製品の詳細

2nd harmonic (dBc) -73 3rd harmonic (dBc) -80 @ MHz 200 Acl, min spec gain (V/V) 0.5 Architecture VGA, Fully Differential ADC Driver BW @ Acl (MHz) 4500 Gain (Max) (dB) 26 Gain (Min) (dB) -6 Step size (dB) 1 Type RF VGA Iq per channel (Typ) (mA) 69 Number of channels (#) 1 Operating temperature range (C) -40 to 85 Slew rate (Typ) (V/us) 18200 Total supply voltage (Max) (+5V=5, +/-5V=10) 5.25 Total supply voltage (Min) (+5V=5, +/-5V=10) 4 Vs (Min) (V) 4 Vs (Max) (V) 5
2nd harmonic (dBc) -73 3rd harmonic (dBc) -80 @ MHz 200 Acl, min spec gain (V/V) 0.5 Architecture VGA, Fully Differential ADC Driver BW @ Acl (MHz) 4500 Gain (Max) (dB) 26 Gain (Min) (dB) -6 Step size (dB) 1 Type RF VGA Iq per channel (Typ) (mA) 69 Number of channels (#) 1 Operating temperature range (C) -40 to 85 Slew rate (Typ) (V/us) 18200 Total supply voltage (Max) (+5V=5, +/-5V=10) 5.25 Total supply voltage (Min) (+5V=5, +/-5V=10) 4 Vs (Min) (V) 4 Vs (Max) (V) 5
UQFN-HR (RMZ) 16 9 mm² 3 x 3
  • 3-dB Bandwidth: 4.5 GHz at 26-dB Gain
  • Gain Range: –6 dB to 26 dB in 1-dB Steps
  • Differential Input Impedance: 100 Ω
  • Differential Output with Common-Mode Control
  • Distortion at Max Gain (VO = 2 VPPD, RL = 200 Ω):
    • 200 MHz: HD2 at –73 dBc, HD3 at –80 dBc
    • 500 MHz: HD2 at –68 dBc, HD3 at –72 dBc
    • 1 GHz: HD2 at –63 dBc, HD3 at –63 dBc
    • 2 GHz: HD2 at –58 dBc, HD3 at –54 dBc
  • Output IP3:
    • 43 dBm at 200 MHz
    • 33 dBm at 1 GHz
    • 27 dBm at 2 GHz
  • Output IP2:
    • 67 dBm at 200 MHz
    • 60 dBm at 1 GHz
    • 52 dBm at 2 GHz
  • 8-dB Noise Figure at 1 GHz, RS = 100 Ω
  • 82-ps Rise, Fall Time Pulse Response
  • Supply Operation: 5.0 V at 69 mA
  • Supports Single- and (±) Split-Supply Operation:
    • DC- and AC-Coupled Applications
  • Fabricated on an Advanced Complementary BiCMOS Process
  • 3-mm × 3-mm UQFN-16 Package
  • 3-dB Bandwidth: 4.5 GHz at 26-dB Gain
  • Gain Range: –6 dB to 26 dB in 1-dB Steps
  • Differential Input Impedance: 100 Ω
  • Differential Output with Common-Mode Control
  • Distortion at Max Gain (VO = 2 VPPD, RL = 200 Ω):
    • 200 MHz: HD2 at –73 dBc, HD3 at –80 dBc
    • 500 MHz: HD2 at –68 dBc, HD3 at –72 dBc
    • 1 GHz: HD2 at –63 dBc, HD3 at –63 dBc
    • 2 GHz: HD2 at –58 dBc, HD3 at –54 dBc
  • Output IP3:
    • 43 dBm at 200 MHz
    • 33 dBm at 1 GHz
    • 27 dBm at 2 GHz
  • Output IP2:
    • 67 dBm at 200 MHz
    • 60 dBm at 1 GHz
    • 52 dBm at 2 GHz
  • 8-dB Noise Figure at 1 GHz, RS = 100 Ω
  • 82-ps Rise, Fall Time Pulse Response
  • Supply Operation: 5.0 V at 69 mA
  • Supports Single- and (±) Split-Supply Operation:
    • DC- and AC-Coupled Applications
  • Fabricated on an Advanced Complementary BiCMOS Process
  • 3-mm × 3-mm UQFN-16 Package

The LMH6401 is a wideband, digitally-controlled, variable-gain amplifier (DVGA) designed for dc to radio frequency (RF), intermediate frequency (IF), and high-speed time-domain applications. The device is an ideal analog-to-digital converter (ADC) driver for dc- or ac-coupled applications that require an automatic gain control (AGC).

Noise and distortion performance is optimized to drive ultra-wideband ADCs. The amplifier has an 8-dB noise figure at maximum gain and a –63-dBc harmonic distortion at 1 GHz for full-scale signal levels. The device supports both single- and split-supply operation for driving an ADC. A common-mode reference input pin is provided to align the amplifier output common-mode with the ADC input requirements.

Gain control is performed via an SPI™ interface, allowing a 32-dB gain range from –6 dB to 26 dB in 1-dB steps. A power-down feature is also available through the external PD pin or SPI control.

This level of performance is achieved at a low power level of 345 mW. The operating ambient temperature range is –40°C to 85°C.

The LMH6401 is a wideband, digitally-controlled, variable-gain amplifier (DVGA) designed for dc to radio frequency (RF), intermediate frequency (IF), and high-speed time-domain applications. The device is an ideal analog-to-digital converter (ADC) driver for dc- or ac-coupled applications that require an automatic gain control (AGC).

Noise and distortion performance is optimized to drive ultra-wideband ADCs. The amplifier has an 8-dB noise figure at maximum gain and a –63-dBc harmonic distortion at 1 GHz for full-scale signal levels. The device supports both single- and split-supply operation for driving an ADC. A common-mode reference input pin is provided to align the amplifier output common-mode with the ADC input requirements.

Gain control is performed via an SPI™ interface, allowing a 32-dB gain range from –6 dB to 26 dB in 1-dB steps. A power-down feature is also available through the external PD pin or SPI control.

This level of performance is achieved at a low power level of 345 mW. The operating ambient temperature range is –40°C to 85°C.

ダウンロード

技術資料

star = TI が選択したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
8 資料すべて表示
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート LMH6401 DC to 4.5 GHz, Fully-Differential, Digital Variable-Gain Amplifier データシート (Rev. A) 2015年 5月 19日
e-Book(PDF) The Signal - オペアンプ設計ブログ集 英語版をダウンロード 2018年 3月 23日
アプリケーション・ノート ADC32RF45: Amplifier to ADC Interface (Rev. A) 2016年 9月 7日
技術記事 Disentangle RF amplifier specs: output voltage/current and 1dB compression point 2016年 6月 9日
技術記事 Disentangle RF amplifier specs: intermodulation distortion and intercept points 2016年 4月 19日
技術記事 Disentangling RF amplifier specs: amplifier spot noise vs. noise figure 2016年 2月 5日
ユーザー・ガイド TSW54J60 Evaluation Module User's Guide (Rev. A) 2015年 9月 21日
ユーザー・ガイド LMH6401 EVM User's Guide (Rev. A) 2015年 5月 29日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

評価ボード

LMH6401EVM — LMH6401 evaluation module

The LMH6401 Evaluation module (EVM) is used to evaluate the single LMH6401, digitally-controlled variable-gain amplifier (DVGA) in a 16-lead high-performance RF package.  The EVM is designed to quickly and easily demonstrate the functionality and performance of LMH6401 across all the gain (...)

在庫あり
制限: 1
評価基板 (EVM) 向けの GUI

LMH6401EVM GUI (Rev. B)

SBOC451B.ZIP (204171 KB)
シミュレーション・モデル

LMH6401 TINA-TI Spice Model

SBOM938.ZIP (14 KB) - TINA-TI Spice Model
シミュレーション・モデル

LMH6401 TINA-TI Reference Design (Rev. A)

SBOM939A.TSC (58 KB) - TINA-TI Reference Design
シミュレーション・モデル

LMH6401 PSpice Model

SBOMBQ6.ZIP (67 KB) - PSpice Model
シミュレーション・モデル

LMH6401 IBIS MODEL

SNOM552.ZIP (21 KB) - IBIS Model
リファレンス・デザイン

TIDA-010122 — TIDA-010122

このリファレンス・デザインは、マッシブ MIMO (mMIMO)、フェーズド・アレイ・レーダー、通信ペイロードなど、最新の5G に対応した用途にまつわる同期設計の課題を解決するものです。一般的な RF フロント・エンドの場合、アンテナ、低ノイズ・アンプ (LNA)、ミキサ、局部発振器 (LO) はアナログ領域に、アナログ/デジタル・コンバータ、数値制御発振器 (NCO)、デジタル・ダウン・コンバータ (DDC) はデジタル領域にあります。システム全体の同期を実現するには、これらのデジタル・ブロックをシステム・クロックと同期させる必要があります。このリファレンス・デザインは (...)
リファレンス・デザイン

TIDA-010128 — 12 ビット・デジタイザ向け、スケーラブル 20.8GSPS のリファレンス・デザイン

このリファレンス・デザインは、RF サンプリング A/D コンバータ (ADC) をタイム・インターリーブ構成で使用して、20.8GSPS のサンプリング・システムを実現する方法を提示しています。タイム・インターリーブという方式は、サンプリング・レートを向上させるための実績ある従来型の方法です。ただし、性能を向上させるには、複数使用している個別 ADC のオフセット、ゲイン、サンプリング時間に関する不整合を一致させることが不可欠です。サンプリング・クロックが高くなるほど、インターリーブ型の複雑度が高くなります。複数の ADC の間での位相の一致は、より良い SFDR と ENOB (...)
リファレンス・デザイン

TIDA-01028 — 高速オシロスコープと広帯域デジタイザ向け、12.8GSPS アナログ・フロント・エンドのリファレンス・デザイン

このリファレンス・デザインは、インターリーブ型 RF サンプリング A/D コンバータ(ADC)を使用して、12.8GSPS のサンプリング速度を実現します。タイム・インターリーブを行う 2 個の RF サンプリング ADC を使用しています。インターリーブを行うには、これらの ADC 間で位相シフトを実現する必要があります。このリファレンス・デザインは、ADC12DJ3200 のノイズレス・アパーチャ遅延調整(tAD Adjust)機能を使用して位相シフトを実現します。この機能は、インターリーブ型 ADC に特有の不整合を最小化し、SNR、ENOB、SFDR (...)
リファレンス・デザイン

TIDA-01022 — DSO、レーダー、5G ワイヤレス・テスト・システム向けのフレキシブルな 3.2GSPS マルチチャネル AFE のリファレンス・デザイン

This high speed multi-channel data capture reference design enables optimum system performance. System designers needs to consider critical design parameters like clock jitter and skew for high speed multi-channel clock generation, which affects overall system SNR, SFDR, channel to channel skew (...)
リファレンス・デザイン

TIDA-00823 — AC/DC 結合固定ゲイン・アンプ付き 16 ビット 1GSPS デジタイザのリファレンス・デザイン

This reference design discusses the use and performance of the Ultra-Wideband, Fixed-gain high-speed amplifier, the LMH3401 to drive the high-speed analog-to-digital converter (ADC), the ADS54J60 device. Different options for common-mode voltages, power supplies, and interfaces are discussed and (...)
リファレンス・デザイン

TIDA-00826 — 50Ω、2GHz オシロスコープ・フロント・エンド、リファレンス・デザイン

このリファレンス・デザインは 50Ω 入力オシロスコープ・アプリケーション向けアナログ・フロント・エンドの一部です。この評価プラットフォームにより、周波数ドメイン・アプリケーションと時間ドメイン・アプリケーションの両方で、DC ~ 2GHz 入力信号の処理が可能になります。
リファレンス・デザイン

TIDA-00822 — 16 ビット 1GSPS デジタイザ、リファレンス・デザイン、AC/DC 結合可変ゲイン・アンプ付

This reference design discusses the use and performance of the Digital Variable-Gain high-speed amplifier, the LMH6401, to drive the high-speed analog-to-digital converter (ADC), the ADS54J60 device. Different options for common-mode voltages, power supplies, and interfaces are discussed and (...)
リファレンス・デザイン

TIDA-00654 — Cascaded LMH5401 and LMH6401 reference design

A wideband single-ended to differential conversion reference design in both DC- and AC- coupled applications is presented. The design evaluates the performance of the LMH5401 and LMH6401 cascade and offers insight into the design.
パッケージ ピン数 ダウンロード
UQFN-HR (RMZ) 16 オプションの表示

購入と品質

含まれる情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating/ リフローピーク温度
  • MTBF/FIT の推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

おすすめの製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価モジュール、またはリファレンス・デザインが含まれている場合があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

ビデオ