トップ

製品の詳細

パラメータ

Type Ratiometric unipolar Supply voltage (Vcc) (Min) (V) 3 Supply voltage (Vcc) (Max) (V) 5.5 Accuracy (%) 5 Rating Automotive Output 0.6 V to Vcc Sensitivity (Typ) (mV/mT) 25, 50, 100, 200 Operating temperature range (C) -40 to 150 open-in-new その他の リニア・ホール効果センサ

パッケージ|ピン|サイズ

SOT-23 (DBZ) 3 7 mm² 2.92 x 2.37 TO-92 (LPG) 3 6 mm² 4 x 1.52 open-in-new その他の リニア・ホール効果センサ

特長

  • ユニポーラのリニア・ホール効果磁気センサ
  • 3.3Vおよび5Vの電源で動作
  • 0.6Vの静止オフセット付きのアナログ出力
    • 電圧スイングの最大化により高精度
  • 磁気感度オプション(VCC = 5V時)
    • A1: 200mV/mT、20mT範囲
    • A2: 100mV/mT、39mT範囲
    • A3: 50mV/mT、79mT範囲
    • A4: 25mV/mT、158mT範囲
  • 高速な20kHzセンシング帯域幅
  • ±1mA駆動の低ノイズ出力
  • 磁石の温度ドリフトの補償
  • 車載アプリケーションに対応
  • 下記内容でAEC-Q100認定済み:
    • デバイス温度グレード 0: 動作時周囲温度範囲    –40℃~150℃
    • デバイスHBM ESD分類レベル2
    • デバイスCDM ESD分類レベルC4B
  • 標準の産業用パッケージ:
    • 表面実装のSOT-23
    • スルーホールのTO-92

All trademarks are the property of their respective owners.

open-in-new その他の リニア・ホール効果センサ

概要

DRV5056-Q1はリニア・ホール効果センサで、磁界のS極の磁束密度に比例して応答します。このデバイスは、広範なアプリケーションにおいて、正確な位置センシングに使用できます。

ユニポーラの磁気応答が特徴で、アナログ入力は磁界が存在しないとき0.6Vに駆動され、磁界のS極が印加されると増大します。この応答により、1つの磁極を検出するアプリケーションで、出力のダイナミック・レンジが最大化されます。4つの感度オプションにより、必要なセンシング範囲に基づいて、さらに出力スイングを最大化できます。

このデバイスは、3.3Vまたは5Vの電源で動作します。パッケージの上面に垂直な磁束が検出され、2つのパッケージ・オプションでセンシング方向が異なります。

デバイスは、レシオメトリック・アーキテクチャを使用し、外部のアナログ/デジタル・コンバータ(ADC)が基準として同じVCCを使用しているとき、VCCの許容範囲からの誤差を最小化できます。さらに、デバイスには磁石温度補償が搭載されており、磁石のドリフトを補償することで、-40℃~+150℃の広い温度範囲にわたって線形のパフォーマンスを実現します。

open-in-new その他の リニア・ホール効果センサ
ダウンロード

技術資料

= TI が選択したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。 すべて表示 9
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート DRV5056-Q1 車載用ユニポーラ・レシオメトリック・リニア・ホール効果センサ データシート (Rev. A 翻訳版) 英語版をダウンロード (Rev.A) 2018年 9月 18日
ユーザー・ガイド HALL-ADAPTER-EVM User's Guide 2020年 4月 20日
技術記事 Driving industrial innovation with small-size sensors 2019年 9月 12日
ユーザー・ガイド DRV5055-5057EVM User's Guide 2019年 1月 25日
技術記事 Intro to linear Hall effect sensors: Achieve contactless accurate position sensing 2018年 9月 6日
アプリケーション・ノート Angle Measurements With Linear Hall Effect Sensors 2018年 8月 23日
アプリケーション・ノート Using Linear Hall Effect Sensors to Measure Angle 2018年 8月 22日
技術記事 You can be an electromechanical engineer 2017年 11月 10日
技術記事 Invisible but indispensable: The future of sensing is magnetic 2017年 11月 8日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ハードウェア開発

評価ボード ダウンロード
49
概要
TheDRV505x is a linear Hall Effect magnetic-sense solution that provides ease of use and high performance. The DRV5055-5057EVM is intended to provide basic functional evaluation of this device family. The fixture layout is not intended to be a model for the target circuit, nor is it laid out for (...)
特長
  • Evaluation of all gain options for the DRV5055, DRV5056, and DRV5057
  • Ease of access to device pins with test points
  • Capability to easily read Voltage, mT, and microcontroller ADC memory values from and LCD
  • Ability to toggle between devices through the simple press of pushbutton (S1)
評価ボード ダウンロード
10
概要
Speed up your switch, latch and linear hall sensor prototyping and testing with the HALL-ADAPTER-EVM, which provides a fast, easy and inexpensive way to interface with small ICs. You can connect any supported Hall Sensor using the included Samtec terminal strips or wire them directly to existing (...)
特長
  • Evaluation of all SOT-23 and TO-92 hall sensor devices from TI
  • Pads for pullup resistors and bypass caps on the breakaway boards
  • Magnet and breakaway PCB ruler included

設計ツールとシミュレーション

計算ツール ダウンロード
SBAC231.ZIP (1110 KB)

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
SOT-23 (DBZ) 3 オプションの表示
TO-92 (LPG) 3 オプションの表示

購入と品質

含まれる情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating/ リフローピーク温度
  • MTBF/FIT の推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

おすすめの製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価モジュール、またはリファレンス・デザインが含まれている場合があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示

ビデオ

関連ビデオ