製品の詳細

Function Clock buffer, Single-ended Additive RMS jitter (Typ) (fs) 19.2 Output frequency (Max) (MHz) 250 Number of outputs 4 Output supply voltage (V) 1.8, 2.5, 3.3 Core supply voltage (V) 1.8, 2.5, 3.3 Output skew (ps) 25 Features 1:4 fanout, Synchronous output enable Operating temperature range (C) -40 to 125 Rating Catalog Output type LVCMOS Input type LVCMOS
Function Clock buffer, Single-ended Additive RMS jitter (Typ) (fs) 19.2 Output frequency (Max) (MHz) 250 Number of outputs 4 Output supply voltage (V) 1.8, 2.5, 3.3 Core supply voltage (V) 1.8, 2.5, 3.3 Output skew (ps) 25 Features 1:4 fanout, Synchronous output enable Operating temperature range (C) -40 to 125 Rating Catalog Output type LVCMOS Input type LVCMOS
TSSOP (PW) 8 19 mm² 3 x 6.4 WSON (DQF) 8 4 mm² 2 x 2
  • 高性能の 1:2、1:3、1:4 LVCMOS クロック・バッファ
  • 非常に小さい出力スキュー:50ps 未満
  • 非常に小さい付加ジッタ:50fs 未満
    • VDD = 3.3V で 7.5fs (標準値)
    • VDD = 2.5V で 10fs (標準値)
    • VDD = 1.8V で 19.2fs (標準値)
  • 非常に小さい伝播遅延:3ns 未満
  • 同期出力イネーブル
  • 電源電圧:3.3V、2.5V、1.8V
    • すべての電源電圧について 3.3V 許容の入力
  • 3.3V で fmax = 250MHz 2.5V および 1.8V で fmax = 200MHz
  • 動作温度範囲:–40℃~125℃
  • 8 ピンの TSSOP パッケージで供給
  • 8 ピンの WSON パッケージで供給
  • 高性能の 1:2、1:3、1:4 LVCMOS クロック・バッファ
  • 非常に小さい出力スキュー:50ps 未満
  • 非常に小さい付加ジッタ:50fs 未満
    • VDD = 3.3V で 7.5fs (標準値)
    • VDD = 2.5V で 10fs (標準値)
    • VDD = 1.8V で 19.2fs (標準値)
  • 非常に小さい伝播遅延:3ns 未満
  • 同期出力イネーブル
  • 電源電圧:3.3V、2.5V、1.8V
    • すべての電源電圧について 3.3V 許容の入力
  • 3.3V で fmax = 250MHz 2.5V および 1.8V で fmax = 200MHz
  • 動作温度範囲:–40℃~125℃
  • 8 ピンの TSSOP パッケージで供給
  • 8 ピンの WSON パッケージで供給

LMK1C110x は、テキサス・インスツルメンツ製の高性能、低スキューのモジュール式汎用クロック・バッファ・ファミリです。

このファミリはすべて、モジュール手法を考慮して設計されています。1:2、1:3、1:4 の 3 種類のファンアウト・バリエーションがあります。

このファミリに属するデバイスはすべて互いにピン互換であり、CDCLVC110x ファミリと後方互換性があるため扱いが簡単です。

ファミリのすべての製品は、小さい付加ジッタ、小さいスキュー、広い動作温度範囲などの高い性能を共有しています。

LMK1C110x は同期出力イネーブル制御 (1G) をサポートし、1G が LOW のとき出力を LOW 状態に切り替えます。

LMK1C110x ファミリは 1.8V、2.5V、3.3V 環境で動作し、–40℃~125℃で動作が規定されています。

.

LMK1C110x は、テキサス・インスツルメンツ製の高性能、低スキューのモジュール式汎用クロック・バッファ・ファミリです。

このファミリはすべて、モジュール手法を考慮して設計されています。1:2、1:3、1:4 の 3 種類のファンアウト・バリエーションがあります。

このファミリに属するデバイスはすべて互いにピン互換であり、CDCLVC110x ファミリと後方互換性があるため扱いが簡単です。

ファミリのすべての製品は、小さい付加ジッタ、小さいスキュー、広い動作温度範囲などの高い性能を共有しています。

LMK1C110x は同期出力イネーブル制御 (1G) をサポートし、1G が LOW のとき出力を LOW 状態に切り替えます。

LMK1C110x ファミリは 1.8V、2.5V、3.3V 環境で動作し、–40℃~125℃で動作が規定されています。

.

ダウンロード

おすすめの類似製品

open-in-new 製品の比較
比較対象デバイスと同等の機能で、ピン配置が異なる製品。
LMK1C1106 アクティブ 6 チャネル出力、LVCMOS 1.8V バッファ 6出力 対 4出力
LMK1C1108 アクティブ 8 チャネル出力、LVCMOS 1.8V バッファ 8出力 対 4出力

技術資料

star = TI が選択したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
5 資料すべて表示
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート LMK1C110x 1.8V、2.5V、3.3V LVCMOS クロック・バッファ・ファミリ データシート (Rev. C 翻訳版) 英語版をダウンロード (Rev.C) 2021年 8月 23日
ユーザー・ガイド LMK1D1104EVM User's Guide 2021年 6月 16日
ユーザー・ガイド LMK1C1104 Low-Additive, Phase-Noise LVCMOS Clock Buffer Evaluation Board (Rev. A) 2020年 12月 10日
アプリケーション・ノート Clocking for Medical Ultrasound Systems (Rev. A) 2020年 9月 30日
アプリケーション・ノート LMK1C1104 Key Performance in System Level (Rev. A) 2020年 3月 10日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

評価ボード

LMK1C1104EVM — LMK1C1104 low jitter 1:4 LVCMOS fan-out buffer evaluation module

LMK1C1104 is a high-performance, low additive jitter LVCMOS clock buffer with one LVCMOS input, four LVCMOS outputs, and a global output enable pin. This evaluation module (EVM) is designed to demonstrate the electrical performance of the LMK1C1104, however, this EVM can also be used to evaluate (...)
在庫あり
制限: 2
評価ボード

LMK1C1108EVM — LMK1C1108 低ジッタ、1:8、LVCMOS ファンアウト・バッファの評価基板

LMK1C1108 は、高性能で追加ジッタの小さい LVCMOS クロック・バッファであり、1 個の LVCMOS 入力、8 個の LVCMOS 出力、1 本のグローバル出力イネーブル・ピンを実装しています。この評価基板 (EVM) は、LMK1C1108 の電気的性能を実証する設計を採用しています。また、この EVM を使用して、LMK1C110x ファミリに属する他のデバイスを評価することもできます。LMK1C1108EVM は、最高の性能を達成できるように、複数の 50Ω SMA コネクタと、複数のインピーダンス制御済み 50Ω (...)
在庫あり
制限: 1
シミュレーション・モデル

LMK1C1104 IBIS Model

SNAM234.ZIP (45 KB) - IBIS Model
シミュレーション・ツール

PSPICE-FOR-TI — PSpice® for TI design and simulation tool

PSpice® for TI は、各種アナログ回路の機能評価に役立つ、設計とシミュレーション向けの環境です。設計とシミュレーションに適したこのフル機能スイートは、Cadence® のアナログ分析エンジンを使用しています。PSpice for TI は無償で使用でき、アナログや電源に関する TI の製品ラインアップを対象とする、業界でも有数の大規模なモデル・ライブラリが付属しているほか、選択された一部のアナログ動作モデルも利用できます。

設計とシミュレーション向けの環境である PSpice for TI (...)
設計ツール

CLOCK-TREE-ARCHITECT — Clock tree architect プログラミング・ソフトウェア

Clock tree architect はクロック・ツリーの合成ツールであり、開発中システムの要件に基づいてクロック・ツリー・ソリューションを生成する方法で、お客様の設計プロセスの効率化に貢献します。このツールは、多様なクロック供給製品を収録した包括的なデータベースからデータを抽出し、システム・レベルのマルチチップ・クロック供給ソリューションを生成します。
CAD/CAE シンボル

LMK1C1104EVM Altium Database

SNAR039.ZIP (498 KB)
リファレンス・デザイン

TIDA-010230 — Multi-channel RF transceiver, low-noise clocking reference design for radar and EW applications

In modern radar and electronic warfare (EW) systems, active electronically-scanned array (AESA) antenna systems are often used with high speed multi-channel RF transceivers. These systems require very low noise clocking capable of precise channel-to-channel skew adjustment to achieve the optimal (...)
パッケージ ピン数 ダウンロード
TSSOP (PW) 8 オプションの表示
WSON (DQF) 8 オプションの表示

購入と品質

含まれる情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating/ リフローピーク温度
  • MTBF/FIT の推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

おすすめの製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価モジュール、またはリファレンス・デザインが含まれている場合があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

ビデオ