トップ

製品の詳細

パラメータ

Technology Wi-Fi 2.4 & 5GHz Processor ARM Cortex-M4 RAM (KB) 256 Throughput (Max) (Mbps) 16 Security enabler FIPS 140-2 Level 1 IC Inside, Secure Boot, Device identity, Secure FW and SW update, Secure storage, Software IP protection, Networking Security(WPA3) Package (mm) 20.5 x 25.0 QFM, 1.27 Pitch, 63-pin Operating temperature range (C) -40 to 85 open-in-new その他の Wi-Fi 製品

パッケージ|ピン|サイズ

QFM (MON) 63 open-in-new その他の Wi-Fi 製品

特長

  • Fully integrated and green and RoHS modules include all required clocks, SPI flash, and passives
  • 802.11a/b/g/n: 2.4 GHz and 5 GHz
  • FCC, IC/ISED, ETSI/CE, MIC, and SRRC (1) certified
  • FIPS 140-2 Level 1 validated IC inside
  • Multilayered security features help developers protect identities, data, and software IP
  • Low-power modes for battery-powered applications
  • Coexistence with 2.4-GHz radios
  • Industrial temperature: –40°C to +85°C
  • CC3235MODx multiple-core architecture, system-on-chip (SoC)
  • CC3235MODAx modules include an integrated PCB antenna for easy integration into the host system
  • 1.27-mm pitch QFM package for easy assembly and low-cost PCB design
  • Transferrable Wi-Fi Alliance® certification
  • Application microcontroller subsystem:
    • Arm® Cortex®-M4 core at 80 MHz
    • User-dedicated memory
      • 256KB of RAM
      • Optional 1MB of executable flash
    • Rich set of peripherals and timers
      • McASP supports two I2S channels
      • SD, SPI, I2C, UART
      • 8-bit synchronous imager interface
      • 4-channel 12-bit ADCs
      • 4 general-purpose timers (GPT) with 16-bit PWM mode
      • Watchdog timer
      • Up to 27 GPIO pins
      • Debug interfaces: JTAG, cJTAG, SWD
  • Wi-Fi network processor subsystem:
    • Wi-Fi® core:
      • 802.11 a/b/g/n 2.4 GHz and 5 GHz
      • Modes:
        • Access point (AP)
        • Station (STA)
        • Wi-Fi Direct® (only supported on 2.4 GHz)
      • Security:
        • WEP
        • WPA™/WPA2™ PSK
        • WPA2 Enterprise
        • WPA3™ Personal
    • Internet and application protocols:
      • HTTPs server, mDNS, DNS-SD, DHCP
      • IPv4 and IPv6 TCP/IP stack
      • 16 BSD sockets (fully secured TLS v1.2 and SSL 3.0)
    • Built-in power management subsystem:
      • Configurable low-power profiles (always on, intermittently connected, tag)
      • Advanced low-power modes
      • Integrated DC/DC regulators
  • Multilayered security features:
    • Separate execution environments
    • Networking security
    • Device identity and key
    • Hardware accelerator cryptographic engines (AES, DES, SHA/MD5, CRC)
    • File system security (encryption, authentication, access control)
    • Initial secure programming
    • Software tamper detection
    • Secure boot
    • Certificate signing request (CSR)
    • Unique per device key pair
  • Application throughput
    • UDP: 16 Mbps
    • TCP: 13 Mbps
  • Power-Management Subsystem:
    • Integrated DC/DC converters support a wide range of supply voltage:
      • Single wide-voltage supply, VBAT: 2.3 V to 3.6 V
    • Advanced low-power modes:
      • Shutdown: 1 µA, Hibernate: 5.5 µA
      • Low-power deep sleep (LPDS): 120 µA
      • Idle connected (MCU in LPDS): 710 µA
      • RX traffic (MCU active): 59 mA
      • TX traffic (MCU active): 223 mA
    • Wi-Fi TX power
      • 2.4 GHz: 16 dBm at 1 DSSS
      • 5 GHz: 15.1 dBm at 6 OFDM
    • Wi-Fi RX sensitivity
      • 2.4 GHz: –94.5 dBm at 1 DSSS
      • 5 GHz: –89 dBm at 6 OFDM
  • Additional integrated components
    • 40.0-MHz crystal
    • 32.768-kHz crystal (RTC)
    • 32Mbit SPI serial flash
    • RF filters, diplexer and passive components
  • Footprint-compatible QFM package
    • CC3235MODx: 1.27-mm pitch,
      63-pin, 20.5-mm × 17.5-mm
    • CC3235MODAx: 1.27-mm pitch,
      63-pin, 20.5-mm × 25.0-mm
  • Module supports the SimpleLink Developer’s Ecosystem

(1)Contact TI for more information on using SRRC ID Certification: www.ti.com/tool/SIMPLELINK-CC3XXX-CERTIFICATION

All trademarks are the property of their respective owners.

open-in-new その他の Wi-Fi 製品

概要

Start your design with the fully programmable FCC, IC/ISED, ETSI/CE, MIC, and SRRC certified wireless microcontroller (MCU) module with built-in dual-band Wi-Fi connectivity. The modules integrate the 40-MHz crystal, 32.768-kHz RTC clock, 32Mb SPI serial flash, RF filters, diplexer, and passive components.

The SimpleLink™ CC3235MODx module is available in two variants:

  • CC3235MODS includes 256KB of RAM, IoT networking security, device identity and keys, and MCU-level security features such as file system encryption, user IP (MCU image) encryption, secure boot, and debug security.
  • CC3235MODSF builds on the CC3235MODS and integrates a user-dedicated 1MB of executable flash in addition to the 256KB of RAM.

The SimpleLink™ CC3235MODAx module is available in two variants:

  • CC3235MODAS includes 256KB of RAM, IoT networking security, device identity and keys, and MCU-level security features such as file system encryption, user IP (MCU image) encryption, secure boot, and debug security.
  • CC3235MODASF builds on the CC3235MODAS and integrates a user-dedicated 1MB of executable flash in addition to the 256KB of RAM.

Created for IoT, the SimpleLink™ Wi-Fi® CC3235MODx and CC3235MODAx module family from Texas Instruments is a wireless module that integrates two physically separated on-chip MCUs.

  • Application processor—Arm® Cortex®-M4 MCU with a user-dedicated 256KB of RAM and an optional 1MB of executable flash.
  • Network processor to run all Wi-Fi and Internet logical layers. This ROM-based subsystem completely offloads the host MCU and includes an 802.11 a/b/g/n dual-band 2.4-GHz and 5-GHz radio, baseband, and MAC with a powerful hardware cryptography engine.

This generation introduces new capabilities that further simplify the connectivity of things to the Internet. The main new features include:

  • 802.11a/b/g/n: 2.4-GHz and 5-GHz support
  • 2.4-GHz coexistence with Bluetooth® low energy radio
  • Antenna diversity
  • Enhanced security with FIPS 140-2 Level 1 validated IC inside: certification.
  • More concurrent secure sockets (up to 16)
  • Certificate signing request (CSR)
  • Online certificate status protocol (OCSP)
  • Wi-Fi Alliance® certified for IoT applications with low-power capabilities and more
  • Hostless mode for offloading template packet transmissions
  • Improved fast scan

The CC3235MODx and CC3235MODAx device family is part of the SimpleLink MCU platform—a common, easy-to-use development environment based on a single-core software development kit (SDK) with a rich tool set and reference designs. The E2E™ support forums support Wi-Fi, Bluetooth low energy, Sub-1 GHz, and host MCUs. For more information, visit www.ti.com/simplelink or www.ti.com/simplelinkwifi.

open-in-new その他の Wi-Fi 製品
ダウンロード

技術資料

= TI が選択したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。 すべて表示 22
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート CC3235MODx and CC3235MODAx SimpleLink™ Wi-Fi CERTIFIED™ Dual-Band Wireless MCU Modules データシート 2020年 2月 11日
ユーザー・ガイド CC3x20, CC3x35 SimpleLink™ Wi-Fi® and Internet of Things Network Processor 2020年 7月 9日
アプリケーション・ノート Variable Time Tag Comparison on SimpleLink™ Devices 2020年 6月 5日
アプリケーション・ノート CE Regulations for SRDs Operating in License-Free 2.4GHz/5GHz Bands-WiFi Devices 2020年 4月 15日
ユーザー・ガイド CC3x35 Hardware Design Checklist 2020年 2月 17日
ユーザー・ガイド UniFlash CC3x20, CC3x3 SimpleLink™ Wi-Fi® and IoC™ Solution ImageCreator and Pro 2020年 2月 11日
ユーザー・ガイド CC3235MODSF LaunchPad Development Kit (LAUNCHCC3235MOD) User’s Guide 2020年 2月 11日
アプリケーション・ノート Mod Reliability for CC2564MODx, CC3x00MOD, CC3x20MODx, CC3x2MODAx, and WL18xxMOD 2020年 2月 6日
その他の技術資料 CC3235MODAS Reliability Data – Reliability Estimate 2020年 2月 5日
アプリケーション・ノート Using Serial Flash on CC3135 and CC3235x SimpleLink™ Wi-Fi® and IoT Devices 2020年 2月 3日
アプリケーション・ノート Transfer of TI Wi-Fi® Alliance Certifications to Products Using WFA Cert Policy 2020年 1月 30日
その他の技術資料 CC3235MODASM2MON EC Declaration of Conformity (DoC) 2019年 12月 6日
ホワイト・ペーパー Low-Power Internet Connectivity Over Wi-Fi 2019年 5月 23日
ユーザー・ガイド SimpleLink™ Wi-Fi® CC3x20 and CC3x35 Provisioning for Mobile Applications 2019年 4月 16日
ホワイト・ペーパー A primer to Wi-Fi® provisioning for IoT applications 2019年 1月 31日
アプリケーション・ノート CC3235MOD Production Line Guide 2018年 12月 12日
アプリケーション・ノート CC3120, CC3220 SimpleLink™ Wi-Fi® IoC Networking Subsystem Power Managment 2018年 11月 2日
アプリケーション・ノート CC3x30/CC3x35 SimpleLink™ Wi-Fi® Internet-on-a Chip™ Solution–BLE Coexistence 2018年 4月 9日
アプリケーション・ノート CC3135 and CC3235 Simplelink™ Wi-Fi® Embedded Programming User's Guide 2018年 3月 21日
ユーザー・ガイド SimpleLink™ Wi-Fi® and Internet-on-a-chip™ CC3120 and CC3220 Solution RadioTool 2017年 5月 1日
アプリケーション・ノート CC3x20 SimpleLink™ Wi-Fi® and IoT OTA Update Application Report 2017年 2月 24日
アプリケーション・ノート CC3120, CC3220 SimpleLink™ Wi-Fi® IoC™ Solution Built-In Security Features 2017年 2月 13日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ハードウェア開発

開発キット ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
59
概要

SimpleLink™ Wi-Fi® CC3235MODSF LaunchPad™ 開発キット(モジュール・パッケージ封止デバイス付き)は、CC3235MODS および CC3235MODSF デュアル・バンド・ワイヤレス・マイコン(MCU)用の評価開発プラットフォームです。  (...)

特長
  • CC3235MODSF Wi-Fi デュアル・バンド ワイヤレス・モジュール 
  • 2 個の 20 ピン・スタッカブル・コネクタ(BoosterPack ヘッダ)を使用して TI の LaunchPad や他の BoosterPack に接続
  • U.FL ベースのテスト向けオプションが利用可能なオンボード・チップ・アンテナ
  • シングルチップ・セキュリティ・ソリューション
  • BLE もサポート 
  • 消費電力をより低減する設計向けに、アルカリ電池で動作

ソフトウェア開発

ソフトウェア開発キット (SDK) ダウンロード
SimpleLink™ Wi-Fi® CC32xx ソフトウェア開発キット(SDK)
SIMPLELINK-CC32XX-SDK ステップ 1:LaunchPad を購入
ステップ 2:CC32xx SDK をダウンロード
ステップ 3:SimpleLink Academy で開発を開始

SimpleLink™ Wi-Fi® CC32XX SDK には CC3220 / CC3235 (...)

特長
  • 802.11 a/b/g/n:2.4GHz と 5GHz
  • 2.4GHz Bluetooth® Low Energy との共存
  • WPA3 と FIPS 140-2 Level 1 認証によるセキュリティ強化
  • ネットワーク端末向け拡張機能
    • 国 / 地域コードの設定をサポート
    • 5GHz チャネル・サポート
    • アンテナのダイバーシティ構成をサポート
    • 共存構成をサポート
  • Internet-on-a-chip 向けサンプル・アプリケーション
    • SimpleLink Wi-Fi ソリューションからの E メール
    • インフォメーション・センター:インターネットから時刻と天気情報を取得
    • https サーバー:SimpleLink Wi-Fi ソリューションでセキュア Web ページをホスト
    • XMPP:IM チャット・クライアント
    • シリアル・インターフェイス
  • Wi-Fi サンプル・アプリケーションを活用した Wi-Fi の容易な構成
    • ステーション・モードと AP モード
    • TCP / UDP
    • セキュリティ:エンタープライズ / パーソナル、TLS / SSL
    • パワー・マネージメント :ディープ・スリープ、ハイバネーション
  • マイコン・ペリフェラル向けサンプル・アプリケーション
    • パラレル・カメラ、I2S オーディオ、ADC、I2C、PWM、JTAG フラッシュなどを搭載


IDE (統合開発環境)、構成機能、コンパイラ、デバッガ ダウンロード
SimpleLink Wi-Fi 無線試験ツール
CC3XXXRADIOTEST SimpleLink™ Wi-Fi® 無線試験ツールは、開発段階と認定段階で、SimpleLink Wi-Fi CC31xx と CC32xx を使用した設計に関する RF の評価と試験を行うための Windows ベース・ソフトウェア・ツールです。  (...)
特長
  • SimpleLink Wi-Fi CC32xx LaunchPad や CC31xx ブースタパックとの組み合わせでシームレスに動作
  • 4 線式 UART を使用する制御と通信
  • パケット化モードと連続モードで Wi-Fi パケットを送信
  • 構成と表示を行うためのグラフィカル・ユーザー・インターフェイス(GUI)
  • チャネル、電力レベル、送信レート、プリアンブルのタイプ、データ・パターン、パケット・サイズ、パケット間の遅延時間、CCA オーバーライド、送信モードの宛先 MAC アドレスをユーザー定義で構成
  • 受信した Wi-Fi パケットに関する情報として、有効な受信パケット数、FCS エラーが発生したパケット数、アドレス不一致のパケット数、管理フレームの平均 RSSI、その他のフレームの平均 RSSI、RSSI ヒストグラム、レート・ヒストグラムなどを表示
  • デバイスの MAC アドレスの読み取り
  • 各種デバイス・コンポーネントのバージョンの読み取り
IDE (統合開発環境)、構成機能、コンパイラ、デバッガ ダウンロード
Code Composer Studio IDE
CCSTUDIO

Code Composer Studio™ - 統合開発環境(IDE)

Code Composer Studio は、TI のマイコンと組込みプロセッサ・ポートフォリオをサポートする統合開発環境(IDE)です。Code Composer Studio は、組込みアプリケーションの開発およびデバッグに必要な一連のツールで構成されています。最適化 C/C++ コンパイラ、ソース・コード・エディタ、プロジェクト・ビルド環境、デバッガ、プロファイラなど、多数の機能が含まれています。直感的な IDE には、アプリケーションの開発フローをステップごとに実行できる、単一のユーザー・インターフェイスが備わっています。使い慣れたツールとインターフェイスにより、ユーザーは従来より迅速に作業を開始できます。Code Composer Studio は、Eclipse ソフトウェア・フレームワークの利点と、TI の先進的な組込みデバッグ機能の利点を組み合わせ、組込み分野のデベロッパーにとって豊富な機能を備えた魅力的な開発環境を実現します。

特長

プラットフォームごとの特長- 個別のプロセッサ・ファミリで利用できる機能の詳細をご確認ください。

 

Code Composer Studio は TI の幅広い組込みプロセッサ・ポートフォリオを包括的にサポートします。お探しのファミリに対応するリンクが上に表示されていない場合は、そのファミリのプロセッサ・コアが最も類似した製品のリンクを選択してください。


ダウンロード

  • Code Composer Studio の最新バージョンをダウンロード
  • 追加のダウンロード - 以前のバージョンを含む包括的なダウンロード・リストを利用するには、Code Composer Studio download site(英語)にアクセスしてください。
  • クラウド・ツール - TI のクラウド・ツールにアクセスするには、dev.ti.com をご利用ください。特定のデバイスに関連するリソース全般の参照や、デモ・アプリケーションの実行、さらに Code Composer Studio Cloud を使用した開発が可能です。

追加情報

オペレーティング・システム(OS) ダウンロード
TI-RTOS:リアルタイム・オペレーティング・システム(RTOS)、マイコン(MCU)用
TI-RTOS-MCU
Develop MCU applications faster with TI-RTOS

TI-RTOS accelerates development schedules by eliminating the need to create basic system software functions from scratch. TI-RTOS scales from a real-time multitasking kernel - TI-RTOS Kernel - to a complete RTOS solution including additional (...)

特長

TI-RTOS offers the following components:

TI-RTOS Module Description
TI-RTOS Kernel

TI-RTOS Kernel (formerly known as SYS/BIOS) provides deterministic preemptive multithreading and synchronization services, memory management, and interrupt handling.

TI-RTOS Device Drivers and Board Initialization TI-RTOS (...)
プログラミング・ツール ダウンロード
UniFlash stand-alone flash tool for microcontrollers, Sitara™ processors and SimpleLink™ family
UNIFLASH Supported devices: CC13xx, CC25xx, CC26xx, CC3220, CC3120, CC3235, CC3135, Tiva, C2000, MSP43x, Hercules, PGA9xx, IWR12xx, IWR14xx, IWR16xx, IWR18xx , IWR68xx, AWR12xx, AWR14xx, AWR16xx, AWR18xx.  Command line only: AM335x, AM437x, AM571x, AM572x, AM574x, AM65XX, K2G

CCS Uniflash is a standalone tool (...)

設計ツールとシミュレーション

設計ツール ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
組立図面 ダウンロード
SWRR169.ZIP (11222 KB)

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
QFM (MON) 63 オプションの表示

購入と品質

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示

ビデオ

関連ビデオ