製品の詳細

Protocols Proprietary Frequency bands (MHz) 315, 433, 779, 868, 915, 920 TX power (Max) (dBm) 12 RAM (KB) 2 CPU core MSP430 Peripherals 1 SPI, 1 UART, 1 timer, 10-bit ADC, I2C Sensitivity (best) (dBm) -117 GPIO 30 RX current (lowest) (mA) 15 Data rate (Max) (kbps) 500 Rating Catalog Operating temperature range (C) -40 to 85
Protocols Proprietary Frequency bands (MHz) 315, 433, 779, 868, 915, 920 TX power (Max) (dBm) 12 RAM (KB) 2 CPU core MSP430 Peripherals 1 SPI, 1 UART, 1 timer, 10-bit ADC, I2C Sensitivity (best) (dBm) -117 GPIO 30 RX current (lowest) (mA) 15 Data rate (Max) (kbps) 500 Rating Catalog Operating temperature range (C) -40 to 85
VQFN (RGZ) 48 49 mm² 7 x 7
  • 低消費電力ワイヤレス通信アプリケーションに適した本格的なシステム・オン・チップ(SoC)
  • 広い電源電圧範囲:3.6V~1.8V
  • 超低消費電力
    • CPUアクティブ・モード(AM):160µA/MHz
    • スタンバイ・モード(LPM3 RTCモード):2.0µA
    • オフ・モード(LPM4 RAMの内容保持):1.0µA
    • リアルタイム・クロック(RTC)のみのモード(LPM3.5):1.0µA
    • シャットダウン・モード(LPM4.5):0.3µA
    • RX無線部:15mA、250kbps、915MHz
  • MSP430™システムおよびペリフェラル
    • 16ビットRISCアーキテクチャ、拡張メモリ、最大20MHzのシステム・クロック
    • スタンバイ・モードから6µs以内にウェークアップ
    • SVSおよびブラウンアウトに対応する柔軟な電源管理システム
    • FLL搭載の統一クロック・システム
    • 16 ビット・タイマ TA0:5個のキャプチャ/コンペア・レジスタを備えたTimer_A
    • 16 ビット・タイマ TA1:3個のキャプチャ/コンペア・レジスタを備えたTimer_A
    • ハードウェアRTC
    • 2つのユニバーサル・シリアル通信インターフェイス(USCI)
      • USCI_A0はUART、IrDA、SPIをサポート
      • USCI_B0はI2C、SPIをサポート
    • 10ビットのA/Dコンバータに内部リファレンス、サンプル・アンド・ホールド、オートスキャン機能を搭載(CC430F614xおよびCC430F514xのみ)
    • コンパレータ
    • コントラスト制御機能を備えた最大96セグメントの内蔵LCDドライバ(CC430F614xのみ)
    • 128ビットのAESセキュリティ暗号化/復号化コプロセッサ
    • 32ビットのハードウェア乗算器
    • 3チャネルの内蔵DMA
    • シリアル・プログラミング機能を搭載、外部からのプログラミング電圧は不要
    • 組み込みエミュレーション・モジュール(EEM)
  • 高性能のSub-1GHz RFトランシーバ・コア
    • CC1101と同じ
    • 広い電源電圧範囲: 2V~3.6V
    • 周波数帯域:300MHz~348MHz、389MHz~464MHz、779MHz~928MHz
    • プログラマブルなデータ・レート:0.6kBaud~500kBaud
    • 高感度(0.6kBaud時に-117dBm、1.2kBaud時に-111dBm、315MHz、パケット・エラー・レート1%)
    • 非常に優れたレシーバ選択度およびブロッキング性能
    • プログラマブルな出力電力:全サポート周波数で最大+12dBm
    • 2-FSK、2-GFSK、MSKに対応、OOKおよびフレキシブルASKシェーピングにも対応
    • パケット指向システムの柔軟なサポート:同期ワード検出、アドレス・チェック、柔軟なパケット長、自動CRC処理をオンチップでサポート
    • 送信前の自動クリア・チャネル評価(CCA)のサポート(Listen-Before-Talkシステム用)
    • デジタルRSSI出力
    • EN 300 220 (欧州)およびFCC CFR Part 15 (米国)準拠を目標とするシステムに好適
    • ワイヤレスM-Bus標準EN 13757-4:2005準拠を目標とするシステムに好適
    • 既存の無線通信プロトコルとの下位互換性のため、非同期および同期のシリアル受信または送信モードをサポート
  • デバイスの比較 に、供給中の製品ファミリを掲載
  • 低消費電力ワイヤレス通信アプリケーションに適した本格的なシステム・オン・チップ(SoC)
  • 広い電源電圧範囲:3.6V~1.8V
  • 超低消費電力
    • CPUアクティブ・モード(AM):160µA/MHz
    • スタンバイ・モード(LPM3 RTCモード):2.0µA
    • オフ・モード(LPM4 RAMの内容保持):1.0µA
    • リアルタイム・クロック(RTC)のみのモード(LPM3.5):1.0µA
    • シャットダウン・モード(LPM4.5):0.3µA
    • RX無線部:15mA、250kbps、915MHz
  • MSP430™システムおよびペリフェラル
    • 16ビットRISCアーキテクチャ、拡張メモリ、最大20MHzのシステム・クロック
    • スタンバイ・モードから6µs以内にウェークアップ
    • SVSおよびブラウンアウトに対応する柔軟な電源管理システム
    • FLL搭載の統一クロック・システム
    • 16 ビット・タイマ TA0:5個のキャプチャ/コンペア・レジスタを備えたTimer_A
    • 16 ビット・タイマ TA1:3個のキャプチャ/コンペア・レジスタを備えたTimer_A
    • ハードウェアRTC
    • 2つのユニバーサル・シリアル通信インターフェイス(USCI)
      • USCI_A0はUART、IrDA、SPIをサポート
      • USCI_B0はI2C、SPIをサポート
    • 10ビットのA/Dコンバータに内部リファレンス、サンプル・アンド・ホールド、オートスキャン機能を搭載(CC430F614xおよびCC430F514xのみ)
    • コンパレータ
    • コントラスト制御機能を備えた最大96セグメントの内蔵LCDドライバ(CC430F614xのみ)
    • 128ビットのAESセキュリティ暗号化/復号化コプロセッサ
    • 32ビットのハードウェア乗算器
    • 3チャネルの内蔵DMA
    • シリアル・プログラミング機能を搭載、外部からのプログラミング電圧は不要
    • 組み込みエミュレーション・モジュール(EEM)
  • 高性能のSub-1GHz RFトランシーバ・コア
    • CC1101と同じ
    • 広い電源電圧範囲: 2V~3.6V
    • 周波数帯域:300MHz~348MHz、389MHz~464MHz、779MHz~928MHz
    • プログラマブルなデータ・レート:0.6kBaud~500kBaud
    • 高感度(0.6kBaud時に-117dBm、1.2kBaud時に-111dBm、315MHz、パケット・エラー・レート1%)
    • 非常に優れたレシーバ選択度およびブロッキング性能
    • プログラマブルな出力電力:全サポート周波数で最大+12dBm
    • 2-FSK、2-GFSK、MSKに対応、OOKおよびフレキシブルASKシェーピングにも対応
    • パケット指向システムの柔軟なサポート:同期ワード検出、アドレス・チェック、柔軟なパケット長、自動CRC処理をオンチップでサポート
    • 送信前の自動クリア・チャネル評価(CCA)のサポート(Listen-Before-Talkシステム用)
    • デジタルRSSI出力
    • EN 300 220 (欧州)およびFCC CFR Part 15 (米国)準拠を目標とするシステムに好適
    • ワイヤレスM-Bus標準EN 13757-4:2005準拠を目標とするシステムに好適
    • 既存の無線通信プロトコルとの下位互換性のため、非同期および同期のシリアル受信または送信モードをサポート
  • デバイスの比較 に、供給中の製品ファミリを掲載

TI CC430ファミリは、RFトランシーバ・コアを内蔵した超低消費電力システム・オン・チップ(SoC)マイクロコントローラのラインアップです。幅広いアプリケーションを想定し、搭載ペリフェラル・セットが異なる製品が揃っています。このアーキテクチャは7つの低消費電力モード(LPM3.5、LMP4.5を含む)を持ち、携帯用測定器用途でバッテリ駆動時間を延長するよう最適化されています。このデバイスには、強力なMSP430 16ビットRISC CPU、16ビット・レジスタ群、およびコード効率の最大化に役立つ定数ジェネレータが搭載されています。

CC430ファミリは、マイクロコントローラ・コア、ペリフェラル、ソフトウェア、RFトランシーバを密接に統合しているため、性能が向上するとともに、真に使いやすいシステム・オン・チップ・ソリューションとなっています。

CC430F614xシリーズは、最先端のCC1101 Sub-1GHz RFトランシーバの優れた性能と、MSP430 CPUXV2、最大32KBのシステム内プログラム可能フラッシュ・メモリ、最大4KBのRAM、2つの16ビット・タイマ、8本の外部入力と内部温度およびバッテリ・センサを備えた高性能10ビットADC、コンパレータ、USCI、128ビットAESセキュリティ・アクセラレータ、ハードウェア乗算器、DMA、アラーム機能付きRTCモジュール、最大44本のI/Oピンを組み合わせた、マイクロコントローラSoC構成です。

CC430F514xおよびCC430F512xシリーズは、最先端のCC1101 Sub-1GHz RFトランシーバの優れた性能と、MSP430 CPUXV-2、最大32KBのシステム内プログラム可能フラッシュ・メモリ、最大4KBのRAM、2つの16ビット・タイマ、6本の外部入力と内部温度およびバッテリ・センサを備えた高性能の10ビットADC (CC430F514xのみ)、コンパレータ、USCI、128ビットAESセキュリティ・アクセラレータ、ハードウェア乗算器、DMA、アラーム機能付きRTCモジュール、最大30本のI/Oピンを組み合わせた、マイクロコントローラSoC構成です。

モジュールの詳細は、『CC430 Family User’s Guide』を参照してください。

TI CC430ファミリは、RFトランシーバ・コアを内蔵した超低消費電力システム・オン・チップ(SoC)マイクロコントローラのラインアップです。幅広いアプリケーションを想定し、搭載ペリフェラル・セットが異なる製品が揃っています。このアーキテクチャは7つの低消費電力モード(LPM3.5、LMP4.5を含む)を持ち、携帯用測定器用途でバッテリ駆動時間を延長するよう最適化されています。このデバイスには、強力なMSP430 16ビットRISC CPU、16ビット・レジスタ群、およびコード効率の最大化に役立つ定数ジェネレータが搭載されています。

CC430ファミリは、マイクロコントローラ・コア、ペリフェラル、ソフトウェア、RFトランシーバを密接に統合しているため、性能が向上するとともに、真に使いやすいシステム・オン・チップ・ソリューションとなっています。

CC430F614xシリーズは、最先端のCC1101 Sub-1GHz RFトランシーバの優れた性能と、MSP430 CPUXV2、最大32KBのシステム内プログラム可能フラッシュ・メモリ、最大4KBのRAM、2つの16ビット・タイマ、8本の外部入力と内部温度およびバッテリ・センサを備えた高性能10ビットADC、コンパレータ、USCI、128ビットAESセキュリティ・アクセラレータ、ハードウェア乗算器、DMA、アラーム機能付きRTCモジュール、最大44本のI/Oピンを組み合わせた、マイクロコントローラSoC構成です。

CC430F514xおよびCC430F512xシリーズは、最先端のCC1101 Sub-1GHz RFトランシーバの優れた性能と、MSP430 CPUXV-2、最大32KBのシステム内プログラム可能フラッシュ・メモリ、最大4KBのRAM、2つの16ビット・タイマ、6本の外部入力と内部温度およびバッテリ・センサを備えた高性能の10ビットADC (CC430F514xのみ)、コンパレータ、USCI、128ビットAESセキュリティ・アクセラレータ、ハードウェア乗算器、DMA、アラーム機能付きRTCモジュール、最大30本のI/Oピンを組み合わせた、マイクロコントローラSoC構成です。

モジュールの詳細は、『CC430 Family User’s Guide』を参照してください。

ダウンロード

おすすめの類似製品

open-in-new 製品の比較
比較対象デバイスと類似の機能。
CC1310 アクティブ 128kB フラッシュ搭載、SimpleLink™ 32 ビット Arm Cortex-M3 Sub-1GHz ワイヤレス・マイコン (MCU) この製品は、最大 4 倍のメモリ(最大 128kB フラッシュ)を搭載し、RX および TX モードでの消費電流が半分以下(6mA 未満)です。

技術資料

star = TI が選択したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
21 資料すべて表示
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート CC430F614x、CC430F514x、CC430F512x RFコア搭載のMSP430™ SoC データシート (Rev. B 翻訳版) 英語版をダウンロード (Rev.B) 2018年 10月 11日
* エラッタ CC430F5145 Device Erratasheet (Rev. Z) 2021年 6月 17日
* ユーザー・ガイド CC430 Family User's Guide (Rev. E) 2013年 2月 19日
アプリケーション・ノート DN507 DEC Decoding 2019年 3月 21日
アプリケーション・ノート CC11xx Sensitivity Versus Frequency Offset and Crystal Accuracy (Rev. D) 2018年 9月 27日
アプリケーション・ノート CRC Implementation (Rev. E) 2018年 9月 27日
アプリケーション・ノート DN018 -- Range Measurements in an Open Field Environment (Rev. B) 2018年 6月 21日
技術記事 An out-of-the-box Internet of Things: building a seamless and secure smart home network 2018年 6月 12日
技術記事 Thread vs. Zigbee – what’s the difference? 2018年 5月 16日
技術記事 Your microcontroller deserves a nap – designing “sleepy” wireless applications 2018年 3月 28日
技術記事 SimpleLink™ MCU SDKs: Breaking down TI Drivers 2017年 4月 12日
その他の技術資料 無線通信ソリューション 2015年 11月 4日
ホワイト・ペーパー Wireless connectivity for the Internet of Things (IoT) with MSP430 MCUs 2014年 3月 13日
アプリケーション・ノート DN024 -- 868 MHz, 915 MHz and 955 MHz Monopole PCB Antenna (Rev. E) 2013年 2月 22日
アプリケーション・ノート DN035 -- Antenna Quick Guide (Rev. A) 2013年 2月 12日
アプリケーション・ノート Design Considerations When Using the MSP430 Graphics Library 2012年 10月 5日
アプリケーション・ノート CC430 RF Examples (Rev. C) 2012年 9月 7日
アプリケーション・ノート DN022 -- CC110x CC111x OOK ASK Register Settings (Rev. E) 2012年 3月 8日
アプリケーション・ノート DN023 -- 868 MHz, 915 MHz and 955 MHz Inverted F Antenna (Rev. C) 2011年 8月 30日
アプリケーション・ノート AN058 -- Antenna Selection Guide (Rev. B) 2010年 10月 6日
アプリケーション・ノート DN031 -- Design Notes 2010年 8月 26日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ハードウェア・プログラミング・ツール

MSP-FET — MSP430 フラッシュ・エミュレーション・ツール

**第 2 世代の MSP-FET はCode Composer Studio™ v7.0、IAR EW430 v7.1、IAR EWAR v8.10 以降の IDE でサポートされています。それ以前のリリースの IDE と組み合わせて使用する際はこちらの E2E 記事をご覧ください。第 2 世代の MSP-FET を第 1 世代の MSP-FET と見分けるため方法はMSP Debugger’s Guide (section 5.6.1 – general features)** に掲載されています。

MSP-FET はパワフルなエミュレーション開発ツールで、デバッグ・プローブとしばしば呼ばれます。このツールを使用して、MSP 低消費電力マイコン(MCU)上でアプリケーション開発を迅速に開始できます。

(...)

在庫あり
制限: 999999999
ハードウェア・プログラミング・ツール

MSP-GANG — MSP-GANG 量産プログラマ

MSP ギャング・プログラマ (複数デバイスへの書き込み機能) (MSP-GANG) は、MSP430™/MSP432™ デバイス向けのプログラマであり、最大 8 個の同一 MSP430/MSP432 フラッシュ・デバイスまたは FRAM デバイスに同時にプログラムする (...)

ソフトウェア開発キット (SDK)

MSPWARE — MSPWare

MSPWare は、すべての MSP デバイスを対象にしたユーザーズ・ガイド、サンプル・コード、トレーニング、その他の設計リソースを便利なパッケージとして提供します。MSP430 と MSP432 の開発に必要なすべての要素が揃っています。 MSPWare は MSP430 と MSP432 に関する既存の設計リソース全体の提供に加え、高度に抽象化されたソフトウェア・ライブラリの幅広い選択肢も提供します。その中には、MSP ドライバ・ライブラリや USB のようにデバイス固有およびペリフェラル固有のソフトウェアから、グラフィック・ライブラリや静電容量式タッチパッド・ライブラリのようにアプリケーション固有のソフトウェアが含まれています。MSP ドライバ・ライブラリは重要なライブラリであり、ソフトウェア・デベロッパーが上位レベルの API を活用して下位レベルの複雑なハードウェア・ペリフェラルを制御するのに役立ちます。現時点で、MSP ドライバ・ライブラリは MSP430F5x / 6x シリーズ、および MSP432P4x シリーズのデバイスをサポートしています。

MSPWare の入手方法MSPWare は、Code Composer Studio(CCS)のコンポーネントとして、またはスタンドアロン・パッケージとして入手できます。Code Composer Studio のコンポーネントとして供給された場合は、CCS の TI Resource Explorer ウインドウ内で洗練された GUI を使用して MSPWare パッケージを操作できます。

  • MSPWare と GUI ベースのフロント・エンドを入手するには、Code Composer Studio の最新バージョンを単純にインストールします。CCS の最新バージョンの入手(推奨)
  • 代わりに、MSPWare をスタンドアロン・パッケージとして入手することもできます。ただし、この方式では MSPWare パッケージのフォルダ構造が供給されるのみであり、GUI ベースのフロント・エンドは供給されません。上記の「Get Software」リンクをクリックすると、MSP430Ware をスタンドアロン・パッケージとして入手できます。
    • * 注:ダウンロードの際、お客様は、輸出法令順守フォームへの記入を求められます。
  • MSPWare は、新しい「TI (...)
サンプル・コードまたはデモ

CC430 RF Code Examples (Also See CC430 RF Examples App Note SLAA465) (Rev. B)

SLAC525B.ZIP (4451 KB)
ドライバまたはライブラリ

MSP-GRLIB — MSP グラフィック・ライブラリ

MSP グラフィック・ライブラリは、グラフィック表示機能を備えた MSP430 および MSP432 マイコン・ベースのボードで、グラフィカル・ユーザー・インターフェイスを作成するためのグラフィックス・プリミティブで構成される、ロイヤリティ・フリーのセットです。このグラフィック・ライブラリは 2 つの機能構築レイヤーで形成されています。ディスプレイ・ドライバ・レイヤーは、使用するディスプレイに固有のものです。グラフィックス・プリミティブ・レイヤーは、点、線、長方形、円、テキスト、ビットマップ・画像を描画します。
ドライバまたはライブラリ

MSP-IQMATHLIB — 固定小数点 Math ライブラリ、MSP 用

TI の MSP IQmath および Qmath ライブラリは、C プログラマ向けの高度に最適化された高精度の数学関数ライブラリで、MSP430 と MSP432 の各デバイスで、浮動小数点アルゴリズムを固定小数点コードにシームレスに変換できます。これらのルーチンは通常、最適な実行速度、高精度、超低消費電力が重視される、演算集中型のリアルタイム・アプリケーションで使用するものです。IQmath ライブラリと Qmath ライブラリを使用すると、浮動小数点演算を使用して記述した同等のコードに比べて、実行速度を大幅に高速化するとともに、消費電力の大幅な削減が可能です。

以下の MSP デバイスは、MSP-IQmathlib によってサポートされています。
  • MSP430F1xx
  • MSP430F2xx
  • MSP430G2xx
  • MSP430F4xx
  • MSP430F5xx
  • MSP430F6xx
  • MSP430FRxx
  • MSP432P4xx
MSP-IQmathlib は、設計に簡単に統合できます。このライブラリは無料であり、Code Composer Studio 内で使用すること、またはスタンドアロン・パッケージとしてダウンロードすることができます。ベンチマークの詳細とファンクションの説明については、付属のユーザーズ・ガイドをご覧ください。
IDE (統合開発環境)、構成機能、またはデバッガ

CCSTUDIO-MSP — Code Composer Studio(CCStudio)統合開発環境(IDE)、MSP マイコン用

Code Composer Studio は、TI のマイコンと組込みプロセッサ・ポートフォリオをサポートする統合開発環境(IDE)です。Code Composer Studio は、組込みアプリケーションの開発およびデバッグに必要な一連のツールで構成されています。最適化 C/C++ コンパイラ、ソース・コード・エディタ、プロジェクト・ビルド環境、デバッガ、プロファイラなど、多数の機能が含まれています。直感的な IDE には、アプリケーションの開発フローをステップごとに実行できる、単一のユーザー・インターフェイスが備わっています。使い慣れたツールとインターフェイスにより、ユーザーは従来より迅速に作業を開始できます。Code Composer Studio は、Eclipse ソフトウェア・フレームワークの利点と、TI の先進的な組込みデバッグ機能の利点を組み合わせ、組込み分野のデベロッパーにとって豊富な機能を備えた魅力的な開発環境を実現します。

クラウド環境で開発を開始 - dev.ti.com にアクセスし、このデバイスで使用できるさまざまなサンプルの参照、デモ・アプリケーションの実行、さらにクラウド・ベースの統合開発環境 (IDE) である CCS Cloud を使用するコード開発を実施できます。

追加情報

IDE (統合開発環境)、構成機能、またはデバッガ

MSP430-GCC-OPENSOURCE — GCC - オープン・ソース・コンパイラ、MSP430 マイコン用

MSP430™ and MSP432™ GCC open source packages are complete debugger and open source C/C++ compiler toolchains for building and debugging embedded applications based on MSP430 and MSP432 microcontrollers. These free GCC compilers support all MSP430 and MSP432 devices without code size limitations. In (...)
IDE (統合開発環境)、構成機能、またはデバッガ

ULPADVISOR — ULP(超低消費電力)アドバイザ

ULP Advisor は、Ultra-Low Power(超低消費電力)アプリケーションの実現を支援するMSP430マイコン向けソフトウェア・コード解析ツールで、MSP430 マイコン独自の超低消費電力の特長を最大限に活用できるように支援するツールです。ULP Advisor は、経験豊かなマイコン開発者も新人のマイコン開発者もどちらも対象としており、詳細な ULP チェックリストと照らし合わせながらコードのチェックを行い、アプリケーションの極小のアンプまで一つ残らず絞り出して確認します。ビルド時には、通知と注釈を提供し、低消費電力用にさらに最適化できるコード領域を強調表示します。これらの通知には、ULP ルールの違反についての記載や、詳細を確認できるこの ULP Advisor wiki へのリンク、関連資料、サンプル・コード、フォーラムの投稿メッセージへのリンクなどが含まれています。

ULP Advisor についての詳細は、オンライン wiki ページ(英語)をご覧ください。
IDE (統合開発環境)、構成機能、またはデバッガ

IAR-KICKSTART — IAR Embedded Workbench Kickstart - 無償 4 KB IDE

IAR-Kickstart (zip, slac050)

IAR Embedded Workbench Kickstart for MSP430 is an Integrated Development Environment (IDE) for building and debugging embedded applications for MSP430 microcontrollers. The IDE includes a code size limited C-Compiler/Unlimited Assembler/FET Debugger/Simulator. The code (...)

IAR Systems からの提供
サポート・ソフトウェア

CC430F512x, CC430F514x Code Examples (Rev. I)

SLAC526I.ZIP (209 KB)
パッケージ ピン数 ダウンロード
VQFN (RGZ) 48 オプションの表示

購入と品質

含まれる情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating/ リフローピーク温度
  • MTBF/FIT の推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

ビデオ