トップ

製品の詳細

パラメータ

Vin (Min) (V) 4.5 Vin (Max) (V) 65 Switching frequency (Max) (kHz) 1000 Soft start Adjustable Features Enable, Light Load Efficiency, Pre-Bias Start-Up, Synchronous Rectification Operating temperature range (C) -40 to 125 Topology Buck open-in-new その他の Fly-Buck コンバータ

パッケージ|ピン|サイズ

WSON (DNT) 12 16 mm² 4 x 4 open-in-new その他の Fly-Buck コンバータ

特長

  • 4.5V~65Vの広い入力電圧範囲
  • ハイサイド/ローサイド・スイッチ内蔵
    • 外付けショットキー・ダイオードが不要
  • 最大2Aの負荷電流
  • 適応型コンスタント・オンタイム制御
    • 外部ループ補償不要
    • 高速過渡応答
  • 強制PWMまたはDCM動作を選択可能
    • FPWMによるマルチ出力 Fly-Buck™
  • ほぼ一定のスイッチング周波数
    • 抵抗により最高1MHzに設定可能
  • ソフトスタート時間をプログラム可能
  • プリバイアス付きスタートアップ
  • ±1%の帰還基準電圧
  • LM5160Aは外部のVCCバイアスを使用可能
  • 本質的な保護機能による堅牢な設計
    • ピーク電流制限保護
    • 入力UVLOおよびヒステリシスを調整可能
    • VCCおよびゲート・ドライブのUVLO保護
    • ヒステリシス付きのサーマル・シャットダウン保護
  • WEBENCH® Power Designerにより、LM5160Aを使用するカスタム設計を作成

All trademarks are the property of their respective owners.

open-in-new その他の Fly-Buck コンバータ

概要

LM5160/Aは65V、2Aの同期整流降圧コンバータで、ハイサイドとローサイドのMOSFETが内蔵されています。適応型コンスタント・オンタイム制御方式はループ補償が必要なく、高い降圧比と高速な過渡応答を実現できます。内部のフィードバック・アンプにより、動作温度範囲の全体にわたって出力電圧を±1%にレギュレートします。オン時間は入力電圧に反比例し、結果としてスイッチング周波数はほぼ一定になります。

ピークおよびバレー電流制限回路により、過負荷状況から保護されます。低電圧誤動作防止(EN/UVLO)回路では、入力の低電圧スレッショルドとヒステリシスを別々に調整できます。LM5160/AはFPWMピンにより、無負荷から全負荷までの全域で連続導通モード(CCM)で動作するか、または軽負荷時に効率を上げるため自動的に不連続導通モード(DCM)に切り替わるようにプログラムされます。強制CCM動作では、複数の出力と、結合インダクタを使用する絶縁Fly-Buckアプリケーションがサポートされます。

LM5160AとLM5160は、特長およびピン構成が同一です。降圧およびFly-Buckアプリケーションでは、LM5160AのVCCピンに外部バイアス電源を接続できます。この追加機能により、ICの消費電力が減少し、高い入力電圧での効率が向上します。

open-in-new その他の Fly-Buck コンバータ
ダウンロード

技術資料

= TI が選択したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。 すべて表示 19
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート LM5160、LM5160A 入力範囲の広い65V、2A同期整流降圧/ Fly-Buck™ DC/DCコンバータ データシート (Rev. E 翻訳版) 英語版をダウンロード (Rev.E) 2018年 11月 20日
ホワイト・ペーパー Valuing wide VIN, low EMI synchronous buck circuits for cost-driven, demanding a 2019年 4月 10日
アプリケーション・ノート Stability analysis and design of COT type-3 ripple circuit 2019年 3月 20日
アプリケーション・ノート Powering Drones With a Wide VIN DC-DC Converter 2019年 2月 5日
セレクション・ガイド Current Sense Amplifiers 2018年 4月 4日
技術記事 Why a wide VIN DC/DC converter is a good fit for high-cell-count battery-powered drones 2017年 11月 21日
アプリケーション・ノート IGBT gate driver power supply for motor drives 2017年 11月 13日
技術記事 Simplify your power storage design with these Fly-Buck™ power tips 2017年 9月 13日
ホワイト・ペーパー コストが重視される、要求の厳しいアプリケーション向けのワイドVin、低EMIの同期整流方式降圧型回路の評価 最新の英語版をダウンロード (Rev.A) 2017年 1月 31日
技術記事 Where shrinking makes sense: improving isolated, split-rail power designs in industrial applications 2016年 8月 22日
技術記事 Tripping Point: Simplifying circuit breaker design using delta-sigma ADCs 2016年 8月 10日
アプリケーション・ノート IGBTゲート・ドライバの電源は最適化されていますか? 英語版をダウンロード 2016年 4月 8日
その他の技術資料 Bodo's Power Systems 2015年 12月 3日
ユーザー・ガイド LM5160 Buck EVM User's Guide 2015年 4月 13日
ユーザー・ガイド LM5160 FlyBuck (Isolated Buck) User’s Guide 2015年 2月 6日
アプリケーション・ノート Fly-Buck(TM) converter provides EMC and isolation in PLC applications 2015年 1月 29日
アプリケーション・ノート Design a Flybuck Solution with Opto-coupler to Improve Regulation Performance 2015年 1月 19日
アプリケーション・ノート AN-2292 Designing an Isolated Buck (Fly-buck) Converter 2014年 12月 17日
ホワイト・ペーパー Wide VIN power management ICs simplify White Paper 2013年 9月 19日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ハードウェア開発

評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
49
概要

 

The LM5160DNTBKEVM evaluation board provides a fully functional buck regulator, employing the constant on-time (COT) operating principle. This evaluation board provides a 5V output over an input range of 10V to 60V. The circuit delivers load currents to 1.5A. The application schematic is setup up to (...)

特長
  • 10V to 60V input voltage range
  • 5V target output voltage
  • Delivers up to 1.5A output load current
  • FET place holder for EN/UVLO shutdown feature
  • PWM mode pin feature to choose between CCM and DCM
評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
49
概要

The LM5160DNTFBK evaluation module is designed to operate from a 24V nominal bus with an input voltage range of 18V to 32V.  It is capable of supplying 12V/400 mA to the load at the isolated output.  The nominal switching frequency is 300kHz.  The high side and low side MOSFETs are integrated in the (...)

特長
  • 18V to 32V input voltage range
  • 8V target primary output voltage and 12V secondary isolated output
  • Can deliver up to 400mA output secondary load with primary unloaded
  • FPWM pin connected directly to Vcc

設計ツールとシミュレーション

シミュレーション・モデル ダウンロード
SNVM692.ZIP (92 KB) - PSpice Model
シミュレーション・モデル ダウンロード
SNVM965.ZIP (3 KB) - PSpice Model
シミュレーション・モデル ダウンロード
SNVMB64.TSC (304 KB) - TINA-TI Reference Design
シミュレーション・ツール ダウンロード
PSpice® for TI design and simulation tool
PSPICE-FOR-TI PSpice® for TI は、各種アナログの機能評価に役立つ、設計とシミュレーション向けのツールです。  さまざまな機能を持ち、設計とシミュレーションに適したこのツールは、Cadence® のアナログ分析エンジンを使用しています。PSpice for TI は無償でご使用いただけます。アナログや電源に関する TI の製品ラインアップを対象に、業界でも有数の大規模な PSpice モデル・ライブラリが付属しているほか、選択された一部のアナログ動作モデルも利用できます。 

はじめに

  • PSpice for TI ツールへのアクセスの申請
  • ツールのダウンロードとインストール
  • シミュレーション方法説明ビデオのご視聴

PSpice for TI ツールを使用すると、内蔵のモデル・ライブラリを使用して、複雑な設計のシミュレーションを実施することができます。完成度の高い最終機器を設計し、レイアウトの確定や製造開始より前に、ソリューションのプロトタイプを製作することができます。この結果、市場投入期間の短縮と開発コストの削減を実現できます。 

設計とシミュレーション向けのツールである PSpice for TI の環境内で、各種 TI デバイスの検索、製品ラインアップの参照、テスト・ベンチの起動、設計のシミュレーションを実施し、選定したデバイスをさらに分析することができます。また、複数の TI デバイスを組み合わせてシミュレーションを実行することもできます。

事前ロード済みの PSpice モデルで構成されたライブラリ全体に加えて、ツール内で各種 TI 製品情報に簡単にアクセスすることもできます。開発中のアプリケーションに適したデバイスを選定できたことを確認した後、TI 製品の購入ページにアクセスして、その製品を購入することができます。

PSpice for TI を使用すると、回路の検討から設計の開発や検証まで、作業の進展に合わせて設計サイクルの各段階で、シミュレーションのニーズに適した各種ツールにアクセスできます。  コスト不要で入手でき、開発を容易に開始できます。設計とシミュレーションに適した PSpice スイートをダウンロードして、今すぐ設計を開始してください。
特長
  • 電源とシグナル・チェーンに関する TI の製品ラインアップを網羅する、各種 PSpice モデルで構成された事前インストール済みライブラリ
  • 動的更新により、最新のデバイス・モデルに確実にアクセス可能
  • 精度の低下を招かずに、シミュレーション速度を重視して最適化済み
  • 複数製品の同時分析をサポート
  • Cadence の PSpice テクノロジーを活用
  • OrCAD Capture フレームワークを土台とし、業界で最も幅広く使用されている回路図のキャプチャとシミュレーションの環境へのアクセスを実現
  • オフライン作業に対応し、柔軟性のあるスタンドアロン・ツール
計算ツール ダウンロード
Fly-Buck / フライバック・トポロジー・セレクタ
FLYBUCK-FLYBACK-DESIGN-CALC This tool helps a power supply engineer to select the right isolated DC-DC topology based on the specifications. Depending on the topology chosen, the calculator also recommends the right IC for the design.
特長
  • Features isolated topologies like Fly-Buck™, Fly-Buck-Boost, DCM and CCM Flyback
  • Capability to design up to 6 isolated outputs
  • Recommends ICs for desired application design
  • Incorporates loop compensation in designs
  • Compares efficiency, external component count and transformer currents for every topology (...)
計算ツール ダウンロード
LM5160 降圧レギュレータ、クイック・スタート・カリキュレータ
LM5160DNTBK-CALC Welcome to the LM5160 Buck Regulator Quick Start Design Tool. This stand-alone tool facilitates and assists the power supply engineer with design of a DC/DC buck regulator based on the LM5160 65V, 1.5A COT Buck Regulator. As such, the user can expeditiously arrive at an optimized design to meet the (...)
特長
  • Determine output filter inductance and input and output filter capacitances
  • Select components for soft-start, EN/UVLO resistors
  • Optimize and choose the ripple injection circuit required for your application
  • Determine the minimum input voltage available for a fixed output and switching frequency
計算ツール ダウンロード
LM5160 降圧レギュレータ、クイック・スタート・カリキュレータ
LM5160DNTFBK-CALC Welcome to the LM5160 Fly-Buck Regulator Quick Start Design Tool. This stand-alone tool facilitates and assists the power supply engineer with design of a DC/DC Fly-Buck regulator based on the LM5160 65V, 1.5A COT Fly-Buck Regulator. As such, the user can expeditiously arrive at an optimized design (...)
特長
  • Determine the maximum power handling capability of the part specific to the application
  • Determine the appropriate transformer turns ratio, input and output filter capacitances
  • Select components for soft-start, EN/UVLO resistors
ガーバー・ファイル ダウンロード
SNVC228.ZIP (1800 KB)

リファレンス・デザイン

多くのTIリファレンス・デザインには、 LM5160 が含まれています。 TIのリファレンス・デザイン・セレクション・ツールを使用して、お客様のアプリケーションとパラメータに最適な設計を確認し、特定してください。

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
WSON (DNT) 12 オプションの表示

購入と品質

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示

ビデオ

関連ビデオ