トップ

製品の詳細

パラメータ

Number of channels (#) 1 Output type Push-pull Propagation delay time (µs) 1.8 Vs (Max) (V) 5 Vs (Min) (V) 1.8 Vos (offset voltage @ 25 C) (Max) (mV) 4 Iq per channel (Typ) (mA) 0.01 Input bias current (+/-) (Max) (nA) 100 Rail-to-rail In Rating Catalog Operating temperature range (C) -40 to 85 Features Alternate Pinout, Small Size VICR (Max) (V) 5.1 VICR (Min) (V) -0.1 open-in-new その他の コンパレータ

パッケージ|ピン|サイズ

SOT-SC70 (DCK) 5 4 mm² 2 x 2.1 open-in-new その他の コンパレータ

特長

  • (VS = 1.8V, TA = 25°C, Typical
    Values unless Specified)
  • Single Supply
  • Ultra Low Supply Current 9µA per Channel
  • Low Input Bias Current 10nA
  • Low Input Offset Current 200pA
  • Low ensured VOS 4mV
  • Propagation Delay 880ns (20mV Overdrive)
  • Input Common Mode Voltage Range 0.1V beyond Rails

All trademarks are the property of their respective owners.

open-in-new その他の コンパレータ

概要

The LMV7291 is a rail-to-rail input low power comparator, characterized at supply voltage 1.8V, 2.7V and 5.0V. It consumes only 9uA supply current per channel while achieving a 800ns propagation delay.

The LMV7291 is available in SC70 package. With this tiny package, the PC board area can be significantly reduced. It is ideal for low voltage, low power and space critical designs.

The LMV7291 features a push-pull output stage which allows operation with minimum power consumption when driving a load.

The LMV7291 is built with Texas Instruments' advance submicron silicon-gate BiCMOS process. It has bipolar inputs for improved noise performance and CMOS outputs for rail-to-rail output swing.

open-in-new その他の コンパレータ
ダウンロード

技術資料

= 主要な資料
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。 すべて表示 2
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート LMV7291 Single 1.8V Low Power Comparator with Rail-to-Rail Input データシート 2013年 3月 22日
技術記事 Op Amps used as Comparators—is it okay? 2012年 3月 14日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

設計ツールとシミュレーション

シミュレーション・モデル ダウンロード
SNOM053.ZIP (1 KB) - PSpice Model
シミュレーション・ツール ダウンロード

リファレンス・デザイン

リファレンス・デザイン ダウンロード
コンパレータに4個の抵抗でヒステリシスを設定する方法
TIPD144 コンパレータは、2 つの異なる信号レベルを区別するのに使用します。たとえば、コンパレータでは過熱状態と通常の温度状態を区別できます。比較スレッショルドにおいて雑音や信号が変動すると、複数の遷移が発生します。雑音によって発生する複数の遷移を除去するために、ヒステリシスによって上限および下限スレッショルドが設定されます。
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
SC70 (DCK) 5 オプションの表示

購入と品質

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示

ビデオ

関連ビデオ