トップ

製品の詳細

パラメータ

Datarate (Mbps) 10/100/1000 Interface type GMII, RGMII, MII Number of ports Single Rating Catalog Features Cable diagnostics, IEEE 1588 SOF, JTAG1149.1 Supply voltage (V) 1 and 2.5 IO supply (Typ) (V) 1.8, 2.5, 3.3 Operating temperature range (C) -40 to 85 Cable length (m) 130 open-in-new その他の イーサネット PHYs

パッケージ|ピン|サイズ

HTQFP (PAP) 64 100 mm² 10 x 10 VQFN (RGZ) 48 49 mm² 7 x 7 open-in-new その他の イーサネット PHYs

特長

  • 非常に短いRGMIIレイテンシ: TX < 90ns、RX < 290ns
  • 低消費電力: 457mW
  • IEC 61000-4-2で8000Vを超えるESD保護
  • EN55011 Class Bの放射基準に合致
  • RX/TXで16のRGMII遅延モードをプログラム可能
  • MDI終端抵抗を内蔵
  • MII/GMII/RGMIIの終端インピーダンスをプログラム可能
  • WoL (Wake-on-LAN) パケット検出
  • 25MHzまたは125MHzの同期クロック出力
  • IEEE 1588タイム・スタンプのサポート
  • RJ45ミラー・モード
  • IEEE 802.3 10BASE-Te、100BASE-TX、1000BASE-T仕様と完全互換
  • ケーブル診断
  • MII、GMII、およびRGMII MACインターフェイス・オプション
  • I/O電圧を構成可能(3.3V、2.5V、1.8V)
  • 高速なリンク・アップ/リンク・ドロップ・モード
  • JTAGのサポート

All trademarks are the property of their respective owners.

open-in-new その他の イーサネット PHYs

概要

DP83867は堅牢で低消費電力の、必要な機能がすべて揃った物理層トランシーバで、PMDサブレイヤを内蔵しており、10BASE-Te、100BASE-TX、1000BASE-Tの各イーサネット・プロトコルをサポートしています。DP83867はESD保護に最適化されており、IEC 61000-4-2で8kVを超える保護を実現しています(直接接触)。

DP83867は、10/100/1000MbpsのイーサネットLANを簡単に実装できるよう設計されています。外部の変圧器を通して、ツイストペアのメディアへ直接接続が可能です。このデバイスは、IEEE 802.3標準Media Independent Interface (MII)、IEEE 802.3 Gigabit Media Independent Interface (GMII)、またはReduced GMII (RGMII)により、MAC層へ直接接続されます。QFPパッケージはMII/GMII/RGMIIを、QFNパッケージはRGMIIをサポートします。

DP83867は、同期イーサネット・クロック出力など、高精度のクロック同期を提供します。低レイテンシであり、IEEE 1588のフレーム開始検出も行います。

DP83867の消費電力は、完全な動作時の電力でわずか490mW (PAP)および457mW (RGZ)です。Wake on LANを使用して、システムの消費電力を低減できます。

open-in-new その他の イーサネット PHYs
ダウンロード
おすすめの類似製品
open-in-new 製品の比較
機能は同じだが、ピン配列、またはパラメーターが同等ではない比較製品
DP83867CR アクティブ 小型 QFN パッケージ封止、低消費電力、信頼性の高いギガビット・イーサネット PHY トランシーバ この製品は RGMII をサポートし、0~70℃ の商業用温度範囲で動作します
DP83867CS アクティブ SGMII 搭載、低消費電力、信頼性の高いギガビット・イーサネット PHY トランシーバ この製品は SGMII をサポートし、0~70℃ の商業用温度範囲で動作します
DP83867E アクティブ 拡張温度範囲、SGMII 対応、高い信頼性、低レイテンシ、ギガビット・イーサネット PHY トランシーバ この製品は、RGMII および SGMII をサポートし、-40~105℃ の産業用温度範囲で動作します
DP83867IS アクティブ 産業用温度範囲、SGMII 搭載、信頼性の高いギガビット・イーサネット PHY トランシーバ この製品は、SGMII をサポートし、-40~85℃ の産業用温度範囲で動作します

技術資料

star = TI が選択したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
すべて表示 21
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート DP83867IR/CR 堅牢で耐性の高い10/100/1000イーサネット物理層トランシーバ データシート (Rev. E 翻訳版) 最新の英語版をダウンロード (Rev.F) 2017年 8月 2日
アプリケーション・ノート Ethernet PHY PCB Design Layout Checklist 2021年 6月 1日
アプリケーション・ノート How to Configure DP838XX for Ethernet Compliance and Loopback Testing (Rev. B) 2021年 5月 7日
e-Book(PDF) E-book:産業用ロボット設計に関するエンジニア・ガイド 英語版をダウンロード 2020年 3月 25日
e-Book(PDF) E-book: An engineer’s guide to industrial robot designs.. 2020年 3月 25日
技術記事 Top 3 considerations for harsh industrial Ethernet 2019年 11月 4日
アプリケーション・ノート 88E1512 to DP83867 and DP83869 System Rollover 2019年 8月 30日
アプリケーション・ノート AR8031 to DP83867 and DP83869 System Rollover 2019年 8月 30日
技術記事 Overcoming Ethernet connectivity challenges on the power grid 2019年 6月 27日
アプリケーション・ノート Selection and Specification of Crystals for Texas Instruments Ethernet Devices 2019年 2月 6日
アプリケーション・ノート Importance of Latency in Factory Automation (Rev. A) 2019年 2月 6日
技術記事 Two ways to save power with low-power Ethernet 2016年 11月 17日
アプリケーション・ノート KSZ9031RN to DP83867CR/CS/E/IR/IS System Rollover 2016年 9月 12日
アプリケーション・ノート DP83867 Troubleshooting Guide (Rev. A) 2016年 4月 6日
ユーザー・ガイド USB-2-MDIO User's Guide 2016年 2月 19日
アプリケーション・ノート RGMII Interface Timing 2015年 10月 28日
アプリケーション・ノート How to use SFDs 2015年 10月 27日
アプリケーション・ノート DP83867E/IS/CS/IR/CR RGZ Power Consumption Data 2015年 10月 7日
アプリケーション・ノート DP83867IRPAP Power Consumption Data 2015年 8月 27日
ユーザー・ガイド DP83867EVM Users'Guide 2015年 3月 14日
アプリケーション・ノート AN-1469 PHYTER® Design & Layout Guide (Rev. D) 2013年 4月 26日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ハードウェア開発

評価ボード ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
499
概要

DCA1000 評価基板 (EVM) は、TI の AWR と IWR の各レーダー・センサ EVM から取得する 2 レーンおよび 4 レーンの LVDS (低電圧差動信号伝送) トラフィックに対して、リアルタイム・データ・キャプチャとストリーミングを実施できます。1Gbps イーサネットを使用して、MMWAVE-STUDIO ツールを実行している PC 宛にこのデータをリアルタイムでストリーミング送信し、キャプチャと可視化を実行した後、選定したアプリケーションにその結果を渡し、データ処理とアルゴリズムの開発を進めることができます。

特長
  • ラボとモバイル・コレクションのシナリオをサポート
  • AWR/IWR の各レーダー・センサから LVDS データをキャプチャ
  • 1Gbps イーサネットを経由して出力をリアルタイムでストリーミング送信
  • 複数のオンボード・スイッチまたは GUI / ライブラリを使用して制御
評価ボード ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
199
概要

The DP83867ERGZ-R-EVM supports 1000/100/10BASE and is compliant with the IEEE 802.3 standard. This reference design supports the RGMII MAC interface.

The DP83867ERGZ-R-EVM evaluation module (EVM) for the DP83867 device includes 3 on-board status LEDs and 5-V connectors with onboard (...)

特長
  • 1000BASE-Tx IEEE 802.3 compliant
  • Meets EN55011 3m Class B emissions and immunity requirements
  • SFD IEEE 1588 timestamp
  • Wake-on LAN
  • Low power modes: Active sleep, passive sleep, IEEE power down and deep power down
評価ボード ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
199
概要

The DP83867IRPAP-EVM supports 1000/100/10BASE and is compliant with the IEEE 802.3 standard. This reference design supports GMII, RGMII and MII MAC interfaces.

The DP83867IRPAP-EVM incudes four onboard status LEDs and a 5-V jack with onboard LDO regulators. The EVM is JTAG accessible and (...)

特長
  • 1000BASE-TX IEEE 802.3 compliant
  • GMII, RGMII & MII MAC interfaces
  • SFD IEEE 1588 timestamp
  • Low-power modes: Active sleep, passive sleep, IEEE power down and deep power down
  • Wake-on-LAN
  • Energy-efficient Ethernet
  • Support error free data transfer over 125 m on CAT5 cable
評価ボード ダウンロード
1146.54
概要
J6Entry, RSP and TDA2E-17 CPU Board EVM is an evaluation platform designed to speed up development efforts and reduce time to market for Infotainment  reconfigurable Digital Cluster or Integrated Digital Cockpit and ADAS applications. The CPU board integrates key peripherals such as parallel (...)
特長
  • 2GB DDR3L
  • LP8733/LP8732 Power Solution
  • On-board eMMC, NAND, NOR
  • USB3, USB2, PCIe, Ethernet, COM8Q, CAN, MLB, MicroSD and HDMI connectors
評価ボード ダウンロード
2324.44
概要

The J6Entry/RSP EVM is an evaluation platform designed to speed up development efforts and reduce time to market for applications such as Infotainment, reconfigurable Digital Cluster or Integrated Digital Cockpit.

The main CPU board integrates these key peripherals such as Ethernet or HDMI, while the (...)

特長
  • 10.1" Display with capacitive Touch
  • JAMR3 Radio Tuner Application Board
  • 2GB DDR3L
  • LP8733/LP8732 Power Solution
  • On-board eMMC, NAND, NOR
  • USB3, USB2, PCIe, Ethernet, COM8Q, CAN, MLB, MicroSD and HDMI connectors

ソフトウェア開発

アプリケーション・ソフトウェアとフレームワーク ダウンロード
USB から MDIO、シリアル管理ツール
USB-2-MDIO The USB-2-MDIO software tool lets Texas Instruments' Ethernet PHYs access the MDIO status and device control registers.  The USB-2-MDIO tool includes a LaunchPad™ Development kit for TI's MSP430™ MCUs that is interfaced with a lightweight (...)
特長
  • MDIO bus controller
  • IEEE 802.3 clause 22
  • IEEE 802.3ah clause 22 access to clause 45 registers
ドライバまたはライブラリ ダウンロード
イーサネット PHY の Linux ドライバとツール
ETHERNET-SW The Linux drivers for Texas Instruments' Ethernet physical layer (PHY) transceivers support communication through the serial management interface (MDC/MDIO) to configure and read PHY registers.

The USB-2-MDIO software lets you directly access the registers during debug and prototyping.  (...)

設計ツールとシミュレーション

シミュレーション・モデル ダウンロード
SNLM191A.ZIP (80 KB) - IBIS Model
シミュレーション・モデル ダウンロード
SNLM192A.ZIP (5 KB) - BSDL Model
シミュレーション・モデル ダウンロード
SNLM201A.ZIP (5 KB) - BSDL Model
シミュレーション・ツール ダウンロード
PSpice® for TI design and simulation tool
PSPICE-FOR-TI — PSpice® for TI は、各種アナログ回路の機能評価に役立つ、設計とシミュレーション向けの環境です。設計とシミュレーションに適したこのフル機能スイートは、Cadence® のアナログ分析エンジンを使用しています。PSpice for TI は無償で使用でき、アナログや電源に関する TI の製品ラインアップを対象とする、業界でも有数の大規模なモデル・ライブラリが付属しているほか、選択された一部のアナログ動作モデルも利用できます。

設計とシミュレーション向けの環境である PSpice for TI を使用すると、内蔵のライブラリを活用して、複雑なミックスド・シグナル設計のシミュレーションを実施することができます。完成度の高い最終機器を設計し、レイアウトの確定や製造開始より前に、ソリューションのプロトタイプを製作することができます。この結果、市場投入期間の短縮と開発コストの削減を実現できます。 

設計とシミュレーション向けのツールである PSpice for TI の環境内で、各種 TI デバイスの検索、製品ラインアップの参照、テスト・ベンチの起動、設計のシミュレーションを実施し、選定したデバイスをさらに分析することができます。また、複数の TI デバイスを組み合わせてシミュレーションを実行することもできます。

事前ロード済みの複数のモデルで構成されたライブラリ全体に加えて、PSpice for TI ツール内で各種 TI デバイスの最新の技術関連資料に簡単にアクセスすることもできます。開発中のアプリケーションに適したデバイスを選定できたことを確認した後、TI 製品の購入ページにアクセスして、その製品を購入することができます。 

PSpice for TI を使用すると、回路の検討から設計の開発や検証まで、作業の進展に合わせて設計サイクルの各段階で、シミュレーションのニーズに適した各種ツールにアクセスできます。コスト不要で入手でき、開発を容易に開始できます。設計とシミュレーションに適した PSpice スイートをダウンロードして、今すぐ設計を開始してください。

 開発の開始

  1. PSpice for TI シミュレータへのアクセスの申請
  2. ダウンロードとインストール
  3. シミュレーション方法説明ビデオのご視聴
特長
  • Cadence の PSpice テクノロジーを活用
  • デジタル・モデル・スイートが付属する事前インストール済みのライブラリを活用して、ワーストケース・タイミング分析を実現可能
  • 動的更新により、最新のデバイス・モデルに確実にアクセス可能
  • 精度の低下を招かずに、シミュレーション速度を重視して最適化済み
  • 複数製品の同時分析をサポート
  • OrCAD Capture フレームワークを土台とし、業界で最も幅広く使用されている回路図のキャプチャとシミュレーションの環境へのアクセスを実現
  • オフライン作業が可能
  • 以下の点を含め、多様な動作条件とデバイス公差にまたがって設計を検証
    • 自動的な測定と後処理
    • モンテカルロ分析法
    • ワーストケース分析
    • 熱解析
シミュレーション・ツール ダウンロード

リファレンス・デザイン

リファレンス・デザイン ダウンロード
TIDEP-01017
TIDEP-01017 このカスケード開発キットには、以下のような 2 つの主な使用事例があります。
  1. MMWCAS-DSP-EVM をキャプチャ・カードとして使用し、mmWave studio ツールと組み合わせて AWR2243 の 4 チップ・カスケード性能を包括的に評価するには、『TIDEP-01012 design guide』 (英語) をお読みください。
  2. MMWCAS-DSP-EVM を使用してレーダーのリアルタイム SW アプリケーションを開発するには、『TIDEP-01017 design guide』 (英語) をお読みください。

このリファレンス・デザインは、カスケード接続した画像処理レーダー・システムに関する処理の基礎を示します。カスケード接続した複数のレーダー・デバイスは、前方の長距離(LRR)ビーム成形アプリケーションに加えて、コーナーおよび側面のカスケード接続したレーダーやセンサ・フュージョン・システムにも対応できます。このリファレンス・デザインは、ADAS アプリケーションの開発とテストに適した、機能するソフトウェア評価プラットフォームを製作するための材料を、認定を受けたデベロッパーに提供します。このデザインは、複数の車載レーダー・フロント・エンド・サブシステムとアンテナ・サブシステムをサポートする基本プラットフォームの開発期間短縮に貢献します。

document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド document-generic 英語版をダウンロード
リファレンス・デザイン ダウンロード
High density isolated PoE and GigE reference design for machine vision cameras and vision sensors
TIDA-010083 — PoE (パワー・オーバー・イーサネット) は、電力とデータを 1 本のケーブルで伝達する、使いやすく信頼性の高いソリューションであり、高いデータ・レートと長い到達距離を達成します。この組み合わせにより、マシン・ビジョン・カメラやビジョン・センサのような小型デバイスにとって PoE が最適なソリューションになります。このリファレンス・デザインは、1Gbps 物理層を搭載した完成度の高い PoE 受電デバイス (PD) と高効率の絶縁型電源ソリューションを 27mm x 27mm の超小型フォーム・ファクタで実装しています。
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド document-generic 英語版をダウンロード
リファレンス・デザイン ダウンロード
産業用ギガビット・イーサネット PHY のリファレンス・デザイン
TIDA-010010 — PLC アプリケーションには高速ギガビット・イーサネット・インターフェイスが必要です。Sitara™ AM5728 プロセッサ内部のギガビット・イーサネット MAC ペリフェラル・ブロックに DP83867IR 産業用ギガビット・イーサネット物理レイヤ・トランシーバを実装した TI のリファレンス・デザインにより、このインターフェイスを実現できます。
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド document-generic 英語版をダウンロード
リファレンス・デザイン ダウンロード
EMI/EMC 準拠、産業用温度、デュアル・ポート・ギガビット・イーサネット、リファレンス・デザイン
TIDA-00204 2 個の産業用グレード DP83867IR ギガビット・イーサネット PHY のほか、 イーサネット MAC やスイッチを集積した Sitara™ ホスト・プロセッサの性能評価を可能にするリファレンス・デザインです。EMI や EMC (...)
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド document-generic 英語版をダウンロード (Rev.B)

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
HTQFP (PAP) 64 オプションの表示
VQFN (RGZ) 48 オプションの表示

購入と品質

含まれる情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating/ リフローピーク温度
  • MTBF/FIT の推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

おすすめの製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価モジュール、またはリファレンス・デザインが含まれている場合があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示

ビデオ