製品の詳細

Protocols Bluetooth Low Energy 5.1 Features LE 1M PHY Type Wireless MCU RAM (KB) 20 GPIO 10, 15, 31 Peripherals 1 UART, 12-bit ADC 8-channel, 2 SPI, 2 comparators, 4 timers, 8-bit DAC, I2C, I2S, Sensor controller Security Cryptographic acceleration, Debug security, Device identity, Software IP protection Sensitivity (best) (dBm) -97 Operating temperature range (C) -40 to 85 Rating Catalog
Protocols Bluetooth Low Energy 5.1 Features LE 1M PHY Type Wireless MCU RAM (KB) 20 GPIO 10, 15, 31 Peripherals 1 UART, 12-bit ADC 8-channel, 2 SPI, 2 comparators, 4 timers, 8-bit DAC, I2C, I2S, Sensor controller Security Cryptographic acceleration, Debug security, Device identity, Software IP protection Sensitivity (best) (dBm) -97 Operating temperature range (C) -40 to 85 Rating Catalog
VQFN (RGZ) 48 49 mm² 7 x 7 VQFN (RHB) 32 25 mm² 5 x 5 VQFN (RSM) 32 16 mm² 4 x 4 VQFN (RSM) 32
  • Microcontroller
    • Powerful ARM® Cortex®-M3
    • EEMBC CoreMark® Score: 142
    • Up to 48-MHz Clock Speed
    • 128KB of In-System Programmable Flash
    • 8KB of SRAM for Cache
    • 20KB of Ultralow-Leakage SRAM
    • 2-Pin cJTAG and JTAG Debugging
    • Supports Over-The-Air Upgrade (OTA)
  • Ultralow-Power Sensor Controller
    • Can Run Autonomous From the Rest of the System
    • 16-Bit Architecture
    • 2KB of Ultralow-Leakage SRAM for Code and Data
  • Efficient Code Size Architecture, Placing Drivers, Bluetooth® Low Energy Controller, and Bootloader in ROM
  • RoHS-Compliant Packages
    • 4-mm × 4-mm RSM VQFN32 (10 GPIOs)
    • 5-mm × 5-mm RHB VQFN32 (15 GPIOs)
    • 7-mm × 7-mm RGZ VQFN48 (31 GPIOs)
  • Peripherals
    • All Digital Peripheral Pins Can Be Routed to Any GPIO
    • Four General-Purpose Timer Modules
      (Eight 16-Bit or Four 32-Bit Timers, PWM Each)
    • 12-Bit ADC, 200-ksamples/s, 8-Channel Analog MUX
    • Continuous Time Comparator
    • Ultralow-Power Analog Comparator
    • Programmable Current Source
    • UART
    • 2× SSI (SPI, MICROWIRE, TI)
    • I2C
    • I2S
    • Real-Time Clock (RTC)
    • AES-128 Security Module
    • True Random Number Generator (TRNG)
    • 10, 15, or 31 GPIOs, Depending on Package Option
    • Support for Eight Capacitive-Sensing Buttons
    • Integrated Temperature Sensor
  • External System
    • On-Chip internal DC-DC Converter
    • Very Few External Components
    • Seamless Integration With the SimpleLink™ CC2590 and CC2592 Range Extenders
    • Pin Compatible With the SimpleLink CC13xx in 4-mm × 4-mm and 5-mm × 5-mm VQFN Packages
  • Low Power
    • Wide Supply Voltage Range
      • Normal Operation: 1.8 to 3.8 V
      • External Regulator Mode: 1.7 to 1.95 V
    • Active-Mode RX: 5.9 mA
    • Active-Mode TX at 0 dBm: 6.1 mA
    • Active-Mode TX at +5 dBm: 9.1 mA
    • Active-Mode MCU: 61 µA/MHz
    • Active-Mode MCU: 48.5 CoreMark/mA
    • Active-Mode Sensor Controller: 8.2 µA/MHz
    • Standby: 1 µA (RTC Running and RAM/CPU Retention)
    • Shutdown: 100 nA (Wake Up on External Events)
  • RF Section
    • 2.4-GHz RF Transceiver Compatible With Bluetooth Low Energy (BLE) 4.2 Specification
    • Excellent Receiver Sensitivity (–97 dBm for BLE), Selectivity, and Blocking Performance
    • Link budget of 102 dB for BLE
    • Programmable Output Power up to +5 dBm
    • Single-Ended or Differential RF Interface
    • Suitable for Systems Targeting Compliance With Worldwide Radio Frequency Regulations
      • ETSI EN 300 328 (Europe)
      • EN 300 440 Class 2 (Europe)
      • FCC CFR47 Part 15 (US)
      • ARIB STD-T66 (Japan)
  • Tools and Development Environment
    • Full-Feature and Low-Cost Development Kits
    • Multiple Reference Designs for Different RF Configurations
    • Packet Sniffer PC Software
    • Sensor Controller Studio
    • SmartRF™ Studio
    • SmartRF Flash Programmer 2
    • IAR Embedded Workbench® for ARM
    • Code Composer Studio™

All trademarks are the property of their respective owners.

  • Microcontroller
    • Powerful ARM® Cortex®-M3
    • EEMBC CoreMark® Score: 142
    • Up to 48-MHz Clock Speed
    • 128KB of In-System Programmable Flash
    • 8KB of SRAM for Cache
    • 20KB of Ultralow-Leakage SRAM
    • 2-Pin cJTAG and JTAG Debugging
    • Supports Over-The-Air Upgrade (OTA)
  • Ultralow-Power Sensor Controller
    • Can Run Autonomous From the Rest of the System
    • 16-Bit Architecture
    • 2KB of Ultralow-Leakage SRAM for Code and Data
  • Efficient Code Size Architecture, Placing Drivers, Bluetooth® Low Energy Controller, and Bootloader in ROM
  • RoHS-Compliant Packages
    • 4-mm × 4-mm RSM VQFN32 (10 GPIOs)
    • 5-mm × 5-mm RHB VQFN32 (15 GPIOs)
    • 7-mm × 7-mm RGZ VQFN48 (31 GPIOs)
  • Peripherals
    • All Digital Peripheral Pins Can Be Routed to Any GPIO
    • Four General-Purpose Timer Modules
      (Eight 16-Bit or Four 32-Bit Timers, PWM Each)
    • 12-Bit ADC, 200-ksamples/s, 8-Channel Analog MUX
    • Continuous Time Comparator
    • Ultralow-Power Analog Comparator
    • Programmable Current Source
    • UART
    • 2× SSI (SPI, MICROWIRE, TI)
    • I2C
    • I2S
    • Real-Time Clock (RTC)
    • AES-128 Security Module
    • True Random Number Generator (TRNG)
    • 10, 15, or 31 GPIOs, Depending on Package Option
    • Support for Eight Capacitive-Sensing Buttons
    • Integrated Temperature Sensor
  • External System
    • On-Chip internal DC-DC Converter
    • Very Few External Components
    • Seamless Integration With the SimpleLink™ CC2590 and CC2592 Range Extenders
    • Pin Compatible With the SimpleLink CC13xx in 4-mm × 4-mm and 5-mm × 5-mm VQFN Packages
  • Low Power
    • Wide Supply Voltage Range
      • Normal Operation: 1.8 to 3.8 V
      • External Regulator Mode: 1.7 to 1.95 V
    • Active-Mode RX: 5.9 mA
    • Active-Mode TX at 0 dBm: 6.1 mA
    • Active-Mode TX at +5 dBm: 9.1 mA
    • Active-Mode MCU: 61 µA/MHz
    • Active-Mode MCU: 48.5 CoreMark/mA
    • Active-Mode Sensor Controller: 8.2 µA/MHz
    • Standby: 1 µA (RTC Running and RAM/CPU Retention)
    • Shutdown: 100 nA (Wake Up on External Events)
  • RF Section
    • 2.4-GHz RF Transceiver Compatible With Bluetooth Low Energy (BLE) 4.2 Specification
    • Excellent Receiver Sensitivity (–97 dBm for BLE), Selectivity, and Blocking Performance
    • Link budget of 102 dB for BLE
    • Programmable Output Power up to +5 dBm
    • Single-Ended or Differential RF Interface
    • Suitable for Systems Targeting Compliance With Worldwide Radio Frequency Regulations
      • ETSI EN 300 328 (Europe)
      • EN 300 440 Class 2 (Europe)
      • FCC CFR47 Part 15 (US)
      • ARIB STD-T66 (Japan)
  • Tools and Development Environment
    • Full-Feature and Low-Cost Development Kits
    • Multiple Reference Designs for Different RF Configurations
    • Packet Sniffer PC Software
    • Sensor Controller Studio
    • SmartRF™ Studio
    • SmartRF Flash Programmer 2
    • IAR Embedded Workbench® for ARM
    • Code Composer Studio™

All trademarks are the property of their respective owners.

The CC2640 device is a wireless MCU targeting Bluetooth applications.

The device is a member of the CC26xx family of cost-effective, ultralow power, 2.4-GHz RF devices. Very low active RF and MCU current and low-power mode current consumption provide excellent battery lifetime and allow for operation on small coin cell batteries and in energy-harvesting applications.

The CC2640 device contains a 32-bit ARM Cortex-M3 processor that runs at 48 MHz as the main processor and a rich peripheral feature set that includes a unique ultralow power sensor controller. This sensor controller is ideal for interfacing external sensors and for collecting analog and digital data autonomously while the rest of the system is in sleep mode. Thus, the CC2640 device is ideal for a wide range of applications where long battery lifetime, small form factor, and ease of use is important.

The Bluetooth Low Energy controller is embedded into ROM and runs partly on an ARM Cortex-M0 processor. This architecture improves overall system performance and power consumption and frees up flash memory for the application.

The Bluetooth stack is available free of charge from www.ti.com.

The CC2640 device is a wireless MCU targeting Bluetooth applications.

The device is a member of the CC26xx family of cost-effective, ultralow power, 2.4-GHz RF devices. Very low active RF and MCU current and low-power mode current consumption provide excellent battery lifetime and allow for operation on small coin cell batteries and in energy-harvesting applications.

The CC2640 device contains a 32-bit ARM Cortex-M3 processor that runs at 48 MHz as the main processor and a rich peripheral feature set that includes a unique ultralow power sensor controller. This sensor controller is ideal for interfacing external sensors and for collecting analog and digital data autonomously while the rest of the system is in sleep mode. Thus, the CC2640 device is ideal for a wide range of applications where long battery lifetime, small form factor, and ease of use is important.

The Bluetooth Low Energy controller is embedded into ROM and runs partly on an ARM Cortex-M0 processor. This architecture improves overall system performance and power consumption and frees up flash memory for the application.

The Bluetooth stack is available free of charge from www.ti.com.

ダウンロード

おすすめの類似製品

open-in-new 製品の比較
比較対象デバイスにアップグレード機能を搭載した、ドロップ・イン代替製品。
CC2640R2F アクティブ 128kB フラッシュと 275kB ROM 搭載、SimpleLink™ 32 ビット Arm Cortex-M3 Bluetooth® Low Energy ワイヤレス・マイコン この製品は、スタックが ROM 内にあるため、より大容量のフラッシュ(128KB)を提供します。
比較対象デバイスと類似の機能。
CC2642R アクティブ 352kB フラッシュ搭載、SimpleLink™ 32 ビット Arm Cortex-M4F Bluetooth® Low Energy ワイヤレス・マイコン 本製品は、Arm Cortex-M4F、より大容量のフラッシュ (352KB)、より大容量の RAM (80KB) を搭載しています。

技術資料

star = TI が選択したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
42 資料すべて表示
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート CC2640 SimpleLink™ Bluetooth® Wireless MCU データシート (Rev. B) 2016年 7月 19日
* エラッタ CC2640 SimpleLink Wireless MCU Errata (Rev. A) 2018年 10月 31日
* ユーザー・ガイド CC13x0, CC26x0 SimpleLink™ Wireless MCU Technical Reference Manual (Rev. I) 2020年 6月 30日
アプリケーション・ノート How to Certify Your Bluetooth Product (Rev. H) 2021年 11月 30日
アプリケーション・ノート Hardware Migration From CC26x0 to CC26x2R (Rev. D) 2021年 8月 23日
アプリケーション・ノート Crystal Oscillator and Crystal Selection for the CC26xx and CC13xx Wireless MCUs (Rev. I) 2021年 8月 22日
アプリケーション・ノート CC2538/CC26x0/CC26x2 Serial Bootloader Interface (Rev. D) 2021年 8月 19日
アプリケーション・ノート Bluetooth® Low Energy – Missing Length Check for UNPI Packets Over SPI 2020年 10月 8日
アプリケーション・ノート CC13xx/CC26xx Hardware Configuration and PCB Design Considerations (Rev. E) 2020年 6月 19日
ホワイト・ペーパー Extending Battery Life in Smart E-Locks (Rev. A) 2020年 6月 4日
アプリケーション・ノート CE Regulations for SRDs Operating in License-Free 2.4GHz/5GHz Bands-WiFi Devices 2020年 4月 15日
アプリケーション・ノート Getting Started With the CC13xx and CC26xx Sensor Controller (Rev. B) 2020年 1月 27日
アプリケーション・ノート Running Bluetooth® Low Energy on CC2640 Without 32 kHz Crystal (Rev. C) 2019年 9月 23日
その他の技術資料 Out-of-box star-network solution: TI 15.4-Stack 2019年 1月 14日
アプリケーション・ノート Measuring Bluetooth Low Energy Power Consumption (Rev. D) 2019年 1月 10日
その他の技術資料 Meet the SimpleLink™ Sensor Controller 2019年 1月 4日
技術記事 An out-of-the-box Internet of Things: building a seamless and secure smart home network 2018年 6月 12日
技術記事 Thread vs. Zigbee – what’s the difference? 2018年 5月 16日
技術記事 Your microcontroller deserves a nap – designing “sleepy” wireless applications 2018年 3月 28日
アプリケーション・ノート Debugging Communication Range 2018年 3月 27日
ユーザー・ガイド CC2640/CC2650 Bluetooth low energy Software Developer’s Guide (Rev. E) 2018年 3月 14日
技術記事 Never lose your luggage again with a smart tracker design 2017年 10月 20日
アプリケーション・ノート CC-Antenna-DK2 and Antenna Measurements Summary (Rev. A) 2017年 10月 2日
アプリケーション・ノート High Frequency Ceramic Solutions 2017年 8月 7日
ユーザー・ガイド Getting started with Bluetooth low energy CC2640 for CCS users 2017年 7月 11日
ホワイト・ペーパー RTOS Power Management Emerges as a Key for MCU-based IoT Nodes (Rev. A) 2017年 5月 11日
ユーザー・ガイド CC26xx/CC13xx Power Management Software Developers Reference Guide (Rev. A) 2017年 4月 17日
アプリケーション・ノート ETSI EN 300 328 Blocking Test for Bluetooth Low Energy 2017年 2月 8日
アプリケーション・ノート Hardware Migration From CC2640F128 to CC2640R2F 2017年 1月 31日
その他の技術資料 SimpleLink Ultra-low power wireless microcontroller platform (Rev. B) 2016年 10月 28日
アプリケーション・ノート Implementing Eddystone Bluetooth Smart Beacons Using the TI BLE-Stack (Rev. A) 2016年 10月 19日
ホワイト・ペーパー Bringing Wireless Scalability to Intelligent Sensing Applications (Rev. B) 2016年 8月 25日
ユーザー・ガイド TI-RTOS 2.16 for CC13xx/CC26xx SimpleLink Getting Started Guide (Rev. D) 2016年 6月 17日
アプリケーション・ノート Voiceover RF 2016年 5月 19日
その他の技術資料 Allegion Case Study (Rev. A) 2016年 4月 12日
ホワイト・ペーパー A guide to SensorTag Hackathons: Resources 2016年 3月 8日
アプリケーション・ノート Using the Wireless SimpleLink CC26xx in External Regulator Mode With the TPS627 2015年 11月 19日
その他の技術資料 無線通信ソリューション 2015年 11月 4日
アプリケーション・ノート CC2640 Wireless MCU DC Supply Evaluation 2015年 10月 5日
ホワイト・ペーパー インテリジェント・センシング・アプリケーションにワイヤレス環境でのスケーラビリティを 最新の英語版をダウンロード (Rev.B) 2015年 7月 17日
アプリケーション・ノート Using GCC/GDB with CC26xx 2015年 2月 23日
その他の技術資料 SimpleLink Bluetooth Smart CC2640 Wireless Microcontroller 2015年 2月 10日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

評価ボード

BOOSTXL-CC2650MA — TI SimpleLink™ Bluetooth® Low Energy CC2650 モジュール BoosterPack プラグイン・モジュール

The SimpleLink™ Bluetooth® low energy CC2650 Module BoosterPack plug-in module is the quick and easy way to add Bluetooth low energy to your LaunchPad™ development kit. Simply plug the CC2650 module BoosterPack kit into the MSP432™ microcontroller (MCU) LaunchPad kit to get started! The software (...)

在庫あり
制限: 3
ドーター・カード

CC2650EMK — SimpleLink™ CC2650 評価モジュール・キット

The SimpleLink™ CC2650 evaluation module kit is an add-on kit for the SMARTRF06EBK evaluation board kit. The CC2650 device included in this kit is the superset device of the SimpleLink ultra-low power wireless MCU platform, so it can also be used to evaluate the SimpleLink Bluetooth® Smart CC2640 (...)

在庫あり
制限: 3
デバッグ・プローブ

TMDSEMU110-ETH — XDS110 ダイナミック・レンジの広い(ETHDR)EnergyTrace™ デバッグ・プローブ・アドオン

TI の XDS110 ETHDR(EnergyTrace™ High Dynamic Range、広いダイナミック・レンジ)は、XDS110 デバッグ・プローブ(エミュレータ)のアクセサリで、EnergyTrace 機能のダイナミック・レンジを拡大します。この結果、どの Simplelink ワイヤレス・マイコンでも非常に高い精度での消費電力測定を可能にすると同時に、使い慣れた共通のユーザー・インターフェイスを引き続き利用できます。XDS110 ETHDR は、電力モニタに関する設計者のニーズに対応するソリューションです。

XDS110 ETHDR は、30 ピン拡張コネクタ経由で (...)

在庫あり
制限: 1
デバッグ・プローブ

TMDSEMU200-U — Spectrum Digital XDS200 USB エミュレータ

Spectrum Digital XDS200 は、TI のプロセッサを対象とする最新の XDS200 デバッグ・プローブ(エミュレータ)ファミリの最初のモデルです。XDS200 ファミリは、超低コストの XDS100 と高性能の XDS560v2 の間で、低コストと高性能の最適バランスを実現します。また、すべての XDS デバッグ・プローブは、ETB(Embedded Trace Buffer、組込みトレース・バッファ)を搭載したすべての ARM と DSP プロセッサに対し、コア・トレースとシステム・トレースをサポートしています。

Spectrum Digital XDS200 は、TI (...)

在庫あり
制限: 3
開発キット

CC2650RC — SimpleLink™ Bluetooth® Low Energy/ZigBee® RF4CE™ CC2650 リモート・コントロール

Purchase the CC2650RC if you want an extra remote control after purchasing one of the two full development bundles below:
  • CC2650RC-BLEDEV : CC2650RC Bluetooth® low energy Remote Control Development Bundle
  • CC2650RC-RF4CEDEV : CC2650RC ZigBee® RF4CE™ Remote Control Development Bundle

The (...)

開発キット

CC2650STK — SimpleLink SensorTag

新しい SensorTag IoT キットは、クラウド対応製品の設計に便利です。この新しい SensorTag は、小さな赤いパッケージに封止されている 10 個の低消費電力 MEMS センサが内蔵されています。また、DevPack を使用して拡張できることから、独自のセンサやアクチュエータを簡単に追加できます。

 

Bluetooth Low Energy を使用すると、わずか 3 分でクラウドとの接続を確立してセンサ・データをオンラインで利用可能にすることができます。SensorTag は購入時の状態で iOS / Android アプリから利用可能で、プログラミング経験が不要です。

新しい (...)

在庫あり
制限: 999999999
開発キット

LAUNCHXL-CC2650 — CC2650 LaunchPad

SimpleLink™ CC2650 ワイヤレス・マイコン(MCU)ローンチパッド・キットは、ローンチパッド開発キットのクラウドへの移行を可能にします。

CC2650 ローンチパッド・キットは、SimpleLink 超低消費電力 CC26xx ファミリ・デバイスなどのローンチパッド・エコシステムの Bluetooth® Smart への接続を容易にします。このローンチパッド・キットは、SimpleLink マルチスタンダード CC2650 ワイヤレス・マイコンおよびその他の CC26xx ファミリ製品(ZigBee®/6LoWPAN 用 CC2630 (...)

在庫あり
制限: 15
ドライバまたはライブラリ

BLE-STACK — Bluetooth 低エネルギ・ソフトウェア・スタック

CC26xx と CC13xx の各 SimpleLink™ ワイヤレス・マイコン向け BLE-STACK

テキサス・インスツルメンツ (TI) のロイヤルティ・フリー BLE-Stack ソフトウェア開発キット (SDK) は、TI の SimpleLink™ Bluetooth® Low Energy ファミリに属する Arm® Cortex®-M3 ベースの各種ワイヤレス・マイコン (MCU) を対象としており、これらに該当するのは、SimpleLink Bluetooth Low Energy CC2642R ワイヤレス・マイコンSimpleLink Bluetooth Low (...)

IDE (統合開発環境)、構成機能、またはデバッガ

CCSTUDIO-WCS — ワイヤレス・コネクティビティ Code Composer Studio(CCStudio)統合開発環境(IDE)

Download the latest version of Code Composer Studio

Code Composer Studio™ - Integrated Development Environment for SimpleLink™ Wireless Connectivity Solutions

Code Composer Studio is an integrated development environment (IDE) that supports TI's Microcontroller and Embedded Processors portfolio. Code Composer Studio comprises a suite of tools used to (...)

IDE (統合開発環境)、構成機能、またはデバッガ

SENSOR-CONTROLLER-STUDIO — センサ・コントローラ・スタジオ(未定)

Sensor Controller Studio is used to write, test and debug code for the CC26xx/CC13xx Sensor Controller, allowing for ultra-low power application design.

The tool generates a Sensor Controller Interface driver, which is a set of C source files to be compiled into the System CPU (ARM Cortex-M3/M4) (...)

プラグイン

SIMPLELINK-SDK-BLUETOOTH-PLUGIN — SimpleLink™ MSP432 SDK 向け Bluetooth プラグイン

The SimpleLink™ SDK Bluetooth Plugin is a companion software package that enables the use of a Bluetooth Network Processor (NWP) on a Host SimpleLink platform. This software package supports the MSP432P4, MSP432E4, and CC32xx devices as Host platforms, and the CC2650MODA, CC2640, and CC26x2R1 as (...)
ソフトウェア・プログラミング・ツール

FLASH-PROGRAMMER — SmartRF フラッシュ・プログラマ

SmartRF Flash Programmer 2 can be used to program the flash memory in Texas Instruments ARM based low-power RF wireless MCUs over the debug and serial interfaces.

SmartRF Flash Programmer can be used to program the flash memory in Texas Instruments 8051-based low-power RF wireless MCUs and for (...)

ソフトウェア・プログラミング・ツール

UNIFLASH — UniFlash stand-alone flash tool for microcontrollers, Sitara™ processors and SimpleLink™ family

サポート対象のデバイス: CC13xx、CC25xx、CC26xx、CC3x20、CC3x30、CC3x35、Tiva、C2000、MSP43x、Hercules、PGA9xx、IWR12xx、IWR14xx、IWR16xx、IWR18xx、IWR68xx、AWR12xx、AWR14xx、AWR16xx、AWR18xx。  コマンドライン専用:AM335x、AM437x、AM571x、AM572x、AM574x、M65XX、K2G

CCS Uniflash は、TI マイコン (MCU) 上のオンチップ・フラッシュ・メモリや、Sitara (...)

サポート・ソフトウェア

SENSORTAG-SW — CC2541 SensorTag ソフトウェア

The SensorTag includes an open hardware and software reference design for low cost and low power wireless IoT applications. The SensorTag is supplied with complete source code with everything you need to customize it for your application as well as source code examples for mobile apps.
計算ツール

3P-WIRELESS-MODULES — Third party wireless module search tool

Engineers looking to incorporate wireless connectivity technology into their IoT design can use the third party wireless module search tool to identify products that meet their end equipment specifications, procure production ready wireless modules, and help accelerate their development and time to (...)
計算ツール

BT-POWER-CALC — Bluetooth Power Calculator Tool

このツールを使用して、TI の Bluetooth デバイスを使用するさまざまな使用事例に対応する Bluetooth Low Energy 消費電力推定値を計算することができます。このカリキュレータは、アドバタイズ (サービス利用可能の通知) とペリフェラル (BLE の役割の 1 つ) 両方の使用事例に対応しており、さまざまな使用事例プロファイル・パラメータを構成することができます。予期されるバッテリ寿命の概算を出力します。
計算ツール

PACKET-SNIFFER — SmartRF プロトコル Packet Sniffer

SmartRF Packet Sniffer 2

SmartRF Packet Sniffer 2 includes software and firmware to capture and display over-the-air packets. The capture device is connected to the PC via USB. SmartRF Packet Sniffer 2 supports the CC13xx and CC26xx family of devices as capture device and uses Wireshark for packet (...)

計算ツール

RF-RANGE-ESTIMATOR — TI RF 距離推定ツール

このツールにより、TI のワイヤレス・デバイスを使用した屋内外の RF リンク向けの実用的な距離概算機能を実現できます。屋外距離の場合、見通し距離(Line-of-Sight:LOS)をベースとして概算します。屋内距離の場合、Tx(送信)ユニットと Rx(受信)ユニット間に存在する建設資材を選択することができます。Tx ユニットと Rx ユニットの間に存在する建設資材の減衰が大きいほど、距離は短くなります。
計算ツール

SMARTRFTM-STUDIO — SmartRF スタジオ

SmartRF™ Studio は TI のローパワー RF 製品の評価や構成に使用できる Windows アプリケーションです。RF システム設計プロセスの初期段階での無線の容易な評価を可能にします。特に、構成レジスタの値やコマンドの生成、RF システムの実地試験やデバッグに有用です。スタンドアロン・アプリケーションとしての使用、あるいは RF 製品に対応する評価ボードやデバッグ・プローブとの併用が可能です。

SmartRF™ Studio は TI のすべてのローパワー RF 製品をサポートしています。一部の旧製品と組み合わせて使用する際に、SmartRF™ (...)
設計ツール

SIMPLELINK-2-4GHZ-DESIGN-REVIEWS — Hardware design reviews for SimpleLink™ CC2xxx devices

SimpleLink 2.4GHz ハードウェアの設計レビュー・プロセスの開始方法:
  • ステップ 1:レビューを依頼する前に、対応する製品ページ (以下の CC2xxx 製品ページへのリンクを参照) に掲載されている技術資料と設計や開発向けのリソースをお客様の側で参照することが重要です。
  • ステップ 2:レビュー・プロセスを開始するために、申請フォームに情報を入力します。お客様が指定した E メール・アドレス宛てに TI のエキスパートが直接ご連絡を差し上げ、その後の手順についてご案内します。

SimpleLink (...)

多くのTIリファレンス・デザインには、 CC2640 が含まれています。

TIのリファレンス・デザイン・セレクション・ツールを使用して、お客様のアプリケーションとパラメータに最適な設計を確認し、特定してください。

パッケージ ピン数 ダウンロード
VQFN (RGZ) 48 オプションの表示
VQFN (RHB) 32 オプションの表示
VQFN (RSM) 32 オプションの表示

購入と品質

含まれる情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating/ リフローピーク温度
  • MTBF/FIT の推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

おすすめの製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価モジュール、またはリファレンス・デザインが含まれている場合があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

ビデオ