トップ

製品の詳細

パラメータ

Integrated VCO Yes Output frequency (Min) (MHz) 12.5 Output frequency (Max) (MHz) 2000 Normalized PLL phase noise (dBc/Hz) -232 VCC (V) 3.3 Current consumption (mA) 70 1/f noise (10-kHz offset at 1-GHz carrier) (dBc/Hz) -123.5 open-in-new その他の RF PLL / シンセサイザ

パッケージ|ピン|サイズ

VQFN (RHA) 40 36 mm² 6 x 6 open-in-new その他の RF PLL / シンセサイザ

特長

  • 出力周波数: 12.5MHz~2GHz
  • 低消費電力: 3.3V電源で70mA
  • 100kHzオフセットで位相ノイズ-124dBc/Hz (800MHzキャリア使用時)
  • PLL性能指数: -232dBc/Hz
  • PLL正規化1/fノイズ: -123.5dBc/Hz
  • 32ビットのフラクショナルN分周器
  • プログラマブル入力マルチプライヤによる整数境界スプリアスの解消
  • 複数デバイスでの出力位相の同期
  • ランプおよびチャープ機能のサポート
  • FSK直接デジタル変調のサポート
  • 2つのプログラム可能な出力電力レベル差分出力
  • 高速なVCO較正: 20µs未満
  • 単一の3V~3.5V電源

All trademarks are the property of their respective owners.

open-in-new その他の RF PLL / シンセサイザ

概要

LMX2572LPは低消費電力、高性能の広帯域シンセサイザで、内部ダブラーを使用せずに、12.5MHz~2GHzで1つの周波数を生成できます。PLLは非常に優れた性能を実現していながら、単一の3.3V電源で消費電流はわずか70mAです。

LMX2572LPは、デジタル・モバイル・ラジオ(DMR)やワイヤレス・マイクなどのアプリケーション向けに、FSK変調をサポートしています。離散レベルFSKおよびパルス整形FSKもサポートされています。プログラミングまたはピンにより、直接デジタルFSK変調を実現できます。

LMX2572LPを使用すると、複数デバイス間で出力を同期でき、入力と出力の間に確定的な遅延を必要とするアプリケーションにも対応できます。LMX2572LPには小さな粒度で位相を調整するオプションがあり、基板上やデバイス内での遅延の不一致を補正できます。周波数ランプ生成機能では、自動ランプ生成オプションまたは最大の柔軟性を実現する手動オプションを使用して、最大2セグメントのランプを合成できます。高速較正アルコリズムにより、ユーザーは周波数を20µs以内で変更できます。

LMX2572LPには、単一の3.3V電源からのLDOが搭載されているため、オンボードの低ノイズLDOが必要ありません。

open-in-new その他の RF PLL / シンセサイザ
ダウンロード

技術資料

= 主要な資料
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。 すべて表示 2
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート LMX2572LP 2GHz、低消費電力の広帯域RFシンセサイザ、FSK変調 データシート 英語版をダウンロード 2018年 5月 24日
アプリケーション・ノート プログラム可能な入力マルチプライヤによる整数境界スプリアスの最小化 英語版をダウンロード 2017年 3月 6日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ハードウェア開発

評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
$299.00
概要
This Evaluation Module (EVM) is for the LMX2572LP, which is a low-power high-performance wideband synthesizer that can generate any frequency from 12.5 MHz to 2 GHz without using an internal doubler. The PLL delivers excellent performance while consuming just 70 mA from a single 3.3-V supply. By (...)
特長
  • 12.5-MHz to 2-GHz output frequency 
  • -124 dBc/Hz Phase noise at 100-kHz offset with 800-MHz carrier
  • 70-mA operation current with one direct VCO output
  • Two differential outputs with programmable output power
  • This EVM has the complete circuit for the synthesizer, optimized and tested for performance, and (...)

ソフトウェア開発

アプリケーション・ソフトウェアとフレームワーク ダウンロード
テキサス・インスツルメンツ PLLatinum シミュレータ・ツール
PLLATINUMSIM-SW The PLLatinum Simulator Tool allows detailed design and simulation of  the Texas Instruments LMX series of PLLs and Synthesizers.
特長
  • Part Selection based on current, cost, phase noise, and package
  • Filter Design up for passive and active filters up to 4th Order
  • Simulation of phase noise including PLL, Fractional Engine, VCO, Input, Dividers, and Loop Filter
  • Simulation of spurs including phase detector and fractional.
  • Simulation of (...)
アプリケーション・ソフトウェアとフレームワーク ダウンロード
テキサス・インスツルメンツのクロックおよびシンセサイザ(TICS)プロ・ソフトウェア
TICSPRO-SW The TICS Pro software is used to program the evaluation modules (EVMs) for device numbers with these prefixes: CDC, LMK and LMX. These devices include PLLs and voltage-controlled oscillators (PLL+VCO), synthesizers and clocking devices.
特長
  • Program EVMs through the USB2ANY Interface Adaptor or onboard USB interface.
  • Export programming configurations for use in end application.

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
VQFN (RHA) 40 オプションの表示

購入と品質

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示