トップ

製品の詳細

パラメータ

Vin (Min) (V) 3 Vin (Max) (V) 65 Vout (Min) (V) 3 Vout (Max) (V) 100 Regulated outputs (#) 1 Switching frequency (Min) (kHz) 50 Switching frequency (Max) (kHz) 1000 Iq (Typ) (mA) 4 Features Enable, Frequency Synchronization, Phase Interleaving, Synchronous Rectification, UVLO Adjustable Duty cycle (Max) (%) 100 Rating Catalog Operating temperature range (C) -40 to 125 open-in-new その他の 昇圧コントローラ(スイッチ外付け)

パッケージ|ピン|サイズ

HTSSOP (PWP) 20 42 mm² 6.5 x 6.4 HTSSOP (PWP) 24 34 mm² 7.7 x 4.4 open-in-new その他の 昇圧コントローラ(スイッチ外付け)

特長

  • 最大入力電圧: 65V
  • 最小入力電圧: 3V (スタートアップには4.5V)
  • 出力電圧: 最大100V
  • バイパス(VOUT = VIN)動作
  • 1.2V、±1%精度の基準電圧
  • フリーランと、1MHzまでの同期スイッチング
  • ピーク電流モード制御
  • 堅牢な3Aの内蔵ゲート・ドライバ
  • アダプティブ・デッドタイム制御
  • オプションのダイオード・エミュレーション・モード
  • サイクル単位の電流制限をプログラム可能
  • ヒカップ・モードの過負荷保護
  • ラインUVLOをプログラム可能
  • ソフトスタートをプログラム可能
  • サーマル・シャットダウン保護機能
  • シャットダウン時の低い静止電流: 9µA
  • スロープ補償をプログラム可能
  • スキップ・サイクル・モードをプログラム可能で、スタンバイ電力を削減
  • 外部VCC電源に対応
  • インダクタDCR電流センシング機能
  • マルチフェーズ機能
  • 熱的に強化された20または24ピンのHTSSOP
  • WEBENCH® Power Designerにより、LM5122を使用するカスタム設計を作成

All trademarks are the property of their respective owners.

open-in-new その他の 昇圧コントローラ(スイッチ外付け)

概要

LM5122はマルチフェーズが可能な同期整流昇圧コントローラで、高効率の同期整流昇圧レギュレータ用途を意図しています。制御方式は、ピーク電流モード制御を基礎としています。電流モード制御は性質上、ラインのフィードフォワードと、サイクル単位の電流制限が可能で、ループ補償が簡単です。

スイッチング周波数は最高1MHzにプログラム可能です。2つの堅牢なNチャネルMOSFETゲート・ドライバと、アダプティブ・デッドタイム制御により、より高い効率を実現できます。また、ダイオード・エミュレーション・モードをユーザーが選択可能で、不連続モードの動作が可能になり、軽負荷状況で効率が向上します。

内部チャージ・ポンプにより、ハイサイド同期スイッチの100%デューティ・サイクルが可能です(バイパス動作)。180°フェーズ・シフトされたクロック出力により、マルチフェーズのインターリーブ構成を簡単に実現できます。その他、サーマル・シャットダウン、周波数同期、ヒカップ・モード電流制限、可変のライン低電圧誤動作防止などの機能があります。

open-in-new その他の 昇圧コントローラ(スイッチ外付け)
ダウンロード

技術資料

= 主要な資料
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。 すべて表示 17
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート LM5122 広入力電圧範囲、同期整流昇圧コントローラ、マルチフェーズ機能搭載 データシート (Rev. H 翻訳版) 英語版をダウンロード (Rev.H) 2018年 1月 2日
技術記事 How to add overvoltage protection to a synchronous boost controller 2018年 9月 17日
ホワイト・ペーパー An overview of radiated EMI specifications for power supplies 2018年 6月 5日
ホワイト・ペーパー An overview of conducted EMI specifications for power supplies 2018年 2月 1日
アプリケーション・ノート Improving EMI for free with PCB layout 2017年 11月 13日
アプリケーション・ノート Designing the front-end DC/DC conversion stage to withstand automotive transient 2017年 1月 18日
ユーザー・ガイド PMLK Boost Experiment Book 2016年 8月 31日
ホワイト・ペーパー Under the Hood of a Multiphase Synchronous Rectified Boost Converter 2015年 10月 2日
ホワイト・ペーパー Under the Hood of a Multiphase Synchronous Rectified Boost Converter (PPT) 2015年 10月 2日
技術記事 Power Tips: Synchronize your SEPIC 2015年 4月 29日
技術記事 Exploiting current-mode control for wide Vin DC/DC conversion 2014年 8月 14日
ホワイト・ペーパー How to design boost, SEPIC and flyback regulators with wide VIN boost pwr ICs 2014年 7月 29日
技術記事 Power Tips: Power Supplies for Car Audio 2014年 3月 28日
アプリケーション・ノート Automated Frequency Response Analyzer 2013年 10月 9日
ホワイト・ペーパー Wide VIN power management ICs simplify White Paper 2013年 9月 19日
ユーザー・ガイド LM5122EVM-1PH User's Guide 2013年 4月 22日
ユーザー・ガイド LM5122EVM-2PH Evaluation Module 2013年 4月 22日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ハードウェア開発

評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
$99.00
概要
The LM5122EVM-1PH evaluation module (EVM) provides the design engineer with a fully functional synchronous boost converter to evaluate the Texas Instruments LM5122 synchronous boost controller IC. The EVM provides 24V output at up to 4.5A current from a 9V to 20V input. The EVM is designed to start (...)
特長
  • 9V to 20V Input Range
  • 24V/4.5A output
  • 250kHz switching frequency
  • Selectable light load switching mode
  • Easy accessible test points
評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
$149.00
概要
The LM5122EVM-2PH evaluation module (EVM) provides the design engineer with a fully functional dual phase synchronous boost converter to evaluate the Texas Instruments LM5122 synchronous boost controller IC. The EVM provides 28V output at up to 7A current from a 9V to 20V input. The EVM is designed (...)
特長
  • 9V to 20V Input Range
  • 28V/7.0A output
  • 250kHz switching frequency
  • Pulse Skipping at light load
  • Dual Phase Interleaved Operation
評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
$89.00
概要

TI-PMLK Boost 検証用ボードは、TI パワー・マネージメント・ラボ・キット(TI-PMLK)シリーズに属す製品です。TI-PMLK シリーズは内容が実践的で、電源設計に関する知識を深めることができます。TI-PMLK シリーズの検証用ボードはモジュラー型のためカスタム化が可能で、電源設計の全体に関する理解に役立ちます。 TI-PMLK Boost 検証用ボードは、TPS55340 と LM5122 を搭載しています。 TI-PMLK Boost Experiment Lab Book(英語)には、実際のアプリケーションで見受けられる定常状態、過渡条件、動的条件を想定したさまざまなテストを取り扱うための理論と実験方法が掲載されています。

特長
  • 学習用の実験を発展させることができるように、2 つの異なる IC セクションとして、TPS55340 と LM5122を用意
  • 各セクションはジャンパにより構成可能で、複数の実験に対応
  • TI-PMLK Boost 検証用ボードに関連付けられている TI-PMLK Boost Experiment Lab Book(英語)はダウンロードも可能
評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
$99.00
概要

TI-PMLK Boost 検証用ボードは、TI パワー・マネージメント・ラボ・キット(TI-PMLK)シリーズに属す製品です。TI-PMLK シリーズは内容が実践的で、電源設計に関する知識を深めることができます。TI-PMLK シリーズの検証用ボードはモジュラー型のためカスタム化が可能で、電源設計の全体に関する理解に役立ちます。 TI-PMLK Boost 検証用ボードは、TPS55340 と LM5122 を搭載しています。 TI-PMLK Boost Experiment Lab Book(英語)には、実際のアプリケーションで見受けられる定常状態、過渡条件、動的条件を想定したさまざまなテストを取り扱うための理論と実験方法が掲載されています。

 

特長
  • 学習用の実験を発展させることができるように、2 つの異なる IC セクションとして、TPS55340 と LM5122を用意
  • 各セクションはジャンパにより構成可能で、複数の実験に対応
  • Boost ボードには、Boost Experiments Book(英語)も付属

設計ツールとシミュレーション

シミュレーション・モデル ダウンロード
SNVM416B.ZIP (56 KB) - PSpice Model
シミュレーション・モデル ダウンロード
SNVM494B.ZIP (52 KB) - TINA-TI Spice Model
シミュレーション・モデル ダウンロード
SNVM495B.TSC (188 KB) - TINA-TI Reference Design
シミュレーション・モデル ダウンロード
SNVMAV2.TSC (729 KB) - TINA-TI Reference Design
シミュレーション・モデル ダウンロード
SNVMBC0A.ZIP (78 KB) - PSpice Model

リファレンス・デザイン

多くのTIリファレンス・デザインには、 LM5122 が含まれています。 TIのリファレンス・デザイン・セレクション・ツールを使用して、お客様のアプリケーションとパラメータに最適な設計を確認し、特定してください。

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
HTSSOP (PWP) 20 オプションの表示
HTSSOP (PWP) 24 オプションの表示

購入と品質

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示

ビデオ

関連ビデオ