トップ

製品の詳細

パラメータ

Protocols Bluetooth 5.1 Features LE 1M PHY, LE 2M PHY, LE Coded PHY (long range), BLE Mesh, Direction finding/AoA Flash (KB) 352 CPU core Arm Cortex-M4F Type Wireless MCU RAM (KB) 80 GPIO 31 Peripherals 12-bit ADC 8-channel, 2 SPI, 2 UART, 2 comparators, 4 timers, 8-bit DAC, I2C, I2S, Sensor controller Security Cryptographic acceleration, Debug security, Device identity, Software IP protection Sensitivity (best) (dBm) -97 Operating temperature range (C) -40 to 105 Rating Automotive open-in-new その他の Bluetooth 製品

パッケージ|ピン|サイズ

VQFNP (RTC) 48 49 mm² 7 x 7 open-in-new その他の Bluetooth 製品

特長

  • Qualified for automotive applicationsg
  • AEC-Q100 qualified with the following results:
    • Device temperature grade 2: –40 °C to +105 °C ambient operating temperature range
    • Device HBM ESD Classification Level 2
    • Device CDM ESD Classification Level C3
  • Microcontroller
    • Powerful 48-MHz Arm Cortex-M4F processor
    • EEMBC CoreMark score: 148
    • Clock speed up to 48 MHz
    • 352KB of in-system Programmable Flash
    • 256KB of ROM for protocols and library functions
    • 8KB of cache SRAM
    • 80KB of ultra-low leakage SRAM. The SRAM is protected by parity to ensure high reliability of operation.
    • 2-pin cJTAG and JTAG debugging
    • Supports Over-the-Air upgrade (OTA)
  • RoHS-compliant package
    • 7-mm x 7-mm VQFN48 with wettable flanks
  • Radio section
    • 2.4 GHz RF transceiver compatible with Bluetooth 5.1 low energy and earlier specifications
    • Excellent receiver sensitivity: –105 dBm for Bluetooth 125-kbps (LE coded PHY) –97 dBm for 1-Mbps PHY
    • Output power up to +5 dBm with temperature compensation
    • Suitable for systems targeting compliance with worldwide radio frequency regulations:
      • EN 300 328 (Europe)
      • EN 300 440 Category 2 (Europe)
      • FCC CFR47 Part 15 (US)
      • ARIB STD-T66 (Japan)
  • Low power
    • Wide supply voltage range: 1.8 V to 3.63 V
    • Active mode RX: 6.9 mA
    • Active mode TX 0 dBm: 7.3 mA
    • Active mode TX 5 dBm: 9.6 mA
    • Active mode MCU 48 MHz (CoreMark): 3.4 mA (71 µA/MHz)
    • Sensor controller, low-power mode, 2 MHz, running infinite loop: 31.9 µA
    • Sensor controller, active mode, 24 MHz, running infinite loop: 808.5 µA
    • Standby: 0.94 µA (RTC on, 80KB RAM and CPU retention)
    • Shutdown: 150 nA (wakeup on external events)
  • Peripherals
    • 31 GPIOs, digital peripherals can be routed to any GPIO
    • 4 × 32-bit or 8 × 16-bit general-purpose timers
    • 12-bit ADC, 200 kSamples/s, 8 channels
    • 2× comparators with internal reference DAC (1× continuous time, 1× ultra-low power)
    • Programmable current source
    • 2× UART
    • 2× SSI (SPI, MICROWIRE, TI)
    • I2C
    • I2S
    • Real-time clock (RTC)
    • AES 128-bit and 256-bit crypto accelerator
    • ECC and RSA public key hardware accelerator
    • SHA2 accelerator (full suite up to SHA-512)
    • True random number generator (TRNG)
    • Capacitive sensing, up to 8 channels
    • Integrated temperature and battery monitor
  • External system
    • On-chip buck DC/DC converter
  • Ultra-low power sensor controller with 4KB of SRAM
    • Operation independent from system CPU
    • Sample, store, and process sensor data
    • Fast wake-up for low-power operation
  • TI-RTOS, drivers, bootloader, Bluetooth 5.1 Low Energy controller in ROM for optimized application size
  • Development Tools and Software

All trademarks are the property of their respective owners.

open-in-new その他の Bluetooth 製品

概要

The SimpleLink™ CC2642R-Q1 device is an AEC-Q100 compliant wireless microcontroller (MCU) targeting Bluetooth 5 Low Energy automotive applications. The device is optimized for low-power wireless communication in applications such as car access including passive entry passive start (PEPS) and remote keyless entry (RKE), battery management systems (BMS), car sharing, piloted parking, cable replacement, and smartphone connectivity. The highlighted features of this device include:

  • Support for Bluetooth ® 5.1 features: LE Coded PHYs (Long Range), LE 2-Mbit PHY (High Speed), Advertising Extensions, Multiple Advertisement Sets, CSA#2, as well as backwards compatibility and support for key features from the Bluetooth ® 5 and earlier Low Energy specifications.
  • Fully-qualified Bluetooth ® 5.1 software protocol stack included with the SimpleLink™ CC13x2 and CC26x2 Software Development Kit (SDK), which enables Angle of Arrival (AoA).
  • Longer battery life wireless applications with low standby current of 0.94 µA with full RAM retention.
  • AEC-Q100 qualified at the Grade 2 temperature range (–40 °C to +105 °C) and is offered in a 7-mm x 7-mm VQFN package with wettable flanks.
  • Dedicated software controlled radio controller (Arm® Cortex®-M0) providing flexible low-power RF transceiver capability to support multiple physical layers and RF standards, such as real-time localization (RTLS) technologies.
  • Excellent radio sensitivity and robustness (selectivity and blocking) performance for Bluetooth ® Low Energy (-105 dBm for 125-kbps LE Coded PHY).

The CC2642R-Q1 device is part of the SimpleLink™ MCU platform, which consists of Wi-Fi, Bluetooth Low Energy, Thread, Zigbee®, Sub-1 GHz MCUs, and host MCUs that all share a common, easy-to-use development environment with a single core software development kit (SDK) and rich tool set. A one-time integration of the SimpleLink™ platform enables you to add any combination of the portfolio’s devices into your design, allowing 100 percent code reuse when your design requirements change. For more information, visit SimpleLink™ MCU platform.

open-in-new その他の Bluetooth 製品
ダウンロード

技術資料

= TI が選択したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。 すべて表示 33
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート CC2642R-Q1 SimpleLink™ Bluetooth® 5.1 Low Energy Wireless MCU データシート 2020年 10月 26日
* エラッタ CC2642R-Q1 SimpleLink™ Wireless MCU Device Revision E Silicon Errata 2020年 1月 30日
* ユーザー・ガイド CC13x2, CC26x2 SimpleLink™ Wireless MCU Technical Reference Manual 2019年 9月 30日
ホワイト・ペーパー Wired vs. Wireless Communications In EV Battery Management 2020年 10月 20日
アプリケーション・ノート How to Certify Your Bluetooth Product 2020年 9月 10日
アプリケーション・ノート Bluetooth Low Energy – Invalid Connection Request (SweynTooth) 2020年 7月 17日
アプリケーション・ノート CC13xx/CC26xx Hardware Configuration and PCB Design Considerations 2020年 6月 19日
アプリケーション・ノート Hardware Migration From CC26x0 to CC26x2R 2020年 6月 19日
アプリケーション・ノート Variable Time Tag Comparison on SimpleLink™ Devices 2020年 6月 5日
アプリケーション・ノート Crystal Oscillator and Crystal Selection for the CC26xx and CC13xx Wireless MCUs 2020年 5月 29日
アプリケーション・ノート Bluetooth Low Energy, Basic Rate/Enhanced Data Rate – Method Confusion Pairing V 2020年 5月 18日
技術記事 Exploring connectivity trends for Bluetooth® Low Energy in the car 2020年 2月 18日
アプリケーション・ノート Cryptographic Performance and Energy Efficiency on SimpleLink CC13x2/CC26x2 MCUs 2020年 1月 28日
アプリケーション・ノート CC2538/CC26x0/CC26x2 Serial Bootloader Interface 2020年 1月 27日
アプリケーション・ノート Getting Started With the CC13xx and CC26xx Sensor Controller 2020年 1月 27日
ホワイト・ペーパー Simple and efficient software development with the SimpleLink™ MCU platform 2019年 12月 6日
アプリケーション・ノート Running Bluetooth® Low Energy on CC2640 Without 32 kHz Crystal 2019年 9月 23日
技術記事 Bluetooth® Low Energy shifts gears for car access 2019年 7月 15日
アプリケーション・ノート Bluetooth® Low Energy tree structure network 2019年 5月 29日
アプリケーション・ノート Bluetooth® Angle of Arrival (AoA) Antenna Design 2019年 5月 6日
アプリケーション・ノート Secure boot in SimpleLink™ CC13x2/CC26x2 wireless MCUs 2019年 4月 15日
技術記事 Top 3 design challenges that the new generation of SimpleLink™ Wi-Fi® devices will help you overcome 2019年 2月 21日
アプリケーション・ノート Measuring Bluetooth Low Energy Power Consumption 2019年 1月 10日
アプリケーション・ノート RF PCB Simulation Cookbook 2019年 1月 9日
ホワイト・ペーパー Migrating your proprietary solution to the SimpleLink™ WMCU 2018年 11月 7日
技術記事 Exploring the impact of IoT on innovation 2018年 7月 17日
アプリケーション・ノート Software SAR ADC using the CC2642R1 sensor controller 2018年 3月 2日
アプリケーション・ノート Meet the SimpleLink™ Sensor Controller 2018年 2月 27日
ホワイト・ペーパー Bluetooth® low energy and the automotive transformation 2017年 9月 25日
ホワイト・ペーパー Sensor-to-cloud applications impel a change in the ultra-low-power microcontroll 2017年 7月 19日
ホワイト・ペーパー RTOS Power Management Emerges as a Key for MCU-based IoT Nodes 2017年 5月 11日
アプリケーション・ノート Sensor sequencing using the CC2642R1 sensor controller 2017年 3月 5日
ユーザー・ガイド TI-RTOS 2.16 for CC13xx/CC26xx SimpleLink Getting Started Guide 2016年 6月 17日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ハードウェア開発

評価ボード ダウンロード
149.99
概要

開発を開始するには、dev.ti.com/BOOSTXL-AOA にアクセスしてください

BOOSTXL-AOA デモ・ボードは、到来角 (Angle-of-Arrival、AoA) アプリケーションを評価する目的で、CC26X2R LaunchPad と組み合わせて使用することを意図したブースタパックです。BOOSTXL-AOA は、複数のダイポール・アンテナを使用するセットアップを採用しています。信号の発生場所に関する情報を抽出する目的で、これらのアンテナを活用しています。アンテナの切り替えから、受信信号の到来角を計算する洗練されたアルゴリズムまで、TI が開発した複数のソフトウェア手法を組み合わせる形で、この機能を実現します。

特長
  • LaunchPad エコシステムを活用できる 40 ピン BoosterPack 規格
  • LaunchPad から RF パスを拡張するための JSC コネクタ
  • 6 本の PCB 統合ベースのダイポール・アンテナ
  • 3 個のアンテナ・スイッチ
  • 2 個の LED (緑 / 赤)
評価ボード ダウンロード
39.99
概要

dev.ti.com/BOOSTXL-ULPSENSE から開発を開始できます。

ULP  Sense BoosterPack は CC13x2/CC26x2 RF SoC に搭載されているセンサ・コントローラの超低消費電力(ULP)機能のデモを容易にするキットです。

このキットにより大きなメリットを得られるアプリケーションとして、(リードスイッチまたは誘導性原理のいずれかをベースとする)機械式流量計での測定、静電容量性タッチ・ボタン、(落下検出などを目的とする)加速度計の超低消費電力処理が挙げられます。

このボードにはアナログ光センサと、ADC テストに役立つポテンショメータが付属しています。ULP Sense Studio に収録されているサンプル・ソフトウェアの多くが、ハードウェア・プラットフォームとして ULP  Sense BoosterPack を使用します。

特長
  • LaunchPad エコシステムを活用する 40 ピン BoosterPack 規格
  • 誘導性流量計の測定:LC 回路とロジック・ゲート
  • 超低消費電力の加速度計
  • 2 個の静電容量性タッチ・ボタン
  • アナログ光センサ
  • リードスイッチ
  • ポテンショメータ(0 ~ 200kΩ の範囲)
評価ボード ダウンロード
39.99
概要

この LaunchPad を活用した開発方法:
ステップ 1:CC26X2R1 LaunchPad を購入
ステップ 2:CC26X2 SDK をダウンロード
ステップ 3:Out-of-Box experience(すぐに利用可能な開発プロジェクト)を完了しSimpleLink Academy のトレーニングを受講

重要な注意事項:

このキットはSimpleLink Bluetooth® Low Energy CC2642R ワイヤレス・マイコンSimpleLink マルチスタンダード CC2652R ワイヤレス・マイコンの評価をサポートしています。

CC26x2R デバイスは SimpleLink™ マイコン(MCU)プラットフォームの製品で、Wi-Fi®、Bluetooth® Low Energy、Sub-1GHz、Thread、Zigbee、802.15.4、ホスト・マイコンで構成されています。いずれの通信プロトコルを実装する場合でも、シングル・コア SDK(ソフトウェア開発キット)と豊富なツール・セットが付属した使いやすい共通開発環境を利用できます。SimpleLink プラットフォームは一度で統合を実現でき 、製品ラインアップのいずれのデバイスの組み合わせでも設計に追加できることから、設計要件変更の際もコードの 100% 再利用が可能です。詳細については (...)

特長
  • BoosterPack コネクタによりすべての I/O 信号にアクセス
  • LaunchPad ファームウェアを SimpleLink スターター・アプリから OTA でアップグレード
  • 使用可能な BoosterPack による機能拡張が可能
評価ボード ダウンロード
概要

TI の新しい LaunchPad™ SensorTag (...)

特長
  • 2.4GHz と Sub-1GHz のマルチバンド動作に適した、FCC、CE、IC の認証済み無線機能を搭載しているので、複数のワイヤレス・スタック (Bluetooth® Low Energy、Sub-1GHz、Thread、Zigbee®、802.15.4) にまたがる同時動作が可能
  • IEEE 802.15.4g、IPv6 対応スマート・オブジェクト (6LoWPAN)、ワイヤレス M-Bus、MIOTY® テクノロジー、および TI 15.4-Stack (Sub-1GHz) テクノロジーを含む各種独自システムをサポート
  • 4 個の低消費電力オンボード・センサを搭載:周辺光 (OPT3001)、温度と湿度 (HDC2080)、ホール・エフェクト (DRV5032)、加速度計
  • 複数の単四電池からの電力供給で動作するほか、1 個のコイン・セル・バッテリ・ホルダーを取り付けて 1 個の CR2032 からの電力供給で動作する、より消費電力の小さいアプリケーション向けのオプションも利用可能
  • TI のブースタパック・エコシステムや他の多くのハードウェア・コンポーネントとの互換性があり、開発中の設計に合わせた機能の拡張が可能
  • iOS と Android の両方で使用できる SimpleLink スタータ・モバイル・アプリがサポート
  • SysConfig を使用した直観的な構成が可能
  • 特に CC1352R マイコン (MCU) と組み合わせた動作を想定して専用設計した複数の受動部品の内蔵 (IPC) を採用し、設計の簡素化を実現して、RF 受動部品点数を 23 個から 3 個に削減
デバッグ・プローブ ダウンロード
149
概要

TI の XDS110 ETHDR(EnergyTrace™ High Dynamic Range、広いダイナミック・レンジ)は、XDS110 デバッグ・プローブ(エミュレータ)のアクセサリで、EnergyTrace 機能のダイナミック・レンジを拡大します。この結果、どの Simplelink (...)

特長

TI の XDS110 ETHDR(EnergyTrace™ High Dynamic Range、広いダイナミック・レンジ)は、XDS110 デバッグ・プローブ(エミュレータ)の第 1 のアクセサリです。EnergyTrace (...)

デバッグ・プローブ ダウンロード
99
概要

The Texas Instruments XDS110 is a new class of debug probe (emulator) for TI embedded processors. The XDS110 replaces the XDS100 family while supporting a wider variety of standards (IEEE1149.1, IEEE1149.7, SWD) in a single pod. Also, all XDS debug probes support Core and System Trace in all ARM and (...)

特長

The XDS110 is the latest entry level debug probe (emulators) for TI embedded processors. Designed to be a complete solution that delivers JTAG and SWD connectivity at a low cost, the XDS110 is the debug probe of choice for entry-level debugging of TI microcontrollers, processors and SimpleLink (...)

デバッグ・プローブ ダウンロード
295
概要

Spectrum Digital XDS200 は、TI のプロセッサを対象とする最新の XDS200 デバッグ・プローブ(エミュレータ)ファミリの最初のモデルです。XDS200 ファミリは、超低コストの XDS100 と高性能の XDS560v2 の間で、低コストと高性能の最適バランスを実現します。また、すべての XDS デバッグ・プローブは、ETB(Embedded Trace Buffer、組込みトレース・バッファ)を搭載したすべての ARM と DSP プロセッサに対し、コア・トレースとシステム・トレースをサポートしています。

Spectrum Digital XDS200 は、TI 20 ピン・コネクタ(TI 14 ピン、ARM 10 ピン、ARM 20 ピンを接続するための複数のアダプタ付属)とホスト側の USB 2.0 (...)

特長

XDS200 は、TI のプロセッサを対象とする最新の JTAG デバッグ・プローブ(エミュレータ)ファミリです。高い性能と一般的な機能を搭載した低コスト XDS100 と高性能 XDS560v2 の中間に位置する XDS200 は、TI のマイコン、プロセッサ、ワイヤレス・デバイスのデバッグのためのバランス重視のソリューションを提供します。

XDS200 は、販売開始から長い年月が経過している「XDS510」JTAG デバッガ・ファミリに比べ、データ・スループットが高いほか、ARM シリアル・ワイヤ・デバッグ・モードのサポート機能も追加しており、コスト低減を可能にします。

TI では開発ボードのスペース低減を推進しており、すべての XDS200 派生製品は、ターゲット接続用のプライマリ JTAG コネクティビティとして標準的な TI 20 ピン・コネクタを実装しています。この製品に加えて、すべての派生製品は、TI と ARM の標準的な JTAG ヘッダーに接続するためにモジュラー形式のターゲット構成アダプタも採用しています(付属するアダプタは、モデルによって異なります)。

XDS200 は、従来型の IEEE1149.1(JTAG)、IEEE1149.7(cJTAG)、ARM のシリアル・ワイヤ・デバッグ(SWD)とシリアル・ワイヤ出力(SWO)をサポートしており、+1.5V ~ 4.1V のインターフェイス・レベルで動作します。

IEEE1149.7 つまり Compact JTAG(cJTAG)は、従来型の JTAG を大幅に改良しており、2 本のピンだけで従来型のすべての機能をサポートします。また、TI のワイヤレス・コネクティビティ・マイコンでの利用も可能です。

シリアル・ワイヤ・デバッグ(SWD)とは、同じく 2 本のピンを使用して、JTAG より高速なクロック・レートでデータを転送するデバッグ・モードです。シリアル・ワイヤ出力(SWO)を使用する場合は、もう 1 本のピンを追加して、Cortex M4 マイコンで簡潔なトレース動作を実行することができます。

すべての XDS200 モデルは、ホストへの接続のために、USB2.0 ハイスピード(480Mbps)をサポートしており、一部のモデルではイーサネット 10/100Mbps もサポートしています。また、一部のモデルではターゲット・ボードでの消費電力監視をサポートしています。

XDS200 ファミリには、TI の (...)

ソフトウェア開発

ソフトウェア開発キット (SDK) ダウンロード
SimpleLink™ CC13x2 / CC26x2 ソフトウェア開発キット(SDK)
SIMPLELINK-CC13X2-26X2-SDK この LaunchPad を使用した開発の手順:
ステップ 1:LaunchPad を購入
ステップ 2:CC32xx SDK をダウンロード
ステップ 3:SimpleLink Academy を活用して開発を開始

SimpleLink CC13x2 / CC26x2 ソフトウェア開発キット(SDK)は SimpleLink CC13x2 / CC26x2 ワイヤレス・マイコン上で Bluetooth® Low Energy、ZigBee®、Thread のほか、802.15.4 ベースの独自仕様マルチプロトコル・ソリューションをサポートする Sub-1GHz / 2.4GHz アプリケーションを開発するための包括的なソフトウェア・パッケージを提供します。

TI 15.4 Stack

TI 15.4-Stack は Sub-1GHz 帯向け IEEE 802.15.4 (...)

IDE (統合開発環境)、構成機能、またはデバッガ ダウンロード
Arm® コード生成ツール:コンパイラ
ARM-CGT TI の Arm® C/C++ コンパイラとアセンブリ言語ツールは、TI の Arm ベース・プラットフォーム向けアプリケーション・プログラムの開発をサポートしています。特に、TI の Arm Cortex-M と Cortex-R シリーズのデバイスをサポートするプログラム向けです。TI の Arm® C/C++ コンパイラとアセンブリ言語ツールは、SimpleLink と Hercules の各プラットフォームのすべての製品、および Sitara Arm Cortex A-シリーズのデバイスなど TI の他の Arm ベース・プロセッサをサポートしています。

現在、TI の Arm® C/C++ コンパイラ・ツールチェーンは 2 組存在しており、それらは両方とも C/C++ とアセンブリの各ソース・ファイルのコンパイルとリンクを実施して静的な実行可能アプリケーション・プログラムをビルドすることができます。そのプログラムは、Arm® Cortex-M と Cortex-R 各シリーズの以下のデバイスへのロードと実行が可能です。

  • TI の新しい Arm® Clang コンパイラ・ツール (「Order Now」 (ご注文) の表に掲載されている「ARM-CGT-CLANG-1, v1.1.0+STS」) は、オープンソースの clang コンパイラから派生したもので、その LLVM インフラをサポートしています。今後、すべての新機能開発は、TI の Arm® Clang コンパイラ・ツールで実施する予定です。
  • TI の従来の Arm® C/C (...)
特長
  • TI の Arm® Clang コンパイラ・ツール、リリース 1.1.0+STS の特長:
    • TI の従来のコンパイラと比較して、コンパイラが生成するコードのサイズを改善
    • GCC 互換のコンパイラ・コマンドライン・インターフェイス
    • ブランチ・カバレッジ (分岐の網羅率) を含めたソース・ベースのコード・カバレッジ機能
      • 可視化を支援するために、tiarmprofdata (TI の Arm プロファイル・データ) と tiarmcov (TI の Arm のカバレッジ) の各ユーティリティが付属
    • Arm C Language Extensions (ACLE、言語拡張機能) をサポート
    • TI の従来のコンパイラを使用してビルドした各種プロジェクトを、TI の新しい Clang コンパイラを使用できるように移植するための移行支援機能

  • TI の従来の Arm® C/C++ コンパイラ・ツール、リリース 20.2.0.LTS の特長:
    • C++ 2014 サポートと C++ ABI 互換性
    • Arm C Language Extensions (ACLE、言語拡張機能) をサポート
    • LLVM ベースのオブジェクト・ファイル・ユーティリティ:objcopy、objdump、readelf、size
    • v4、v5e、v6、v7a8 を含め、Arm プロセッサの他の派生版に対するサポートを継続

TI コンパイラのサポート

      TI E2E™ コミュニティでは TI (...)
IDE (統合開発環境)、構成機能、またはデバッガ ダウンロード
ワイヤレス・コネクティビティ Code Composer Studio(CCStudio)統合開発環境(IDE)
CCSTUDIO-WCS

Download the latest version of Code Composer Studio

Code Composer Studio™ - Integrated Development Environment for SimpleLink™ Wireless Connectivity Solutions

Code Composer Studio is an integrated development environment (IDE) that supports TI's Microcontroller and Embedded Processors portfolio. Code Composer Studio comprises a suite of tools used to (...)

IDE (統合開発環境)、構成機能、またはデバッガ ダウンロード
センサ・コントローラ・スタジオ(未定)
SENSOR-CONTROLLER-STUDIO Sensor Controller Studio is used to write, test and debug code for the CC26xx/CC13xx Sensor Controller, allowing for ultra-low power application design.

The tool generates a Sensor Controller Interface driver, which is a set of C source files to be compiled into the System CPU (ARM Cortex-M3/M4 (...)

特長
  • Contains ready to use examples for several common use-cases
  • Full toolchain with built-in compiler and assembler for programming in a C-like programming language
  • Provides rapid development by using the integrated sensor controller task testing and debugging functionality including visualization of (...)
プラグイン ダウンロード
HomeKit 向け、SimpleLink™ ソフトウェア開発キット(SDK)プラグイン
SIMPLELINK-SDK-PLUGIN-FOR-HOMEKIT ユーザーズ・ガイド (英語)、統合ガイド (英語)、ドライバを完備したこの SimpleLink™ SDK プラグインのセットを使用することで、 MFi ライセンシーは、SimpleLink Wi-Fi® CC32XX SDK または SimpleLink CC13x2-CC26x2 SDK および個別のデバイスを Apple MFi 認証と組み合わせて活用しながら、Apple HomeKit アプリケーションを開発できます。
特長

HomeKit アプリケーション向け SimpleLink SDK プラグインは Wi-Fi (IP) と Bluetooth™ Low Energy の両プロトコルにわたり整合性のある API を提供し、以下のサービスをサポートします。

  • HomeKit アクセサリ・プロトコル (HAP)
  • セキュリティ・サービス:暗号化、署名、鍵管理
  • ソフトウェアまたはハードウェア MFi 認証
  • 資料
  • サンプル・アクセサリ

Wi-Fi(IP)アクセサリ特有の機能:

  • HTTP/1.1 サーバー
  • JSON 解析と生成
  • WAC2(Wireless Accessory Configuration)プロトコル
  • Bonjour(mDNS)サービス

Bluetooth Low Energy アクセサリ特有の機能:

  • HAP-BLE over GATT
  • Bluetooth (...)
ソフトウェア・プログラミング・ツール ダウンロード
SmartRF フラッシュ・プログラマ
FLASH-PROGRAMMER SmartRF Flash Programmer 2 can be used to program the flash memory in Texas Instruments ARM based low-power RF wireless MCUs over the debug and serial interfaces.

SmartRF Flash Programmer can be used to program the flash memory in Texas Instruments 8051-based low-power RF wireless MCUs and for (...)

特長
  • Programming of SW images on low-power RF wireless MCUs
  • Programming/updating firmware and bootloader on the Evaluation Boards' USB MCU
  • Append software image to existing software on device
  • Read out software image from device into binary, hex or ELF files (elf and bin for ARM-devices only)
  • Verify software (...)
ソフトウェア・プログラミング・ツール ダウンロード
UniFlash stand-alone flash tool for microcontrollers, Sitara™ processors and SimpleLink™ family
UNIFLASH サポート対象のデバイス: CC13xx、CC25xx、CC26xx、CC3x20、CC3x30、CC3x35、Tiva、C2000、MSP43x、Hercules、PGA9xx、IWR12xx、IWR14xx、IWR16xx、IWR18xx、IWR68xx、AWR12xx、AWR14xx、AWR16xx、AWR18xx。  コマンドライン専用:AM335x、AM437x、AM571x、AM572x、AM574x、M65XX、K2G

CCS Uniflash は、TI マイコン (MCU) 上のオンチップ・フラッシュ・メモリや、Sitara プロセッサのオンボード・フラッシュ・メモリをプログラムする (書き込む) 目的で使用する、スタンドアロンのツールです。Uniflash には、GUI、コマンド・ライン、スクリプト・インターフェイスがあります。CCS Uniflash は無料で利用できます。

設計ツールとシミュレーション

計算ツール ダウンロード
Third party wireless module search tool
3P-WIRELESS-MODULES Engineers looking to incorporate wireless connectivity technology into their IoT design can use the third party wireless module search tool to identify products that meet their end equipment specifications, procure production ready wireless modules, and help accelerate their development and time to (...)
特長
  • Based on our TI wireless technology supporting Wi-Fi®, Bluetooth®, Zigbee®, Sub-1 GHz, Sigfox, 2.4 GHz ,multi-band connectivity and more
  • Integrates clocks, SPI flash and passive components
  • Years of successful collaboration
  • Includes hardware customization, software integration and cloud services
  • Links to (...)
計算ツール ダウンロード
Bluetooth Power Calculator Tool
BT-POWER-CALC — このツールを使用して、TI の Bluetooth デバイスを使用するさまざまな使用事例に対応する Bluetooth Low Energy 消費電力推定値を計算することができます。このカリキュレータは、アドバタイズ (サービス利用可能の通知) とペリフェラル (BLE の役割の 1 つ) 両方の使用事例に対応しており、さまざまな使用事例プロファイル・パラメータを構成することができます。予期されるバッテリ寿命の概算を出力します。
特長
  • バッテリ寿命概算機能
  • 使用事例プロファイルを構成可能
計算ツール ダウンロード
TI RF 距離推定ツール
RF-RANGE-ESTIMATOR — このツールにより、TI のワイヤレス・デバイスを使用した屋内外の RF リンク向けの実用的な距離概算機能を実現できます。屋外距離の場合、見通し距離(Line-of-Sight:LOS)をベースとして概算します。屋内距離の場合、Tx(送信)ユニットと Rx(受信)ユニット間に存在する建設資材を選択することができます。Tx ユニットと Rx ユニットの間に存在する建設資材の減衰が大きいほど、距離は短くなります。
特長
  • Sub-1GHz デバイスと 2.4GHz デバイス向けの距離概算スプレッドシート
  • 距離デバッグ・チェックリスト
計算ツール ダウンロード
SmartRF スタジオ
SMARTRFTM-STUDIO SmartRF™ Studio は TI のローパワー RF 製品の評価や構成に使用できる Windows アプリケーションです。RF システム設計プロセスの初期段階での無線の容易な評価を可能にします。特に、構成レジスタの値やコマンドの生成、RF (...)
特長
  • リンク・テスト:ノード間でパケットを送受信します。
  • アンテナ / 放射線試験:連続波の TX と RX 状態で無線を設定します。
  • 全製品に対するレジスタの推奨 / 代表値。
  • 個別の RF レジスタの読み取りと書き込みを行います。
  • 無線制御のために個別のコマンドを実行します。
  • 各レジスタまたはコマンドのビット・フィールドに関する詳細情報。
  • ファイルからデバイス構成データの保存と読み込みを行います。
  • レジスタの設定値とコマンド引数を、ユーザー定義可能なフォーマットにエクスポートします。
  • 無線構成コードをエクスポートします(CC13xx、CC26xx)。
  • カスタム GPIO 構成を可能にします(CC13xx、CC26xx)。
  • デバッグ・プローブまたは評価ボードを通じて、USB 経由で複数の評価ボードと通信します。
  • 単一のコンピュータで最大 32 の評価ボードをサポートします。

互換性に関する問題

SmartRF Studio 6 は、Microsoft® Windows 98、Windows 2000、Windows XP (32 ビット)、Windows Vista (32 ビット)、Windows 7 (32 ビット) の各環境で動作します。

SmartRF Studio 7 は、32 ビット版と 64 ビット版の Microsoft® Windows 7、8、10 で動作します。

インストール手順:
  • 該当 ZIP ファイルをハード・ディスクにダウンロードします。
  • そのファイルを解凍します。
  • readme.txt ファイルを読み、このリリースに関する情報を参照します。
  • 手順に従ってセットアップ・ファイルを実行します。
ガーバー・ファイル ダウンロード
SWRC346A.ZIP (7301 KB)
ガーバー・ファイル ダウンロード
SWRC359.ZIP (1235 KB)
ガーバー・ファイル ダウンロード
SWRC366.ZIP (1176 KB)

リファレンス・デザイン

リファレンス・デザイン ダウンロード
Car access Bluetooth® low energy + CAN satellite module reference design
TIDA-020032 — この衛星モジュール・リファレンス・デザインは、Bluetooth® Low Energy のパッシブ・エントリ / パッシブ・スタート (PEPS) と PaaK (電話をキーとして使用) / デジタル・カー・アクセス・システム向けです。車内のネットワークや通信でより高い帯域幅を必要とするシステム向けに、TI の Bluetooth ワイヤレス・マイコン (MCU) を使用して CAN-FD (control area network flexible data rate) の通信機能を実装する方法を提示します。他の利点として、スリープ状態での消費電力の低減、TI の CAN 自動アドレッシング方式の活用による製造の改良、Bluetooth の位置識別精度を向上させるための接続監視機能、Bluetooth の到来角 (AoA) と 受信信号強度インデックス (RSSI) を測定することができる高精度でコンパクトなプリント基板 (PCB) を挙げることができます。
document-generic 回路

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
VQFN (RTC) 48 オプションの表示

購入と品質

おすすめの製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価モジュール、またはリファレンス・デザインが含まれている場合があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示

ビデオ

関連ビデオ