トップ

製品の詳細

パラメータ

Integrated VCO Yes Output frequency (Min) (MHz) 45 Output frequency (Max) (MHz) 22600 Normalized PLL phase noise (dBc/Hz) -236 Current consumption (mA) 500 1/f noise (10-kHz offset at 1-GHz carrier) (dBc/Hz) -134 open-in-new その他の RF PLL / シンセサイザ

パッケージ|ピン|サイズ

VQFNP (RTC) 48 49 mm² 7 x 7 open-in-new その他の RF PLL / シンセサイザ

特長

  • Output frequency: 45 MHz to 22.6 GHz
  • 36-fs rms jitter (12 kHz – 95 MHz) at 6 GHz
  • High-performance PLL
    • Figure of merit: –236 dBc/Hz
    • Normalized 1/f noise: –134 dBc/Hz
    • -95 dBc Integer Mode Spurs (fPD=100 MHz)
    • High phase detector frequency
      • 400-MHz integer mode
      • 300-MHz fractional mode
    • Programmable input multiplier
    • Direct PFD input for offset mixing support allowing PLL N divider to be one for ultra-low jitter
  • 2.5-µs fast VCO calibration time
  • Mute pin with 200-ns mute/unmute time
  • –45-dBc VCO leakage with doubler enabled
  • Support for external VCO up to 22.6-GHz
  • Synchronization of output phase across multiple devices
  • Two differential RF outputs and one differential SYSREF output for JESD204B support

All trademarks are the property of their respective owners.

open-in-new その他の RF PLL / シンセサイザ

概要

The LMX2820 is a high-performance, wideband synthesizer that can generate any frequency in the range of 45 MHz to 22.6 GHz. The high performance PLL with figure of merit of –236 dBc/Hz and high phase detector frequency can attain very low in-band noise and integrated jitter. The high-speed N-divider has no pre-divider, thus significantly reducing the amplitude and number of spurs. There is also a programmable input multiplier to mitigate integer boundary spurs.

The LMX2820 allows users to synchronize the output of multiple devices and also enables applications that need deterministic delay between input and output. The fast calibration algorithm greatly reduces the VCO calibration time, enabling systems requiring fast frequency hopping. The LMX2820 can generate or repeat SYSREF that is compliant to the JESD204B standard, allowing for its use as a low-noise clock source for high-speed data converters. This synthesizer can also be used with an external VCO. A direct PFD input pin is provided to support offset mixing for low spurious transmission.

The device runs from a single 3.3-V supply and has integrated LDOs that eliminate the need for onboard low-noise LDOs.

open-in-new その他の RF PLL / シンセサイザ
ダウンロード

技術資料

= TI が選択したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。 すべて表示 5
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート LMX2820 22.6-GHz Wideband PLLatinum RF Synthesizer With Phase Synchronization and JESD204B Support データシート 2020年 12月 9日
ユーザー・ガイド LMX2820 Register Map User's Guide 2020年 12月 9日
アプリケーション・ノート LMX2820 Application Note 2020年 9月 17日
その他の技術資料 LMX2820EVM EU Declaration of Conformity (DoC) 2020年 6月 9日
ユーザー・ガイド LMX2820EVM Evaluation Instructions 2020年 1月 5日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ハードウェア開発

評価ボード ダウンロード
499
概要
この評価基板は、22.6GHz の広帯域 RF シンセサイザである LMX2820 向けです。 このシンセサイザは、JESD204B に準拠した SYSREF 信号のバッファリングと生成をサポートしています。 LMX2820 を採用すると、このデバイスの複数のインスタンスからの出力を同期することができます。
特長
  • 22.6GHz 出力
  • 6GHz の搬送波使用時に 40fs (フェムト秒) の RMS ジッタ (10kHz ~ 20MHz)
  • 複数デバイス間の出力位相の同期
  • SYSREF のサポート
  • 最大 22.6GHz までの外部 VCO 入力をサポート
  • この評価基板は、シンセサイザに適した包括的な回路を搭載しており、性能を重視した最適化とテストを実施済みのほか、USB プログラミング・モジュールが付属

ソフトウェア開発

サポート・ソフトウェア ダウンロード
SNAC072AH.ZIP (61097 KB)

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
VQFN (RTC) 48 オプションの表示

購入と品質

含まれる情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating/ リフローピーク温度
  • MTBF/FIT の推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

おすすめの製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価モジュール、またはリファレンス・デザインが含まれている場合があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示

ビデオ