9 x 11 x 2.8mm QFN パッケージ封止、7V ~ 50V、2.5A、降圧パワー・モジュール

トップ

製品の詳細

パラメータ

Iout (Max) (A) 2.5 Vin (Min) (V) 7 Vin (Max) (V) 50 Vout (Min) (V) 2.5 Vout (Max) (V) 15 Soft start Adjustable Features EMI Tested, Enable, Frequency Synchronization, Power Good, Remote Sense, Tracking Operating temperature range (C) -40 to 85 Iq (Typ) (mA) 0.7 Regulated outputs (#) 1 Switching frequency (Max) (kHz) 1000 Switching frequency (Min) (kHz) 300 Switching frequency (Typ) (kHz) 400 Duty cycle (Max) (%) 85 Topology Buck, Inverting Buck-Boost open-in-new その他の 降圧モジュール(インダクタ内蔵)

パッケージ|ピン|サイズ

B1QFN (RKG) 41 99 mm² 11 x 9 open-in-new その他の 降圧モジュール(インダクタ内蔵)

特長

  • 小さな占有面積で低プロファイルの設計を可能にする完全な統合電源ソリューション
  • 広い入力電圧範囲: 7V~50V
  • 出力電圧を2.5V~15Vの範囲で設定可能
  • 65Vのサージ耐圧
  • 最高96%の効率
  • 可変スイッチング周波数(300kHz~1MHz)
  • 外部クロックに同期
  • 調整可能なスロー・スタート
  • 出力電圧のシーケンシングとトラッキング
  • パワー・グッド出力
  • 低電圧誤動作防止(UVLO)をプログラム可能
  • 出力過電流保護
  • 過熱保護機能
  • プリバイアス出力によるスタートアップ
  • 動作温度範囲: -40℃~85℃
  • 強化された熱特性: 14℃/W
  • EN55022 Class Bの放射要件に準拠
    - シールド付きインダクタを内蔵
  • 設計の手引きについては、http://www.ti.com/LMZ35003を参照
  • WEBENCH® Power Designerにより、LMZ35003を使用するカスタム設計を作成

All trademarks are the property of their respective owners.

open-in-new その他の 降圧モジュール(インダクタ内蔵)

概要

LMZ35003パワー・モジュールは、2.5AのDC/DCコンバータとシールド付きインダクタ、受動部品を組み合わせて、低プロファイルのQFNパッケージに封入した、使いやすい統合型パワー・ソリューションです。外部部品は5個しか使用せず、ループ補償や磁気部品の選択プロセスも不要になります。

9mm×11mm×2.8mmの小型QFNパッケージはプリント基板へ簡単にハンダ付けでき、90%を超える効率と非常に優れた消費電力特性を持つ、小型のポイント・オブ・ロード設計を実現できます。LMZ35003は、ディスクリートPOL設計と同等の柔軟性および機能セットを備え、幅広い範囲のIC/システムへの電力供給に最適です。先進のパッケージング技術により、標準のQFN実装/試験手法に対応した、堅牢で信頼性の高い電源ソリューションを実現できます。

open-in-new その他の 降圧モジュール(インダクタ内蔵)
ダウンロード

技術資料

= TI が選択したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。 すべて表示 11
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート LMZ35003 QFNパッケージ、7V~50V入力の2.5Aパワー・モジュール データシート (Rev. B 翻訳版) 英語版をダウンロード (Rev.B) 2018年 6月 6日
アプリケーション・ノート Soldering Requirements for BQFN Packages 2020年 3月 5日
アプリケーション・ノート Soldering Considerations for MicroSiP™ Package Power Modules 2018年 11月 26日
セレクション・ガイド Innovative DC/DC Power Modules Selection Guide 2018年 2月 27日
アプリケーション・ノート Working with QFN Power Modules 2017年 6月 8日
アプリケーション・ノート Power Module MSL Ratings 2017年 1月 20日
技術記事 Industrial stack lights get smarter with LEDs 2016年 8月 9日
アプリケーション・ノート LMZ35003 Protects Against 60-V Line Transients 2015年 6月 18日
アプリケーション・ノート LMZ35003 Parallel Operation 2014年 5月 28日
その他の技術資料 SIMPLE SWITCHER パワー・モジュール 2013年 9月 9日
ユーザー・ガイド Using the LMZ35003EVM 2013年 7月 2日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ハードウェア開発

評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
49
概要
The Texas Instruments LMZ35003EVM-001 evaluation module (EVM) makes it easy for designers to evaluate the performance and operation of the LMZ35003. The EVM operates with an input voltage range of 7V to 50V and deliver up to 2.5A of output current. The output voltage can be selected from four preset (...)
特長
  • Jumper selectable output voltage
  • Adjustable soft start
  • Adjustable turn-on UVLO

設計ツールとシミュレーション

シミュレーション・モデル ダウンロード
SLVM669A.ZIP (40 KB) - PSpice Model
シミュレーション・モデル ダウンロード
SLVMAF6.ZIP (74 KB) - PSpice Model
シミュレーション・モデル ダウンロード
SNVM794.ZIP (1 KB) - PSpice Model
シミュレーション・モデル ダウンロード
SNVM795.ZIP (5 KB) - PSpice Model
シミュレーション・ツール ダウンロード
PSpice® for TI design and simulation tool
PSPICE-FOR-TI PSpice® for TI は、各種アナログの機能評価に役立つ、設計とシミュレーション向けのツールです。  さまざまな機能を持ち、設計とシミュレーションに適したこのツールは、Cadence® のアナログ分析エンジンを使用しています。PSpice for TI は無償でご使用いただけます。アナログや電源に関する TI の製品ラインアップを対象に、業界でも有数の大規模な PSpice モデル・ライブラリが付属しているほか、選択された一部のアナログ動作モデルも利用できます。 

はじめに

  • PSpice for TI ツールへのアクセスの申請
  • ツールのダウンロードとインストール
  • シミュレーション方法説明ビデオのご視聴

PSpice for TI ツールを使用すると、内蔵のモデル・ライブラリを使用して、複雑な設計のシミュレーションを実施することができます。完成度の高い最終機器を設計し、レイアウトの確定や製造開始より前に、ソリューションのプロトタイプを製作することができます。この結果、市場投入期間の短縮と開発コストの削減を実現できます。 

設計とシミュレーション向けのツールである PSpice for TI の環境内で、各種 TI デバイスの検索、製品ラインアップの参照、テスト・ベンチの起動、設計のシミュレーションを実施し、選定したデバイスをさらに分析することができます。また、複数の TI デバイスを組み合わせてシミュレーションを実行することもできます。

事前ロード済みの PSpice モデルで構成されたライブラリ全体に加えて、ツール内で各種 TI 製品情報に簡単にアクセスすることもできます。開発中のアプリケーションに適したデバイスを選定できたことを確認した後、TI 製品の購入ページにアクセスして、その製品を購入することができます。

PSpice for TI を使用すると、回路の検討から設計の開発や検証まで、作業の進展に合わせて設計サイクルの各段階で、シミュレーションのニーズに適した各種ツールにアクセスできます。  コスト不要で入手でき、開発を容易に開始できます。設計とシミュレーションに適した PSpice スイートをダウンロードして、今すぐ設計を開始してください。
特長
  • 電源とシグナル・チェーンに関する TI の製品ラインアップを網羅する、各種 PSpice モデルで構成された事前インストール済みライブラリ
  • 動的更新により、最新のデバイス・モデルに確実にアクセス可能
  • 精度の低下を招かずに、シミュレーション速度を重視して最適化済み
  • 複数製品の同時分析をサポート
  • Cadence の PSpice テクノロジーを活用
  • OrCAD Capture フレームワークを土台とし、業界で最も幅広く使用されている回路図のキャプチャとシミュレーションの環境へのアクセスを実現
  • オフライン作業に対応し、柔軟性のあるスタンドアロン・ツール

リファレンス・デザイン

リファレンス・デザイン ダウンロード
EtherCAT P®(1 本のケーブルで給電と EtherCAT®通信に対応)のリファレンス・デザイン
TIDA-01461 — このリファレンス・デザインは EtherCAT P® 電力供給デバイスの回路での電力結合機能の物理的実装を示します。公式 EtherCAT P 実装ガイドの全要件を満たします。TI の半導体製品をベースとする逆極性保護、突入電流制限、連続電流制限機能を搭載しています。
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド document-generic 英語版をダウンロード
リファレンス・デザイン ダウンロード
IO-Link インターフェイス付き RGB LED 信号タワーのリファレンス・デザイン
TIDA-00980 — 工場の現場や、より複雑な産業用プロセス・オートメーションで使用されるマルチセグメント(マルチストリング)RGB 信号タワーの機能のインターフェイスと制御を目的とした組込みファームウェアのリファレンス・デザインです。端末コマンドのシーケンス制御を可能にするとともに、フレキシビリティを向上します。スタック・ライトは IO-Link または USB 経由で制御でき、さまざまなパターンを構成することができます。
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド document-generic 英語版をダウンロード
リファレンス・デザイン ダウンロード
Wi-Fi®インターフェイス搭載 RGB LED シグナル・タワーのリファレンス・デザイン
TIDA-00994 — The objective of the TIDA-00994 reference design is to develop an embedded firmware of a multi-segment RGB signal tower used in factory floor and industrial process automation of greater complexity. A Wi-Fi ® interface is implemented to control the stack light and read back status information (...)
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド
リファレンス・デザイン ダウンロード
産業用オートメーション向け RGB LED 信号タワーのリファレンス・デザイン
TIDA-00979 — The TIDA-00979 TI Design is a multi-segment RGB Signal Tower for industrial process automation. The reference design enables fully flexible control of color and brightness and allows to change easily the amount of segments. With this smart process condition and safety indicator any type of (...)
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
B1QFN (RKG) 41 オプションの表示

購入と品質

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示

ビデオ

関連ビデオ