、Thread、Zigbee、Sub-1GHz MCU、およびホスト MCU で構成されます。これらはすべて、中心となる 1 つのソフトウェア開発キット (SDK) と豊富なツール・セットからなる共通の使いやすい開発環境を共有しています。SimpleLinkプラットフォームの統合を1回行うだけで、どのようなデバイスの組み合わせでも、ポートフォリオから自分の設計に追加でき、設計の要件が変化した場合でも、コードを100%再利用することができます。詳細については、ti.com/simplelinkをご覧ください。


CC1312R デバイスは、ワイヤレス M-Bus、IEEE 802.15.4g、IPv6-Enabled Smart Objects (6LoWPAN)、KNX RF、 Wi-SUN®、および TI 15.4 スタックを含む独自システムを対象とした Sub-1GHz ワイヤレス MCU です。

CC1312R デバイスは、コスト効率の優れた超低消費電力の 2.4GHz および Sub-1GHz RF デバイスである SimpleLink™ MCU プラットフォームの製品です。アクティブ時のRFおよびマイクロコントローラ(MCU)電流が非常に低いことに加え、最大80KBのパリティ保護付きRAMを保持するためのスリープ電流が1µAに満たないため、バッテリ駆動時間が長く、小さなコイン型電池や環境発電アプリケーションでも動作可能です。

CC1312Rは、複数の物理層およびRF規格をサポートするプラットフォームにおいて、柔軟な超低消費電力RFトランシーバと、強力な48MHz Arm® Cortex®-M4F CPUとを組み合わせた製品です。専用の無線コントローラ(Arm® Cortex®-M0)により、ROMまたはRAMに格納された低レベルのRFプロトコル・コマンドを処理するため、超低消費電力と優れた柔軟性が確保されます。CC1312Rは、RF性能を犠牲にすることなく低消費電力を実現します。また、CC1312Rは感度と安定性(選択性とブロッキング)も優れています。

CC1312R デバイスは、高度に統合された真のシングルチップ・ソリューションであり、完全な RF システムとオンチップ DC/DC コンバータを内蔵しています。

プログラムおよびデータ用の 4KB SRAM を搭載したプログラム可能な自律型超低消費電力センサ・コントローラ CPU により、極めて低い消費電力でセンサを操作できます。高速ウェイクアップ機能と超低消費電力 2MHz モードを備えたこのセンサ・コントローラは、アナログとデジタル両方のセンサ・データをサンプリング、バッファリング、処理するように設計されているため、MCU システムはスリープ時間を最大限に延ばして、アクティブ電力を低減できます。

CC1312R デバイスは SimpleLink™マイクロコントローラ (MCU) ファミリの一部です。このファミリは
Wi-Fi®Bluetooth® Low Energy、Thread、Zigbee、Sub-1GHz MCU、およびホスト MCU で構成されます。これらはすべて、中心となる 1 つのソフトウェア開発キット (SDK) と豊富なツール・セットからなる共通の使いやすい開発環境を共有しています。SimpleLinkプラットフォームの統合を1回行うだけで、どのようなデバイスの組み合わせでも、ポートフォリオから自分の設計に追加でき、設計の要件が変化した場合でも、コードを100%再利用することができます。詳細については、ti.com/simplelinkをご覧ください。

ダウンロード

技術資料

star = TI が選択したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
38 資料すべて表示
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート CC1312R SimpleLink™ 高性能 Sub-1GHz ワイヤレス MCU データシート (Rev. E 翻訳版) 最新の英語版をダウンロード (Rev.H) 2019年 8月 30日
* エラッタ CC1312R SimpleLink™ Wireless MCU Device Revision E Silicon Errata (Rev. C) 2020年 12月 2日
* ユーザー・ガイド CC13x2, CC26x2 SimpleLink™ Wireless MCU Technical Reference Manual (Rev. D) 2019年 9月 30日
アプリケーション・ノート Wi-SUN Software Product Brief 2021年 7月 19日
セレクション・ガイド Leitfaden zur Auswahl drahtloser Kommunikationstechnologie (Rev. A) 2021年 6月 14日
セレクション・ガイド ワイヤレス・コネクティビティ技術セレクション・ガイド (Rev. A 翻訳版) 2021年 6月 14日
セレクション・ガイド 無線連線技術選擇指南 (Rev. A) 2021年 6月 14日
セレクション・ガイド 무선 연결 기술 선택 가이드 (Rev. A) 2021年 6月 14日
技術記事 Seamlessly connect your world with 16 new wireless MCUs for the 2.4-GHz and Sub-1-GHz bands 2021年 6月 4日
セレクション・ガイド Wireless Connectivity Technology Selection Guide (Rev. A) 2021年 5月 27日
その他の技術資料 Webinar: Wireless mesh networking 2021年 3月 4日
技術記事 How Wi-SUN®︎ FAN improves connected infrastructures 2020年 11月 19日
技術記事 How TI helps expand connectivity beyond the front door with Amazon Sidewalk 2020年 9月 21日
アプリケーション・ノート Finding Settings for New Phy’s for the CC13x0 and CC13x2 Family 2020年 9月 14日
アプリケーション・ノート CC13xx IQ Samples (Rev. B) 2020年 8月 24日
アプリケーション・ノート CC13xx/CC26xx Hardware Configuration and PCB Design Considerations (Rev. E) 2020年 6月 19日
アプリケーション・ノート Cloning Zigbee Coordinator Network Properties Using Z-Stack and the SimpleLink W 2020年 3月 31日
技術記事 MIOTY, the new LPWAN standard, provides quality and scalability for worldwide Sub-1 GHz communication 2020年 2月 20日
アプリケーション・ノート Cryptographic Performance and Energy Efficiency on SimpleLink CC13x2/CC26x2 MCUs 2020年 1月 28日
アプリケーション・ノート Getting Started With the CC13xx and CC26xx Sensor Controller (Rev. B) 2020年 1月 27日
ホワイト・ペーパー Simple and efficient software development with the SimpleLink™ MCU platform (Rev. E) 2019年 12月 6日
ホワイト・ペーパー Deep dive into the tools and development kits of the SimpleLink™ MCU platform (Rev. B) 2019年 9月 25日
その他の技術資料 Understanding security features for SimpleLink™ Sub-1 GHz CC13x2 MCUs 2019年 6月 17日
アプリケーション・ノート Secure boot in SimpleLink™ CC13x2/CC26x2 wireless MCUs 2019年 4月 15日
その他の技術資料 Out-of-box star-network solution: TI 15.4-Stack 2019年 1月 14日
アプリケーション・ノート Measuring Bluetooth Low Energy Power Consumption (Rev. D) 2019年 1月 10日
アプリケーション・ノート RF PCB Simulation Cookbook 2019年 1月 9日
その他の技術資料 Meet the SimpleLink™ Sensor Controller 2019年 1月 4日
ホワイト・ペーパー 投資効果を最大化するためのソフトウェア開発の簡素化 (Rev. C 翻訳版) 最新の英語版をダウンロード (Rev.E) 2018年 11月 9日
ホワイト・ペーパー Migrating your proprietary solution to the SimpleLink™ WMCU 2018年 11月 7日
その他の技術資料 Electronic Smart Locks: Ultra-low power and Multi-Standard operation 2018年 11月 5日
アプリケーション・ノート Debugging Communication Range 2018年 3月 27日
アプリケーション・ノート Software SAR ADC using the CC2642R1 sensor controller 2018年 3月 2日
アプリケーション・ノート CC1312R, CC1352R Flow Metering Applications With the CC13x2R Wireless MCUs 2018年 2月 27日
アプリケーション・ノート Meet the SimpleLink™ Sensor Controller 2018年 2月 27日
アプリケーション・ノート Hardware Migration From CC1310 to CC1312R 2017年 10月 17日
アプリケーション・ノート Sensor sequencing using the CC2642R1 sensor controller 2017年 3月 5日
ユーザー・ガイド TI-RTOS 2.16 for CC13xx/CC26xx SimpleLink Getting Started Guide (Rev. D) 2016年 6月 17日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

評価ボード

BOOSTXL-ULPSENSE — SimpleLink™ ULP センス BoosterPack™

dev.ti.com/BOOSTXL-ULPSENSE から開発を開始できます。

ULP  Sense BoosterPack は CC13x2/CC26x2 RF SoC に搭載されているセンサ・コントローラの超低消費電力(ULP)機能のデモを容易にするキットです。

このキットにより大きなメリットを得られるアプリケーションとして、(リードスイッチまたは誘導性原理のいずれかをベースとする)機械式流量計での測定、静電容量性タッチ・ボタン、(落下検出などを目的とする)加速度計の超低消費電力処理が挙げられます。

このボードにはアナログ光センサと、ADC (...)

在庫あり
制限: 3
評価ボード

LPSTK-CC1352R — SimpleLink™ multi band CC1352R wireless MCU Launchpad™ SensorTag kit

TI LaunchPad™ SensorTag キットは、環境とモーションを対象にする統合型センサ、マルチバンドのワイヤレス・コネクティビティ、使いやすいソフトウェアを組み合わせたもので、コネクテッド (ネットワーク接続型) アプリケーションのプロトタイプ製作に役立ちます。この単一のキットを活用すると、2.4GHz と Sub-1GHz 両方の周波数帯にまたがる Bluetooth® Low Energy、Bluetooth メッシュ、ZigBee、Thread、独自仕様プロトコルを使用するコネクテッド (ネットワーク接続型) アプリケーションを容易に製作することができます。

(...)

評価ボード

RDCR-3P-RADIO-MOD — Radiocrafts Embedded radio modules

Embedded radio modules with embedded protocol stack.
Radiocrafts AS からの提供
デバッグ・プローブ

TMDSEMU110-U — XDS110 JTAG デバッグ・プローブ

The Texas Instruments XDS110 is a new class of debug probe (emulator) for TI embedded processors. The XDS110 replaces the XDS100 family while supporting a wider variety of standards (IEEE1149.1, IEEE1149.7, SWD) in a single pod. Also, all XDS debug probes support Core and System Trace in all ARM (...)

デバッグ・プローブ

TMDSEMU200-U — Spectrum Digital XDS200 USB エミュレータ

Spectrum Digital XDS200 は、TI のプロセッサを対象とする最新の XDS200 デバッグ・プローブ(エミュレータ)ファミリの最初のモデルです。XDS200 ファミリは、超低コストの XDS100 と高性能の XDS560v2 の間で、低コストと高性能の最適バランスを実現します。また、すべての XDS デバッグ・プローブは、ETB(Embedded Trace Buffer、組込みトレース・バッファ)を搭載したすべての ARM と DSP プロセッサに対し、コア・トレースとシステム・トレースをサポートしています。

Spectrum Digital XDS200 は、TI (...)

在庫あり
制限: 3
開発キット

AMZN-3P-SIDEWALK-TOOLKIT — Amazon Sidewalk開発ツールキット

Amazon Sidewalk は、Amazon Echo デバイス、Ring 社のセキュリティ機器、屋外照明、モーション・センサのような各種製品が、家庭内、さらに戸口に近い屋外の領域で、より適切に動作できるように支援する共有ネットワークです。Sidewalk が有効な場合、Sidewalk はお客様の最終製品が独自の利点を発揮するのに役立ち、コミュニティ内に存在する他の Sidewalk デバイスをサポートするほか、Sidewalk に接続済みの物品の所在を明示するなど新たな革新を実現するための手掛かりにもなります。

TI の Amazon Sidewalk ツールキットは、お客様が (...)

開発キット

LAUNCHXL-CC1312R1 — SimpleLink™ Sub-1GHz CC1312R ワイヤレス・マイコン(MCU)LaunchPad™ 開発キット

この LaunchPad™ 開発キットを採用すると、パワー・アンプと、Sub-1GHz の複数並列動作をサポートするためのマルチバンド無線サポートを搭載した各種デバイス向けの開発を迅速化できます。サポート対象のプロトコルは、Sub-1GHz、802.15.4、および CC13x2-CC26x2 SDK と互換性のある独自 RF などです。使用可能なバリエーションは、さまざまな RF マッチング回路と電力レベルに対応しています。
在庫あり
制限: 3
ソフトウェア開発キット (SDK)

SIMPLELINK-CC13X2-26X2-SDK — SimpleLink™ CC13x2 / CC26x2 ソフトウェア開発キット(SDK)

SimpleLink CC13x2 / CC26x2 ソフトウェア開発キット (SDK) は、SimpleLink CC13x2 / CC26x2 ワイヤレス・マイコン (MCU) 上で Bluetooth® Low Energy、ZigBee®、Thread のほか、802.15.4 ベースの独自仕様ソリューションとマルチプロトコル・ソリューションをサポートする Sub-1GHz / 2.4GHz アプリケーションを開発するための包括的なソフトウェア・パッケージを提供します。

設計を開始

ステップ 1:LaunchPad を購入
ステップ 2:CC13x2 / CC26x2 SDK (...)

ソフトウェア開発キット (SDK)

SIMPLELINK-CC13XX-CC26XX-SDK — SimpleLink™ CC13xx and CC26xx software development kit (SDK)

The SimpleLink™ CC13xx and CC26xx software development kit (SDK) provides a comprehensive software package for the development of Sub-1 GHz and 2.4 GHz applications including support for Bluetooth® Low Energy, Mesh, Zigbee®, Thread, 802.15.4-based, proprietary, and multiprotocol solutions on (...)
アプリケーション・ソフトウェアとフレームワーク

MIOTY

Protocol software for MIOTY technology

LaunchPad SensorTag キットを活用して MIOTY® プロトコル・ソフトウェアの評価を開始する方法:
  1. MIOTY プロトコル・ソフトウェアのハードウェア・バンドル (MIOTY-HW-BDL) を購入します
  2. 868MHz 帯向けの MIOTY デモ・ソフトウェアをダウンロードします
  3. (オプション) MIOTY ゲートウェイをお持ちでない場合、MIOTY ストアから MIOTY ゲートウェイを購入します
  4. MIOTY® Demo Software Quick Start Guide (英語) をダウンロードします。


MIOTY テクノロジーは、新しい LPWAN (...)

アプリケーション・ソフトウェアとフレームワーク

SENSOR-TO-CLOUD — センサからクラウドに接続する SimpleLink ソリューション

Sensor to Cloud はエンド・ツー・エンドのリファレンス・ソリューションで、多様なプロトコルとゲートウェイ構成により、センサ・データの送受信を行うクラウド・コネクティビティを実現します。
IDE (統合開発環境)、構成機能、またはデバッガ

ARM-CGT — Arm® コード生成ツール:コンパイラ

TI の Arm® コード生成ツールは、TI の Arm ベース・プラットフォーム向けアプリケーション・プログラムの開発をサポートしています。特に、TI の Arm Cortex-M と Cortex-R シリーズのデバイスをサポートするプログラム向けです。現在、TI の Arm® C/C++ コンパイラ・ツールチェーンは 2 組存在しており、それらは両方とも C/C++ とアセンブリ言語の各ソース・ファイルのコンパイルとリンクを実施して静的な実行可能アプリケーション・プログラムをビルドすることができます。そのプログラムは、Arm® Cortex-M と (...)
IDE (統合開発環境)、構成機能、またはデバッガ

CCSTUDIO-WCS — ワイヤレス・コネクティビティ Code Composer Studio(CCStudio)統合開発環境(IDE)

Download the latest version of Code Composer Studio

Code Composer Studio™ - Integrated Development Environment for SimpleLink™ Wireless Connectivity Solutions

Code Composer Studio is an integrated development environment (IDE) that supports TI's Microcontroller and Embedded Processors portfolio. Code Composer Studio comprises a suite of tools used to (...)

IDE (統合開発環境)、構成機能、またはデバッガ

SENSOR-CONTROLLER-STUDIO — センサ・コントローラ・スタジオ(未定)

Sensor Controller Studio is used to write, test and debug code for the CC26xx/CC13xx Sensor Controller, allowing for ultra-low power application design.

The tool generates a Sensor Controller Interface driver, which is a set of C source files to be compiled into the System CPU (ARM Cortex-M3/M4) (...)

プラグイン

SIMPLELINK-SDK-PLUGIN-FOR-HOMEKIT — HomeKit 向け、SimpleLink™ ソフトウェア開発キット(SDK)プラグイン

ユーザーズ・ガイド (英語)、統合ガイド (英語)、ドライバを完備したこの SimpleLink™ SDK プラグインのセットを使用することで、 MFi ライセンシーは、SimpleLink Wi-Fi® CC32XX SDK または SimpleLink CC13x2-CC26x2 SDK および個別のデバイスを Apple MFi 認証と組み合わせて活用しながら、Apple HomeKit アプリケーションを開発できます。
ソフトウェア・プログラミング・ツール

FLASH-PROGRAMMER — SmartRF フラッシュ・プログラマ

SmartRF Flash Programmer 2 can be used to program the flash memory in Texas Instruments ARM based low-power RF wireless MCUs over the debug and serial interfaces.

SmartRF Flash Programmer can be used to program the flash memory in Texas Instruments 8051-based low-power RF wireless MCUs and for (...)

ソフトウェア・プログラミング・ツール

UNIFLASH — UniFlash stand-alone flash tool for microcontrollers, Sitara™ processors and SimpleLink™ family

サポート対象のデバイス: CC13xx、CC25xx、CC26xx、CC3x20、CC3x30、CC3x35、Tiva、C2000、MSP43x、Hercules、PGA9xx、IWR12xx、IWR14xx、IWR16xx、IWR18xx、IWR68xx、AWR12xx、AWR14xx、AWR16xx、AWR18xx。  コマンドライン専用:AM335x、AM437x、AM571x、AM572x、AM574x、M65XX、K2G

CCS Uniflash は、TI マイコン (MCU) 上のオンチップ・フラッシュ・メモリや、Sitara (...)

計算ツール

15.4-STACK-CALC — TI 15.4 スタック対応電力カリキュレータ

SimpleLink TI 15.4 Stack ソフトウェアのユーザーの皆様は、このツールを使用すると、スリープ状態の多いネットワーク・デバイスのシステム電力プロファイルを分析できます。  ユーザーの皆様はこのカリキュレータを使用して潜在的なシステム・バッテリ動作時間を評価し、システム設定、スタック・パラメータ、ペイロード・プロファイル、利用率パラメータを構成して電力を最適化する方法を決定することができます。
計算ツール

3P-WIRELESS-MODULES — Third party wireless module search tool

Engineers looking to incorporate wireless connectivity technology into their IoT design can use the third party wireless module search tool to identify products that meet their end equipment specifications, procure production ready wireless modules, and help accelerate their development and time to (...)
計算ツール

PACKET-SNIFFER — SmartRF プロトコル Packet Sniffer

SmartRF Packet Sniffer 2

SmartRF Packet Sniffer 2 includes software and firmware to capture and display over-the-air packets. The capture device is connected to the PC via USB. SmartRF Packet Sniffer 2 supports the CC13xx and CC26xx family of devices as capture device and uses Wireshark for packet (...)

計算ツール

RF-RANGE-ESTIMATOR — TI RF 距離推定ツール

このツールにより、TI のワイヤレス・デバイスを使用した屋内外の RF リンク向けの実用的な距離概算機能を実現できます。屋外距離の場合、見通し距離(Line-of-Sight:LOS)をベースとして概算します。屋内距離の場合、Tx(送信)ユニットと Rx(受信)ユニット間に存在する建設資材を選択することができます。Tx ユニットと Rx ユニットの間に存在する建設資材の減衰が大きいほど、距離は短くなります。
計算ツール

SMARTRFTM-STUDIO — SmartRF スタジオ

SmartRF™ Studio は TI のローパワー RF 製品の評価や構成に使用できる Windows アプリケーションです。RF システム設計プロセスの初期段階での無線の容易な評価を可能にします。特に、構成レジスタの値やコマンドの生成、RF システムの実地試験やデバッグに有用です。スタンドアロン・アプリケーションとしての使用、あるいは RF 製品に対応する評価ボードやデバッグ・プローブとの併用が可能です。

SmartRF™ Studio は TI のすべてのローパワー RF 製品をサポートしています。一部の旧製品と組み合わせて使用する際に、SmartRF™ (...)
設計ツール

SIMPLELINK-SUB1GHZ-DESIGN-REVIEWS — Hardware design reviews for SimpleLink™ CC1xxx devices

SimpleLink Sub-1GHz ハードウェアの設計レビュー・プロセスの開始方法:
  • ステップ 1:レビューを依頼する前に、対応する製品ページ (以下の CC1xxx 製品ページへのリンクを参照) に掲載されている技術資料と設計や開発向けのリソースをお客様の側で参照することが重要です
  • ステップ 2:レビュー・プロセスを開始するために、申請フォームに情報を入力します。お客様が指定した E メール・アドレス宛てに TI のエキスパートが直接ご連絡を差し上げ、その後の手順についてご案内します。

SimpleLink (...)

ガーバー・ファイル

CC1312REM-XD7793 design files

SWRC360.ZIP (1501 KB)
リファレンス・デザイン

TIDEP0084 — Linux システム向け、Sub-1GHz センサからクラウドへの産業用 IoT ゲートウェイのリファレンス・デザイン

このリファレンス・デザインは、長距離の Sub-1GHz ワイヤレス・ネットワークを経由してセンサをクラウドに接続する方法を示します。このデザインは、ビル制御や資産管理のような産業用の設定に適しています。

このデザインは、Linux® ゲートウェイをベースにしています。また、TI-RTOS をベースとしてセンサからクラウドに接続するオプションも使用可能です。TI-RTOS ベースのソリューションの詳細。

このデザインが採用しているのは、TI の Sitara™ AM335x プロセッサ、SimpleLink™ Sub-1GHz CC1312R/CC1310、SimpleLink™ マルチバンド (...)
リファレンス・デザイン

TIDA-010024 — ネットワーク処理能力を強化したセキュアな 6LoWPAN メッシュ・エンド・ノードのリファレンス・デザイン

This reference design implements an RF mesh network end node with DTLS security for smart meter Advanced Metering Infrastructure (AMI) networks. The network is an IPv6 over low-power wireless personal area networks (6LoWPAN) solution. The design implements this network in a single CC1312R (...)
リファレンス・デザイン

TIDA-010032 — Ethernet や 6LoWPAN RF メッシュなどをサポートするユニバーサル・データ・コンセントレータのリファレンス・デザイン

IPv6-based grid communications are becoming the standard choice in industrial markets and applications like smart meters and grid automation. The universal data concentrator design provides a complete IPv6-based network solution integrated with Ethernet backbone communication, 6LoWPAN RF mesh (...)
リファレンス・デザイン

TIDC-01002 — TI-RTOS システム向け、SimpleLink™™ Sub-1GHz を使用してセンサからクラウドに接続するゲートウェイのリファレンス・デザイン

長距離 Sub-1GHz ワイヤレス・ネットワーク経由で SimpleLink™ Sub-1GHz センサをクラウドに接続するためのリファレンス・デザインで、ビル制御やアセット・トラッキングなどの産業用機器に最適です。

このデザインは、IoT(モノのインターネット)ゲートウェイ・ソリューションとクラウド・コネクティビティを使用する Sub-1GHz センサ・ネットワークの構築に活用できる、包括的なエンド・ツー・エンド・ソリューションを実現します。このゲートウェイ・ソリューションがベースとして採用しているのは、ゲートウェイ・アプリケーションをホストする低消費電力の SimpleLink (...)

パッケージ ピン数 ダウンロード
VQFN (RGZ) 48 オプションの表示

購入と品質

含まれる情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating/ リフローピーク温度
  • MTBF/FIT の推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

ビデオ