LPV511 micropower Rail-to-Rail Input and Output Operational Amplifier | TIJ.co.jp

LPV511
この製品はすでに市場にリリースされており、ご購入できます。 一部の製品は、より新しい代替品を使用できる可能性があります。
micropower Rail-to-Rail Input and Output Operational Amplifier

 

推奨代替製品

  • LPV521  -  低消費電力、最小 1.6V まで動作

概要

LPV511は、2.7V~12Vの広い電源電圧範囲で動作するMicropowerオペアンプであり、3V、5V、12Vでの仕様が保証されています。LPV511は非常に消費電力が低く、卓越した速度/電力比を示し、27kHzの帯域幅でわずか880nAの電流しか消費しません。これらの仕様から、LPV511は計測機器、センサの条件設定、バッテリ電流監視など、バッテリ駆動で、長時間動作のため低い消費電流が要求されるシステムに理想的です。

LPV511の入力範囲には、グランドと、ハイサイドのバッテリ・センシング・アプリケーションの両方の電源レールが含まれています。LPV511の出力は、どちらのレールからも100mVの範囲内でスイングでき、電源電圧の低いアプリケーションにおいて信号のダイナミック・レンジを最大化できます。さらに、出力は12Vバッテリによる駆動の場合、650µAの電流を供給できます。

LPV511は、TIの先進のVIP50Cプロセスで製造されます。

LPV511は省スペースのSC70パッケージで供給されるため、PCボードのサイズが制限される携帯用電子機器に理想的です。

特長

  • 広い電源電圧範囲: 2.7V~12V
  • スルーレート: 7.7V/ms
  • 消費電流: 880nA
  • 出力短絡電流: 1.35mA
  • レール・ツー・レール入力
  • レール・ツー・レール出力: 電源レールから100mV
  • 帯域幅(CL = 50pF、RL = 1MΩ): 27kHz
  • ユニティ・ゲインで安定

アプリケーション

  • バッテリ駆動のシステム
  • セキュリティ・システム
  • Micropowerサーモスタット
  • 太陽電池で動作するシステム
  • 携帯機器
  • Micropowerフィルタ
  • リモート・センサ・アンプ

All trademarks are the property of their respective owners.

機能一覧

他の製品と比較 汎用オペアンプ メール Excelへダウンロード
Part number オーダー・オプション Number of channels (#) Total supply voltage (Min) (+5V=5, +/-5V=10) Total supply voltage (Max) (+5V=5, +/-5V=10) GBW (Typ) (MHz) Slew rate (Typ) (V/us) Rail-to-rail Vos (offset voltage @ 25 C) (Max) (mV) Iq per channel (Typ) (mA) Vn at 1 kHz (Typ) (nV/rtHz) Rating Operating temperature range (C) Package Group Package size: mm2:W x L (PKG) Offset drift (Typ) (uV/C) Features Input bias current (Max) (pA) CMRR (Typ) (dB) Output current (Typ) (mA) Architecture
LPV511 ご注文 1     2.7     12     0.027     0.0077     In
Out    
3     0.00097     320     Catalog     -40 to 85     SC70 | 5     5SC70: 4 mm2: 2.1 x 2 (SC70 | 5)     0.3         1000     115     0.5     Bipolar