CSD17571Q2

アクティブ

30V、N チャネル NexFET パワー MOSFET、CSD17571Q2

トップ

製品の詳細

パラメータ

VDS (V) 30 Configuration Single Rds(on) max at VGS=4.5 V (mOhms) 29 Rds(on) max at VGS=10 V (mOhms) 24 IDM, max pulsed drain current (Max) (A) 39 QG typ (nC) 2.4 QGD typ (nC) 0.6 Package (mm) SON2x2 VGS (V) 20 VGSTH typ (V) 1.6 ID, package limited (A) 22 Logic level Yes open-in-new その他の N チャネル・トランジスタ

特長

  • Low Qg and Qgd
  • Low Thermal Resistance
  • Avalanche Rated
  • Pb-Free Terminal Plating
  • RoHS Compliant
  • Halogen Free
  • SON 2 mm × 2 mm Plastic Package
open-in-new その他の N チャネル・トランジスタ

概要

This 30 V, 20 mΩ, SON 2×2 NexFET™ power MOSFET is designed to minimize losses in power conversion and load management applications, while offering excellent thermal performance for the size of the package.

open-in-new その他の N チャネル・トランジスタ
ダウンロード

技術資料

= 主要な資料
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。 すべて表示 8
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート CSD17571Q2 30V N-Channel NexFET Power MOSFETs データシート 2015年 1月 27日
技術記事 Understanding the benefits of “lead-free” power MOSFETs 2019年 2月 7日
アプリケーション・ノート QFN and SON PCB Attachment 2018年 8月 24日
技術記事 USB Type-C™ power: Should your next device have USB Type-C? 2017年 2月 14日
技術記事 How to create a dynamic power solution for stepper motors, relays and LEDs 2016年 11月 1日
ユーザー・ガイド BOOST-ULN2003A User's Guide 2016年 4月 12日
技術記事 When to use load switches in place of discrete MOSFETs 2016年 2月 3日
アプリケーション・ノート Ringing Reduction Techniques for NexFET High Performance MOSFETs 2011年 11月 16日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ハードウェア開発

開発キット ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
$25.00
概要
BOOSTXL-ULN2003 は、2A のステッパ・モーター・ドライバ・キットで、TI の ULN2003A バイポーラ・トランジスタ・アレイと CSD1751Q2 NexFET を搭載しています。この BoosterPack™ は、最大 2 個のステッパ・モーターまたは 8 (...)
特長
  • アナログとマイコンへの電力供給用に、3.3V または 5V ~ 30V の分割レール電源を選択可能
  • 最大 2.5A の合計ピーク電流をサポートし、最大 8 個のチャネルに対してチャネルあたり最大 500mA を供給
  • チャネルごとの直接インターフェイス、またはシリアル・シフト・レジスタを使用して複数の入力をアドレス指定可能
  • 包括的なステッパ・モーター・ドライブ段を超小型フォーム・ファクタ(17.46mm x 22.23mm)で実装
  • 複数の TI プロセッサ(MSP430G2、MSP432P401、MSP430FR、CC3200、CC2650 など)に対応した Launchpad や Lauchpad XL と動作

ソフトウェア開発

サポート・ソフトウェア ダウンロード
SLPC019.ZIP (338 KB)

設計ツールとシミュレーション

シミュレーション・モデル ダウンロード
SLPM092A.ZIP (3 KB) - PSpice Model
計算ツール ダウンロード
降圧コンバータ NexFET™ セレクション・ツール
FETPWRCALC — このツールは、同期整流降圧設計に適した、テキサス・インスツルメンツのディスクリート・パワー MOSFET とパワー・ブロック・デバイスを選択するエンジニアを支援する目的で製作されています。ユーザーは、使用する電源に関する複数の条件を入力し、電力損失、1,000 個購入時の相対価格設定、ソリューションのフットプリント、他の関連パラメータに基づいてさまざまなディスクリート・ソリューションとパワー・ブロック・ソリューションを比較し、設計で使用する FET 選択プロセスを効果的に合理化することができます。
特長
  • 電源の各種条件を変更し、一連の入力パラメータに対して最も効率的な TI のソリューションを確認
  • TI のコントローラで構成された事前編成済みのリストからいずれかを選択するか、独自のカスタム IC を入力
  • 実効電力損失に基づいて複数のソリューションにランクを付け、1,000 個購入時の相対価格設定、デバイスのパッケージ、合計 PCB フットプリントで比較
  • 高精度の 2次寄生損失による寄与も含め、ディスクリート・ソリューションとパワー・ブロック・ソリューションの間で電力損失を比較
  • 指定したソリューションに対して、負荷電流と電力損失の関係をプロット
  • ユーザー入力の MOSFET パラメータに基づいて降圧コンバータ・アプリケーションの電力損失と効率を計算するには、ダウンロード可能な TI の Excel ベース power loss tool(英語)を利用
計算ツール ダウンロード
電力損失計算ツール、MOSFET 製品用
MOSFET-LOSS-CALC The MOSFET-LOSS-CALC is an Excel based tool that allows users to estimate power loss in a synchronous buck converter based on system and MOSFET parameters. For help selecting a discrete MOSFET or power block solution for your buck converter application, check out our Buck Converter NexFET™ selection (...)
計算ツール ダウンロード
Power Loss Calculation Tool for Non-Synchronous Boost Converter
NONSYNC-BOOST-FET-LOSS-CALC — MOSFET power loss calculator for non-synchronous boost converter
特長
  • Calculates power loss for TI MOSFETs
計算ツール ダウンロード
SLPC015.ZIP (66 KB)

リファレンス・デザイン

多くのTIリファレンス・デザインには、 CSD17571Q2 が含まれています。 TIのリファレンス・デザイン・セレクション・ツールを使用して、お客様のアプリケーションとパラメータに最適な設計を確認し、特定してください。

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
(DQK) 6 オプションの表示

購入と品質

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示

ビデオ

関連ビデオ