トップ

製品の詳細

パラメータ

Frequency 2402-2480 MHz Standard Wireless BMS Operating temperature range (C) -40 to 105 Rating Automotive TI functional safety category Functional Safety Quality-Managed open-in-new その他の その他のワイヤレス技術

パッケージ|ピン|サイズ

VQFN (RGZ) 48 open-in-new その他の その他のワイヤレス技術

特長

  • Qualified for automotive applications
  • AEC-Q100 qualified with the following results:
    • Device temperature grade 2: –40°C to +105°C ambient operating temperature range
    • Device HBM ESD Classification Level 2
    • Device CDM ESD Classification Level C3
  • Functional Safety Quality-Managed
    • Documentation is planned to be available to aid functional safety system design
  • Microcontroller
    • Powerful 48-MHz Arm Cortex-M4F processor
    • EEMBC CoreMark score: 148
    • Clock speed up to 48 MHz
    • 352KB of in-system Programmable Flash
    • 256KB of ROM for protocols and library functions
    • 8KB of cache SRAM
    • 80KB of ultra-low leakage SRAM. The SRAM is protected by parity to ensure high reliability of operation.
    • 2-pin cJTAG and JTAG debugging
    • Supports Over-the-Air upgrade (OTA)
  • RoHS-compliant package
    • 7-mm x 7-mm VQFN48 with wettable flanks
  • Radio section
    • 2.4 GHz RF transceiver compatible with TI wireless BMS protocol
    • Output power up to +5 dBm with temperature compensation
    • Suitable for systems targeting compliance with worldwide radio frequency regulations:
      • EN 300 328 (Europe)
      • EN 300 440 Category 2 (Europe)
      • FCC CFR47 Part 15 (US)
      • ARIB STD-T66 (Japan)
  • Low power
    • Wide supply voltage range: 1.8 V to 3.63 V
    • Active mode RX: 6.9 mA
    • Active mode TX 0 dBm: 7.3 mA
    • Active mode TX 5 dBm: 9.6 mA
    • Active mode MCU 48 MHz (CoreMark): 3.4 mA (71 µA/MHz)
    • Sensor controller, low-power mode, 2 MHz, running infinite loop: 31.9 µA
    • Sensor controller, active mode, 24 MHz, running infinite loop: 808.5 µA
    • Standby: 0.94 µA (RTC on, 80KB RAM and CPU retention)
    • Shutdown: 150 nA (wakeup on external events)
  • Peripherals
    • 31 GPIOs, digital peripherals can be routed to any GPIO
    • 4 × 32-bit or 8 × 16-bit general-purpose timers
    • 12-bit ADC, 200 kSamples/s, 8 channels
    • 2× comparators with internal reference DAC (1× continuous time, 1× ultra-low power)
    • Programmable current source
    • 2× UART
    • 2× SSI (SPI, MICROWIRE, TI)
    • I2C
    • I2S
    • Real-time clock (RTC)
    • AES 128-bit and 256-bit crypto accelerator
    • ECC and RSA public key hardware accelerator
    • SHA2 accelerator (full suite up to SHA-512)
    • True random number generator (TRNG)
    • Capacitive sensing, up to 8 channels
    • Integrated temperature and battery monitor
  • External system
    • On-chip buck DC/DC converter
  • Ultra-low power sensor controller with 4KB of SRAM
    • Operation independent from system CPU
    • Sample, store, and process sensor data
    • Fast wake-up for low-power operation
  • TI-RTOS in ROM
  • Development Tools and Software

All trademarks are the property of their respective owners.

open-in-new その他の その他のワイヤレス技術

概要

The SimpleLink™ 2.4 GHz CC2662R-Q1 device is an AEC-Q100 compliant wireless microcontroller (MCU) targeting wireless automotive applications. The device is optimized for low-power wireless communication in applications such as battery management systems (BMS) and cable replacement. The highlighted features of this device include:

  • Support for TI wireless BMS protocol for robust, low latency and high throughput communication.
  • Functional Safety Quality-Managed classification including TI quality-managed development process and forthcoming functional safety FIT rate calculation, FMEDA and functional safety documentation.
  • AEC-Q100 qualified at the Grade 2 temperature range (–40 °C to +105 °C) and is offered in a 7-mm x 7-mm VQFN package with wettable flanks.
  • Low standby current of 0.94 µA with full RAM retention.
  • Excellent radio link budget of 97 dBm.

The CC2662R-Q1 device is part of the SimpleLink™ MCU platform, which consists of Wi-Fi, Bluetooth Low Energy, Thread, Zigbee®, Sub-1 GHz MCUs, and host MCUs that all share a common, easy-to-use development environment and rich tool set. For more information, visit SimpleLink™ MCU platform.

open-in-new その他の その他のワイヤレス技術
ダウンロード
情報

詳細リクエスト

TI のバッテリ管理システム (BMS) に関する TÜV SÜD Functional Safety Concept Assessment (TÜV SÜD の機能安全コンセプトの評価) が入手できます。 ご請求

おすすめの類似製品
機能およびピン配置は同じだが、同等ではない比較製品
CC2642R-Q1 アクティブ Automotive qualified SimpleLink™ Bluetooth® Low Energy wireless MCU 本装置は、ワイヤレス BMS およびケーブル置き換えアプリケーション向けに最適化されています

技術資料

= TI が選択したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。 すべて表示 9
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート CC2662R-Q1 SimpleLink™ Wireless BMS MCU データシート 2020年 12月 11日
* エラッタ CC2662R-Q1 SimpleLink™ Bluetooth® 5 Low Energy Wireless MCU 2020年 12月 11日
* ユーザー・ガイド CC13x2, CC26x2 SimpleLink™ Wireless MCU Technical Reference Manual 2019年 9月 30日
技術記事 Improve wireless battery management with the industry’s best network availability 2021年 1月 7日
その他の技術資料 CC2662RQ1-EVM-WBMS EU RoHS Declaration of Conformity (DoC) 2020年 12月 14日
ユーザー・ガイド Implementing Functional Safety in a Wireless Battery Management System 2020年 1月 6日
技術記事 Bluetooth® Low Energy shifts gears for car access 2019年 7月 15日
技術記事 Top 3 design challenges that the new generation of SimpleLink™ Wi-Fi® devices will help you overcome 2019年 2月 21日
技術記事 Exploring the impact of IoT on innovation 2018年 7月 17日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ハードウェア開発

開発キット ダウンロード
999
概要

このワイヤレス・バッテリ管理システム (BMS) 開発キット (9 枚のボードで構成された 1 セット) を使用すると、ワイヤレス BMS アプリケーション向けに、SimpleLink™ 2.4GHz CC2662R-Q1 ワイヤレス・マイコン (MCU) と、BQ79616-Q1 (...)

特長
  • CC2662R-Q1 ワイヤレス・マイコン (MCU) と BQ79616-Q1 車載高精度バッテリ・モニタをオンボードで評価可能
  • 各開発キットは 9 枚のボードで構成されており、うち 1 枚は事前プログラム済みのバッテリ制御ユニット、8 枚は事前プログラム済みのセル・センサ・ユニット
  • ワイヤレス BMS EVM は、バッテリ制御ユニット (1 次側ノード) またはセル・センサ・ユニット (2 次側ノード) のどちらかに構成可能
  • ワイヤレス BMS EVM のプログラム (書き込み) とデバッグを実施する目的で、スタンドアロンの XDS110 デバッグ・プローブをサポート
  • バッテリ・モジュール上での高精度セル電圧測定を目的として、電源ヘッダーを実装
  • I2C、SPI、UART、GPIO に対応するために、複数のインターフェイス・ヘッダーを実装
  • 高信頼性、高スループット、低レイテンシの 2.4GHz ワイヤレス・プロトコル

ソフトウェア開発

ソフトウェア開発キット (SDK) ダウンロード
SimpleLink™ wireless battery management system (BMS) software development kit (SDK)
SIMPLELINK-WBMS-SDK SimpleLink™ ワイヤレス・バッテリ管理 (BMS) ソフトウェア開発キット (SDK) は、ワイヤレス BMS とケーブル置き換えのアプリケーション向けの包括的なソフトウェア・パッケージの役割を果たすほか、SimpleLink 2.4GHz CC2662R-Q1 (...)
特長
  • TI の SimpleLink ワイヤレス BMS SDK を採用すると、バッテリ管理システム内で配線とハーネスを置き換える目的で最適化した、スター型ビーコン・ネットワークをベースとするワイヤレス・プロトコルを実現できます。
  • ソフトウェアは、ISO26262 に基づいてブラック・チャネルの原理で動作し、データ整合性メカニズムを実現するので、システム・インテグレータ (SI) がシステム・レベルで ASIL-D を達成しやすくなる
  • 構成可能なワイヤレス BMS のデモと GUI が利用できるので、SimpleLink ワイヤレス BMS 評価キット (CC2662RQ1-EVM-WBMS) を使用する評価の迅速化が可能
  • AES-128 暗号化を使用し、鍵更新機能や鍵管理機能と組み合わせる方法で、通信の安全を確保
  • Code Composer Studio™ 統合開発環境 (IDE) をサポート

設計ツールとシミュレーション

ガーバー・ファイル ダウンロード
SWRC366.ZIP (1176 KB)

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
VQFN (RGZ) 48 オプションの表示

購入と品質

含まれる情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating/ リフローピーク温度
  • MTBF/FIT の推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

おすすめの製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価モジュール、またはリファレンス・デザインが含まれている場合があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示

ビデオ