トップ

製品の詳細

パラメータ

Illumination wavelength range (nm) Micromirror array size Chipset family DLP4500, DLP4500NIR Pattern rate, binary (Max) (Hz) 4225 Component type Digital Controller Number of triggers (Input / Output) 2 / 2 GPIO 14 Display resolution (Max) WXGA Pattern rate, 8-bit (Max) (Hz) 120 Micromirror array orientation Micromirror driver support Integrated Power consumption (mW) 1255 Thermal dissipation (°C/W) 6.6 open-in-new その他の 高速可視光チップセット

パッケージ|ピン|サイズ

BGA (ZFF) 419 529 mm² 23 x 23 open-in-new その他の 高速可視光チップセット

特長

  • DLP4500 および DLP4500NIR DMD の信頼性の高い動作に必要
  • 高速パターン表示モード
    • 1 ビット・バイナリで最高 4225Hz のパターン速度
    • 8 ビット・グレイスケールで最高 120Hz のパターン速度
    • マイクロミラーへの 1 対 1 の入力マッピング
    • パターン・シーケンスに複数のビット深度と LED を使用可能
  • カメラやセンサと簡単に同期
    • 2 つの構成可能な入力トリガ
    • 2 つの構成可能な出力トリガ
  • 14 の完全にプログラム可能な GPIO 信号
  • 64Mb の内蔵 RAM
    • 最大 48 の 1 ビット・パターンを格納
    • 外付けの揮発性メモリが不要
  • 格納パターンを増やすため、最大 32MB の外付けパラレル・フラッシュをサポート
  • 複数の構成インターフェイス
    • 1 つの USB V1.1 スレーブ・ポート
    • 2 つの I2C ポート
    • LED PWM ジェネレータ
  • ビデオ表示動作モード
    • フルカラーで 10~120Hz のフレーム・レート
    • YUV、YCrCb、または RGB の入力データ・フォーマット
  • マイクロミラー・ドライバ内蔵
  • クロック生成機能内蔵

All trademarks are the property of their respective owners.

open-in-new その他の 高速可視光チップセット

概要

DLPC350デジタル・コントローラは、DLP4500またはDLP4500NIRデジタル・マイクロミラー・デバイス(DMD)の信頼性の高い動作に必要な部品です。DLPC350コントローラは、ユーザーの電子機器とDMDとの間で、便利な多機能インターフェイスとして機能し、高速なパターン速度と、複数の入力フォーマットに対応したLED制御およびデータのフォーマット設定を実現します。

DLPC350コントローラは、カメラ、センサ、その他のペリフェラルと表示パターンを同期するため、入力および出力トリガ信号を供給します。このコントローラは、小型で低コストの光ステアリング・アプリケーションに統合可能です。アプリケーションとしては、3Dスキャンまたは計量システム、分光計、対話型ディスプレイ、化学分析、医療機器、その他空間的な光変調(光ステアリングおよびパターン作成)を必要とする最終機器などがあります。

DLPC350コントローラは、可視光または近赤外線(NIR)バージョンのDLP4500に対してデータ・フォーマット設定やDMD制御を行うASICです。詳細については、DLPR350ファームウェアのホームページDLP4500データシートDLP4500NIRデータシートを参照してください。

open-in-new その他の 高速可視光チップセット
ダウンロード

技術資料

= TI が選択したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。 すべて表示 14
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート DLPC350 DLP®デジタル・コントローラ、DLP4500およびDLP4500NIR DMD用 データシート (Rev. F 翻訳版) 英語版をダウンロード (Rev.F) 2020年 5月 27日
* エラッタ LightCrafter 4500 Evaluation Module (EVM) Errata 2014年 7月 15日
ユーザー・ガイド DLPC350 Programmer's Guide 2018年 7月 5日
アプリケーション・ノート Using DLP LightCrafter 4500 Triggers to Synchronize Cameras to Patterns 2018年 2月 16日
ユーザー・ガイド DLP 3D Printer User's Guide 2018年 2月 6日
ユーザー・ガイド DLP LightCrafter 4500 Flash Programmer's Guide 2018年 2月 6日
ユーザー・ガイド TIDA-00254 User's Guide 2017年 7月 26日
ユーザー・ガイド DLP® LightCrafter™ 4500 Evaluation Module User's Guide 2017年 7月 10日
技術記事 Improve printed circuit board (PCB) quality with 3D inspection 2017年 2月 2日
ユーザー・ガイド DLP Software Development Kit (SDK) User's Guide 2016年 4月 28日
ソリューション・ガイド TI DLP Technology for 3-D Printing 2016年 4月 8日
ソリューション・ガイド TI DLP® Technology for Spectroscopy 2016年 4月 8日
ホワイト・ペーパー DLP® for Spectroscopy 2015年 8月 15日
アプリケーション・ノート DLPNIRSCANEVM, DLP4500NIR, DLPC350 2014年 8月 21日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ハードウェア開発

評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
1299
概要

DLP® LightCrafter™ 4500 開発モジュールは産業、医療、科学アプリケーション向けに、高い輝度と解像度を備えたフレキシブルな高精度ライト・ステアリング・ソリューションを実現します。DLP LightCrafter 4500 は 0.45 インチ WXGA チップセットを採用しており、高い解像度、輝度、プログラマビリティを小フォーム・ファクタで提供します。

DLP LightCrafter 4500 (...)

特長
  • 150 ルーメンの光出力 RGB LED ライト・エンジン
  • 0 ~ 5A LED ドライバ搭載のオンボード LED ドライバ
  • 同時 RGB LED 動作
  • DLP4500 の最大解像度(912 x 1140)に対応する高速パターン表示
    • 最大 4,225Hz のバイナリ・パターンレート
    • 最大 120Hz の 8 ビット・グレースケール・パターンレート
  • 最大 WXGA 解像度(1280 x 800)に対応する画像 / ビデオ表示
  • プログラマブルな極性と立ち上がり / 立ち下がり遅延制御を備えた設定可能な 2 つの I/O トリガ
  • パターン保存向け 32MB フラッシュ・メモリ
  • USB、Mini-HDMI、UART、FPD Link インターフェイス
  • USB ベースの API とホスト GUI
  • 小サイズ:122 x 115 x 48mm

利用可能なバージョン

テキサス・インスツルメンツの提供する無料ソフトウェア / ファームウェア・ダウンロードにより、DLP LightCrafter 4500 EVM の高いフレキシビリティと先進制御機能を活用できます。また、ソフトウェアと設計に関連する資料により、DLP LightCrafter 4500 に搭載されている 0.45 WXGA チップセットに基づくカスタム製品の迅速な開発が可能になります。
DLP LightCrafter 4500 EVM GUI:このソフトウェア・バンドルには、DLP LightCrafter 4500 との通信を容易にする PC ベース GUI(グラフィカル・ユーザー・インターフェイス)向けの実行可能ファイルとソース・ファイルが付属しています。ソース・ファイルはQT Library と QT (...)
評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
8499
概要

 

DLP NIRscan は、高性能で手頃な近赤外線分光計を設計するための評価モジュール(EVM)です。設計者が DLP ベースの分光器の開発をすぐに開始するために必要なものがすべて含まれています。この評価モジュールは、近赤外(NIR)光用に最適化されている初の DLP チップセットとなる DLP 0.45 WXGA NIR チップセットが特長です。DLP テクノロジーにより、食品、製薬、石油/ガス、他の新興産業で使用されている分光器で、ラボ・レベルの性能を工場や現場でも実現できるようになります。

 

 

特長

 

  • 1350nm ~ 2450nm の波長範囲を提供
  • >30,000:1 の信号対雑音比(標準)
  • GUI のダウンロード不要(Web ブラウザ経由で接続するだけ)
  • シンプル/カスタム・スキャン・モードでは 1 秒足らずでスペクトルを取得
  • USB、イーサネット、I2C インターフェイス
  • スペクトル・スキャン・データの保存とダウンロード
  • 反射モジュールやファイバーベースのサンプリング・モジュールに対応

 

評価基板 ダウンロード
概要
Optecks の Light Animator は、科学者やエンジニアがパターン・シーケンスを迅速に設計して、DLP® テクノロジーを使用して光制御アプリケーションをトリガできるようにする視覚的なインターフェイスを採用したソフトウェア・パッケージです。Light Animator は DLP LightCrafter 6500、DLP Discovery 4100、DLP LightCrafter 4500 プラットフォームをサポートします。

Optecks の詳細は、https://www.optecks.com でご確認ください。
特長
  • Windows 7/8/10
  • ピクセル単位の Canvas はズーム可能なインターフェイス付きのマイクロミラーを表しています
  • 最大 8 ビットのバイナリ・イメージを描く
  • 物体の位置を選択して、そのプロパティを編集する
  • タイムライン・ウインドウを使用してアニメーションを作成する
  • bmp、jpg、gif、png および AVI ファイル形式のインポート / エクスポートをサポートする
  • 入力および出力パルスをトリガしてカメラなどの外部デバイスと同期する
光学モジュール ダウンロード
ANHUA-3P-DLP45OPTICALMOD
Anhua Optoelectronics Technology Co., Ltd からの提供
document-generic ユーザー・ガイド
概要
Anhua Optoelectronics は、DLP® 0.45” WXGA DMD を採用し、投影比、輝度レベル、サイズ、波長のさまざまなオプションをサポートする、生産対応の各種光学モジュールを提供しています。同社は、光源の変更や光学システムの再設計を含め、システムの変更に関するご相談もお受けしています。

Anhua Optoelectronics 社の詳細は、http://www.anhuaoe.com でご確認になれます。
光学モジュール ダウンロード
EKB-3P-DLP4500EVM
EKB Technologies Ltd. からの提供
document-generic ユーザー・ガイド
概要
EKB の E4500 MKII™ 開発モジュールは、産業、医療、科学の各アプリケーション向けに、UV (紫外線)、IR (赤外線)、 RGB を含めたさまざまな光源を使用するフレキシブルな光操作 (ライト・ステアリング (...)
光学モジュール ダウンロード
Keynote Photonics DLP4500 評価モジュール
Keynote Photonics からの提供
document-generic ユーザー・ガイド
概要
Keynote Photonics offers a number of optical engine options, featuring DLP4500/DLPC350 DLP® chipset.

The LC4500-RGB optical engine provides a full color, high resolution projector for your display applications. Excellent uniformity and short focus capability enable a wide range of applications. The (...)
光学モジュール ダウンロード
WDST-3P-PRO4500
Wintech Digital Systems Technology からの提供
概要
Wintech’s production ready optical engine (PRO4500) is a high brightness modular DLP-based projector designed for industrial applications. The PRO4500 is based on Texas Instrument’s DLP LightCrafter 4500 that utilizes the DLP4500 WXGA DMD and is compatible with both DLP4500FQE (150 (...)

ソフトウェア開発

ファームウェア ダウンロード
DLPC350 構成およびサポート・ファームウェア
DLPR350 — The DLP 0.45 WXGA chipset consists of the DLP4500 DMD and DLPC350 controller. To enable broad functionality of the chipset and ensure reliable operation of the DLP4500 micromirrors, TI is offering DLPR350 configuration and support firmware. Combined with the DLPC350 controller, the DLPR350 firmware (...)
特長
  • Free downloadable configuration firmware for the DLPC350
  • Enables the 0.45 WVXA chipset to display high speed, native resolution patterns with user selectable bit depths, pattern rates and exposure time
  • Allows users to display high quality, wide aspect ratio video and images at multiple resolutions
  • (...)

設計ツールとシミュレーション

シミュレーション・モデル ダウンロード
DLPC072.IBS (399 KB) - IBIS Model
シミュレーション・モデル ダウンロード
DLPM006.ZIP (6 KB) - BSDL Model

リファレンス・デザイン

リファレンス・デザイン ダウンロード
DLP 0.45 WXGA チップセット・リファレンス・デザイン
DLP4500-C350REF このリファレンス・デザインは、DLP® 0.45” WXGA チップセットを備え、DLP® LightCrafter™ 4500 (...)
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド
リファレンス・デザイン ダウンロード
DLP® テクノロジを使用する、ベスト・イン・クラスのステレオリソグラフィ 3D プリンタ
TIDA-00293 DLP 3D プリンタ・リファレンス・デザインは TI の DLP 3D 構造化光ソフトウェア開発キット(SDK)を使用し、クラス最高の高解像度 3D オブジェクトの構築を可能にします。DLP テクノロジーは高精度、高速 3D (...)
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド
リファレンス・デザイン ダウンロード
DLP®テクノロジーを使用する3Dマシン・ビジョン・アプリケーション用の高精度ポイント・クラウド・ジェネレーション
TIDA-00254 LightCrafter™ シリーズ・コントローラ向けに TI の DLP® Advanced Light Control(高度な照明制御)ソフトウェア開発キット(SDK)を採用した 3D マシン・ビジョン・リファレンス・デザインで、TI (...)
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド
リファレンス・デザイン ダウンロード
DLP® 近赤外分光計、液体と固体の光学的分析用
TIDA-00155 この近赤外線(NIR)分光器リファレンス・デザインでは、テキサス・インスツルメンツの DLP テクノロジーと単素子 InGaAs 検出器の組み合わせによって高性能な測定が可能です。しかも、高価な InGaAs アレイ検出器や壊れやすい回転回折格子アーキテクチャとは異なり、低コストでポータブルなフォーム・ファクタを実現しています。NIR 分光器は、食品、農業、製薬、石油化学製品、プラスチックなどさまざまなアプリケーションで、有機系の液体や固体を解析するために一般的に使用されています。強力な Sitara 組込みプロセッサやアナログ・シグナル・チェーン部品と組み合わせれば、デベロッパーは、ハイエンドのラボ用分光器の実力を備えた機器を作業現場や製造ラインに提供できます。
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
BGA (ZFF) 419 オプションの表示

購入と品質

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示

ビデオ

関連ビデオ