拡張温度範囲、ファイバをサポート、16kV ESD に対処、高い信頼性、10/100Mbps イーサネット PHY トランシーバ

トップ

製品の詳細

パラメータ

Datarate (Mbps) 10/100 Interface type MII, RMII, RGMII Number of ports Single Rating Catalog Features Single supply, WoL, EEE, Cable diagnostics, 50-MHz clock out, Fiber Supply voltage (V) 3.3 or 1.8 IO supply (Typ) (V) 1.8, 2.5, 3.3 Operating temperature range (C) -40 to 125 Cable length (m) 150 open-in-new その他の イーサネット PHYs

パッケージ|ピン|サイズ

VQFN (RHB) 32 25 mm² 5 x 5 open-in-new その他の イーサネット PHYs

特長

  • IEEE 802.3u準拠: 100BASE-FX、100BASE-TX、10BASE-Te
  • MII/RMII/RGMII MAC インターフェイス
  • 低消費電力の単一電源オプション
    • 1.8V AVD < 120mW
    • 3.3V AVD < 220mW
  • ±16kV の HBM ESD 保護
  • ±8kV の IEC 61000-4-2 ESD 保護
  • IEEE 1588 タイム・スタンプに対応するフレーム・スタート検出
  • 高速なリンク・ダウンのタイミング
  • 強制モードでの自動クロスオーバー
  • 動作温度範囲: -40°C~+125°C
  • I/O 電圧: 3.3V、2.5V、1.8V
  • パワー・セービング機能
    • Energy Efficient Ethernet (EEE) IEEE 802.3az
    • WoL (Wake-on-LAN) サポートとマジック・パケット検出
    • 省エネルギー・モードをプログラム可能
  • ケーブル診断
  • BIST (内蔵セルフ・テスト)
  • MDC/MDIO インターフェイス

All trademarks are the property of their respective owners.

open-in-new その他の イーサネット PHYs

概要

DP83822は、低消費電力のシングル・ポート10/100MbpsイーサネットPHYです。標準のツイストペア・ケーブルで、または外部の光ファイバー・トランシーバに接続して、データを送受信するために必要な、すべての物理レイヤ機能が搭載されています。さらに、DP83822には標準のMII、RMII、RGMIIインターフェイスでMACに接続できる柔軟性があります。

DP83822は、32ピン、5.00mm×5.00mmのVQFNパッケージで供給されます。

DP83822にはケーブル診断ツール、組み込みの自己テスト、ループバック機能が内蔵されており、簡単に使用できます。複数の産業用バスを高速なリンク・ダウンのタイミングでサポートし、Auto-MDIXを強制モードでサポートします。

DP83822は革新的かつ堅牢な手法により、EEE、WoL、その他プログラム可能な省エネルギー・モードを使用して消費電力を削減します。

DP83822は豊富な機能を持ち、TLK105、TLK106、TLK105L、TLK106L 10/100MbpsイーサネットPHYのピン互換なアップグレード可能オプションです。

open-in-new その他の イーサネット PHYs
ダウンロード

技術資料

= TI が選択したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。 すべて表示 17
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート DP83822 堅牢、低消費電力の 10/100Mbps イーサネット物理レイヤ・トランシーバ データシート (Rev. E 翻訳版) 英語版をダウンロード (Rev.E) 2020年 2月 12日
ホワイト・ペーパー E-book:産業用ロボット設計に関するエンジニア・ガイド 英語版をダウンロード 2020年 3月 25日
ホワイト・ペーパー E-book: An engineer’s guide to industrial robot designs.. 2020年 3月 25日
アプリケーション・ノート Selection and Specification of Crystals for Texas Instruments Ethernet Devices 2019年 2月 6日
アプリケーション・ノート Configuring Ethernet Devices with 4-Level Straps 2018年 9月 27日
アプリケーション・ノート Ethernet PHY Configuration Through MDIO for Industrial Applications 2017年 12月 11日
アプリケーション・ノート DP83822 IEEE802.3 Compliance and Debug 2016年 8月 25日
アプリケーション・ノート Cable Diagnostics for Ethernet PHYs 2016年 8月 24日
アプリケーション・ノート DP83822 Low Power Modes 2016年 8月 24日
アプリケーション・ノート Jitter Analysis for Ethernet PHY 2016年 8月 24日
アプリケーション・ノート DP83822 Energy Efficient Ethernet IEEE 802.3az 2016年 8月 22日
アプリケーション・ノート DP83822 Hardware Rollover 2016年 8月 22日
アプリケーション・ノート DP83822 Wake-On-LAN 2016年 8月 22日
アプリケーション・ノート Chinese and English Definitions of Acronyms Related to Ethernet Products 2016年 8月 20日
ユーザー・ガイド DP83822 EVM User's Guide 2016年 8月 19日
ユーザー・ガイド DP83XG710-Q1 Layout and Design Guidelines 2016年 8月 19日
アプリケーション・ノート AN-1469 PHYTER® Design & Layout Guide 2013年 4月 26日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ハードウェア開発

評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
199
概要

The DP83822EVM supports 100BASE-FX, 100BASE-TX and 10BASE-Te. This design has been tested and validated at UNH for compliance. It is also emissions Class A certified and is rated to ±8-kV IEC61000-4-2 (contact discharge).

The DP83822EVM incudes two onboard status LEDs and a 5-V USB connector with (...)

特長
  • 100BASE-TX, 100BASE-FX and 10BASE-Te compliant
  • MII, RMII master, RMII slave and RGMII MAC interfaces
  • Low-power modes: Energy-efficient Ethernet, wake-on-LAN, active sleep, passive sleep, IEEE power down, deep power down
  • IEEE 1588 start-of-frame detection
  • Supports error-free data transfer over 150 m (...)
開発キット ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
399
概要
The K2G Industrial Communications Engine (ICE) enables 66AK2Gx processor developers to immediately start development, demonstration and test of industrial communication protocols for products such as PLC, bus controllers, motion control and other real-time industrial networked applications.  (...)
特長
  • 66AK2G02 C66x DSP + ARM Cortex A15 Processor at 600 MHz
  • Two programmable real-time unit (PRU) and industrial communication subsystems (PRU-ICSS)
  • PCI express 2.0 with integrated PHY
  • Gigabit ethernet port supporting 10/100/1000 Mbps data rate on RJ45 connector
  • Four 10x100 industrial ethernet connectors
  • (...)

ソフトウェア開発

アプリケーション・ソフトウェアとフレームワーク ダウンロード
USB から MDIO、シリアル管理ツール
USB-2-MDIO The USB-2-MDIO software tool lets Texas Instruments' Ethernet PHYs access the MDIO status and device control registers.  The USB-2-MDIO tool includes a LaunchPad™ Development kit for TI's MSP430™ MCUs that is interfaced with a lightweight (...)
特長
  • MDIO bus controller
  • IEEE 802.3 clause 22
  • IEEE 802.3ah clause 22 access to clause 45 registers
ドライバとライブラリ ダウンロード
イーサネット PHY の Linux ドライバとツール
ETHERNET-SW The Linux drivers for Texas Instruments' Ethernet physical layer (PHY) transceivers support communication through the serial management interface (MDC/MDIO) to configure and read PHY registers.

The USB-2-MDIO software lets you directly access the registers during debug and prototyping.  (...)

設計ツールとシミュレーション

シミュレーション・モデル ダウンロード
SNLC060.ZIP (1 KB) - Thermal Model
シミュレーション・モデル ダウンロード
SNLM205A.ZIP (54 KB) - IBIS Model
シミュレーション・ツール ダウンロード
PSpice® for TI design and simulation tool
PSPICE-FOR-TI — PSpice® for TI は、各種アナログ回路の機能評価に役立つ、設計とシミュレーション向けの環境です。設計とシミュレーションに適したこのフル機能スイートは、Cadence® のアナログ分析エンジンを使用しています。PSpice for TI は無償で使用でき、アナログや電源に関する TI の製品ラインアップを対象とする、業界でも有数の大規模なモデル・ライブラリが付属しているほか、選択された一部のアナログ動作モデルも利用できます。

設計とシミュレーション向けの環境である PSpice for TI を使用すると、内蔵のライブラリを活用して、複雑なミックスド・シグナル設計のシミュレーションを実施することができます。完成度の高い最終機器を設計し、レイアウトの確定や製造開始より前に、ソリューションのプロトタイプを製作することができます。この結果、市場投入期間の短縮と開発コストの削減を実現できます。 

設計とシミュレーション向けのツールである PSpice for TI の環境内で、各種 TI デバイスの検索、製品ラインアップの参照、テスト・ベンチの起動、設計のシミュレーションを実施し、選定したデバイスをさらに分析することができます。また、複数の TI デバイスを組み合わせてシミュレーションを実行することもできます。

事前ロード済みの複数のモデルで構成されたライブラリ全体に加えて、PSpice for TI ツール内で各種 TI デバイスの最新の技術関連資料に簡単にアクセスすることもできます。開発中のアプリケーションに適したデバイスを選定できたことを確認した後、TI 製品の購入ページにアクセスして、その製品を購入することができます。 

PSpice for TI を使用すると、回路の検討から設計の開発や検証まで、作業の進展に合わせて設計サイクルの各段階で、シミュレーションのニーズに適した各種ツールにアクセスできます。コスト不要で入手でき、開発を容易に開始できます。設計とシミュレーションに適した PSpice スイートをダウンロードして、今すぐ設計を開始してください。

 開発の開始

  1. PSpice for TI シミュレータへのアクセスの申請
  2. ダウンロードとインストール
  3. シミュレーション方法説明ビデオのご視聴
特長
  • Cadence の PSpice テクノロジーを活用
  • デジタル・モデル・スイートが付属する事前インストール済みのライブラリを活用して、ワーストケース・タイミング分析を実現可能
  • 動的更新により、最新のデバイス・モデルに確実にアクセス可能
  • 精度の低下を招かずに、シミュレーション速度を重視して最適化済み
  • 複数製品の同時分析をサポート
  • OrCAD Capture フレームワークを土台とし、業界で最も幅広く使用されている回路図のキャプチャとシミュレーションの環境へのアクセスを実現
  • オフライン作業が可能
  • 以下の点を含め、多様な動作条件とデバイス公差にまたがって設計を検証
    • 自動的な測定と後処理
    • モンテカルロ分析法
    • ワーストケース分析
    • 熱解析
シミュレーション・ツール ダウンロード

リファレンス・デザイン

リファレンス・デザイン ダウンロード
高性能マイコン向け EtherCAT インターフェイスのリファレンス・デザイン
TIDM-DELFINO-ETHERCAT — このリファレンス・デザインは、C2000 Delfino マイコンを EtherCAT™ ET1100 スレーブ・コントローラに接続する方法を示します。このインターフェイスは、帯域幅の最大化と待ち時間の最小化を目的として、デマルチプレクス形式のアドレス・バス (...)
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド
リファレンス・デザイン ダウンロード
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド document-generic 英語版をダウンロード (Rev.C)
リファレンス・デザイン ダウンロード
EtherCAT スレーブとマルチプロトコル産業用イーサネットのリファレンス・デザイン
TIDA-00299 このリファレンス・デザインは、EMC 耐性が高いコスト最適化済みの EtherCAT スレーブ (デュアル・ポート) を実装しているほか、アプリケーション・プロセッサ向けの SPI インターフェイスを搭載しています。このハードウェア設計は、AMIC110 産業用通信プロセッサを使用しており、マルチプロトコルの産業用イーサネットとフィールド・バスをサポートすることができます。このデザインは、5V 単一電源電圧で動作します。1 個の PMIC を使用して、必要なオンボード・レールをすべて生成します。EtherCAT スレーブ・スタックは、AMIC110 上、またはシリアル・ペリフェラル・インターフェイス(SPI)を使用するアプリケーション・プロセッサ上で実行できます。ハードウェア・スイッチにより、AMIC110 は、SPI フラッシュから EtherCAT スレーブ・ファームウェアを起動または SPI 経由でアプリケーション・プロセッサから起動するよう構成できます。このデザインは、EtherCAT マスターが動作している単一の標準的な PLC を使用する状態で、IEC61800-3 の EMC 耐性をテスト済みです。JTAG インターフェイスにより、カスタムファームウェアも短期間で開発できます。
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド document-generic 英語版をダウンロード (Rev.A)
リファレンス・デザイン ダウンロード
IEEE802.3bt PoE(Power Over Ethernet)対応コネクテッド LED ライティングのリファレンス・デザイン
TIDA-01463 — この PoE(Power over Ethernet)リファレンス・デザインは、単一のイーサネット・ケーブルを使用して、接続先の LED ライティング・バラストに電力とデータを供給します。このリファレンス・デザインは TI の TPS2372-4 PoE 受電側デバイス(PD)インターフェイス、LM3409 降圧コントローラ、LM5165 降圧コンバータ、TPS62740 降圧コンバータ、TM4C1292NCPDT マイコン(MCU)、TPD4E05U06-Q1 ESD 保護デバイス、DP83822I イーサネット PHY を使用して、LED ライトに電力を供給し、LED ライトの輝度と調光パラメータをリモート・コントロールすると同時に、ネットワークへの接続も実現します。
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド document-generic 英語版をダウンロード

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
VQFN (RHB) 32 オプションの表示

購入と品質

おすすめの製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価モジュール、またはリファレンス・デザインが含まれている場合があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示

ビデオ

関連ビデオ