トップ

製品の詳細

パラメータ

Vin (Min) (V) 6 Vin (Max) (V) 75 Vout (Min) (V) 1.23 Vout (Max) (V) 70 Iout (Max) (A) 0.5 Iq (Typ) (mA) 1 Switching frequency (Min) (kHz) 50 Switching frequency (Max) (kHz) 500 Features Enable, Frequency Synchronization, Over Current Protection, Tracking Operating temperature range (C) -40 to 125 Rating Catalog Regulated outputs (#) 1 open-in-new その他の 降圧コンバータ(スイッチ内蔵)

パッケージ|ピン|サイズ

TSSOP (PW) 16 22 mm² 5 x 4.4 open-in-new その他の 降圧コンバータ(スイッチ内蔵)

特長

  • 75V、750mΩ、N チャネルMOSFET 内蔵
  • 6V から75Vまでの広い入力電圧範囲
  • 設定可能な出力電圧の下限は1.225V
  • リファレンス精度1.5%
  • 動作周波数は単一抵抗を使用して50kHz~500kHzの範囲で設定可能
  • マスタ/ スレーブ型周波数同期機能
  • 設定可能なソフトスタート
  • エミュレーテッド電流モード制御アーキテクチャ
  • 広帯域エラー・アンプ
  • 保護機能内蔵
open-in-new その他の 降圧コンバータ(スイッチ内蔵)

概要

LM5574は使い勝手の良いSIMPLE SWITCHER®降圧型レギュレータで、最小限の部品を使用して堅牢な電源の設計、最適化 を行うことができます。入力電圧6 ~ 75V で動作し、連続出力電流は0.5A です。750mΩ、N チャネル MOSFETを内蔵してい ます。エミュレーテッド電流モード・アーキテクチャの採用により、内部ライン・レギュレーション、高速負荷応答を実現するとともに、 電流モード・レギュレータにありがちな狭いデューティ・サイクルによる制約がない状態でのループ補償が容易になっています。動作 周波数は50kHz ~ 500kHz の範囲で設定が可能なため、サイズと効率の点で最適化が図れます。EMI を低減するために、周波 数同期ピンを使用してLM2557xおよびLM557xファミリの複数のIC を互いに同期させた動作や、外部クロックとの同期動作が可 能です。LM5574 では、サイクルごとの電流制限、短絡保護、サーマル・シャットダウン、外部シャットダウンを非常に安定した状 態で行うことができます。この製品はTSSOP-16 パッケージで供給されます。LM5574 は、WEBENCH® オンライン設計支援ツー ルのフルセットでサポートされています。

open-in-new その他の 降圧コンバータ(スイッチ内蔵)
ダウンロード

技術資料

= TI が選択したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。 すべて表示 26
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート LM5574/LM5574Q SIMPLE SWITCHER® 入力75V、出力0.5A、降圧型スイッチング・レギュレータ データシート (Rev. E 翻訳版) 最新の英語版をダウンロード (Rev.F) 2009年 3月 23日
技術記事 Minimize the impact of the MLCC shortage on your power application 2019年 3月 29日
セレクション・ガイド 電源 IC セレクション・ガイド 2018 (Rev. R 翻訳版) 英語版をダウンロード (Rev.R) 2018年 9月 13日
ホワイト・ペーパー Overcoming Challenges in Designing Step-Dwn Reg Apps w/40V Input Voltage 2018年 7月 3日
アプリケーション・ノート Semiconductor and IC Package Thermal Metrics 2016年 4月 19日
アプリケーション・ノート Cap Drop Offline Supply for E-Meters 2015年 6月 16日
アプリケーション・ノート Cost Effective Transformer-Less Offline Supply 2015年 6月 16日
アプリケーション・ノート Low EMI Layout Made SIMPLE with LM43600/1/2/3 and LM46000/1/2 2014年 9月 12日
アプリケーション・ノート Error Amplifier Limitations in High Performance Regulator Applications 2013年 5月 6日
ユーザー・ガイド AN-1568 LM5574 Evaluation Board 2013年 4月 26日
アプリケーション・ノート AN-2162 Simple Success With Conducted EMI From DC-DC Converters 2013年 4月 24日
アプリケーション・ノート A Guide to Board Layout for Best Thermal Resistance for Exposed Packages 2013年 4月 23日
アプリケーション・ノート AN-1149 Layout Guidelines for Switching Power Supplies 2013年 4月 23日
アプリケーション・ノート AN-1197 Selecting Inductors for Buck Converters 2013年 4月 23日
アプリケーション・ノート AN-1229 SIMPLE SWITCHER PCB Layout Guidelines 2013年 4月 23日
アプリケーション・ノート AN-1246 Stresses in Wide Input DC-DC Converters 2013年 4月 23日
アプリケーション・ノート AN-2155 Layout Tips for EMI Reduction in DC / DC Converters 2013年 4月 23日
アプリケーション・ノート How to Measure the Loop Transfer Function of Power Supplies 2013年 4月 23日
アプリケーション・ノート Techniques for Thermal Analysis of Switching Pwr Supp Designs 2013年 4月 23日
その他の技術資料 LM557x/LM2557x製品概要 2012年 8月 19日
ユーザー・ガイド Application Note 1568 LM5574 Evaluation Board (jp) 2010年 4月 2日
アプリケーション・ノート Understanding and Applying Current-Mode Control Theory 2007年 8月 19日
アプリケーション・ノート Quick Start Guide for a 0.5 Amp Buck Regulator Using The LM5574 and LM25574 (jp) 2007年 3月 17日
アプリケーション・ノート Input and Output Capacitor Selection 2005年 9月 19日
その他の技術資料 SEM1600 Topic 4: Constructing Your Power Supply – Layout Considerations 2005年 7月 12日
アプリケーション・ノート Application Note 643 EMI/RFI Board Design 2004年 5月 3日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ハードウェア開発

評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
49
特長
  • Integrated 75V, 750Wm N-Channel MOSFET
  • Ultra-wide input voltage range from 6V to 75V
  • Adjustable output voltage as low as 1.225V
  • 1.5% feedback reference accuracy
  • Operating frequency adjustable between 50kHz and 500kHz with single resistor
  • Master or slave frequency synchronization
  • Adjustable soft-start
  • (...)

設計ツールとシミュレーション

シミュレーション・モデル ダウンロード
SNVM310A.ZIP (115 KB) - PSpice Model
シミュレーション・モデル ダウンロード
SNVM311.ZIP (58 KB) - PSpice Model
シミュレーション・モデル ダウンロード
SNVM933.ZIP (2 KB) - PSpice Model
シミュレーション・モデル ダウンロード
SNVM934A.ZIP (4 KB) - PSpice Model
シミュレーション・ツール ダウンロード
PSpice® for TI design and simulation tool
PSPICE-FOR-TI PSpice® for TI は、各種アナログの機能評価に役立つ、設計とシミュレーション向けのツールです。  さまざまな機能を持ち、設計とシミュレーションに適したこのツールは、Cadence® のアナログ分析エンジンを使用しています。PSpice for TI は無償でご使用いただけます。アナログや電源に関する TI の製品ラインアップを対象に、業界でも有数の大規模な PSpice モデル・ライブラリが付属しているほか、選択された一部のアナログ動作モデルも利用できます。 

はじめに

  • PSpice for TI ツールへのアクセスの申請
  • ツールのダウンロードとインストール
  • シミュレーション方法説明ビデオのご視聴

PSpice for TI ツールを使用すると、内蔵のモデル・ライブラリを使用して、複雑な設計のシミュレーションを実施することができます。完成度の高い最終機器を設計し、レイアウトの確定や製造開始より前に、ソリューションのプロトタイプを製作することができます。この結果、市場投入期間の短縮と開発コストの削減を実現できます。 

設計とシミュレーション向けのツールである PSpice for TI の環境内で、各種 TI デバイスの検索、製品ラインアップの参照、テスト・ベンチの起動、設計のシミュレーションを実施し、選定したデバイスをさらに分析することができます。また、複数の TI デバイスを組み合わせてシミュレーションを実行することもできます。

事前ロード済みの PSpice モデルで構成されたライブラリ全体に加えて、ツール内で各種 TI 製品情報に簡単にアクセスすることもできます。開発中のアプリケーションに適したデバイスを選定できたことを確認した後、TI 製品の購入ページにアクセスして、その製品を購入することができます。

PSpice for TI を使用すると、回路の検討から設計の開発や検証まで、作業の進展に合わせて設計サイクルの各段階で、シミュレーションのニーズに適した各種ツールにアクセスできます。  コスト不要で入手でき、開発を容易に開始できます。設計とシミュレーションに適した PSpice スイートをダウンロードして、今すぐ設計を開始してください。
特長
  • 電源とシグナル・チェーンに関する TI の製品ラインアップを網羅する、各種 PSpice モデルで構成された事前インストール済みライブラリ
  • 動的更新により、最新のデバイス・モデルに確実にアクセス可能
  • 精度の低下を招かずに、シミュレーション速度を重視して最適化済み
  • 複数製品の同時分析をサポート
  • Cadence の PSpice テクノロジーを活用
  • OrCAD Capture フレームワークを土台とし、業界で最も幅広く使用されている回路図のキャプチャとシミュレーションの環境へのアクセスを実現
  • オフライン作業に対応し、柔軟性のあるスタンドアロン・ツール
計算ツール ダウンロード
計算ツール ダウンロード

リファレンス・デザイン

リファレンス・デザイン ダウンロード
高性能 DAQ システムの EMI 効果排除向けマルチレール電源のリファレンス・デザイン
TIDA-01054 — TIDA-01054 リファレンス・デザインは LM53635 降圧コンバータを使用し、16 ビット超のデータ・アクイジション(DAQ)システムに EMI がもたらす性能低下の影響を排除します。降圧コンバータにより、基板面積を節減するとともに EMI によるノイズ劣化を招かずに、電源ソリューションをシグナルパスに近接配置できます。このリファレンス・デザインにより、20 ビットの1MSPS 逐次比較型(SAR)ADC を使用する場合に、100.13dB のシステム SNR 性能を実現できます。これは、外部電源を使用する場合の 100.14dB という SNR 性能に匹敵する値です。
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド document-generic 英語版をダウンロード (Rev.A)
リファレンス・デザイン ダウンロード
高性能 DAQ システム向け ADC リファレンス電圧バッファ最適化のリファレンス・デザイン
TIDA-01055 — TIDA-01055 は高性能 DAQ システムのリファレンス・デザインで、TI の高速オペアンプ OPA837 の使用により ADC リファレンス・バッファを最適化し、SNR 特性の改善と消費電力の低減を実現します。複合バッファ構成で使用され、従来のオペアンプに比べ消費電力を 22% 改善します。バッファ内蔵リファレンス電圧源は多くの場合、チャネル数の多いシステムでの最適性能の実現に必要な駆動能力が不足しています。  このリファレンス・デザインは複数の ADC を駆動可能なほか、18 ビット 2MSPS 逐次比較型(SAR)ADC を使用して、15.77 ビットのシステム ENOB(実効ビット数)を実現します。
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド document-generic 英語版をダウンロード (Rev.A)
リファレンス・デザイン ダウンロード
10Vpp の真の差動入力に対応し、信号ダイナミック・レンジを最大化する最大 20 ビットの ADC のリファレンス・デザイン
TIDA-01057 — This reference design is designed for high performance data acquisition(DAQ) systems to improve the dynamic range of 20 bit differential input ADCs. Many DAQ systems require the measurement capability at a wide FSR (Full Scale Range) in order to obtain sufficient signal dynamic range. Many earlier (...)
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド document-generic 英語版をダウンロード
リファレンス・デザイン ダウンロード
電源効率の最適化と EMI の最小化を実現する 20 ビット、1MSPS DAQ(データ・アクイジション)のリファレンス・デザイン
TIDA-01056 — This reference design for high performance data acquisition (DAQ) systems optimizes power stage in order to reduce power consumption and minimize the effect of EMI from switching regulator by using LMS3635-Q1 buck converter.  This reference designs yields 7.2% efficiency improvement at most (...)
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド document-generic 英語版をダウンロード
リファレンス・デザイン ダウンロード
18 ビット SAR(逐次比較型)データ・コンバータ向けに最適化されたアナログ・フロント・エンド DAQ(データ・アクイジション)システムのリファレンス・デザイン
TIDA-01050 — TIDA-01050 リファレンス・デザインは自動試験機器に付随する、統合、消費電力、性能、クロッキングの課題を改善します。いかなる ATE(自動試験機器)にも使用できますが、多数の入力チャネルを必要とするシステムに特に最適です。
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド
リファレンス・デザイン ダウンロード
負電源を使用してフルスケール THD を改善する ADC ドライバのリファレンス・デザイン
TIDA-01052 — TIDA-01052 リファレンス・デザインは、アナログ・フロント・エンド・ドライバ・アンプでグランドの代わりに負の電圧レールを使用する際に見られるシステム性能の向上を実現します。このコンセプトはすべてのアナログ・フロント・エンドに該当しますが、ここでは特に自動試験機器を対象としています。
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
TSSOP (PW) 16 オプションの表示

購入と品質

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示

ビデオ

関連ビデオ