トップ

製品の詳細

パラメータ

Jitter (ps) 50 Rating Catalog Operating temperature range (C) -40 to 85 open-in-new その他の SPDIF トランシーバ

パッケージ|ピン|サイズ

TSSOP (PW) 28 62 mm² 9.7 x 6.4 open-in-new その他の SPDIF トランシーバ

特長

  • One-Chip Digital Audio Interface Receiver (DIR)
    Including Low-Jitter Clock-Recovery System
  • Compliant With Digital Audio Interface Standards:
    IEC60958 (former IEC958), JEITA CPR-1205
    (former EIAJ CP-1201, CP-340), AES3, EBU
    tech3250
  • Clock Recovery and Data Decode From Biphase
    Input Signal, Generally Called S/PDIF, EIAJ CP-
    1201, IEC60958, AES/EBU
  • Biphase Input Signal Sampling Frequency (fS)
    Range: 28 kHz to 108 kHz
  • Low-Jitter Recovered System Clock: 50 ps
  • Jitter Tolerance Compliant With IEC60958-3
  • Selectable Recovered System Clock: 128 fS,
    256 fS, 384 fS, 512 fS
  • Serial Audio Data Output Formats: 24-Bit I2S;
    MSB-First, 24-Bit Left-Justified; MSB-First 16-, 24-
    Bit Right-Justified
  • User Data, Channel-Status Data Outputs
    Synchronized With Decoded Serial Audio Data
  • No External Clock Required for Decode
  • Includes Actual Sampling Frequency Calculator
    (Needs External 24.576-MHz Clock)
  • Function Control: Parallel (Hardware)
  • Functions Similar and Pin Assignments Equivalent
    to Those of DIR1703
  • Single Power Supply: 3.3 V (2.7 V to 3.6 V)
  • Wide Operating Temperature Range: –40°C to
    85°C
  • 5 V-Tolerant Digital Inputs
  • Package: 28-pin TSSOP, Pin Pitch: 0,65 mm
open-in-new その他の SPDIF トランシーバ

概要

The DIR9001 is a digital audio interface receiver that can receive a 28-kHz to 108-kHz sampling- frequency, 24-bit-data-word, biphase-encoded signal. The DIR9001 complies with IEC60958-3, JEITA CPR-1205 (Revised version of EIAJ CP-1201), AES3, EBUtech3250, and it can be used in various applications that require a digital audio interface.

The DIR9001 supports many output system clock and output data formats and can be used flexibly in many application systems. As the all functions which the DIR9001 provides can be controlled directly through control pins, it can be used easily in an application system that does not have a microcontroller. Also, as dedicated pins are provided for the channel-status bit and user-data bit, processing of their information can be easily accomplished by connecting with a microcontroller, DSP, or others.

The DIR9001 does not require an external clock source or resonator for decode operation if the internal actual-sampling-frequency calculator is not used. Therefore, it is possible to reduce the cost of a system.

The operating temperature range of the DIR9001 is specified as –40°C to 85°C, which makes it suitable for automotive applications.

open-in-new その他の SPDIF トランシーバ
ダウンロード

技術資料

= TI が選択したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。 すべて表示 6
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート 96-kHz, 24-Bit Digital Audio Interface Receiver データシート 2014年 9月 25日
アプリケーション・ノート Clock System Design for Digital Audio Application 2016年 9月 6日
ユーザー・ガイド Value Soundbar Reference Design Kit Development Guide. 2012年 2月 3日
ユーザー・ガイド DRV603EVM User's Guide 2009年 1月 20日
その他の技術資料 DRV601EVM2 Read me first 2008年 2月 29日
ユーザー・ガイド DIR9001EVM 2007年 7月 3日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ハードウェア開発

評価基板 ダウンロード
149
概要

The DEM-DIR9001 is an evaluation board for the low jitter, Digital Audio Interface Receiver DIR9001. It isoperated by either a single +3.3 V power supply, or a +5 V power supply.

The DEM-DIR9001 has both an Optical Toslink input and a Coaxial input for the SPDIF interface which can achieve standard (...)

特長
  • One-Chip Digital Audio Interface Receiver (DIR) Including Low-Jitter Clock-Recovery
  • Compliant With Digital Audio Interface Standards: IEC60958 (former IEC958), JEITA CPR-1205 (former EIAJ CP-1201, CP-340), AES3, EBU tech3250
  • Clock Recovery and Data Decode From Biphase Input Signal, Generally Called (...)
評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
149
概要
TAS6422Q1EVM は市場初の車載インフォテインメント向け 2.1MHz、2 チャネル、デジタル入力 Class-D オーディオ・ソリューションです。  TAS6422 は 2.1MHz (...)
特長
  • 2.1-MHz のスイッチング周波数
  • 14.4V 電源電圧時に 4Ω 負荷に対し 10% THD+N で 2 チャネル、25W/Ch
  • I2C 診断 / 保護機能
  • CISPR25, class 5 放射型 / 伝導型電磁波規格に準拠
  • 光学 SPDIF、USB、PSIA(外部 I2S)入力オプションに対応
評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
175
概要
The TAS6424L EVM showcases the first true 2.1Mhz 4-Ch Digital Input Class-D Audio Solution for automotive infotainment in the market.  TAS6424L’s 2.1-Mhz switching frequency allows customers to significantly reduce inductor size and cost and optimize total system cost. TAS6424L delivers (...)
特長
  • 2.1-Mhz Switching Frequency
  • 4-Ch 27-W/Ch at 10% THD+N into 4-Ω with a 14.4-V supply
  • I2C Diagnostics and Protection. CISPR25, class 5 Radiated/Conducted Emission compliant
  • Optical SPDIF, USB and PSIA (external I2S) input options
ドーター・カード ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
499
概要

The K2G Audio Daughter Card is designed to work in conjunction with the K2G General Purpose EVM (EVMK2G) or EVMK2GX and the EVMK2G or EVMK2GX is required for Audio Daughter Card operation.  The Daughter Card allows users to develop multichannel audio applications such as A/V receivers (...)

特長
  • Audio expansion compatible with the K2G General Purpose EVM
  • Eight channels of analog input
  • Sixteen channels of analog output
  • S/PDIF input (optical or coaxial)
  • S/PDIF output (coaxial)
  • I2S header for external I/O (HDMI, etc.)

設計ツールとシミュレーション

シミュレーション・モデル ダウンロード
SLAC188.ZIP (18 KB) - IBIS Model
シミュレーション・ツール ダウンロード
PSpice® for TI design and simulation tool
PSPICE-FOR-TI — PSpice® for TI は、各種アナログ回路の機能評価に役立つ、設計とシミュレーション向けの環境です。設計とシミュレーションに適したこのフル機能スイートは、Cadence® のアナログ分析エンジンを使用しています。PSpice for TI は無償で使用でき、アナログや電源に関する TI の製品ラインアップを対象とする、業界でも有数の大規模なモデル・ライブラリが付属しているほか、選択された一部のアナログ動作モデルも利用できます。

設計とシミュレーション向けの環境である PSpice for TI を使用すると、内蔵のライブラリを活用して、複雑なミックスド・シグナル設計のシミュレーションを実施することができます。完成度の高い最終機器を設計し、レイアウトの確定や製造開始より前に、ソリューションのプロトタイプを製作することができます。この結果、市場投入期間の短縮と開発コストの削減を実現できます。 

設計とシミュレーション向けのツールである PSpice for TI の環境内で、各種 TI デバイスの検索、製品ラインアップの参照、テスト・ベンチの起動、設計のシミュレーションを実施し、選定したデバイスをさらに分析することができます。また、複数の TI デバイスを組み合わせてシミュレーションを実行することもできます。

事前ロード済みの複数のモデルで構成されたライブラリ全体に加えて、PSpice for TI ツール内で各種 TI デバイスの最新の技術関連資料に簡単にアクセスすることもできます。開発中のアプリケーションに適したデバイスを選定できたことを確認した後、TI 製品の購入ページにアクセスして、その製品を購入することができます。 

PSpice for TI を使用すると、回路の検討から設計の開発や検証まで、作業の進展に合わせて設計サイクルの各段階で、シミュレーションのニーズに適した各種ツールにアクセスできます。コスト不要で入手でき、開発を容易に開始できます。設計とシミュレーションに適した PSpice スイートをダウンロードして、今すぐ設計を開始してください。

 開発の開始

  1. PSpice for TI シミュレータへのアクセスの申請
  2. ダウンロードとインストール
  3. シミュレーション方法説明ビデオのご視聴
特長
  • Cadence の PSpice テクノロジーを活用
  • デジタル・モデル・スイートが付属する事前インストール済みのライブラリを活用して、ワーストケース・タイミング分析を実現可能
  • 動的更新により、最新のデバイス・モデルに確実にアクセス可能
  • 精度の低下を招かずに、シミュレーション速度を重視して最適化済み
  • 複数製品の同時分析をサポート
  • OrCAD Capture フレームワークを土台とし、業界で最も幅広く使用されている回路図のキャプチャとシミュレーションの環境へのアクセスを実現
  • オフライン作業が可能
  • 以下の点を含め、多様な動作条件とデバイス公差にまたがって設計を検証
    • 自動的な測定と後処理
    • モンテカルロ分析法
    • ワーストケース分析
    • 熱解析

リファレンス・デザイン

リファレンス・デザイン ダウンロード
バリュー・サウンドバー・リファレンス・デザイン・キット、ステレオ、または 2.1 アプリケーション用
TIDA-00089 これは PC スピーカや MP3 ドック用に簡単に再適用可能な、ステレオまたは 2.1 アプリケーション向けの Value Soundbar リファレンス・デザイン・キットです。必要なすべてのプログラム・ハードウェアが内蔵された包括的なリファレンス・デザインであるため、数分で作業を開始し、数時間でプロトタイピングを行い、平均 8 週間で生産を開始できるようになります。

Value Soundbar リファレンス・デザイン・キットでは、現在の市場で入手可能なディスクリート・ソリューションと比べて構築コストを 30% 節約できます。この設計には数多くの内蔵オプションが用意されているため、開発者は PCB を設計し直すことなく、簡単に製品をカスタマイズできます。ソフトウェアは、MSP430 コード(すべてがオープン・ソース)と Purepath Studio の家庭用オーディオ・バージョン向けコード・ファイルの 2 つの部分で提供されます。

TI は、MSP430 用のプログラマと、PCM3070 および EEPROM 用の専用のプログラマの両方を統合しています。

document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
TSSOP (PW) 28 オプションの表示

購入と品質

おすすめの製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価モジュール、またはリファレンス・デザインが含まれている場合があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示

ビデオ

関連ビデオ