製品の詳細

Features Current Sources (iDACs), PGA Operating temperature range (C) -40 to 125 Vs (Min) (V) 1.8 Interface type Serial SPI Vs (Max) (V) 6 Rating Catalog
Features Current Sources (iDACs), PGA Operating temperature range (C) -40 to 125 Vs (Min) (V) 1.8 Interface type Serial SPI Vs (Max) (V) 6 Rating Catalog
TSSOP (PW) 16 22 mm² 5 x 4.4
  • 温度測定におけるプログラマブル出力電流
  • プログラマブル出力コモンモード電圧
  • アクティブ・ガード
  • オンボード・センサ・テスト
  • WEBENCH Sensor AFE Designer 対応
  • WEBENCH Sensor Designer ツール対応
  • 温度測定におけるプログラマブル出力電流
  • プログラマブル出力コモンモード電圧
  • アクティブ・ガード
  • オンボード・センサ・テスト
  • WEBENCH Sensor AFE Designer 対応
  • WEBENCH Sensor Designer ツール対応

LMP91200 は、低消費電力解析センシング・アプリケーションで使用するためのコンフィギュラブル・センサ・アナログ・フロ ント・エンド(AFE) です。 2 電極センサ向けに設計されています。 このデバイスは、センサでデルタ電圧に基づく変化を検出 するのに必要な機能をすべて備えています。 低消費電力アプリケーション向けに最適化されたLMP91200 は、1.8V ~ 5.5V の電圧範囲で動作します。 入力バイアス電流がきわめて低く、pH センサでの使用に最適です。 また、電源電圧が得られなく ても、きわめて低い入力バイアス電流のおかげで、LMP91200に接続されたpH プローブの性能低下を抑えられます。 コモン モード出力ピン(VOCM) を利用して適用できるコモンモード・オフセットは、pH センサの出力範囲に合わせてさまざまな値にプ ログラム可能です。 ハイ・インピーダンス・コモンモードが必要なアプリケーションでも、このオプションを利用できます。 寄生イ ンピーダンスが高い配線には、2 つのガード・ピンによって対応可能です。 LMP91200 には、外付けのPt1000 やPt100 のよ うな温度センサのサポートが組み込まれています。 こうした機能の制御は、SPI インタフェースを介して行えます。 さらに、ユー ザー制御のセンサ診断テストも利用できます。 このテストでは、センサの接続と機能が適切であるかどうか検証します。 構成に もよりますが、pH 測定時におけるデバイスの総消費電流は50µA です。 LMP91200 は16 ピンTSSOP パッケージで供給さ れ、- –40° ℃~+ 125 ℃の範囲で動作します。

LMP91200 は、低消費電力解析センシング・アプリケーションで使用するためのコンフィギュラブル・センサ・アナログ・フロ ント・エンド(AFE) です。 2 電極センサ向けに設計されています。 このデバイスは、センサでデルタ電圧に基づく変化を検出 するのに必要な機能をすべて備えています。 低消費電力アプリケーション向けに最適化されたLMP91200 は、1.8V ~ 5.5V の電圧範囲で動作します。 入力バイアス電流がきわめて低く、pH センサでの使用に最適です。 また、電源電圧が得られなく ても、きわめて低い入力バイアス電流のおかげで、LMP91200に接続されたpH プローブの性能低下を抑えられます。 コモン モード出力ピン(VOCM) を利用して適用できるコモンモード・オフセットは、pH センサの出力範囲に合わせてさまざまな値にプ ログラム可能です。 ハイ・インピーダンス・コモンモードが必要なアプリケーションでも、このオプションを利用できます。 寄生イ ンピーダンスが高い配線には、2 つのガード・ピンによって対応可能です。 LMP91200 には、外付けのPt1000 やPt100 のよ うな温度センサのサポートが組み込まれています。 こうした機能の制御は、SPI インタフェースを介して行えます。 さらに、ユー ザー制御のセンサ診断テストも利用できます。 このテストでは、センサの接続と機能が適切であるかどうか検証します。 構成に もよりますが、pH 測定時におけるデバイスの総消費電流は50µA です。 LMP91200 は16 ピンTSSOP パッケージで供給さ れ、- –40° ℃~+ 125 ℃の範囲で動作します。

ダウンロード

技術資料

star = TI が選択したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
7 資料すべて表示
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート LMP91200 低消費電力ケミカル・センシング・アプリケーション向けコンフィギュラブルAFE データシート 最新の英語版をダウンロード (Rev.E) 2012年 2月 15日
技術記事 What can we learn for IIoT from the man who invented the Web? 2016年 1月 12日
技術記事 Get Connected: A new blog series 2014年 1月 10日
アプリケーション・ノート AN-2254 MSP430 Interface to LMP91200 Code Library (Rev. A) 2013年 5月 1日
その他の技術資料 Sensor Analog Front Ends Brochure 2012年 10月 30日
その他の技術資料 LMP91200 Sensor AFE Evaluation Board User's Guide (Rev. A) 2012年 5月 30日
その他の技術資料 LMP91200 Sensor AFE Evaluation Board User's Guide 2012年 5月 7日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

評価ボード

LMP91200EVAL — LMP91200 AFE pH sensor evaluation module

The LMP91200 evalboard (LMP91200EVAL) can be used as stand-alone or as part of SensorAFE eval platform (refer to the SensorAFE platform page for software and required hardware). It allows configuring the LMP91200 through a 3-wire SPI interface and testing the device with real PH probe. Moreover the (...)

サポート・ソフトウェア

LMP91200 Sensor AFE Software Download

SNAC005.ZIP (31311 KB)
シミュレーション・モデル

LMP91200 PSpice Transient Model (Rev. A)

SNAM129A.ZIP (25 KB) - PSpice Model
シミュレーション・モデル

LMP91200 TINA-TI Reference Design

SNAM130.TSC (395 KB) - TINA-TI Reference Design
シミュレーション・モデル

LMP91200 TINA-TI Transient Spice Model (Rev. A)

SNAM131A.ZIP (54 KB) - TINA-TI Spice Model
リファレンス・デザイン

TIDA-00561 — プロセス制御向けワイヤレス pH トランスミッタ リファレンスデザイン

TIDA-00561 は、プロセス制御を意図した産業グレードのワイヤレス pH トランスミッタを製作する方法を示します。このリファレンス・デザインは、設計済みの pH フロント・エンドを搭載しており、そのオンボード・コネクタを使用すると、プロセス制御で採用されている大半の pH プローブに直接接続できます。性能データはテスト済みかつ特性評価済みであり (入力範囲は 0 ~ 14 pH で、テスト対象の全範囲にわたる精度は ±0.01pH)、プロセス計測のニーズとの互換性を確保しています。

TIDA-00561 のフォーム・ファクタと電気的接続は TI SimpleLink™ CC2650 (...)

パッケージ ピン数 ダウンロード
TSSOP (PW) 16 オプションの表示

購入と品質

含まれる情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating/ リフローピーク温度
  • MTBF/FIT の推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

おすすめの製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価モジュール、またはリファレンス・デザインが含まれている場合があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

ビデオ