トップ

製品の詳細

パラメータ

Bus voltage (Max) (V) 100 Power switch MOSFET Input VCC (Min) (V) 9 Input VCC (Max) (V) 14 Peak output current (A) 2 Rise time (ns) 10 Operating temperature range (C) -40 to 125 Rating Catalog Number of channels (#) 2 Fall time (ns) 10 Prop delay (ns) 35 Iq (uA) 10 Input threshold TTL Channel input logic TTL Negative voltage handling at HS pin (V) -1 Features open-in-new その他の ハーフ・ブリッジ・ドライバ

パッケージ|ピン|サイズ

VSSOP (DGS) 10 9 mm² 3 x 3 WSON (DPR) 10 16 mm² 4 x 4 open-in-new その他の ハーフ・ブリッジ・ドライバ

特長

  • ハイサイドとローサイド両方のNチャネルMOSFETを駆動
  • ハイサイドとローサイドの立ち上がりエッジ遅延時間を独立してプログラミング可能
  • ブートストラップ電源電圧範囲:最大118V DC
  • 高速ターンオフ伝搬遅延(標準25ns)
  • 15nsの立ち上がり/立ち下がり時間で1000pFの負荷を駆動
  • 電源レールの低電圧誤動作防止
  • 低消費電力
  • シーケンスの途中でタイマを終了可能

アプリケーション

  • 電流供給プッシュプル・パワー・コンバータ
  • ハーフ/フルブリッジのパワー・コンバータ
  • 同期降圧コンバータ
  • 2スイッチのフォワード・パワー・コンバータ
  • アクティブ・クランプ型フォワード・コンバータ

All trademarks are the property of their respective owners.

open-in-new その他の ハーフ・ブリッジ・ドライバ

概要

LM5102は、同期降圧型またはハーフブリッジの構成においてハイサイドとローサイド両方のNチャネルMOSFETを駆動するよう設計された、高電圧ゲート・ドライバです。フローティング・ハイサイド・ドライバは、最大100Vの電源電圧で動作できます。各出力は、それぞれ独立に制御されます。プログラミング抵抗を使用して、各出力の立ち上がりエッジを独立して遅延させることができます。ハイサイド・ゲート・ドライバのブートストラップ・コンデンサの充電用に高電圧ダイオードを内蔵しています。堅牢なレベル・シフタにより、消費電力を抑えながら高速で動作し、制御ロジックからハイサイド・ゲート・ドライバへのクリーンなレベル遷移を実現します。ローサイドとハイサイド両方の電源レールに低電圧誤動作防止機能が搭載されています。デバイスは標準のVSSOP 10ピンおよびWSON 10ピン・パッケージで供給されます。

open-in-new その他の ハーフ・ブリッジ・ドライバ
ダウンロード

技術資料

= 主要な資料
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。 すべて表示 8
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート LM5102、高電圧ハーフブリッジ・ゲート・ドライバ、プログラマブル遅延付き データシート (Rev. B 翻訳版) 英語版をダウンロード (Rev.B) 2016年 3月 17日
アプリケーション・ノート External Gate Resistor Selection Guide 2020年 2月 28日
アプリケーション・ノート Understanding Peak IOH and IOL Currents 2020年 2月 28日
その他の技術資料 Fundamentals of MOSFET and IGBT Gate Driver Circuits (Replaces SLUP169) 2018年 10月 29日
技術記事 How to achieve higher system robustness in DC drives, part 3: minimum input pulse 2018年 9月 19日
技術記事 How to achieve higher system robustness in DC drives, part 2: interlock and deadtime 2018年 5月 30日
技術記事 Boosting efficiency for your solar inverter designs 2018年 5月 24日
技術記事 How to achieve higher system robustness in DC drives, part 1: negative voltage 2018年 4月 17日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
VSSOP (DGS) 10 オプションの表示
WSON (DPR) 10 オプションの表示

購入と品質

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示

ビデオ

関連ビデオ