トップ

製品の詳細

パラメータ

Type Omnipolar switch, Unipolar switch Supply voltage (Vcc) (Min) (V) 1.65 Supply voltage (Vcc) (Max) (V) 5.5 Operate point (Max) (mT) 3.9, 4.8, 9.5, 63 Release point (Min) (mT) 0.9, 0.5, 3, 30 Output Push-pull output driver, Open-drain Operating temperature range (C) -40 to 85 open-in-new その他の ホール・エフェクトのラッチとスイッチ

パッケージ|ピン|サイズ

SOT-23 (DBZ) 3 7 mm² 2.92 x 2.37 TO-92 (LPG) 3 6 mm² 4 x 1.52 X2SON (DMR) 4 2 mm² 1.4 x 1.1 open-in-new その他の ホール・エフェクトのラッチとスイッチ

特長

  • 業界最先端の超低消費電力
    • 5Hz バージョン:1.8V で 0.54µA
    • 20Hz バージョン:3V で 1.6µA
  • 1.65V~5.5V の VCC 範囲で動作
  • 磁気スレッショルド・オプション (最大 BOP)
    • 3.9mT、最高感度
    • 4.8mT、高感度
    • 9.5mT、中感度
    • 63mT、最低感度
  • オムニポーラおよびユニポーラのオプション
  • 20Hz および 5Hz のサンプリング・レート・オプション
  • オープン・ドレインおよびプッシュプル出力オプション
  • SOT-23、X2SON、TO-92 パッケージ・オプション
  • –40℃~+85℃の動作温度範囲

All trademarks are the property of their respective owners.

open-in-new その他の ホール・エフェクトのラッチとスイッチ

概要

DRV5032デバイスは、超低消費電力のデジタル・スイッチ式ホール効果センサで、小型でバッテリ駆動時間が重要なシステム向けに設計されています。このデバイスは、各種のアプリケーションに適合できるよう、複数の磁気スレッショルド、サンプリング・レート、出力ドライバ、パッケージで供給されます。 ™

印加されている磁束密度がBOPスレッショルドを超えると、デバイスはLOW電圧を出力します。出力は磁束密度がBRP未満に低下するまでLOWに維持され、その後でデバイスのバージョンに応じてHIGH電圧に駆動されるか、高インピーダンスに移行します。このデバイスには発振器が内蔵されており、20Hzで磁界をサンプリングして出力を更新します。また、消費電流を最小限に抑えるため5Hzで動作するバージョンもあります。オムニポーラおよびユニポーラの磁気応答を利用可能です。

このデバイスは 1.65V~5.5V の VCC 範囲で動作し、標準の SOT-23、TO-92、小型の X2SON パッケージに搭載されます。

open-in-new その他の ホール・エフェクトのラッチとスイッチ
ダウンロード

技術資料

= TI が選択したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。 すべて表示 11
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート DRV5032 超低消費電力、デジタル・スイッチ、ホール効果センサ データシート (Rev. E 翻訳版) 英語版をダウンロード (Rev.E) 2020年 3月 31日
ユーザー・ガイド HALL-ADAPTER-EVM User's Guide 2020年 4月 20日
ホワイト・ペーパー Energy efficiency in smart homes and buildings 2020年 4月 8日
アプリケーション・ノート TI のホール効果センサを使用したシングルおよびマルチ・ポジション・スイッチのリファレンス・デザイン 英語版をダウンロード 2019年 11月 26日
技術記事 Understanding tamper detection sensors 2019年 11月 18日
技術記事 Why current and magnetic sensing matters for wireless earbud design 2019年 11月 10日
技術記事 Driving industrial innovation with small-size sensors 2019年 9月 12日
技術記事 Protect battery-powered tools in harsh environments with Hall effect sensors 2018年 11月 8日
アプリケーション・ノート 磁気センサ付きの電力ゲーティング・システム (Rev. A 翻訳版) 英語版をダウンロード (Rev.A) 2018年 3月 12日
ホワイト・ペーパー 統合磁気センシング技術による精度と信頼性の向上 英語版をダウンロード 2017年 7月 27日
ユーザー・ガイド DRV5032-SOLAR-EVM User's Guide 2017年 6月 1日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ハードウェア開発

評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
25
概要
The DRV5032-SOLAR-EVM evaluation module (EVM) is a compact, easy-to-use platform for evaluating the main features and performance of the DRV5032 ultra-low power digital switch Hall Effect sensor across its specified input voltage and temperature ranges. The EVM features an on-board solar panel (...)
特長
  • Ultra-low power
  • On-board solar panel
  • LED indicator to conveniently show when device output has been triggered
  • Jumpers allow isolation and direct access to DRV5032 pins
評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
10
概要
Speed up your switch, latch and linear hall sensor prototyping and testing with the HALL-ADAPTER-EVM, which provides a fast, easy and inexpensive way to interface with small ICs. You can connect any supported Hall Sensor using the included Samtec terminal strips or wire them directly to existing (...)
特長
  • Evaluation of all SOT-23 and TO-92 hall sensor devices from TI
  • Pads for pullup resistors and bypass caps on the breakaway boards
  • Magnet and breakaway PCB ruler included
評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
概要

TI の新しい LaunchPad™ SensorTag (...)

特長
  • 2.4GHz と Sub-1GHz のマルチバンド動作に適した、FCC、CE、IC の認証済み無線機能を搭載しているので、複数のワイヤレス・スタック (Bluetooth® Low Energy、Sub-1GHz、Thread、Zigbee®、802.15.4) にまたがる同時動作が可能
  • IEEE 802.15.4g、IPv6 対応スマート・オブジェクト (6LoWPAN)、ワイヤレス M-Bus、MIOTY® テクノロジー、および TI 15.4-Stack (Sub-1GHz) テクノロジーを含む各種独自システムをサポート
  • 4 個の低消費電力オンボード・センサを搭載:周辺光 (OPT3001)、温度と湿度 (HDC2080)、ホール・エフェクト (DRV5032)、加速度計
  • 複数の単四電池からの電力供給で動作するほか、1 個のコイン・セル・バッテリ・ホルダーを取り付けて 1 個の CR2032 からの電力供給で動作する、より消費電力の小さいアプリケーション向けのオプションも利用可能
  • TI のブースタパック・エコシステムや他の多くのハードウェア・コンポーネントとの互換性があり、開発中の設計に合わせた機能の拡張が可能
  • iOS と Android の両方で使用できる SimpleLink スタータ・モバイル・アプリがサポート
  • SysConfig を使用した直観的な構成が可能
  • 特に CC1352R マイコン (MCU) と組み合わせた動作を想定して専用設計した複数の受動部品の内蔵 (IPC) を採用し、設計の簡素化を実現して、RF 受動部品点数を 23 個から 3 個に削減

リファレンス・デザイン

リファレンス・デザイン ダウンロード
TIDA-010065
TIDA-010065 — このリファレンス・デザインは、絶縁形式で電圧と電流を測定することを目的として、絶縁型アンプ向けの絶縁型電源を生成するシンプルなアーキテクチャを採用しています。強化絶縁を採用したフル統合型の DC/DC コンバータは 5V 入力で動作し、5V または (低ドロップアウト (LDO) レギュレータのヘッドルームを確保する目的で) 5.4V の絶縁型電力を生成するように構成することができます。入力範囲が ±50mV である複数の絶縁型アンプは、複数のチャネル絶縁入力という形で構成済みであり、これらのアンプに接続した複数のシャントを使用して電流を測定します。入力範囲が ±250mV または ±12V である複数の絶縁型アンプは、複数のグループ絶縁入力という形で構成済みであり、これらのアンプに接続した電位デバイダの出力を使用して電圧を測定します。これらの絶縁型アンプの出力は、24 ビットのデルタ・シグマ A/D コンバータ (ADC) に直接接続する方法、またはゲイン・アンプを使用して ±10 V にスケール化した後、16 ビット SAR ADC に接続する方法で性能を評価できます。オンボードのデジタル診断機能は、信頼性の向上と、性能の強化に貢献します。
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド document-generic 英語版をダウンロード
リファレンス・デザイン ダウンロード
磁気不正変更検出機能、低消費電力ホール効果センサ使用、リファレンス・デザイン
TIDA-00839 磁気を使用して改ざんされた場合、電力測定システムの各種トランスが機能不全に陥り、システムに適切に電力を供給できなくなるか、負荷が消費した電力を正しく登録できなくなる可能性があります。  このリファレンス・デザインは、ホール・センサを使用し、磁気による改ざんを検出する Class 0.2 の 3 相電力測定システムを実装しています。  メイン電源とバックアップ電源の両方から電力を供給されている場合に磁気による改ざんの検出が可能になります。  バックアップ電源での動作時にバッテリ寿命を延長するため、ホール・センサの消費電流を低減する複数の方法を採用しています。
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド
リファレンス・デザイン ダウンロード
グリッド・アプリケーションを過渡から保護するフラットクランプ TVS(過渡電圧サプレッサ)ベースのリファレンス・デザイン
TIDA-010008 — This reference design features multiple approaches for  protecting AC or DC analog input, DC analog output, AC or DC binary input, digital output with a high side or low side driver, LCD bias supply, USB interfaces (power and data) and onboard power supplies with 24, 12 or 5V input used in (...)
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド document-generic 英語版をダウンロード (Rev.B)
リファレンス・デザイン ダウンロード
汎用センサ向け、スタンバイ電流 6μA、低消費電力、単 4 電池動作のリファレンス・デザイン
TIDA-050018 — This reference design demonstrates a low-power boost converter solution used for door and windows sensors. The design includes an alkaline battery, an ultra-low quiescent-current boost converter and ultra-low power consuming digital Hall effect sensors. It can also power an ultra-low power (...)
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド document-generic 英語版をダウンロード
リファレンス・デザイン ダウンロード
超低消費電力のオーバーヘッド障害インジケータ向け障害監視のリファレンス・デザイン
TIDA-00807 Fault Indicators (FI) are devices installed at certain distance on overhead power lines in electric power distribution networks to detect and indicate the occurence of faults. The benefit is reduction in outage times by identifying the fault zone easily.  The TIDA-00807 reference design (...)
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド document-generic 英語版をダウンロード (Rev.A)
リファレンス・デザイン ダウンロード
Sub-1GHz、コイン型電池で 10 年の寿命を実現する低消費電力ドア / 窓センサのリファレンス・デザイン
TIDA-01066 — TIDA-01066 は、TI の超低消費電力デジタル・ホール・エフェクト・センサと、超低消費電力の SimpleLink™ Sub-1GHz ワイヤレス・マイコン(MCU)プラットフォームを使用して、配線不要で非常に長いバッテリ寿命を実現するドア (...)
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
SOT-23 (DBZ) 3 オプションの表示
TO-92 (LPG) 3 オプションの表示
X2SON (DMR) 4 オプションの表示

購入と品質

おすすめの製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価モジュール、またはリファレンス・デザインが含まれている場合があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示

ビデオ

関連ビデオ