トップ

製品の詳細

パラメータ

Channels (#) 9 LED current per channel (mA) 25.5 LED configuration Parallel Program memory Yes Programmable ramp control Yes Vin (Min) (V) 2.5 Vin (Max) (V) 5.5 Iout (Max) (A) 0.23 Iq (Typ) (mA) 0.002 Features Analog/PWM Mixed Dimming, Constant Current, Current Control, Direct PWM Dimming, I2C Control, Power Save Mode, Programmable Lighting Engines Shutdown current (Typ) (uA) 0.2 Peak efficiency (%) 94 Operating temperature range (C) -40 to 85 open-in-new その他の RGB / 白色 LED ドライバ

パッケージ|ピン|サイズ

WQFN (RTW) 24 16 mm² 4 x 4 open-in-new その他の RGB / 白色 LED ドライバ

特長

  • 電源電圧範囲: 2.5V~5.5V
  • 9つの高精度電流シンク
    • チャネルごとに最大25.5mA
    • 8ビットの個別の電流制御
    • 12ビット、20kHzの内部的な個別のPWM制御、オーディオ・ノイズなし
  • 3つのプログラム可能なLEDエンジン
    • アクティブなマイクロコントローラ制御なしの独立した照明制御
    • 複数のデバイス間の同期
    • SRAMメモリに、最大256命令まで、照明パターンのシーケンスを格納可能
    • LP5523およびLP55231デバイス互換のコマンド・セット
  • 柔軟な調光制御
    • I2C調光制御
    • PWM直接入力調光
    • PWM入力周波数: 100Hz~20kHz
  • アダプティブ高効率チャージ・ポンプ制御により、低いバッテリ電圧で高いVFのLEDを駆動
  • マスタ・フェーダ制御により、1つのレジスタに書き込むだけで複数のLEDを調光でき、I2Cバスのトラフィックが低減
  • LEDが非アクティブのとき、2µAの低スタンバイ電流、自動パワーセーブ・モードでは10µA
  • POR、UVLO、TSD保護

All trademarks are the property of their respective owners.

open-in-new その他の RGB / 白色 LED ドライバ

概要

LP5569デバイスはプログラム可能で使いやすい9チャネルのI2C LEDドライバで、各種のアプリケーションで照明効果を生み出すよう設計されています。LEDドライバには、ユーザーによりプログラムされたシーケンスを格納するSRAMメモリと、3つのプログラム可能なLEDエンジンが搭載されており、プロセッサの制御なしで動作可能です。自律的な動作により、プロセッサがスリープ・モードのときシステムの消費電力が削減されます。

高効率のチャージ・ポンプにより、2.5Vの入力電圧でも高いVFのLEDを駆動できます。LP5569 LEDドライバは、LEDの順方向電圧要件に基づいて最良のチャージ・ポンプのゲインを自律的に選択し、広い動作電圧範囲にわたって良好な効率を維持します。

LEDがアクティブでないとき、LP5569はパワーセーブ・モードへ移行し、アイドル消費電流を大幅に削減します。柔軟なデジタル・インターフェイスにより、同じシステム内で各デバイスに固有のI2Cスレーブ・アドレスを使用して、最大8つのLP5569デバイスを接続でき、すべてのデバイス間で照明効果を同期できます。

open-in-new その他の RGB / 白色 LED ドライバ
ダウンロード

技術資料

= TI が選択したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。 すべて表示 8
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート LP5569 エンジン制御およびチャージ・ポンプ搭載の9チャネルI2C、RGB LEDドライバ データシート (Rev. A 翻訳版) 英語版をダウンロード (Rev.A) 2017年 10月 9日
アプリケーション・ノート How to Select an RGB LED Driver 2019年 8月 8日
技術記事 Adding imagination to your next-generation appliances 2018年 11月 12日
技術記事 Why you need a programmable lighting engine when designing LED driver circuit 2018年 5月 29日
アプリケーション・ノート LP5569 Programming Considerations 2018年 5月 8日
技術記事 Improve the user experience with an LED ring 2017年 11月 9日
ユーザー・ガイド LP5569EVM User's Guide 2017年 8月 29日
技術記事 Here's how body electronics and lighting technology are changing the driving experience 2016年 9月 26日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ハードウェア開発

評価基板 ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
99
概要
The Texas Instruments LP5569 evaluation module (EVM) helps designers evaluate the operation and performance of the LP5569 nine-LED driver. The LP5569 device is an RGB LED driver that can individually control up to 9 LEDs. The driver has 12-bit PWM and 8-bit current control of each low-side LED (...)
特長
  • Easy to Verify the LP5569 Device Full Function
  • Easy to Confirm the LP5569 Device Porfermance with the RBG and white LED Load
  • Easy to Design the Fashion Lighting pattern with the Engine Instruction
評価モジュール(EVM)用 GUI ダウンロード
SNVC210.ZIP (33317 KB)

設計ツールとシミュレーション

シミュレーション・モデル ダウンロード
SNVMBB8C.ZIP (55 KB) - PSpice Model
シミュレーション・ツール ダウンロード
PSpice® for TI design and simulation tool
PSPICE-FOR-TI — PSpice® for TI は、各種アナログ回路の機能評価に役立つ、設計とシミュレーション向けの環境です。設計とシミュレーションに適したこのフル機能スイートは、Cadence® のアナログ分析エンジンを使用しています。PSpice for TI は無償で使用でき、アナログや電源に関する TI の製品ラインアップを対象とする、業界でも有数の大規模なモデル・ライブラリが付属しているほか、選択された一部のアナログ動作モデルも利用できます。

設計とシミュレーション向けの環境である PSpice for TI を使用すると、内蔵のライブラリを活用して、複雑なミックスド・シグナル設計のシミュレーションを実施することができます。完成度の高い最終機器を設計し、レイアウトの確定や製造開始より前に、ソリューションのプロトタイプを製作することができます。この結果、市場投入期間の短縮と開発コストの削減を実現できます。 

設計とシミュレーション向けのツールである PSpice for TI の環境内で、各種 TI デバイスの検索、製品ラインアップの参照、テスト・ベンチの起動、設計のシミュレーションを実施し、選定したデバイスをさらに分析することができます。また、複数の TI デバイスを組み合わせてシミュレーションを実行することもできます。

事前ロード済みの複数のモデルで構成されたライブラリ全体に加えて、PSpice for TI ツール内で各種 TI デバイスの最新の技術関連資料に簡単にアクセスすることもできます。開発中のアプリケーションに適したデバイスを選定できたことを確認した後、TI 製品の購入ページにアクセスして、その製品を購入することができます。 

PSpice for TI を使用すると、回路の検討から設計の開発や検証まで、作業の進展に合わせて設計サイクルの各段階で、シミュレーションのニーズに適した各種ツールにアクセスできます。コスト不要で入手でき、開発を容易に開始できます。設計とシミュレーションに適した PSpice スイートをダウンロードして、今すぐ設計を開始してください。

 開発の開始

  1. PSpice for TI シミュレータへのアクセスの申請
  2. ダウンロードとインストール
  3. シミュレーション方法説明ビデオのご視聴
特長
  • Cadence の PSpice テクノロジーを活用
  • デジタル・モデル・スイートが付属する事前インストール済みのライブラリを活用して、ワーストケース・タイミング分析を実現可能
  • 動的更新により、最新のデバイス・モデルに確実にアクセス可能
  • 精度の低下を招かずに、シミュレーション速度を重視して最適化済み
  • 複数製品の同時分析をサポート
  • OrCAD Capture フレームワークを土台とし、業界で最も幅広く使用されている回路図のキャプチャとシミュレーションの環境へのアクセスを実現
  • オフライン作業が可能
  • 以下の点を含め、多様な動作条件とデバイス公差にまたがって設計を検証
    • 自動的な測定と後処理
    • モンテカルロ分析法
    • ワーストケース分析
    • 熱解析

リファレンス・デザイン

リファレンス・デザイン ダウンロード
近接センシング / LED アニメーション機能搭載、静電容量性タッチ・ベース・ユーザー・インターフェイスのリファレンス・デザイン
TIDA-01559 — TIDA-01559 は MSP430FR2522 MCU と LP5569 デバイスを使用するヒューマン・マシン・インターフェイス(HMI)のリファレンス・デザインで、超低スタンバイ消費電力を提供するほか、LED エンジン制御機能により MCU のリソースをオフロードします。EMI 特性と湿気耐性の高い低消費電力 HMI を必要とする用途に最適なソリューションです。  例として台所の換気扇フード、調理器具上部、冷蔵庫などがあります。
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド document-generic 英語版をダウンロード

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
WQFN (RTW) 24 オプションの表示

購入と品質

おすすめの製品には、この TI 製品に関連するパラメータ、評価モジュール、またはリファレンス・デザインが含まれている場合があります。

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示

ビデオ

関連ビデオ