製品の詳細

詳細を表示できません。製品の データシート を参照してください。
WSON (DNT) 12 16 mm² 4 x 4
  • EMI耐性アーキテクチャ
  • 最大出力速度(アクティブ・チャネル1つ):
    • 13.3ksps(FDC2112、FDC2114)
    • 4.08ksps(FDC2212、FDC2214)
  • 最大入力容量: 250nF(10kHz、1mHインダクタ使用時)
  • センサ励起周波数: 10kHz~10MHz
  • チャネル数: 2、4
  • 分解能: 最大28ビット
  • システム・ノイズ・フロア: 0.3fF(100sps時)
  • 電源電圧: 2.7V~3.6V
  • 消費電力: アクティブ時: 2.1mA
  • 低電力スリープ・モード時: 35µA
  • シャットダウン時: 200nA
  • インターフェイス: I2C
  • 温度範囲:-40°C~+125°C
  • EMI耐性アーキテクチャ
  • 最大出力速度(アクティブ・チャネル1つ):
    • 13.3ksps(FDC2112、FDC2114)
    • 4.08ksps(FDC2212、FDC2214)
  • 最大入力容量: 250nF(10kHz、1mHインダクタ使用時)
  • センサ励起周波数: 10kHz~10MHz
  • チャネル数: 2、4
  • 分解能: 最大28ビット
  • システム・ノイズ・フロア: 0.3fF(100sps時)
  • 電源電圧: 2.7V~3.6V
  • 消費電力: アクティブ時: 2.1mA
  • 低電力スリープ・モード時: 35µA
  • シャットダウン時: 200nA
  • インターフェイス: I2C
  • 温度範囲:-40°C~+125°C

静電容量式センシングは低電力動作、低コスト、高分解能、非接触のセンシング技法であり、近接検出からジェスチャ認識、液体レベルのリモート・センシングまで、幅広いアプリケーションに適用可能です。静電容量式センシング・システムのセンサには、任意の金属や導体が使用できるため、低コストで柔軟性の高いシステム設計が可能になります。

静電容量式センシング・アプリケーションの感度の制約となる主な問題は、センサのノイズ感受性です。FDC2x1xは、革新的なEMI耐性アーキテクチャにより、ノイズの多い環境でも性能を維持できます。

FDC2x1xマルチチャネル・ファミリは、ノイズやEMIへの耐性を持つ、高分解能、高速のキャパシタンス-デジタル・コンバータであり、静電容量式センシング・ソリューションの実装に適しています。これらのデバイスは革新的なナローバンド・ベースのアーキテクチャを採用しているため、ノイズや干渉の除去性能が高く、高速で高い分解能を実現します。さらに、幅広い励起周波数をサポートしているため、システムを柔軟に設計できます。この幅広い周波数範囲は、特に洗剤、石鹸、インクなどの導電性液体の確実なセンシングに役立ちます。

FDC221xは、最大28ビットの高分解能に対して最適化されています。FDC211xは、最大13.3kspsの高いサンプリング・レートを特長とし、高速で移動する物体を検出対象とするアプリケーションを簡単に実装できます。最大入力容量が250nFと非常に大きいため、リモート・センサの使用が可能なほか、時間、温度、湿度による環境変化も追跡できます。

FDC2x1xファミリは、近接センシング、および任意の種類の液体のレベル・センシング・アプリケーションを対象としています。人間の手などの干渉要因が存在する非導電性液体のレベル・センシング・アプリケーションに対しては、アクティブ・シールド・ドライバを内蔵したFDC1004を推奨します。

静電容量式センシングは低電力動作、低コスト、高分解能、非接触のセンシング技法であり、近接検出からジェスチャ認識、液体レベルのリモート・センシングまで、幅広いアプリケーションに適用可能です。静電容量式センシング・システムのセンサには、任意の金属や導体が使用できるため、低コストで柔軟性の高いシステム設計が可能になります。

静電容量式センシング・アプリケーションの感度の制約となる主な問題は、センサのノイズ感受性です。FDC2x1xは、革新的なEMI耐性アーキテクチャにより、ノイズの多い環境でも性能を維持できます。

FDC2x1xマルチチャネル・ファミリは、ノイズやEMIへの耐性を持つ、高分解能、高速のキャパシタンス-デジタル・コンバータであり、静電容量式センシング・ソリューションの実装に適しています。これらのデバイスは革新的なナローバンド・ベースのアーキテクチャを採用しているため、ノイズや干渉の除去性能が高く、高速で高い分解能を実現します。さらに、幅広い励起周波数をサポートしているため、システムを柔軟に設計できます。この幅広い周波数範囲は、特に洗剤、石鹸、インクなどの導電性液体の確実なセンシングに役立ちます。

FDC221xは、最大28ビットの高分解能に対して最適化されています。FDC211xは、最大13.3kspsの高いサンプリング・レートを特長とし、高速で移動する物体を検出対象とするアプリケーションを簡単に実装できます。最大入力容量が250nFと非常に大きいため、リモート・センサの使用が可能なほか、時間、温度、湿度による環境変化も追跡できます。

FDC2x1xファミリは、近接センシング、および任意の種類の液体のレベル・センシング・アプリケーションを対象としています。人間の手などの干渉要因が存在する非導電性液体のレベル・センシング・アプリケーションに対しては、アクティブ・シールド・ドライバを内蔵したFDC1004を推奨します。

ダウンロード

おすすめの類似製品

比較対象デバイスと類似の機能。
FDC1004 アクティブ アクティブ・シールド・ドライバ搭載、4 チャネル、16 ビット、キャパシタンス/デジタル・コンバータ このデバイスはアクティブ・シールド・ドライバを統合した 4 チャネル高分解能 FDC です。

技術資料

star = TI が選択したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
14 資料すべて表示
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート FDC2x1x EMI耐性、28ビット、12ビット、キャパシタンス-デジタル・コンバータ、近接およびレベル・センシング・アプリケーション用 データシート (Rev. A 翻訳版) 英語版をダウンロード (Rev.A) 2017年 2月 23日
アプリケーション・ノート Common Inductive and Capacitive Sensing Applications (Rev. B) 2021年 6月 22日
アプリケーション・ノート Simulate Inductive Sensors Using FEMM (Finite Element Method Magnetics) (Rev. A) 2021年 6月 16日
アプリケーション・ノート Use case of FDC2212/4 for Ice and Frost application 2017年 11月 30日
アプリケーション・ノート Capacitive Proximity Sensing Using FDC2x1y (Rev. A) 2017年 10月 20日
ユーザー・ガイド FDC2114 and FDC2214 EVM User’s Guide (Rev. A) 2016年 9月 14日
アプリケーション・ノート Ground Shifting in Capacitive Sensing Applications 2016年 5月 27日
技術記事 Top three reasons to include proximity sensing in your human interface design 2016年 1月 28日
アプリケーション・ノート Power Consumption Analysis for Low Power Capacitive Sensing Applications 2016年 1月 18日
技術記事 Capacitive sensing: simple algorithm for proximity sensing 2015年 11月 23日
技術記事 Capacitive sensing: which architecture should you choose? 2015年 10月 20日
アプリケーション・ノート Derivative Integration Algorithm for Proximity Sensing 2015年 9月 29日
アプリケーション・ノート Capacitive Sensing: Direct vs Remote Liquid Level Sensing Performance Analysis (Rev. A) 2015年 7月 24日
技術記事 Get Connected: A new blog series 2014年 1月 10日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

評価ボード

FDC2214EVM — 2 個の静電容量式センサを搭載した FDC2214 評価基板

FDC2214EVM(評価モジュール)は静電容量性技術を使用し、誘導性と非誘導性のいずれの可能性もある任意のターゲット物体の存在検出を可能にします。このモジュールには FDC2214 の 4 チャネルのうち 2 チャネルに接続する 2 つの PCB 静電容量性センサ・サンプルが付属しています。FDC とホスト・コンピュータ間のインターフェイスとして、MSP430 マイコンが使用されています。このモジュールはシステムのプロトタイプ製作で最大のフレキシビリティを実現します。そのため、2 箇所に穴が開いています。1 つは PCB の静電容量性センサと FDC2214 の間、もう 1 つは (...)

在庫あり
制限: 5
サポート・ソフトウェア

FDC211x/FDC221x Current Consumption Estimator (Rev. A)

SNOC033A.ZIP (38 KB)
シミュレーション・モデル

FDC2212 IBIS MODEL

SLAM264.ZIP (26 KB) - IBIS Model
リファレンス・デザイン

TIDA-01364 — 白色 LED ドライバ、環境光、近接センサによるスマート・バックライト制御のリファレンス・デザイン

このリファレンス・デザインは、周囲光レベルを基準として LCD バックライトの輝度を動的に調整することにより消費電力を低減し、LCD バックライトの寿命を延長します。  静電容量式近接センサは電力を節約し、人が接近してきたときにスリープ・モードやスタンバイ・モードからシステムをウェイクアップさせる方法で LCD バックライトの寿命を延長します。
リファレンス・デザイン

TIDA-00754 — 周辺光および耐ノイズ型近接センサによるバックライトおよびスマート・ライティング制御、リファレンス・デザイン

このリファレンス・デザインは、HMI (ヒューマン・マシン・インターフェイス) アプリケーション向け近接センサの実装を提示します。このデザインは、周囲光レベルを基準として LCD バックライトの輝度を動的に調整する方法でバックライトを制御する目的で使用できます。静電容量式近接センサは、人が接近してきたときにスリープ・モードやスタンバイ・モードからシステムをウェークアップさせる方法で、電力の節約と LCD バックライトの寿命延長を実現します。
リファレンス・デザイン

TIDA-00466 — 耐ノイズ型静電容量近接センサ・システム、リファレンス・デザイン

FDC2214 は TI の静電容量式センシング技術を使用し、さまざまな対象の存在をセンスおよび検出する近接/静電容量式センシングのリファレンス・デザインです。このリファレンス・デザインは、ハードウェアとファームウェアで構成された包括的なソリューションです。ファームウェアは FDC2214 を通じ 1 個の近接センサと 2 個の静電容量式タッチ・ボタンからのデータを処理し、センシング領域内に対象が存在しているかどうかを判定します。ターゲットがボードに近接した際や、あるいはボタンが押された場合にそれが検出され、専用カラー LED が点灯します。このリファレンス・デザインは、1 (...)
パッケージ ピン数 ダウンロード
WSON (DNT) 12 オプションの表示

購入と品質

含まれる情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating/ リフローピーク温度
  • MTBF/FIT の推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

おすすめの製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価モジュール、またはリファレンス・デザインが含まれている場合があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

ビデオ