トップ

製品の詳細

パラメータ

Function Driver Protocols LVDS Number of transmitters 4 Number of receivers 0 Supply voltage (V) 3.3 Signaling rate (Mbps) 400 Input signal TTL, LVTTL, CMOS Output signal LVDS Rating Catalog Operating temperature range (C) -40 to 85 open-in-new その他の LVDS、M-LVDS、PECL の各 IC

パッケージ|ピン|サイズ

TSSOP (PW) 16 22 mm² 5 x 4.4 open-in-new その他の LVDS、M-LVDS、PECL の各 IC

特長

  • 最大400Mbpsの信号処理速度用に設計
  • 3.3V電源の設計
  • 差動スキュー標準値: 300ps
  • 差動スキュー最大値: 400ps
  • 最大伝搬遅延: 1.7ns
  • ±350mVの差動信号
  • 低消費電力(3.3V静的で13mW)
  • 既存の5V LVDSレシーバと相互運用可能
  • 電源オフ時にLVDS出力が高インピーダンス
  • フロースルーのピン配置によりPCBレイアウトを簡素化
  • TIA/EIA-644 LVDS規格を満たすか上回る
  • 工業用動作温度範囲(-40°C~+85°C)
  • TSSOPパッケージで供給
open-in-new その他の LVDS、M-LVDS、PECL の各 IC

概要

DSLVDS1047デバイスは、クワッドCMOSフロースルー差動ライン・ドライバで、非常に低い消費電力と高いデータ速度を必要とするアプリケーション用に設計されています。このデバイスは、低電圧差動信号処理(LVDS)テクノロジを活用し、400Mbps (200MHz)を超えるデータ速度をサポートするよう設計されています。


DSLVDS1047は低電圧のTTL/CMOS入力レベルを受け付け、低電圧(350mV)の差動出力信号に変換します。さらに、ドライバはTRI-STATE機能をサポートし、出力ステージのディセーブルと負荷電流のディセーブルを行うため、デバイスはアイドル状態で13mW (標準値)と極めて低い消費電力を実現します。DSLVDS1047はフロースルーのピン配置を採用しているため、PCBレイアウトが簡単になります。

ENおよびEN*入力は互いにAND接続され、TRI-STATE出力を制御します。イネーブルは4つのドライバすべてに共通です。およびコンパニオン・ライン・レシーバ(DSLVDS1048)は、消費電力の大きい疑似ECLデバイスの新しい代替品として、高速のポイント・ツー・ポイント・インターフェイス・アプリケーション用に使用できます。

open-in-new その他の LVDS、M-LVDS、PECL の各 IC
ダウンロード

技術資料

star = TI が選択したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
すべて表示 7
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート DSLVDS1047 3.3V LVDSクワッド・チャネル高速差動ライン・ドライバ データシート 英語版をダウンロード 2018年 10月 1日
アプリケーション・ノート Applications of Low-Voltage Differential Signaling (LVDS) in LED Walls 2020年 10月 29日
アプリケーション・ノート DP83869EVM altium files 2019年 6月 29日
アプリケーション・ノート LVDS for Noise Reduction in Motor Drive 2018年 9月 27日
ユーザー・ガイド DSLVDS1047-1048EVM User's Guide 2018年 8月 23日
アプリケーション・ノート How Far, How Fast Can You Operate LVDS Drivers and Receivers? 2018年 8月 3日
アプリケーション・ノート LVDS Input Termination and Biasing 2018年 5月 16日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ハードウェア開発

評価ボード ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
99
概要
The DSLVDS1047-1048EVM is an evaluation module (EVM) designed for performance and functional evaluation of the Texas Instruments DSLVDS1047 3-V LVDS Quad CMOS Differential Line Driver and DSLVDS1048 3-V LVDS CMOS Differential Line Receiver. With this kit, users can quickly evaluate the output (...)
特長
  • DSLVDS1047:  converts single-ended LVCMOS to differential LVDS
  • DSLVDS1048:  converts differential LVDS to single-ended LVCMOS
  • Up to 400 Mbps (200 MHz) switching rates
  • Single supply operation:  3.3 V
ドーター・カード ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
89
概要

より高速、より安価、より高い信頼性。絶縁境界をまたいで 200Mbps のスループットを達成する新しいシリアル通信テクノロジー、FSI (Fast Serial Interface、高速シリアル・インターフェイス) のご紹介

FSI は、信号数の少ないシリアル通信ペリフェラルであり、C2000 リアルタイム制御マイコン (MCU) で使用できます。他のシリアル・ペリフェラルに比べて、FSI は低コストかつ高い信頼性の通信をより高いスループットで実現し、200Mbps までの速度に対応します。FSI には、タイムクリティカル (時間が重要な) データを短い待ち時間のうちに複数のデバイス間で受け渡す能力があるので、新しいトポロジーを実現するとともに、単一の制御システム内で処理能力、センシング機能、およびアクチュエータなどの駆動を分散処理する複数の方式を実装できます。絶縁デバイスを使用して正常に機能する設計が可能なので、FSI はシステムのホット・サイド (高電圧側) とコールド・サイド (低電圧側) の間で高速通信を実現できます。

この FSI アダプタ・ボードは、C2000 が実装している FSI 通信ペリフェラルの機能を理解するのに役立つ評価基板です。この評価基板を使用すると、分散型、およびポイント・ツー・ポイントのリアルタイム制御システムに適したペリフェラルを評価できます。このような使用事例に該当するのは、産業用ドライブ、サーボ (FSI 経由多軸サーボのリファレンス・デザインを参照)、センシング・ネットワーク、ソーラー・システム、産業用電源です。

この FSI (...)

特長
ハードウェアの特長
    • TMDSFSIADAPEVM 高速シリアル・インターフェイス (FSI) アダプタ・ボード評価基板には、各種 controlCARD、LaunchPad、および他の FSI 対応 EVM との互換性があります
    • ISO7763 を使用するデジタル絶縁
    • LVDS と RS485 の各差動ドライバ。これらと組み合わせると、長距離にわたる FSI 通信を実現できます
    &bull (...)

設計ツールとシミュレーション

シミュレーション・モデル ダウンロード
SNLM222.ZIP (9 KB) - IBIS Model
シミュレーション・ツール ダウンロード
PSpice® for TI design and simulation tool
PSPICE-FOR-TI — PSpice® for TI は、各種アナログ回路の機能評価に役立つ、設計とシミュレーション向けの環境です。設計とシミュレーションに適したこのフル機能スイートは、Cadence® のアナログ分析エンジンを使用しています。PSpice for TI は無償で使用でき、アナログや電源に関する TI の製品ラインアップを対象とする、業界でも有数の大規模なモデル・ライブラリが付属しているほか、選択された一部のアナログ動作モデルも利用できます。

設計とシミュレーション向けの環境である PSpice for TI を使用すると、内蔵のライブラリを活用して、複雑なミックスド・シグナル設計のシミュレーションを実施することができます。完成度の高い最終機器を設計し、レイアウトの確定や製造開始より前に、ソリューションのプロトタイプを製作することができます。この結果、市場投入期間の短縮と開発コストの削減を実現できます。 

設計とシミュレーション向けのツールである PSpice for TI の環境内で、各種 TI デバイスの検索、製品ラインアップの参照、テスト・ベンチの起動、設計のシミュレーションを実施し、選定したデバイスをさらに分析することができます。また、複数の TI デバイスを組み合わせてシミュレーションを実行することもできます。

事前ロード済みの複数のモデルで構成されたライブラリ全体に加えて、PSpice for TI ツール内で各種 TI デバイスの最新の技術関連資料に簡単にアクセスすることもできます。開発中のアプリケーションに適したデバイスを選定できたことを確認した後、TI 製品の購入ページにアクセスして、その製品を購入することができます。 

PSpice for TI を使用すると、回路の検討から設計の開発や検証まで、作業の進展に合わせて設計サイクルの各段階で、シミュレーションのニーズに適した各種ツールにアクセスできます。コスト不要で入手でき、開発を容易に開始できます。設計とシミュレーションに適した PSpice スイートをダウンロードして、今すぐ設計を開始してください。

 開発の開始

  1. PSpice for TI シミュレータへのアクセスの申請
  2. ダウンロードとインストール
  3. シミュレーション方法説明ビデオのご視聴
特長
  • Cadence の PSpice テクノロジーを活用
  • デジタル・モデル・スイートが付属する事前インストール済みのライブラリを活用して、ワーストケース・タイミング分析を実現可能
  • 動的更新により、最新のデバイス・モデルに確実にアクセス可能
  • 精度の低下を招かずに、シミュレーション速度を重視して最適化済み
  • 複数製品の同時分析をサポート
  • OrCAD Capture フレームワークを土台とし、業界で最も幅広く使用されている回路図のキャプチャとシミュレーションの環境へのアクセスを実現
  • オフライン作業が可能
  • 以下の点を含め、多様な動作条件とデバイス公差にまたがって設計を検証
    • 自動的な測定と後処理
    • モンテカルロ分析法
    • ワーストケース分析
    • 熱解析
シミュレーション・ツール ダウンロード
SPICE ベースのアナログ・シミュレーション・プログラム
TINA-TI TINA-TI は、DC 解析、過渡解析、周波数ドメイン解析など、SPICE の標準的な機能すべてを搭載しています。TINA には多彩な後処理機能があり、結果を必要なフォーマットにすることができます。仮想計測機能を使用すると、入力波形を選択し、回路ノードの電圧や波形を仮想的に測定することができます。TINA の回路キャプチャ機能は非常に直観的であり、「クイックスタート」を実現できます。

TINA-TI をインストールするには、約 500MB が必要です。インストールは簡単です。必要に応じてアンインストールも可能です。(そのようなことはないと思いますが)

TINA は DesignSoft の製品であり、TI (テキサス・インスツルメンツ) 専用です。無償バージョンはフル機能ですが、フル・バージョンの TINA のすべての機能をサポートしているわけではありません。

使用可能な TINA-TI モデルの詳細なリストは、次の場所をご覧ください。SpiceRack -- 包括的なリスト 

設計の支援として、HSpice モデルが必要な場合:TI の HSpice モデル・コレクションは、こちらで見つかります。

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
TSSOP (PW) 16 オプションの表示

購入と品質

含まれる情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating/ リフローピーク温度
  • MTBF/FIT の推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

おすすめの製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価モジュール、またはリファレンス・デザインが含まれている場合があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示

ビデオ