トップ

製品の詳細

パラメータ

Function Clock generator, Spread-spectrum clock generator Number of outputs 3 Output frequency (Max) (MHz) 230 Core supply voltage (V) 1.8 Output supply voltage (V) 2.5, 3.3 Input type XTAL, LVCMOS Output type LVCMOS Operating temperature range (C) -40 to 85 Features I2C, Integrated EEPROM, Pin programmable, Spread-spectrum clocking (SSC) Rating Catalog open-in-new その他の クロック・ジェネレータ

パッケージ|ピン|サイズ

TSSOP (PW) 14 32 mm² 5 x 6.4 open-in-new その他の クロック・ジェネレータ

特長

  • Member of Programmable Clock Generator Family
    • CDCE913/CDCEL913: 1-PLL, 3 Outputs
    • CDCE925/CDCEL925: 2-PLL, 5 Outputs
    • CDCE937/CDCEL937: 3-PLL, 7 Outputs
    • CDCE949/CDCEL949: 4-PLL, 9 Outputs
  • In-System Programmability and EEPROM
    • Serial Programmable Volatile Register
    • Nonvolatile EEPROM to Store Customer Settings
  • Flexible Input Clocking Concept
    • External Crystal: 8 MHz to 32 MHz
    • On-Chip VCXO: Pull Range ±150 ppm
    • Single-Ended LVCMOS Up to 160 MHz
  • Free Selectable Output Frequency Up to 230  MHz
  • Low-Noise PLL Core
    • PLL Loop Filter Components Integrated
    • Low Period Jitter (Typical 50 ps)
  • Separate Output Supply Pins
    • CDCE913: 3.3 V and 2.5 V
    • CDCEL913: 1.8 V
  • Flexible Clock Driver
    • Three User-Definable Control Inputs [S0/S1/S2], for Example, SSC Selection, Frequency Switching, Output Enable, or Power Down
    • Generates Highly Accurate Clocks for Video, Audio, USB, IEEE1394, RFID, Bluetooth®, WLAN, Ethernet™, and GPS
    • Generates Common Clock Frequencies Used With TI-DaVinci™, OMAP™, DSPs
    • Programmable SSC Modulation
    • Enables 0-PPM Clock Generation
  • 1.8-V Device Power Supply
  • Wide Temperature Range: –40°C to 85°C
  • Packaged in TSSOP
  • Development and Programming Kit for Easy PLL Design and Programming (TI Pro-Clock™)
  • APPLICATIONS
    • D-TVs, STBs, IP-STBs, DVD Players, DVD Recorders, and Printers

All other trademarks are the property of their respective owners

open-in-new その他の クロック・ジェネレータ

概要

The CDCE913 and CDCEL913 devices are modular PLL-based, low-cost, high-performance, programmable clock synthesizers. They generate up to three output clocks from a single input frequency. Each output can be programmed in-system for any clock frequency up to 230 MHz, using the integrated configurable PLL.

The CDCx913 has separate output supply pins, VDDOUT, which is 1.8 V for CDCEL913 and 2.5 V to 3.3 V for CDCE913.

The input accepts an external crystal or LVCMOS clock signal. A selectable on-chip VCXO allows synchronization of the output frequency to an external control signal.

The PLL supports SSC (spread-spectrum clocking) for better electromagnetic interference (EMI) performance.

The device supports nonvolatile EEPROM programming for easy customization of the device to the application. All device settings are programmable through the SDA/SCL bus, a 2-wire serial interface.

The CDCx913 operates in a 1.8-V environment. It operates in a temperature range of –40°C to 85°C.

open-in-new その他の クロック・ジェネレータ
ダウンロード

技術資料

= TI が選択したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。 すべて表示 14
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート CDCE(L)913: Flexible Low Power LVCMOS Clock Generator With SSC Support for EMI Reduction データシート 2016年 10月 27日
技術記事 How to select an optimal clocking solution for your FPGA-based design 2015年 12月 9日
技術記事 Clocking sampled systems to minimize jitter 2014年 7月 31日
技術記事 Timing is Everything: How to optimize clock distribution in PCIe applications 2014年 3月 28日
その他の技術資料 クロック&タイミング・ソリューション (Rev. A 翻訳版) 2013年 12月 11日
アプリケーション・ノート VCXO Application Guideline for CDCE(L)9xx Family 2012年 4月 23日
ユーザー・ガイド CDCE(L)9XX & CDCEx06 Programming Evaluation Module Manual 2010年 11月 22日
ユーザー・ガイド CDCE(L)9xx Performance Evaluation Module 2010年 7月 7日
アプリケーション・ノート General I2C / EEPROM usage for the CDCE(L)9xx family 2010年 1月 26日
アプリケーション・ノート Troubleshooting I2C 2009年 10月 19日
アプリケーション・ノート Usage of I2C for CDCE(L)949, CDCE(L)937, CDCE(L)925, CDCE(L)913 2009年 9月 23日
ユーザー・ガイド CDCE(L)9XX & CDCEx06 Programming Evaluation Module Manual 2008年 12月 9日
アプリケーション・ノート Generating Low Phase-Noise Clocks for Audio Data Converters from Low Frequency 2008年 3月 31日
アプリケーション・ノート Practical consideration on choosing a crystal for CDCE(L)9xx family 2008年 3月 24日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ハードウェア開発

評価ボード ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
149
概要

The CDCE913Perf-Evaluation Module allows the verification of the functionality and performance of CDCE913 and CDCEL913 with the options of crystal and 1.8 V LVCMOS inputs. The outputs can be connected to the Oscilloscope directly with SMA cables.

特長

  1. Easy-to-use evaluation module for fast prototyping and application evaluation
  2. Easy and fast device programming through TI Pro-Clock software
  3. Evaluation of multiple crystals and reference clocks due to flexible input structure
  4. EVM completely USB powered in factory default
  5. Option for USB power and (...)

評価ボード ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
99
概要

The clock generator CDCE(L)949 family has integrated EEPROM that allows the default frequency settings to be saved upon start up. CDCEL9XXPROGEVM is a programming board that allows a fast programming of prototyping samples or small production quantities. It applies to all 8 devices in the family (...)

評価ボード ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
199
概要
TAS2770EVM は、簡単に使用できるモノラル評価モジュールをデベロッパーに提供します。この評価モジュールは、ステレオ・ソリューション、またはマルチチャネル・ソリューションとして構成することもできます。これは、IV センスを有効または無効にして、TAS2770 のステレオ実装とモノラル実装を評価するための強力なツール・キットです。TAS2770 の評価に必要なものすべてが揃っています。スピーカ保護のアルゴリズムと処理を実現するために、TAS2559YZEVM に接続すると、ステレオまたはモノラルのスピーカ保護ソリューションを評価できます。このアルゴリズムの制御とチューニングを実行するには、PPC3 を使用します。TAS2559YZEVM と PPC3 アドインは付属していないので、別途注文する必要があります。
特長
  • ステレオまたはモノラル評価モードの USB 入力
  • 最大 8 枚のボードに接続
  • スピーカ保護機能を評価するための TAS2559YZEVM 向けインターフェイス
  • TAS2770 向けの PurePath Console 3 アドインにアクセス可能
評価ボード ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
199
概要
TAS2770EVM-Stereo はデベロッパー向けの、ステレオ・ソリューションとして事前構成済みの使いやすい評価モジュールです。IV センスを有効または無効にし、TAS2770 のステレオ実装またはモノラル実装を評価できます。従来型アンプとして TAS2770 を評価するために必要なものをすべて提供します。TAS2559YZEVM を接続し、スピーカ保護のアルゴリズムと処理を実施することにより、ステレオまたはモノラルのスピーカ保護ソリューションを評価できます。このアルゴリズムの制御とチューニングには PPC3 を使用します。TAS2559YZEVM と PPC3 アドインは付属していないため、別途注文する必要があります。
特長
  • ステレオまたはモノラルの評価モード
  • USB 入力
  • IV センス評価モジュール
  • スピーカ保護機能評価のための TAS2559YZEVM へのインターフェイス
  • TAS2770 PurePath Console 3 アドインにアクセス可能
評価ボード ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
199
概要
The TAS2770YFFEVM provides developers with a simple to use mono evaluation module that can be configured as a stereo solution and as a multi-channel solution. It is powerful tool kit for assessing stereo and mono implementations of the TAS2770 with or without IV sense. Everything needed for (...)
特長
  • Stereo or Mono evaluation mode
  • USB input
  • Connect up to eight boards
  • Interface to TAS2559YZEVM for speaker protection evaluation
  • Access to TAS2770 add-in PurePath Console 3
評価ボード ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
249
概要

TAS3251 Ultra-HD オーディオ評価基板は、TI (テキサス・インスツルメンツ) の TAS3251 IC の実証に使用できます。TAS3251 は、デジタル入力の高性能 Class-D アンプであり、Class-D (...)

特長
  • ステレオ、モノラル、双方向の各スピーカ構成
  • オーディオ入力:USB、光学 SPDIF、同軸 SPDIF、ダイレクト I2S、または TDM
  • オーディオ・サンプリング・レート:44.1kHz、48kHz、88.2kHz、96kHz
  • PurePath™ Console 3 を使用する操作は、先進的なチューニングに最適
  • 両面、メッキ・スルーホール、2 オンス銅箔で 2 層の PCB レイアウト
評価ボード ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
249
概要
TAS5431Q1EVM 評価基板 (EVM) は、TI のアナログ入力 Class D 閉ループ・モノラル・アンプの評価ができます。デフォルトの I2C レジスタ設定を使用する場合、この EVM をスタンドアロン・プラットフォームとして使用できます。また、I2C レジスタの設定をプログラムする (書き込む) ために、この EVM を PPC3 GUI と組み合わせることもできます。
特長
  • 車載緊急通話 (eCall) と VESS (バーチャル・エンジン・サウンド・システム) の各アプリケーション向けのモノラル・オーディオ
  • I2C 初期化機能を使用して動作
  • USB ポート経由の GUI 制御
評価ボード ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
199
概要
特長
  • 96-kHz Input Sample Rate Support
  • 2.0, Mono and 2.1 Capable
  • Operates in BTL or PBTL
  • Flexible input signal routing (USB, Coaxial SPDIF and External I2S)
  • Demonstration, Evaluation and Development environment via the PurePath Console 3 software (GUI)
評価ボード ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
199
概要
The TPA6304-Q1 evaluation module showcases the industry's smallest 2.1-MHz 4-channel Analog Input Class-D Audio solution for Automotive Infotainment applications. TPA6304-Q1’s 2.1-MHz switching frequency allows customers to significantly reduce inductor size and cost and optimize total system (...)
特長
  • 2.1-Mhz switching frequency
  • 4-channel Analog input Class-D automotive audio amplifier
  • 27-W/Ch at 10% THD+N into 4-Ω with a 14.4-V supply
  • 45-W/Ch at 10% THD+N into 2-Ω with a 14.4-V supply
  • I2C diagnostics and protection

ソフトウェア開発

ドライバまたはライブラリ ダウンロード
SCAC131.ZIP (77 KB)
評価基板 (EVM) 向けの GUI ダウンロード
SCAC073F.ZIP (88940 KB)
ソフトウェア・プログラミング・ツール ダウンロード
ClockPro™ プログラミング・ソフトウェア
CLOCKPRO TI's ClockPro software allows users to program/configure the following devices in a friendly GUI interface:
  • CDCE949
  • CDCE937
  • CDCE925
  • CDCE913
  • CDCE906
  • CDCE706
  • CDCEL949
  • CDCEL937
  • CDCEL925
  • CDCEL913

It is intended to be used with the evaluation modules of the above devices.

特長
  • Easy and fast device programming through EEPROM, I2C
  • Based on Labview
サポート・ソフトウェア ダウンロード
SCAC119E.ZIP (4405 KB)

設計ツールとシミュレーション

シミュレーション・モデル ダウンロード
SCAM056.ZIP (41 KB) - IBIS Model
シミュレーション・ツール ダウンロード
PSpice® for TI design and simulation tool
PSPICE-FOR-TI — PSpice® for TI は、各種アナログ回路の機能評価に役立つ、設計とシミュレーション向けの環境です。設計とシミュレーションに適したこのフル機能スイートは、Cadence® のアナログ分析エンジンを使用しています。PSpice for TI は無償で使用でき、アナログや電源に関する TI の製品ラインアップを対象とする、業界でも有数の大規模なモデル・ライブラリが付属しているほか、選択された一部のアナログ動作モデルも利用できます。

設計とシミュレーション向けの環境である PSpice for TI を使用すると、内蔵のライブラリを活用して、複雑なミックスド・シグナル設計のシミュレーションを実施することができます。完成度の高い最終機器を設計し、レイアウトの確定や製造開始より前に、ソリューションのプロトタイプを製作することができます。この結果、市場投入期間の短縮と開発コストの削減を実現できます。 

設計とシミュレーション向けのツールである PSpice for TI の環境内で、各種 TI デバイスの検索、製品ラインアップの参照、テスト・ベンチの起動、設計のシミュレーションを実施し、選定したデバイスをさらに分析することができます。また、複数の TI デバイスを組み合わせてシミュレーションを実行することもできます。

事前ロード済みの複数のモデルで構成されたライブラリ全体に加えて、PSpice for TI ツール内で各種 TI デバイスの最新の技術関連資料に簡単にアクセスすることもできます。開発中のアプリケーションに適したデバイスを選定できたことを確認した後、TI 製品の購入ページにアクセスして、その製品を購入することができます。 

PSpice for TI を使用すると、回路の検討から設計の開発や検証まで、作業の進展に合わせて設計サイクルの各段階で、シミュレーションのニーズに適した各種ツールにアクセスできます。コスト不要で入手でき、開発を容易に開始できます。設計とシミュレーションに適した PSpice スイートをダウンロードして、今すぐ設計を開始してください。

 開発の開始

  1. PSpice for TI シミュレータへのアクセスの申請
  2. ダウンロードとインストール
  3. シミュレーション方法説明ビデオのご視聴
特長
  • Cadence の PSpice テクノロジーを活用
  • デジタル・モデル・スイートが付属する事前インストール済みのライブラリを活用して、ワーストケース・タイミング分析を実現可能
  • 動的更新により、最新のデバイス・モデルに確実にアクセス可能
  • 精度の低下を招かずに、シミュレーション速度を重視して最適化済み
  • 複数製品の同時分析をサポート
  • OrCAD Capture フレームワークを土台とし、業界で最も幅広く使用されている回路図のキャプチャとシミュレーションの環境へのアクセスを実現
  • オフライン作業が可能
  • 以下の点を含め、多様な動作条件とデバイス公差にまたがって設計を検証
    • 自動的な測定と後処理
    • モンテカルロ分析法
    • ワーストケース分析
    • 熱解析

リファレンス・デザイン

多くのTIリファレンス・デザインには、 CDCE913 が含まれています。 TIのリファレンス・デザイン・セレクション・ツールを使用して、お客様のアプリケーションとパラメータに最適な設計を確認し、特定してください。

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
TSSOP (PW) 14 オプションの表示

購入と品質

含まれる情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating/ リフローピーク温度
  • MTBF/FIT の推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

おすすめの製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価モジュール、またはリファレンス・デザインが含まれている場合があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示

ビデオ