256kB フラッシュと 8kB RAM 搭載、Zigbee と IEEE 802.15.4 ワイヤレス・マイコン (MCU)

トップ

製品の詳細

パラメータ

Technology Zigbee Device type Wireless MCU Flash (KB) 256 CPU core 8051 RAM (KB) 8 Rating Catalog open-in-new その他の Zigbee 製品

パッケージ|ピン|サイズ

VQFN (RHA) 40 36 mm² 6 x 6 open-in-new その他の Zigbee 製品

特長

  • RF/Layout
    • 2.4-GHz IEEE 802.15.4 Compliant RF Transceiver
    • Excellent Receiver Sensitivity and Robustness to Interference
    • Programmable Output Power Up to 4.5 dBm
    • Very Few External Components
    • Only a Single Crystal Needed for Asynchronous Networks
    • 6-mm × 6-mm QFN40 Package
    • Suitable for Systems Targeting Compliance With Worldwide Radio-
      Frequency Regulations: ETSI EN 300 328 and EN 300 440 (Europe),
      FCC CFR47 Part 15 (US) and ARIB STD-T-66 (Japan)
  • Low Power
    • Active-Mode RX (CPU Idle): 24 mA
    • Active Mode TX at 1 dBm (CPU Idle): 29 mA
    • Power Mode 1 (4 µs Wake-Up): 0.2 mA
    • Power Mode 2 (Sleep Timer Running): 1 µA
    • Power Mode 3 (External Interrupts): 0.4 µA
    • Wide Supply-Voltage Range (2 V–3.6 V)
  • Microcontroller
    • High-Performance and Low-Power 8051 Microcontroller Core
      With Code Prefetch
    • 32-, 64-, 128-, or 256-KB In-System-Programmable Flash
    • 8-KB RAM With Retention in All Power Modes
    • Hardware Debug Support
  • Peripherals
    • Powerful Five-Channel DMA
    • Integrated High-Performance Op-Amp and Ultralow-Power Comparator
    • IEEE 802.15.4 MAC Timer, General-Purpose Timers
      (One 16-Bit, Two 8-Bit)
    • IR Generation Circuitry
    • 32-kHz Sleep Timer With Capture
    • CSMA/CA Hardware Support
    • Accurate Digital RSSI/LQI Support
    • Battery Monitor and Temperature Sensor
    • 12-Bit ADC With Eight Channels and Configurable Resolution
    • AES Security Coprocessor
    • Two Powerful USARTs With Support for Several Serial Protocols
    • 21 General-Purpose I/O Pins
      (19 × 4 mA, 2 × 20 mA)
    • Watchdog Timer
  • Development Tools
    • CC2530 Development Kit
    • CC2530 ZigBee Development Kit
    • CC2530 RemoTI Development Kit for RF4CE
    • SmartRF Software
    • Packet Sniffer
    • IAR Embedded Workbench Available
  • APPLICATIONS
    • 2.4-GHz IEEE 802.15.4 Systems
    • RF4CE Remote Control Systems (64-KB Flash and Higher)
    • ZigBee Systems (256-KB Flash)
    • Home/Building Automation
    • Lighting Systems
    • Industrial Control and Monitoring
    • Low-Power Wireless Sensor Networks
    • Consumer Electronics
    • Health Care

RemoTI, SmartRF, Z-Stack are trademarks of Texas Instruments.
IAR Embedded Workbench is a trademark of IAR Systems AB.
ZigBee is a registered trademark of the ZigBee Alliance.
All other trademarks are the property of their respective owners.

open-in-new その他の Zigbee 製品

概要

The CC2530 is a true system-on-chip (SoC) solution for IEEE 802.15.4, Zigbee and RF4CE applications. It enables robust network nodes to be built with very low total bill-of-material costs. The CC2530 combines the excellent performance of a leading RF transceiver with an industry-standard enhanced 8051 MCU, in-system programmable flash memory, 8-KB RAM, and many other powerful features. The CC2530 comes in four different flash versions: CC2530F32/64/128/256, with 32/64/128/256 KB of flash memory, respectively. The CC2530 has various operating modes, making it highly suited for systems where ultralow power consumption is required. Short transition times between operating modes further ensure low energy consumption.

Combined with the industry-leading and golden-unit-status ZigBee protocol stack (Z-Stack) from Texas Instruments, the CC2530F256 provides a robust and complete ZigBee solution.

Combined with the golden-unit-status RemoTI stack from Texas Instruments, the CC2530F64 and higher provide a robust and complete ZigBee RF4CE remote-control solution.

open-in-new その他の Zigbee 製品
ダウンロード

技術資料

= TI が選択したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。 すべて表示 51
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート CC2530 データシート 2010年 10月 5日
* エラッタ CC2530 Errata Note 2009年 4月 29日
アプリケーション・ノート CE Regulations for SRDs Operating in License-Free 2.4GHz/5GHz Bands-WiFi Devices 2020年 4月 15日
セレクション・ガイド ワイヤレス・コネクティビティ技術セレクション・ガイド 英語版をダウンロード 2020年 2月 28日
セレクション・ガイド Wireless Connectivity Technology Selection Guide.. 2020年 2月 28日
セレクション・ガイド Wireless Connectivity Technology Selection Guide... 2020年 2月 28日
セレクション・ガイド Wireless Connectivity Technology Selection Guide..... 2020年 2月 28日
技術記事 Bluetooth® Low Energy shifts gears for car access 2019年 7月 15日
アプリケーション・ノート What's New in Zigbee 3.0 2019年 6月 6日
技術記事 Top 3 design challenges that the new generation of SimpleLink™ Wi-Fi® devices will help you overcome 2019年 2月 21日
セレクション・ガイド Zigbee® Selection Guide for SimpleLink MCUs 2019年 2月 21日
ホワイト・ペーパー Optimizing Flash and RAM Usage of Z-Stack 3.0.2 for the CC2530 Device 2018年 9月 25日
技術記事 Exploring the impact of IoT on innovation 2018年 7月 17日
技術記事 An out-of-the-box Internet of Things: building a seamless and secure smart home network 2018年 6月 12日
アプリケーション・ノート Debugging Communication Range 2018年 3月 27日
ホワイト・ペーパー Wireless Connectivity For The Internet of Things, One Size Does Not Fit All 2017年 10月 16日
アプリケーション・ノート ETSI EN 300 328 Blocking Test for Bluetooth Low Energy 2017年 2月 8日
その他の技術資料 無線通信ソリューション 2015年 11月 4日
アプリケーション・ノート Using CC2592 Front End with CC2530 2015年 7月 29日
アプリケーション・ノート RemoTI™ Capacitive Touch Sensing 2014年 12月 16日
アプリケーション・ノート Considerations for Final Test of Products Containing Wireless Technologies 2014年 10月 1日
ユーザー・ガイド CC253x/4x User's Guide 2014年 4月 9日
アプリケーション・ノート AN100 - Crystal Selection Guide 2013年 11月 26日
アプリケーション・ノート CC2530 With Skyworks’ SE2431L Range Extender Front End 2013年 10月 17日
アプリケーション・ノート AN084 - RemoTI SimpleConsole Application 2013年 3月 12日
アプリケーション・ノート DN035 -- Antenna Quick Guide 2013年 2月 12日
アプリケーション・ノート DN041 -- Using CC253X or CC254X with Dipole PCB antenna 2013年 1月 24日
アプリケーション・ノート AN081 -- Johanson Technology balun optimized for CC2530 2012年 11月 6日
アプリケーション・ノート AN079 -- Measuring Power Consumption of CC2530 with Z-Stack 2.2.0 2012年 9月 28日
アプリケーション・ノート AN118 -- CC253x, CC254x Flash Programming 2012年 9月 5日
アプリケーション・ノート AN098 - Layout Review Techniques for Low Power RF Designs 2012年 8月 2日
アプリケーション・ノート 低消費電力RF 設計向けのレイアウト・レビュー技法 最新の英語版をダウンロード (Rev.A) 2012年 3月 8日
アプリケーション・ノート Z-Stack Duty Cycle Analysis App Note 2011年 12月 12日
アプリケーション・ノート Using RF6505 Front End Module with CC2530 under FCC 15.247 2011年 11月 18日
アプリケーション・ノート AN107 - Murata Balun for CC253x and CC254x, LFB182G45BG2D280 2011年 10月 26日
アプリケーション・ノート TDK Corporation balun optimized for CC253x 2011年 8月 10日
アプリケーション・ノート Basic RF Testing of CCxxxx Devices 2011年 8月 8日
アプリケーション・ノート DN037 -- Measurement Results for Combined CC2530 and CC2590 Solution 2011年 7月 28日
アプリケーション・ノート DN034 -- YAGI 2.4 GHz PCB Antenna 2010年 10月 14日
アプリケーション・ノート AN058 -- Antenna Selection Guide 2010年 10月 6日
アプリケーション・ノート DN031 -- Design Notes 2010年 8月 26日
アプリケーション・ノート AN086 -- Using CC2591 Front End with CC2530 and CC2531 2009年 12月 16日
ユーザー・ガイド CC2530 Software Examples User's Guide 2009年 11月 5日
ユーザー・ガイド RemoTI HID Dongle Developer’s Guide 2009年 9月 24日
アプリケーション・ノート DN117 -- SimpliciTI-compatible UART Driver 2009年 9月 22日
アプリケーション・ノート DN112 -- Using UART in CC111xFx CC243x and CC251xFx 2009年 8月 11日
アプリケーション・ノート DN113 CC111xFx CC243xFx CC251xFx SPI Interface 2009年 8月 11日
アプリケーション・ノート DN116 -- Clearing Module Interrupt Flags in LPW SoC Devices 2009年 8月 3日
アプリケーション・ノート CC2530 FAQ 2009年 7月 12日
アプリケーション・ノート RemoTI Coexistence Testing 2009年 5月 20日
アプリケーション・ノート AN071 -- CC2430 to CC2530 Migration Guide 2009年 4月 29日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ハードウェア開発

評価ボード ダウンロード
Radiocrafts Embedded radio modules
Radiocrafts AS からの提供
概要
Embedded radio modules with embedded protocol stack.
ドーター・カード ダウンロード
149
概要

The CC2530 Evaluation Module Kit contains two CC2530 Evaluation Modules, which can be used either as standalone modules (requires external power) or connected to e.g. the SmartRF05EB Evaluation Boards (not included in kit) for full control from the PC. The evaluation modules can be used as a (...)

特長

The CC2530EMK includes:

  • 2 x CC2530EM Evaluation Modules
  • 2 x 2.4 GHz Antennas
  • Documentation
ドーター・カード ダウンロード
49
概要

The CC2531EMK kit provides one CC2531 USB Dongle and documentation to support a PC interface to 802.15.4 / ZigBee applications. The dongle can be plugged directly into your PC and can be used as an IEEE 802.15.4 packet sniffer or for other purposes. With the CC2531 USB Firmware Library available on (...)

特長

The CC2531EMK includes:

  • CC2531 USB Firmware Library and Examples (downloadable from web)
  • Works with RemoTI, TIMAC and ZStack for CC2530
  • Supported by SmartRF® Studio, Packet Sniffer and Flash Programmer
デバッグ・プローブ ダウンロード
49
概要

The CC Debugger is a small programmer and debugger for the TI Low Power RF System-on-Chips. It can be used together with IAR Embedded Workbench for 8051 (version 7.51A or later) for debugging and SmartRF Flash Programmer for flash programming. The CC Debugger can also be used for controlling (...)

特長

Contents in the box:

  • CC Debugger
  • Mini USB cable
  • 10-pin flat cable with 2x5 2.54mm connector
  • 10-pin flat cable with 2x5 1.27mm connector
  • Converter board 2.54mm-1.27mm connector
  • Documentation

CC-Debugger can be used to program and debug the following 8051-based system-on-chips from Texas Instruments:

  • CC1110 (...)

ソフトウェア開発

サンプル・コードまたはデモ ダウンロード
SWRC135B.ZIP (505 KB)
ドライバまたはライブラリ ダウンロード
RF4CE 準拠のプロトコル・スタック
REMOTI RemoTI™ は、RF4CE 準拠のソフトウェア・アーキテクチャです。 TI のIEEE 802.15.4 準拠の TIMAC に基づく RemoTI™ は、シンプルで使いやすい直感的なソフトウェア・アーキテクチャ・フレームワークに加え、RF4CE 対応の製品の作成に必要なすべてのツール、ドキュメント、およびサポートを提供します。 RemoTI™ を使用すると、開発時間の短縮と開発コストの削減が実現されるため、製品を迅速に市場に投入できます。

RemoTI™ 1.3 は、ZRC(ZigBee リモート・コントロール)と ZID(ZigBee 入力デバイス)の両方のプロファイルをサポートしています。 また、RemoTI™ 1.3は、ZRC リモート・コントローラと ZID リモート・コントローラ向けのCC2533DK-RF4CE-BA ハードウェア・リファレンス・プラットフォームもサポートしています。

特長
  • CC2530CC2531(USB)、CC2533 RF SoC、および CC259x RF のフロント・エンド・サポート
  • ZRC(ZigBee リモート・コントローラ)および ZID(ZigBee 入力デバイス)プロファイルのサポート
  • キーボードおよびコンシューマ・コントロール・ページを含む USB HID クラス・サポート
  • シンプルで直感的な RemoTI API
  • サンプル・アプリケーション・コード一式
  • シリアル・ブート・ローダおよび無線ダウンロードのサポート
  • 総合的なドキュメント
  • 簡単な開発およびテスト向けのツール・サポート
  • UART、SPI、I2C、USB、キーパッド、LED などのドライバ・サポート
ドライバまたはライブラリ ダウンロード
SimpliciTI 準拠のプロトコル・スタック
SIMPLICITI 注: 最新情報に含まれている「リリース・ノート」を必ずお読みください。

SimpliciTI は、小規模な(256 未満)RF ネットワークを対象にした、シンプルなローパワー RF ネットワーク・プロトコルです。通常、これらのネットワークには、バッテリで動作するデバイスが含まれています。このようなデバイスは、バッテリーの寿命が長く、データ・レートとデューティ・サイクルが低くなければなりません。また、このようなネットワークでは、直接もしくはアクセス・ポイントかレンジ・エクステンダを介して通信するノードの数に制限があります。アクセス・ポイントとレンジ・エクステンダがなくても、メッセージの保存や転送などの追加機能を提供します。SimpliciTI では、MCU リソースに関する要件が最小に抑えられるので、システム・コストを削減できます。

SimpliciTI は、低消費電力 MCU の MSP430 ファミリ、CC1XXX/CC25XX トランシーバ TI RF platforms 、SoC などの複数の TI RF プラットフォームにそのまま導入して展開できるように設計されています。サンプル・アプリケーションは、CC1100EM、CC1101EM、または CC2500EM が装着された MSP430FG4618/F2013 実験用ボード上でそのまま実行できます。

ダウンロードと登録(E メールで更新通知を受信するため)

SimpliciTI-IAR-1.1.1.exe for CC11xx, CC25xx and CC2x30 using IAR EW430 or EW8051

SimpliciTI-CCE-1.1.0.exe for CC1101, CC2500, CC2520 and CC430 using (...)

特長
  • ローパワー - TI 専用のローパワー・ネットワーク・プロトコル
  • 低コスト - 4K 未満のフラッシュ、512 バイト未満の RAM を使用
  • 柔軟性:
    • デバイス間の直接通信
    • エンド・デバイスに保存および転送するためのアクセス・ポイントを持つ単純なスター・トポロジ
    • 範囲を 4 ホップに拡張するレンジ・エクステンダ
  • シンプル - 5つのコマンドを持つ API を利用
  • 低データ・レートおよび低デューティ・サイクル
  • 使いやすさ
  • アプリケーション例:
    • アラームとセキュリティ: 人体センサ、光センサ、一酸化炭素センサ、ガラス破損センサ
    • 煙検出器
    • 自動メーター読み取り器: ガス・メーター、水道メーター、e メーター
    • アクティブ RF-ID アプリケーション
ドライバまたはライブラリ ダウンロード
IEEE802.15.4 メディア・アクセス・コントローラ(MAC)ソフトウェア・スタック
TIMAC TIMAC - IEEE802.15.4 Medium Access Control (MAC) Software Stack

To download the free tools download click the "Get Software" button above. By subscribing, we will be able to notify you of updates when they become available and provide instructions on how to perform the update.

特長
  • Support for IEEE 802.15.4-2006
  • Multiple Platforms: CC2630, CC2538, CC2530 and CC2531 wireless MCUs, CC2592 and CC2590 range extenders
  • Star topology: point-to-point, one-to-many and data concentrator
  • Synchronous (beacon) and asynchronous (non-beacon) modes
  • Network security features
  • Co-processor (...)
ドライバまたはライブラリ ダウンロード
ZigBee 3.0 完全準拠ソリューション: Z-Stack 3.0
Z-STACK Zigbee 3.0 は、従来の複数の ZigBee プロファイルを組み合わせ、1 つの規格に統合しています。
  • 組込み IoT アプリケーションでデータ・オブジェクト、モデル、機能を定義する IoT アプリケーション向けユニバーサル言語 dotdot の基礎となる統合型 Zigbee クラスタ・ライブラリを内蔵しています。
  • ZigBee Base Device Behavior(ZigBee ベース・デバイスの挙動)仕様を実装しています。この仕様は、ネットワークの形成、検出、アプリケーションのプロビジョニングに関する一連の共通メカニズムを定義しており、すべての ZigBee デバイスでこのメカニズムの使用が可能です
  • ZigBee PRO 2015 以降の仕様をベースにしています。このスタックは、帯域外の鍵交換で使用する Install Codes(インストール・コード)と、Distributed Security Networks for Coordinator-less(コーディネータなしで動作する分散型セキュリティ・ネットワーク)ネットワーク・トポロジーなど、新規および改善されたセキュリティ・モードを実現します。
  • Green Power Proxy をサポートしており、エネルギー・ハーベスト・デバイスと超低消費電力デバイスの ZigBee ネットワークへのシームレスな接続が可能になります。
  • 従来の ZigBee PRO やアプリケーション・プロファイルとの上位 / 下位互換性が維持されています。

SimpleLink SDK ZigBee スタック(Z-Stack)

Z-Stack は、SimpleLink™ CC13x2 / CC26x2 (...)

ドライバまたはライブラリ ダウンロード
Z-Stack 完全準拠 ZigBee 2012 ソリューション向けアーカイブ
Z-STACK-ARCHIVE NOTE:

This page contains links to obtain previous versions of the Z-Stack releases. For new projects, TI recommends using the newest release in order to take advantages of all improvements and new features. The latest Z-Stack release can be found at www.ti.com/z-stack.

 

Z-Stack Home

Z-Stack Home is TI's (...)

サポート・ソフトウェア ダウンロード
SWSC002B.ZIP (9642 KB)

設計ツールとシミュレーション

計算ツール ダウンロード
Third party wireless module search tool
3P-WIRELESS-MODULES Engineers looking to incorporate wireless connectivity technology into their IoT design can use the third party wireless module search tool to identify products that meet their end equipment specifications, procure production ready wireless modules, and help accelerate their development and time to (...)
特長
  • Based on our TI wireless technology supporting Wi-Fi®, Bluetooth®, Zigbee®, Sub-1 GHz, Sigfox, 2.4 GHz ,multi-band connectivity and more
  • Integrates clocks, SPI flash and passive components
  • Years of successful collaboration
  • Includes hardware customization, software integration and cloud services
  • Links to (...)
計算ツール ダウンロード
SmartRF プロトコル Packet Sniffer
PACKET-SNIFFER
SmartRF Packet Sniffer 2

SmartRF Packet Sniffer 2 includes software and firmware to capture and display over-the-air packets. The capture device is connected to the PC via USB. SmartRF Packet Sniffer 2 supports the CC13xx and CC26xx family of devices as capture device and uses Wireshark for packet (...)

計算ツール ダウンロード
SmartRF スタジオ
SMARTRFTM-STUDIO SmartRF™ Studio は TI のローパワー RF 製品の評価や構成に使用できる Windows アプリケーションです。RF システム設計プロセスの初期段階での無線の容易な評価を可能にします。特に、構成レジスタの値やコマンドの生成、RF (...)
特長
  • リンク・テスト:ノード間でパケットを送受信します。
  • アンテナ / 放射線試験:連続波の TX と RX 状態で無線を設定します。
  • 全製品に対するレジスタの推奨 / 代表値。
  • 個別の RF レジスタの読み取りと書き込みを行います。
  • 無線制御のために個別のコマンドを実行します。
  • 各レジスタまたはコマンドのビット・フィールドに関する詳細情報。
  • ファイルからデバイス構成データの保存と読み込みを行います。
  • レジスタの設定値とコマンド引数を、ユーザー定義可能なフォーマットにエクスポートします。
  • 無線構成コードをエクスポートします(CC13xx、CC26xx)。
  • カスタム GPIO 構成を可能にします(CC13xx、CC26xx)。
  • デバッグ・プローブまたは評価ボードを通じて、USB 経由で複数の評価ボードと通信します。
  • 単一のコンピュータで最大 32 の評価ボードをサポートします。

互換性に関する問題

SmartRF Studio 6 は、Microsoft® Windows 98、Windows 2000、Windows XP (32 ビット)、Windows Vista (32 ビット)、Windows 7 (32 ビット) の各環境で動作します。

SmartRF Studio 7 は、32 ビット版と 64 ビット版の Microsoft® Windows 7、8、10 で動作します。

インストール手順:
  • 該当 ZIP ファイルをハード・ディスクにダウンロードします。
  • そのファイルを解凍します。
  • readme.txt ファイルを読み、このリリースに関する情報を参照します。
  • 手順に従ってセットアップ・ファイルを実行します。
設計ツール ダウンロード
回路図 ダウンロード
SWRR080.ZIP (603 KB)

リファレンス・デザイン

多くのTIリファレンス・デザインには、 CC2530 が含まれています。 TIのリファレンス・デザイン・セレクション・ツールを使用して、お客様のアプリケーションとパラメータに最適な設計を確認し、特定してください。

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
VQFN (RHA) 40 オプションの表示

購入と品質

含まれる情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating/ リフローピーク温度
  • MTBF/FIT の推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

おすすめの製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価モジュール、またはリファレンス・デザインが含まれている場合があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示

ビデオ

関連ビデオ