DP83TC811S-Q1

アクティブ

車載グレード 1、xMII サポート、診断ツールキットが利用可能、低消費電力、100BASE-T1、イーサネット PHY トランシーバ

トップ

製品の詳細

パラメータ

Datarate (Mbps) 100BASE-T1 Interface type MII, RMII, RGMII, SGMII Number of ports Single Rating Automotive Features Single supply, WoL, Cable diagnostics, 25-MHz clock out, JTAG1149.1 Supply voltage (V) 3.3 IO supply (Typ) (V) 1.8, 2.5, 3.3 Operating temperature range (C) -40 to 125 Cable length (m) 60 open-in-new その他の イーサネット PHYs

パッケージ|ピン|サイズ

VQFNP (RND) 36 36 mm² 6 x 6 open-in-new その他の イーサネット PHYs

特長

  • 100BASE-T1 – IEEE 802.3bw Compliant
    • OPEN Alliance Qualified
    • Interoperable With BroadR-Reach and 100BASE-T1 PHYs
  • AEC-Q100 Qualified for Automotive Applications:
    • Device Temperature Grade 1: –40°C to +125 °C Ambient Operating Temperature
    • Device HBM ESD Classification Level 3A
    • Device CDM ESD Classification Level C5 for All Pins Except Pin 5
    • Device CDM ESD Classification Level C3 for Pin 5
    • Device IEC61000-4-2 ESD Classification Level 4 for Pins 12 and 13: ±8-kV Contact Discharge
  • MAC Interfaces: MII, RMII, RGMII and SGMII
  • VQFN, Wettable Flank Packaging
  • IEEE 1588 SFD Support
  • Low Transmit and Receive Latency for AVB/TSN
  • Low Active Power Operation: < 230 mW
  • Configurable I/O Voltages: 3.3 V, 2.5 V, and 1.8 V
  • Power Savings Features:
    • Sleep, Standby and Disable
    • Wake-on-LAN (WoL)
  • Diagnostic Tool Kit
    • Signal Quality Indication (SQI)
    • Time Domain Reflectometry (TDR)
    • Electrostatic Discharge Sensor
    • Voltage Sensor
    • Temperature Sensor
    • PRBS Built-In Self-Test

All trademarks are the property of their respective owners.

open-in-new その他の イーサネット PHYs

概要

The DP83TC811S-Q1 device is an IEEE 802.3bw-compliant automotive PHYTER™ Ethernet physical layer transceiver. It provides all physical layer functions needed to transmit and receive data over unshielded single twisted-pair cables. The device provides xMII flexibility with support for standard MII, RMII, RGMII, and SGMII MAC interfaces.

This device includes the Diagnostic Tool Kit, providing an extensive list of real-time monitoring tools, debug tools and test modes. Within the tool kit is the first integrated electrostatic discharge (ESD) monitoring tool. It is capable of counting ESD events on both the xMII and MDI as well as providing real-time monitoring through the use of a programmable interrupt. Additionally, the DP83TC811S-Q1 includes a pseudo random binary sequence (PRBS) frame generation tool, which is fully compatible with internal loopbacks, to transmit and receive data without the use of a MAC. The DP83TC811S-Q1 is housed in a 6.00-mm × 6.00-mm, 36-pin VQFN wettable flank package.

open-in-new その他の イーサネット PHYs
ダウンロード

技術資料

= TI が選択したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。 すべて表示 10
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート DP83TC811S-Q1 Low Power Automotive PHY 100BASE-T1 Ethernet Physical Layer Transceiver データシート 2018年 11月 16日
技術記事 SimpliPHY your Ethernet design, part 1: Ethernet PHY basics and selection process 2020年 3月 11日
アプリケーション・ノート Selection and Specification of Crystals for Texas Instruments Ethernet Devices 2019年 2月 6日
アプリケーション・ノート DP83TC811 Low-Power Operation 2018年 6月 15日
アプリケーション・ノート DP83TC811 Diagnostic Toolkit 2018年 5月 31日
アプリケーション・ノート DP83TC811 Systems and Reference Schematics 2018年 5月 31日
技術記事 Gigabit xMII for 100BASE-T1: why are RGMII & SGMII important for 100 Mbps PHYs? 2018年 5月 15日
技術記事 The importance of automotive Ethernet standards 2018年 5月 1日
ホワイト・ペーパー 100BASE-T1 Ethernet: the evolution of automotive networking 2018年 4月 24日
アプリケーション・ノート DP83TC811 IEEE802.3bw Compliance and Debug 2017年 11月 21日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ハードウェア開発

評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
299
概要

The DP83TC811EVM is IEEE 802.3bw compliant, supporting 100BASE-T1. The DP83TC811R and DP83822H are configured in RGMII back-to-back, allowing a seamless media conversion from 100BASE-T1 to 100BASE-TX. This design has been tested and validated at UNH for 100BASE-T1 compliance.

The DP83TC811EVM incudes (...)

特長
  • 100BASE-T1 compliance
  • Media conversion from 100BASE-T1 to 100BASE-TX
  • On-Board MSP430F5529 with USB-2-MDIO for register access
  • Supports interoperability testing, compliance testing and BER testing 
評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
299
概要

DP83TC811SEVM は IEEE 802.3bw に準拠しており、100BASE-T1 をサポートします。MII、RMII、RGMII、SGMII、SMI インターフェイスへのシンプルなアクセスを提供する xMII 評価ボードです。UNH で 100BASE-T1 準拠に関するテストと承認を完了しています。また、5V ~ 20V をサポートし、広入力電圧範囲に対応する LDO を搭載しています。

特長
  • 100BASE-T1 準拠
  • MII、RMII、RGMII、SGMII、SMI をサポート
  • 入力電圧範囲(Vin)の広いオンボード LDO
  • 相互運用性試験、準拠試験、BER 試験に対応

ソフトウェア開発

ドライバとライブラリ ダウンロード
イーサネット PHY の Linux ドライバとツール
ETHERNET-SW The Linux drivers for Texas Instruments' Ethernet physical layer (PHY) transceivers support communication through the serial management interface (MDC/MDIO) to configure and read PHY registers.

The USB-2-MDIO software lets you directly access the registers during debug and prototyping.  (...)

設計ツールとシミュレーション

シミュレーション・モデル ダウンロード
SNLM234.ZIP (78 KB) - IBIS Model
シミュレーション・モデル ダウンロード
SNLM235.ZIP (134 KB) - IBIS Model
シミュレーション・モデル ダウンロード
SNLM238.ZIP (1 KB) - BSDL Model
シミュレーション・ツール ダウンロード
PSpice® for TI design and simulation tool
PSPICE-FOR-TI PSpice® for TI は、各種アナログの機能評価に役立つ、設計とシミュレーション向けのツールです。  さまざまな機能を持ち、設計とシミュレーションに適したこのツールは、Cadence® のアナログ分析エンジンを使用しています。PSpice for TI は無償でご使用いただけます。アナログや電源に関する TI の製品ラインアップを対象に、業界でも有数の大規模な PSpice モデル・ライブラリが付属しているほか、選択された一部のアナログ動作モデルも利用できます。 

はじめに

  • PSpice for TI ツールへのアクセスの申請
  • ツールのダウンロードとインストール
  • シミュレーション方法説明ビデオのご視聴

PSpice for TI ツールを使用すると、内蔵のモデル・ライブラリを使用して、複雑な設計のシミュレーションを実施することができます。完成度の高い最終機器を設計し、レイアウトの確定や製造開始より前に、ソリューションのプロトタイプを製作することができます。この結果、市場投入期間の短縮と開発コストの削減を実現できます。 

設計とシミュレーション向けのツールである PSpice for TI の環境内で、各種 TI デバイスの検索、製品ラインアップの参照、テスト・ベンチの起動、設計のシミュレーションを実施し、選定したデバイスをさらに分析することができます。また、複数の TI デバイスを組み合わせてシミュレーションを実行することもできます。

事前ロード済みの PSpice モデルで構成されたライブラリ全体に加えて、ツール内で各種 TI 製品情報に簡単にアクセスすることもできます。開発中のアプリケーションに適したデバイスを選定できたことを確認した後、TI 製品の購入ページにアクセスして、その製品を購入することができます。

PSpice for TI を使用すると、回路の検討から設計の開発や検証まで、作業の進展に合わせて設計サイクルの各段階で、シミュレーションのニーズに適した各種ツールにアクセスできます。  コスト不要で入手でき、開発を容易に開始できます。設計とシミュレーションに適した PSpice スイートをダウンロードして、今すぐ設計を開始してください。
特長
  • 電源とシグナル・チェーンに関する TI の製品ラインアップを網羅する、各種 PSpice モデルで構成された事前インストール済みライブラリ
  • 動的更新により、最新のデバイス・モデルに確実にアクセス可能
  • 精度の低下を招かずに、シミュレーション速度を重視して最適化済み
  • 複数製品の同時分析をサポート
  • Cadence の PSpice テクノロジーを活用
  • OrCAD Capture フレームワークを土台とし、業界で最も幅広く使用されている回路図のキャプチャとシミュレーションの環境へのアクセスを実現
  • オフライン作業に対応し、柔軟性のあるスタンドアロン・ツール
シミュレーション・ツール ダウンロード

リファレンス・デザイン

リファレンス・デザイン ダウンロード
Automotive domain controller for gateway, assisted and automated driving systems reference design
TIDEP-01020 Decentralized vehicle architectures on the road today use individual ECUs that lack processing power and high-speed interfaces to handle the complex tasks and data movement needs of newly emerging automotive architectures. Higher level functions require the right combination of DMIPS, data bandwidth (...)
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド
リファレンス・デザイン ダウンロード
Jacinto™ 6 Entry 使用エントリ・レベル・ヘッド・ユニット・ディスプレイ・オーディオのリファレンス・デザイン
TIDEP-0097 TI の Jacinto™ DRA71x プロセッサをベースとした、この車載用リファレンス・デザインは、システム・レベルのコスト削減を重視しています。6 (...)
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド document-generic 英語版をダウンロード
リファレンス・デザイン ダウンロード
イーサネット/ CAN 対応車載スタンドアロン・ゲートウェイのリファレンス・デザイン
TIDA-01425 TIDA-01425 はゲートウェイ・アプリケーションの帯域幅と処理能力の拡大を可能にする車載ゲートウェイ向けサブシステムのリファレンス・デザインです。帯域幅拡大のためのイーサネット物理層トランシーバ(PHY)と、処理能力向上のための車載プロセッサを使用し、車載用ゲートウェイでより多くの高速データ伝送を実現します。さらに、完全な電源ツリー、CAN PHY、車載要件と放射仕様を想定して選定したコンポーネントを使用した完全な車載ゲートウェイ設計の開始を可能にし、設計プロセスを簡素化します。
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド document-generic 英語版をダウンロード (Rev.B)

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
VQFNP (RND) 36 オプションの表示

購入と品質

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示

ビデオ

関連ビデオ