製品の詳細

Audio input type Analog Input Architecture Class-AB Speaker channels (Max) Mono Power stage supply (Max) (V) 18 Power stage supply (Min) (V) 4 Load (Min) (ohms) 4 Output power (W) 0.325 THD + N @ 1 kHz (%) 0.2 Iq (Typ) (mA) 4 Control interface Hardware Closed/open loop Closed Analog supply (Min) (V) 4 Analog supply (Max) (V) 18 PSRR (dB) 50 Operating temperature range (C) 0 to 70
Audio input type Analog Input Architecture Class-AB Speaker channels (Max) Mono Power stage supply (Max) (V) 18 Power stage supply (Min) (V) 4 Load (Min) (ohms) 4 Output power (W) 0.325 THD + N @ 1 kHz (%) 0.2 Iq (Typ) (mA) 4 Control interface Hardware Closed/open loop Closed Analog supply (Min) (V) 4 Analog supply (Max) (V) 18 PSRR (dB) 50 Operating temperature range (C) 0 to 70
PDIP (P) 8 93 mm² 9.81 x 9.43 SOIC (D) 8 19 mm² 4.9 x 3.9 VSSOP (DGK) 8 15 mm² 3 x 4.9
  • バッテリでの動作
  • 必要な外付け部品が最小限
  • 広い電源電圧範囲: 4V~12Vまたは5V~18V
  • 低い静止消費電流: 4mA
  • 20~200の電圧ゲイン
  • 入力はグランドが基準
  • 出力静止電圧の自己センタリング
  • 低歪: 0.2% (AV = 20、VS = 6V、RL = 8Ω、PO = 125mW、f = 1kHz)
  • 8ピンのMSOPパッケージで供給
  • バッテリでの動作
  • 必要な外付け部品が最小限
  • 広い電源電圧範囲: 4V~12Vまたは5V~18V
  • 低い静止消費電流: 4mA
  • 20~200の電圧ゲイン
  • 入力はグランドが基準
  • 出力静止電圧の自己センタリング
  • 低歪: 0.2% (AV = 20、VS = 6V、RL = 8Ω、PO = 125mW、f = 1kHz)
  • 8ピンのMSOPパッケージで供給

LM386M-1およびLM386MX-1は、低電圧の消費者向けアプリケーションで使用するよう設計されたパワー・アンプです。外付け部品数を減らすため、ゲインは内部的に20に設定されていますが、ピン1と8との間に外付け抵抗とコンデンサを追加すると、20~200の任意の値にゲインを増大できます。

入力はグランドを基準とし、出力は自動的に電源電圧の半分にバイアスされます。静止時の消費電力は6V電源での動作時にわずか24mWであるため、LM386M-1およびLM386MX-1はバッテリでの動作に最適です。

LM386M-1およびLM386MX-1は、低電圧の消費者向けアプリケーションで使用するよう設計されたパワー・アンプです。外付け部品数を減らすため、ゲインは内部的に20に設定されていますが、ピン1と8との間に外付け抵抗とコンデンサを追加すると、20~200の任意の値にゲインを増大できます。

入力はグランドを基準とし、出力は自動的に電源電圧の半分にバイアスされます。静止時の消費電力は6V電源での動作時にわずか24mWであるため、LM386M-1およびLM386MX-1はバッテリでの動作に最適です。

ダウンロード

おすすめの類似製品

比較対象デバイスと同等の機能で、ピン配置が異なる製品。
LM4951 アクティブ 1.8W、モノラル、2.7 ~ 9V、アナログ入力 Class-AB オーディオ・アンプ

技術資料

star = TI が選択したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
4 資料すべて表示
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート LM386 低電圧オーディオ・パワー・アンプ データシート (Rev. C 翻訳版) 英語版をダウンロード (Rev.C) 2017年 6月 26日
アプリケーション・ノート Guidelines for Measuring Audio Power Amplifier Performance (Rev. A) 2019年 8月 26日
アプリケーション・ノート AN-1849 An Audio Amplifier Power Supply Design (Rev. C) 2019年 6月 27日
アプリケーション・ノート AN-263 Sine Wave Generation Techniques (Rev. C) 2013年 4月 22日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

シミュレーション・ツール

PSPICE-FOR-TI — PSpice® for TI design and simulation tool

PSpice® for TI は、各種アナログ回路の機能評価に役立つ、設計とシミュレーション向けの環境です。設計とシミュレーションに適したこのフル機能スイートは、Cadence® のアナログ分析エンジンを使用しています。PSpice for TI は無償で使用でき、アナログや電源に関する TI の製品ラインアップを対象とする、業界でも有数の大規模なモデル・ライブラリが付属しているほか、選択された一部のアナログ動作モデルも利用できます。

設計とシミュレーション向けの環境である PSpice for TI (...)
パッケージ ピン数 ダウンロード
PDIP (P) 8 オプションの表示
SOIC (D) 8 オプションの表示
VSSOP (DGK) 8 オプションの表示

購入と品質

含まれる情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating/ リフローピーク温度
  • MTBF/FIT の推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

おすすめの製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価モジュール、またはリファレンス・デザインが含まれている場合があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

ビデオ