トップ

製品の詳細

パラメータ

Vs (Max) (V) 15 Vs (Min) (V) 6 Operating temperature range (C) -40 to 125 open-in-new その他の ソレノイド・ドライバ

パッケージ|ピン|サイズ

TSSOP (PW) 14 32 mm² 5 x 6.4 TSSOP (PW) 8 19 mm² 3 x 6.4 open-in-new その他の ソレノイド・ドライバ

特長

  • 高電圧の動作用に、電源ピンにツェナー・ダイオードを内蔵
    • 整流器およびRS抵抗経由で120Vおよび230V AC電源を使用
    • RS抵抗経由で24V、48V、およびより高電圧のDC電源を使用
  • PWMにより外付けMOSFETを駆動し、ソレノイド電流を制御
    • 外付けの検出抵抗によりソレノイド電流をレギュレート
  • ソレノイド電流の高速なランプ・アップによりアクティブ化を保証
  • ホールド・モードでソレノイド電流を低減し、低消費電力と熱放散を実現
  • ランプ・ピーク電流、ピーク電流のキープ時間、およびPWMクロック周波数を外部で設定可能。これらは外付け部品なしでも通常の値で動作可能
  • 保護
    • サーマル・シャットダウン
    • 低電圧誤動作防止(UVLO)
  • オプションのSTATUS出力
  • 動作温度範囲: -40℃~+125℃
  • 8ピンおよび14ピンのTSSOPパッケージ・オプション

All trademarks are the property of their respective owners.

open-in-new その他の ソレノイド・ドライバ

概要

DRV110デバイスは、ソレノイド用のPWM電流コントローラです。このデバイスは、適切に制御された波形により電流をレギュレートし、消費電力を減らすように設計されています。ソレノイド電流は高速にランプ・アップされ、バルブやリレーが確実に開くようにします。最初のランプの後で、正しい動作を保証するためソレノイド電流はピーク値に維持され、その後で熱による問題を回避し、消費電力を減らすため、電流は低い保持レベルまで引き下げられます。

ピーク電流の期間は、外付けのコンデンサにより設定されます。電流ランプのピークおよび保持レベルと、PWM周波数は、外付けの抵抗で別々に設定できます。外付けの設定抵抗は、対応するパラメータのデフォルト値がアプリケーションに適切なら、省略できます。

DRV110にはツェナー・ダイオードが内蔵されており、高い電源電圧を必要とするアプリケーションで、VINの電源電圧をVZENERに制限します。内蔵のツェナーを使用することで、DRV110は整流器と電流制限抵抗を経由して120Vおよび230V AC電源から電力の供給を受けることができます。この方法により、48Vなどの高いDC電圧も使用できます。

open-in-new その他の ソレノイド・ドライバ
ダウンロード

技術資料

= 主要な資料
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。 すべて表示 8
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート DRV110 ソレノイド、リレー、バルブ用の120Vおよび230V AC、6~48V DC電流コントローラ データシート (Rev. G 翻訳版) 英語版をダウンロード (Rev.G) 2018年 6月 18日
技術記事 Liberate your solenoid or relay from the bonds of supply voltage 2017年 3月 16日
技術記事 The story of motor-drive integration 2017年 1月 9日
技術記事 How to create a dynamic power solution for stepper motors, relays and LEDs 2016年 11月 1日
技術記事 How to avoid motor and system overvoltage using AVS technology without external components 2016年 10月 14日
アプリケーション・ノート Driving solenoid coils efficiently in switchgear applications 2013年 10月 28日
ユーザー・ガイド DRV110/DRV120 EVM User’s Guide 2012年 7月 27日
その他の技術資料 Smart Relays for Solar Inverters 2012年 5月 3日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ハードウェア開発

評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
$75.36
概要

The DRV110EVM uses the DRV110A 14-pin TSSOP packaged version of DRV110 a power saving PWM solenoid driver. The EVM operates with full-rated performance either from a 7-48V DC, or 100-240V AC supply, enables easy control of all the adjustable device parameters and allows the connection of any (...)

特長
  • Voltage supply operation range: 7-48V DC or 100-240V AC
  • Connection of a any solenoid through a connector and wires
  • Easy setting of tunable parameters (OSC frequency, PEAK current, HOLD current) with potentiometers
  • Setting of KEEP time with a replaceable capacitor

設計ツールとシミュレーション

シミュレーション・モデル ダウンロード
SBWM002E.ZIP (25 KB) - PSpice Model
シミュレーション・モデル ダウンロード
SBWM003A.ZIP (45 KB) - TINA-TI Spice Model
シミュレーション・モデル ダウンロード
SBWM004A.TSC (93 KB) - TINA-TI Reference Design
計算ツール ダウンロード
SLIC024.ZIP (416 KB)

リファレンス・デザイン

リファレンス・デザイン ダウンロード
TIDA-010071
TIDA-010071 — このリファレンス・デザインは、リレーと接触器を効率的に駆動し、リレーと接触器の両端間で絶縁型のライン電圧をセンシングするための SAE J1772 規格を満たすことを目的とし、スタンバイ消費電力が非常に小さい絶縁型 AC/DC 補助電源段の後段に、複数のコンバータ、複数のリニア・レギュレータ、1 個のコンパレータ・ベース制御パイロット・インターフェイスを接続した構成を提示します。電気自動車サービス機器 (EVSE) は、グリッドから電気自動車 (EV) への安全な電力供給を実現します。EVSE 制御システムは、補助電源段、オフボード AC/DC 大電力段 (DC 充電ステーションの場合のみ)、エネルギー測定ユニット、AC と DC の残留電流検出器、絶縁モニタ・ユニット、駆動回路付きのリレーと接触器、1 線式の双方向通信、サービス・インターフェイスとユーザー・インターフェイスで構成されています。
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド document-generic 英語版をダウンロード
リファレンス・デザイン ダウンロード
サーボ・ドライブ / ロボット向け電流レギュレーション機能搭載、スマート保持ブレーキ・コントローラのリファレンス・デザイン
TIDA-01621 — TIDA-01600 は外部の保持ブレーキを制御する 2 チャネルの出力信号を供給することにより、IEC EN 61800-5-2 に従ってサーボ・ドライブに安全なブレーキ制御機能を実装します。保持ブレーキは電源が切られるとラッチ状態になり、コイルに電圧が印加されるとラッチ解除されます。コイルに電力を供給するスマート電子ロード・スイッチをイネーブル/ディスエーブルに切り替え、この動作を実現します。このリファレンス・デザインにはさまざまな故障を検出する診断機能も含まれておりり、安全な動作を確保します。また、C2000(TM) LaunchPad(TM) 開発キットを使用してブレーキ制御信号を生成し、診断機能を実行します。
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド document-generic 英語版をダウンロード
リファレンス・デザイン ダウンロード
電流制御ドライバ、230V AC ソレノイド用、リファレンス・デザイン
TIDA-00284 TIDA-00284 は、電流制御機能とプランジャー移動検出機能を AC ソレノイド・コイルに統合しています。このリファレンス・デザインは、PWM ベースのコントローラとホール・センサを使用してソレノイド電流を制御し、プランジャーの移動を検出し、ピーク電流からホールド電流モードに切り替えます。最大 70% の消費電力低減、処理時間の高速化を実現しているほか、使用法も大幅に簡略化し、監視機能も強化されています。こうした利点から、産業用オートメーションと素材加工などのさまざまな用途での活用が可能です。
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド
リファレンス・デザイン ダウンロード
電流制御ドライバ、24V DC ソレノイド用、プランジャ故障検出付、リファレンス・デザイン
TIDA-00289 TI Design TIDA-00289 は、電流制御機能とプランジャ移動検出機能をソレノイド・コイルに集積するためのリファレンス・デザインです。消費電力の最大 70% 低減、処理時間の高速化、監視機能の強化のほか、使いやすさも向上しており、こうしたメリットを産業機器や素材加工などのさまざまな用途で活用することが可能になります。
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
TSSOP (PW) 14 オプションの表示
TSSOP (PW) 8 オプションの表示

購入と品質

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示

ビデオ

関連ビデオ