LMK61E2
この製品はすでに市場にリリースされており、ご購入できます。 一部の製品は、より新しい代替品を使用できる可能性があります。
プログラマブル、25ppm、156.25 LVPECL のスタート・アップ

 

モデル (1)

タイトル カテゴリ 種類 日付
LMK61E2 IBIS MODEL IBIS Model ZIP 2015年 10月 22日

設計キット&評価モジュール (3)

内容 型番 ソフトウェア/ツール・タイプ
LMK05028 ネットワーク・クロック・ジェネレータとシンクロナイザの評価モジュール LMK05028EVM 評価モジュールと評価ボード
LMK61E2EVM 超低ジッタ、プログラマブル・オシレータ評価モジュール LMK61E2EVM 評価モジュールと評価ボード
ネットワーク・シンクロナイザ・クロックの評価モジュール LMK05318EVM 評価モジュールと評価ボード

リファレンス・デザイン

TIDA-010122

このリファレンス・デザインは、マッシブ MIMO (mMIMO)、フェーズド・アレイ・レーダー、通信ペイロードなど、最新の5G に対応した用途にまつわる同期設計の課題を解決するものです。一般的な RF フロント・エンドの場合、アンテナ、低ノイズ・アンプ (LNA)、ミキサ、局部発振器 (LO) はアナログ領域に、アナログ/デジタル・コンバータ、数値制御発振器 (NCO)、デジタル・ダウン・コンバータ (DDC) はデジタル領域にあります。システム全体の同期を実現するには、これらのデジタル・ブロックをシステム・クロックと同期させる必要があります。このリファレンス・デザインは ADC12DJ3200 データ・コンバータを使用し、オンチップ NCO を SYNC~ に対して同期させる方法で、確定的な待ち時間と複数のレシーバ間での 5ps 未満のチャネル間スキューを実現します。また、ノイズレスのアパーチャ遅延時間調整 (tAD Adjust) 機能を使用してスキューをさらに低減します。また、このデザインは、LMX2594 広帯域 PLL と LMK04828 シンセサイザおよびジッタ・クリーナーをベースとし、位相ノイズが非常に小さいクロック供給ソリューションも実現しています。

リファレンス・デザインの使用許可、知的財産権、免責事項に関する重要なお知らせを表示。

ソフトウェア (2)

内容 型番 ソフトウェア/ツール・タイプ
CodeLoader デバイス・レジスタ・プログラミング CODELOADER アプリケーション・ソフトウェアとフレームワーク
LMK61xx Oscillator Programming Tool  (ZIP 3782 KB )    2016年 3月 28日    (英語)

CAD/CAE シンボル

型番 パッケージ|ピン数 CAD ファイル(.bxl) STEP モデル(.stp)
LMK61E2 ダウンロード ダウンロード

テキサス・インスツルメンツは Accelerated Designs, Inc. と連携して、TI 製品用の回路図記号と PCB レイアウト・フットプリントを提供しています。

CAD シンボルを表示するには、以下の手順に従ってください。

ステップ 1: ソフトウェアをダウンロードしてインストールします Ultra Librarian software

ステップ 2:CAD ファイル(.bxl)のテーブルから記号およびフットプリントをダウンロードします。

ステップ 3:Ultra Librarian Reader ソフトウェアで .bxl ファイルを開きます。

完了 CAD/CAE 記号データベースは //webench.ti.com/cad/ でご確認いただけます。

PCB フットプリントと回路図記号は、特定ベンダに依存しないフォーマットでダウンロードできます。ダウンロード後に Ultra Librarian Reader を使用して、業界トップクラスの EDA CAD/CAE 設計ツールにエクスポートすることができます。 Ultra Librarian Reader . このリーダーはで入手可能 無償ダウンロード

Ultra Librarian Reader は、Ultra Librarian ツールセットの一部で、実質的にどんな EDA CAD/CAE フォーマットでも、コンポーネントとその属性の生成、インポート、エクスポートが可能です。

Customize Your Oscillator

Device Variant (More device variants)

Device Attributes
Output format
Stability
±50 ppm

Device Output Frequency
Frequency Range for selected format
Supported Frequencies:
 
MHz
MHz