トップ

製品の詳細

パラメータ

Features Non-volatile memory (kB) 8 RAM (KB) 1 ADC 10-bit SAR ADC: channels (#) 9 GPIO pins (#) 31 I2C 1 SPI 2 UART 1 Comparator channels (#) 16 Timers - 16-bit 3 Bootloader (BSL) UART Special I/O 5V Tolerant I/O Operating temperature range (C) -40 to 85 Rating Catalog open-in-new その他の MSP430 超低消費電力マイコン

パッケージ|ピン|サイズ

DSBGA (YFF) 40 0 mm² 2.8 x 3.1 TSSOP (DA) 38 101 mm² 12.5 x 8.1 WQFN (RSB) 40 25 mm² 5 x 5 open-in-new その他の MSP430 超低消費電力マイコン

特長

  • 低い電源電圧範囲: 3.6Vから最低1.8Vまで
  • 超低消費電力
    • アクティブ・モード(AM): 180µA/MHz
    • スタンバイ・モード(LPM3 WDTモード、3V): 1.1µA
    • オフ・モード(LPM4 RAMの内容保持、3V): 0.9µA
    • シャットダウン・モード(LPM4.5、3V): 0.25µA
  • スタンバイ・モードから5µs以内にウェークアップ
  • 16ビットRISCアーキテクチャ、拡張メモリ、命令サイクル・タイム40ns
  • 柔軟な電力管理システム
    • プログラム可能な、レギュレートされたコア電源電圧を持つ、完全に統合されたLDO
    • 電源電圧の管理、監視、およびブラウンアウト
  • 統合クロック・システム
    • FLL制御ループによる周波数安定化
    • 低電力、低周波数の内部クロック・ソース(VLO)
    • 低周波数のトリムされた内部基準ソース(REFO)
    • 32kHzの水晶振動子(XT1)
    • 最高25MHzの高周波数水晶振動子(XT1)
  • ハードウェア・マルチプライヤで32ビットの演算をサポート
  • 3チャネルのDMA
  • 最大12の5V許容デジタル・プッシュ/プルI/Oと、最大20mAの駆動強度(1)
  • 16ビット・タイマTD0は3つのキャプチャ/コンペア・レジスタを搭載し、高分解能モードをサポート
  • 16ビット・タイマTD1は3つのキャプチャ/コンペア・レジスタを搭載し、高分解能モードをサポート
  • 16ビット・タイマTA0は3つのキャプチャ/コンペア・レジスタを搭載
  • ユニバーサル・シリアル通信インターフェイス(USCI) (1)
    • USCI_A0でサポートされる機能
      • 自動ボーレート検出機能付きの拡張UART
      • IrDAエンコーダおよびデコーダ
      • 同期SPI
    • USCI_B0でサポートされる機能
      • I2C
      • 同期SPI
  • 10ビット、200kspsのアナログ/デジタル・コンバータ(ADC)
    • 内部基準
    • サンプル・アンド・ホールド
    • 自動スキャン機能
    • 最大8つの外部チャネルと2つの内部チャネル、温度センサを含む(1)
  • 最大16チャネルのオンチップ・コンパレータ、超低消費電力モード搭載(1)
  • シリアルのオンボード・プログラミング、外部からのプログラミング電圧は不要
  • デバイスの比較 に、供給中の製品ファミリを掲載
  • 40ピンQFN (RSB)、38ピンTSSOP (DA)、40ピンのダイ・サイズBGA (YFF)パッケージで供給

(1)40ピンのQFNパッケージ・オプションでは、すべての機能を使用できます。他のパッケージで利用できる機能については、信号概要を参照してください。

All trademarks are the property of their respective owners.

open-in-new その他の MSP430 超低消費電力マイコン

概要

TI MSPファミリの超低消費電力マイクロコントローラは複数のデバイスで構成され、それぞれが各種のアプリケーションを対象とする異なるペリフェラルを搭載しています。このアーキテクチャは5つの低消費電力モードを持ち、携帯用測定器用途でバッテリ駆動時間を延長するよう最適化されています。このデバイスには、強力な16ビットRISC CPU、16ビット・レジスタ、およびコンスタント・ジェネレータが搭載されており、コード効率が最大限に向上します。デジタル制御発振器(DCO)により、デバイスは低消費電力モードからアクティブ・モードへ5µs未満でウェークアップできます。

MSP430F51x2マイクロコントローラには、2つの16ビット高分解能タイマ、2つのUSCI (USCI_A0およびUSCI_B0)、32ビットのハードウェア乗算器、高性能の10ビットADC、オンチップ・コンパレータ、3チャネルのDMA、5V許容のI/O、最大29本のI/Oピンが搭載されています。

MSP430F51x1マイクロコントローラには、2つの16ビット高分解能タイマ、2つのUSCI (USCI_A0およびUSCI_B0)、32ビットのハードウェア乗算器、オンチップ・コンパレータ、3チャネルのDMA、5V許容のI/O、最大29本のI/Oピンが搭載されています。

これらのデバイスの代表的なアプリケーションとして、アナログおよびデジタル・センサ・システム、LEDライティング、デジタル電源、モータ制御、リモート・コントロール、サーモスタット、デジタル・タイマ、ハンドヘルド・メータが挙げられます。

モジュールの完全な説明については、『MSP430FR5xxおよびMSP430FR6xxファミリ ユーザー・ガイド』を参照してください。

open-in-new その他の MSP430 超低消費電力マイコン
ダウンロード

技術資料

= 主要な資料
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。 すべて表示 32
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート MSP430F51x2、MSP430F51x1 ミクスト・シグナル・マイクロコントローラ データシート (Rev. R 翻訳版) 英語版をダウンロード (Rev.R) 2018年 10月 12日
* エラッタ MSP430F5132 Device Erratasheet 2020年 2月 20日
* ユーザー・ガイド MSP430x5xx and MSP430x6xx Family User's Guide 2018年 8月 17日
アプリケーション・ノート MSP430 System-Level ESD Considerations 2020年 1月 13日
アプリケーション・ノート MSP430 System ESD Troubleshooting Guide 2019年 12月 13日
アプリケーション・ノート Programming a Flash-Based MSP430 Using the JTAG Interface 2019年 3月 15日
アプリケーション・ノート MSP430x5xx Overview and Comparison to MSP430x2xx and MSP430x4xx 2018年 9月 26日
アプリケーション・ノート MSP430 Flash Memory Characteristics 2018年 8月 24日
アプリケーション・ノート Understanding MSP430 Flash Data Retention 2018年 8月 24日
アプリケーション・ノート Implementing An Ultra-Low-Power Keypad Interface With MSP430 MCUs 2018年 5月 22日
アプリケーション・ノート Wave Digital Filtering Using an MSP430 MCU 2018年 5月 16日
アプリケーション・ノート Hybrid Battery Charger with Load Control for Telecom Equipments 2018年 5月 9日
アプリケーション・ノート MSP430 Software Coding Techniques 2018年 3月 14日
ユーザー・ガイド SYS/BIOS (TI-RTOS Kernel) User's Guide 2018年 2月 7日
ユーザー・ガイド SYS/BIOS (TI-RTOS Kernel) v6.50 User's Guide 2017年 10月 1日
アプリケーション・ノート Migrating from the MSP430F5xx,F6xx Family to the MSP430FR58xx/FR59xx/68xx Family 2016年 11月 3日
アプリケーション・ノート Advanced Debugging Using the Enhanced Emulation Module (EEM) With CCS v6 2016年 9月 6日
アプリケーション・ノート General Oversampling of MSP ADCs for Higher Resolution 2016年 4月 1日
技術記事 Design an energy-efficient, lower-acoustic cooker hood with an elegant user interface 2016年 3月 29日
技術記事 Protect your BLDC motor drive with cycle-by-cycle current limit control – part 2 2016年 1月 28日
ユーザー・ガイド Safety Manual for MSP430G2xx, F5xx, and FR57xx in IEC 60730 Safety Applications 2016年 1月 12日
技術記事 Don’t miss out on the top training videos of 2015 2015年 12月 16日
技術記事 How fast is your 32-bit MCU? 2015年 7月 15日
セレクション・ガイド MSP Microcontroller Industrial Communications 2015年 1月 26日
ホワイト・ペーパー Getting the most out of a high-resolution timer 2014年 4月 2日
アプリケーション・ノート MSP430を使用した静電容量式シングルタッチ・センサ設計の手引き 2013年 10月 10日
アプリケーション・ノート Using the MSP430 Timer_D Module in Hi-Resolution Mode 2013年 10月 2日
アプリケーション・ノート MSP430F5xx および MSP430F6xx ファミリから、MSP430FR58xx および MSP430FR59xx ファミリへの移行および MSP43 最新の英語版をダウンロード (Rev.D) 2013年 4月 19日
ホワイト・ペーパー LED intelligent lighting control with ultra-low-power MSP430F51x2 family 2012年 11月 13日
ホワイト・ペーパー Power Management Solutions for Ultra-Low-Power 16-Bit MSP430 MCUs 2012年 3月 28日
アプリケーション・ノート PWM DAC Using MSP430 Hi-Resolution Timer 2011年 7月 11日
アプリケーション・ノート 1.8V – 5.5V Input, High-Efficiency DCDC Converter Reference Design for MSP430 2010年 6月 14日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ハードウェア開発

開発キット ダウンロード $95.21
概要

MSP-FET430UIF は強力なフラッシュ・エミュレーション・ツールで、MSP430 MCU によるアプリケーションの開発をすぐに開始できます。このツールには、JTAG インターフェイスまたはピンの数が節約された Spy Bi-Wire(2 線式 JTAG)プロトコルを経由した、MSP430 イン・システムのプログラムとデバッグに使用される USB デバッグ・インターフェイスが含まれます。フラッシュ・メモリは、数回のキー操作により、数秒でプログラミングまたは消去することができます。また、MSP430 の超低消費電力フラッシュが搭載されているので、外部電源は不要です。

デバッグ・ツールは、MSP430 を内蔵の統合ソフトウェア環境に接続します。このツールには、設計を直ちに開始するためのコードも含まれています。MSP-FET430UIF 開発ツールは、あらゆる MSP430 フラッシュ・デバイスによる開発をサポートしています。

MSP-TS430RSB40 はスタンドアロンの 40 ピン ZIF ソケット・ターゲット・ボードで、JTAG インターフェイスまたは Spy Bi-Wire(2 線式の JTAG)プロトコルによる MSP430 イン・システムのプログラムとデバッグに使用できます。この開発ボードは、40 ピン QFN パッケージ(TI パッケージ・コード: RSB)に収納された、すべての MSP430F51x2 および MSP430F51x1 フラッシュ・パーツをサポートしています。

製品内容:

  • MSP430 USB デバッグ・インターフェイス(MSP-FET430UIF)
  • 40 ピン QFN(RSB)ZIF ソケット(MSP-TS430RSB40)付きの開発ボード
  • JTAG ヘッダー・ケーブル
  • Micro Crystal MS3V-T1R 32.768kHz
  • 2 個の (...)

ソフトウェア開発

ソフトウェア開発キット (SDK) ダウンロード
MSPWare
MSPWARE MSPWare は、すべての MSP デバイスを対象にしたユーザーズ・ガイド、サンプル・コード、トレーニング、その他の設計リソースを便利なパッケージとして提供します。MSP430 と MSP432 の開発に必要なすべての要素が揃っています。 MSPWare は MSP430 と MSP432 に関する既存の設計リソース全体の提供に加え、高度に抽象化されたソフトウェア・ライブラリの幅広い選択肢も提供します。その中には、MSP ドライバ・ライブラリや USB のようにデバイス固有およびペリフェラル固有のソフトウェアから、グラフィック・ライブラリや静電容量式タッチパッド・ライブラリのようにアプリケーション固有のソフトウェアが含まれています。MSP ドライバ・ライブラリは重要なライブラリであり、ソフトウェア・デベロッパーが上位レベルの API を活用して下位レベルの複雑なハードウェア・ペリフェラルを制御するのに役立ちます。現時点で、MSP ドライバ・ライブラリは MSP430F5x / 6x シリーズ、および MSP432P4x シリーズのデバイスをサポートしています。

MSPWare の入手方法MSPWare は、Code Composer Studio(CCS)のコンポーネントとして、またはスタンドアロン・パッケージとして入手できます。Code Composer Studio のコンポーネントとして供給された場合は、CCS の TI Resource Explorer ウインドウ内で洗練された GUI を使用して MSPWare パッケージを操作できます。

  • MSPWare と GUI ベースのフロント・エンドを入手するには、Code Composer Studio の最新バージョンを単純にインストールします。CCS の最新バージョンの入手(推奨)
  • 代わりに、MSPWare をスタンドアロン・パッケージとして入手することもできます。ただし、この方式では MSPWare パッケージのフォルダ構造が供給されるのみであり、GUI ベースのフロント・エンドは供給されません。上記の「Get Software」リンクをクリックすると、MSP430Ware をスタンドアロン・パッケージとして入手できます。
    • * 注:ダウンロードの際、お客様は、輸出法令順守フォームへの記入を求められます。
  • MSPWare は、新しい「TI (...)
特長
  • MSP 設計リソースのコレクション
  • コンテンツを参照するための洗練された直感的な GUI
  • 独自の 2 ペイン・ビューを使用した、コンテンツの自動的なフィルタリング
  • Web 経由の自動更新
  • 新しい MSP ドライバ・ライブラリの特長
  • CCS 用のプラグインかスタンドアロンの実行ファイルとして入手可能、または新しい TI Cloud Resource Explorer 内で利用可能
アプリケーション・ソフトウェアとフレームワーク ダウンロード
SafeTI IEC60730 ソフトウェア・パッケージ
MSP430-IEC60730-SW-PACKAGE The IEC60730 MSP430 software package was developed to be useful in assisting customers in complying with IEC 60730-1:2010 (Automatic Electrical Controls for Household and Similar Use – Part 1: General Requirements) for up to Class B products, which includes home appliances, arc detectors (...)
特長
Supports testing these parts:
  • MSP430G23xx
  • MSP430G24xx
  • MSP430G25xx
  • MSP430G2x44
  • MSP430G2x55
  • MSP430F5xx
  • MSP430FR2433
  • MSP430FR25xx
  • MSP430FR26xx
  • MSP430FR57xx
ドライバとライブラリ ダウンロード
Digital Signal Processing (DSP) Library for MSP430 Microcontrollers
MSP-DSPLIB TI の Digital Signal Processing(デジタル信号処理)ライブラリは、MSP430™ と MSP432&trade (...)
ドライバとライブラリ ダウンロード
MSP グラフィック・ライブラリ
MSP-GRLIB MSP グラフィック・ライブラリは、グラフィック表示機能を備えた MSP430 および MSP432 マイコン・ベースのボードで、グラフィカル・ユーザー・インターフェイスを作成するためのグラフィックス・プリミティブで構成される、ロイヤリティ・フリーのセットです。このグラフィック・ライブラリは 2 つの機能構築レイヤーで形成されています。ディスプレイ・ドライバ・レイヤーは、使用するディスプレイに固有のものです。グラフィックス・プリミティブ・レイヤーは、点、線、長方形、円、テキスト、ビットマップ・画像を描画します。
特長
  • 無償ライセンス、ロイヤリティ・フリーで使用可能
  • アプリケーションの開発の簡素化と開発期間の短縮
  • メンテナンスの簡単なコード
ドライバとライブラリ ダウンロード
固定小数点 Math ライブラリ、MSP 用
MSP-IQMATHLIB TI の MSP IQmath および Qmath ライブラリは、C プログラマ向けの高度に最適化された高精度の数学関数ライブラリで、MSP430 と MSP432 の各デバイスで、浮動小数点アルゴリズムを固定小数点コードにシームレスに変換できます。これらのルーチンは通常、最適な実行速度、高精度、超低消費電力が重視される、演算集中型のリアルタイム・アプリケーションで使用するものです。IQmath ライブラリと Qmath ライブラリを使用すると、浮動小数点演算を使用して記述した同等のコードに比べて、実行速度を大幅に高速化するとともに、消費電力の大幅な削減が可能です。

以下の MSP デバイスは、MSP-IQmathlib によってサポートされています。
  • MSP430F1xx
  • MSP430F2xx
  • MSP430G2xx
  • MSP430F4xx
  • MSP430F5xx
  • MSP430F6xx
  • MSP430FRxx
  • MSP432P4xx
MSP-IQmathlib は、設計に簡単に統合できます。このライブラリは無料であり、Code Composer Studio 内で使用すること、またはスタンドアロン・パッケージとしてダウンロードすることができます。ベンチマークの詳細とファンクションの説明については、付属のユーザーズ・ガイドをご覧ください。
特長
  • 最適化された固定小数点関数により、開発期間を短縮し、アプリケーション・コードの最適化に集中することが可能
  • CCS で共通の固定小数点スカラーの演算機能を実行すると、最大で 100 倍の性能を発揮。つまり、MSP マイコンを長時間にわたって低消費電力モードにとどめることが可能
  • 無料 – Code Composer Studio を単純に使用するか、ライブラリをダウンロード
ドライバとライブラリ ダウンロード
ブートストラップ・ローダ(BSL)、MSP 低消費電力マイコン用
MSPBSL Below are the steps needed in order to both understand and use the MSPBSL effectively across the MSP portfolio. For the most up to date information on what features the BSL on your device supports or which interface methods are needed to communicate with the BSL, please see “TABLE 1. Overview (...)
ドライバとライブラリ ダウンロード
MSP ドライバ・ライブラリ
MSPDRIVERLIB ドライバ・ライブラリの抽象化 API により、使いやすいファンクション・コールが用意されており、MSP430 と MSP432 の各ハードウェアのビット・レベルやバイト・レベルを意識せずに、より高水準の開発作業に集中できます。API ガイドにより詳細な技術資料が提供されており、各ファンクション・コールと認識されるパラメータの詳細も記載されています。ドライバ・ライブラリのファンクションを使用して、最小のオーバーヘッドでプロジェクト全体を開発することができます。

MSP ドライバ・ライブラリを使用して、市場投入を迅速化できます。ファンクション・コールが理解しやすいので、学習に費やす時間を減らして、イノベーションに多くの時間を割り当てることが可能です。
特長
  • デバイスのハードウェア・レジスタの詳細を抽象化するソフトウェア API
  • ライセンスされた BSD
  • プロジェクト内で DriverLib API を使用する方法を示すサンプル
  • 包括的な API ガイドは、PDF 形式と HTML 形式で利用可能
  • MSPWare を使用する場合は、CCS および TI Resource Explorer と統合
ドライバとライブラリ ダウンロード
Math ライブラリ、MSP430 用
MSPMATHLIB Continuing to innovate in the low power and low cost microcontroller space, TI brings you MSPMATHLIB. Leveraging the intelligent peripherals of our devices, this floating point math library of scalar functions brings you up to 26x better performance.

Mathlib is easy to integrate into your designs. (...)

特長
  • Up to 26x higher performance when executing floating point scalar math functions
  • Remains in low power modes longer due to the increased performance
  • Free and easy to use –  now integrated in CCS and IAR
IDE (統合開発環境)、構成機能、コンパイラ、デバッガ ダウンロード
Code Composer Studio(CCStudio)統合開発環境(IDE)、MSP マイコン用
CCSTUDIO-MSP

Code Composer Studio の最新バージョンをダウンロード

Code Composer Studio™ - 統合開発環境(IDE)、MSP マイコン用

 

  • 最新バージョン - 以下をクリックして、指定したホスト・プラットフォームに対応した Code Composer Studio をダウンロードしてください。
  • 追加のダウンロード - ダウンロードの包括的なリストについては、CCS ダウンロード・サイトをご覧ください。
  • 無料の CCS の使用 - MSP430 では 16KB、MSP432 では 32KB のコード・サイズ制限付きで TI の最適化コンパイラをサポートする無料ライセンスが生成されます。フル機能の 90 日間評価ライセンスも利用できます。CCS 内にある App Center から MSP430 用と MSP432 用の GCC リリースも利用でき、無料ライセンスと組み合わせて使用することができます。
  • クラウド・ツール - Code Composer Studio は、初期の評価と開発の目的で、クラウドベースの環境で利用することもできます。クラウド・ツールは、LaunchPad で迅速に開発を開始しようとするユーザーにとって優れた選択肢です。

 

Windows         Linux     

Code Composer Studio は、すべての MSP マイコン・デバイスをサポートする統合開発環境(IDE)です。Code Composer Studio は、組込みアプリケーションの開発およびデバッグに必要な一連のツールで構成されています。最適化 C/C++ コンパイラ、ソース・コード・エディタ、プロジェクト・ビルド環境、デバッガ、プロファイラなど、多数の機能が含まれています。直感的な IDE には、アプリケーションの開発フローをステップごとに実行できる、単一のユーザー・インターフェイスが備わっています。使い慣れたツールとインターフェイスにより、ユーザーは従来より迅速に作業を開始できます。Code Composer Studio は、Eclipse ソフトウェア・フレームワークの利点と、TI の先進的な組込みデバッグ機能の利点を組み合わせ、組込み分野のデベロッパーにとって豊富な機能を備えた魅力的な開発環境を実現します。

CCS を MSP マイコンとともに使用する場合、MSP マイコンを最大限に活用するための独自の強力な一連のプラグインやツールを入手できます。

追加情報

IDE (統合開発環境)、構成機能、コンパイラ、デバッガ ダウンロード
GCC - オープン・ソース・コンパイラ、MSP430 マイコン用
MSP430-GCC-OPENSOURCE MSP430™ and MSP432™ GCC open source packages are complete debugger and open source C/C++ compiler toolchains for building and debugging embedded applications based on MSP430 and MSP432 microcontrollers. These free GCC compilers support all MSP430 and MSP432 devices without code size limitations. In (...)
特長
  • Available standalone or integrated within Code Composer Studio™
  • No Code Size Limitation
  • Free and Open-source
IDE (統合開発環境)、構成機能、コンパイラ、デバッガ ダウンロード
ULP(超低消費電力)アドバイザ
ULPADVISOR — ULP Advisor は、Ultra-Low Power(超低消費電力)アプリケーションの実現を支援するMSP430マイコン向けソフトウェア・コード解析ツールで、MSP430 マイコン独自の超低消費電力の特長を最大限に活用できるように支援するツールです。ULP Advisor は、経験豊かなマイコン開発者も新人のマイコン開発者もどちらも対象としており、詳細な ULP チェックリストと照らし合わせながらコードのチェックを行い、アプリケーションの極小のアンプまで一つ残らず絞り出して確認します。ビルド時には、通知と注釈を提供し、低消費電力用にさらに最適化できるコード領域を強調表示します。これらの通知には、ULP ルールの違反についての記載や、詳細を確認できるこの ULP Advisor wiki へのリンク、関連資料、サンプル・コード、フォーラムの投稿メッセージへのリンクなどが含まれています。

ULP Advisor についての詳細は、オンライン wiki ページ(英語)をご覧ください。
IDE (統合開発環境)、構成機能、コンパイラ、デバッガ ダウンロード
IAR Embedded Workbench Kickstart - 無償 4 KB IDE
IAR Systems からの提供 IAR-Kickstart (zip, slac050)

IAR Embedded Workbench Kickstart for MSP430 is an Integrated Development Environment (IDE) for building and debugging embedded applications for MSP430 microcontrollers. The IDE includes a code size limited C-Compiler/Unlimited Assembler/FET Debugger/Simulator. The code (...)

プログラミング・ツール ダウンロード
MSP430 フラッシュ・エミュレーション・ツール
MSP-FET ステップ 1:MSP-FET を購入
ステップ 2: Debuggers User’s Guide と Hardware User’s Guide をダウンロード
ステップ 3:デバッグ・ビデオを参照

**第 2 世代の MSP-FET はCode Composer Studio™ v7.0、IAR EW430 v7.1、IAR EWAR v8.10 以降の IDE でサポートされています。それ以前のリリースの IDE と組み合わせて使用する際はこちらの E2E 記事をご覧ください。第 2 世代の MSP-FET を第 1 世代の MSP-FET と見分けるため方法はMSP Debugger’s Guide (section 5.6.1 &ndash (...)

$115.00
特長
  • USB デバッグ・インターフェイスは MSP430 マイコンをコンピュータに接続し、リアルタイムでインシステムのプログラミングとデバッグを実行
  • EnergyTrace™ テクノロジーにより、Code Composer Studio と IAR Embedded Workbench 開発環境ですべての MSP430 / MSP432 デバイスのエネルギー測定とデバッグが可能
  • 3 ステート・モードをサポートし、EnergyTrace による電力消費量を高精度に表示
  • MSP430 と PC 間の双方向通信のためにバックチャネル UART を搭載
    • これにより、アプリケーション実行中にセンサからの入力のシミュレーションやデバッグ・データのロギングが可能
    • MSP ブートストラップ・ローダ(BSL)インターフェイス
  • FET プログラマの以前のバージョンである MSP-FET430UIF に比べ最大 4 倍の読み書き速度
プログラミング・ツール ダウンロード
MSP-GANG Production Programmer
MSP-GANG  

MSP Gang プログラマとは、MSP430 デバイス用のプログラマであり、一度に最大 8 個の同一 MSP430 フラッシュ・デバイスまたは FRAM デバイスに対するプログラムを実行できます。MSP ギャング・プログラマは、標準の RS-232 または USB 接続を使用してホスト PC に接続できるほか、フレキシブルなプログラミング・オプションを利用すれば、ユーザーによるプロセスのフル・カスタマイズが可能です。

MSP Gang プログラマには、Gang Splitter(ギャング・スプリッタ、複数書き込みの分割機能) と呼ばれる拡張ボードが付属しており、MSP Gang プログラマと複数のターゲット・デバイス間の相互接続機能を提供します。拡張ボードと 8 個のターゲット・デバイスを接続する 8 本のケーブルが付属しています(JTAG または Spy-Bi-Wire コネクタ経由)。プログラミングは、PC を使用しても、スタンドアロン・デバイスとしても行うことができます。DLL ベースのPC 側グラフィカル・ユーザー・インターフェイスも使用可能です。

特長
  • 以前のバージョンの GANG プログラマである MSP-GANG430 に比べて 3 倍の速度
  • RS-232 または USB インターフェイスを経由して、フラッシュ・ベースまたは FRAM ベースの MSP デバイスに迅速かつ信頼性の高い方法でプログラム
  • 数種類のプログラミング・モード:
    • 対話モード - PC に接続した状態で、MSP GANG プログラマの GUI を使用してプログラミング
    • イメージからのプログラミング - 構成オプションとコード・ファイルを収録しているイメージを保存することが可能。この場合は、ユーザーは PC を使用しないスタンドアロンで MSP デバイスにプログラミングすることが可能
    • スクリプトからのプログラミング - より複雑なプログラミング手順の自動化が可能。
  • 設定、プログラミングおよび量産テストのための直観的にわかりやすい GUI
  • イメージ保存用の SD カード・スロット
  • PC なしでも簡単にプログラミングできる LCD 画面
  • 同時に 8 個のターゲットに対応
  • 現在および将来の MSP430 デバイスをすべてサポート
プログラミング・ツール ダウンロード
MSP430 Flasher - コマンド・ライン・プログラマ
MSP430-FLASHER — MSP430 Flasher は、FET プログラマまたは eZ430 から、JTAG または Spy Bi-Wire(SBW)を介して MSP430 デバイスのプログラミングが可能なオープン・ソースのシェルベース・インターフェイスです。MSP430 Flasher を使用すると、バイナリ・ファイル(.txt/.hex)を直接 MSP430 メモリーにダウンロードできるため、CCS や IAR などの IDE は不要です。また、デバイスから直接ファームウェアを抽出したり、JTAG ヒューズを切断したり、ハードウェア・ブレークポイントを設定したりするために使用できます。

設計ツールとシミュレーション

CAD/CAE シンボル ダウンロード
SLAC060E.ZIP (97 KB)

リファレンス・デザイン

リファレンス・デザイン ダウンロード
HVAC ブロア向け、低 BOM コスト電子整流モーターのリファレンス・デザイン
TIDA-01353 — TIDA-01353 は、ディスクリート MOSFET をベースとする 3 相 ECM(電子整流モーター)制御モジュールで、センサレス台形波制御方式を使用して、HVAC(空調)ブロワ・アプリケーションに搭載されている定格 375W 以下のブラシレス(BLDC)モーターを駆動するためのリファレンス・デザインです。サイクルごとの過電流保護機能は、出力段の過電流からの保護、最大 85℃ でのボード動作を可能にします。また、このリファレンス・デザインはユーザーが事前設定可能な 5 種類のブロワ・スピード端子に対応する光絶縁機能を搭載しており、永久分相コンデンサ(PSC)モーター向けに代替が可能です。
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド
リファレンス・デザイン ダウンロード
TIDA-010042
TIDA-010042 — This reference design is a Maximum Power Point Tracking (MPPT) solar charge controller for 12-V and 24-V solar panels. This compact reference design targets small and medium power solar charger solutions and is capable of operating with 15- to 60-V solar panel modules, 12- or 24-V batteries and (...)
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド
リファレンス・デザイン ダウンロード
ソーラー MPPT 充電コントローラ
TIDA-00120 12V と 24V のパネルに対応するソーラー・パネル入力向けに構築された、20A 最大電力点追従(MPPT)ソーラー充電コントローラのリファレンス・デザインです。このリファレンス・デザインは、小電力および中電力の太陽光チャージャ・ソリューションを実現します。出力電流が最大 20A の 12V/24V パネルと 12V/24V バッテリを使用して動作できます。拡張性が高く、MOSFET を 100V の定格部品に変更することで、簡単に 48V のシステムに対応できます。また、現在使用中の MOSFET の TO-220 パッケージ版を使用し、電流を 40A に上げることもできます。MPPT 充電太陽光コントローラは、実際に使う場合を考慮して、逆バッテリ保護機能や、ハードウェアで提供される未構成のソフトウェア・プログラマブルなアラーム/表示機能などを備えています。このリファレンス・デザインは、24V のシステムの全負荷時に 97% を超える動作効率を実現します。12V のシステムの場合は、96% を超える効率を実現できます(逆バッテリ保護 MOSFET の損失を含む)。
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド document-generic 英語版をダウンロード
設計ファイル
リファレンス・デザイン ダウンロード
ソーラー街灯、統合型 MPPT チャージャ付き
TIDA-00121 これは、700mA LED ドライバを搭載した 12A 最大電力点追従(MPPT)ソーラー充電コントローラの設計です。低消費電力のソーラー・チャージャや、ソーラー街路灯などの LED ドライバ・ソリューションを対象としています。この設計では、12V のパネルからの最大 10A の出力電流を使用し、12V のバッテリを充電できます。ただし、MOSFET を 60V の定格部品に変更するだけで、簡単に 24V のシステムに適応できます。また、この設計では、電流が 700mA の直列 LED を最大 15 個駆動できます。ハードウェアに最小限の変更を加えることで、最大 1.1A の LED 電流向けに設計を適応させることもできます。TI は、低消費電力負荷用の包括的なソーラー・インバータ・システムを提供します。また、この設計は逆バッテリ保護、12V の鉛酸バッテリ向けの内蔵バッテリ充電プロファイル、高効率設計など、実践に基づいた検討事項を考慮に入れています。これらの特長が組み合わさることで、新たな市場への参入や、設計に対する製品の市場への投入期間の短縮などを実現できます。
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド
リファレンス・デザイン ダウンロード
18V / 1kW、160A ピーク、効率 98% 超、高電力密度ブラシレス・モーター・ドライブのリファレンス・デザイン
TIDA-00774 — TIDA-00774 は、5 セルのリチウムイオン・バッテリを電源とし、最大 21V で動作する電動工具に搭載されている 3 相ブラシレス DC(BLDC)モーター向けの 1kW ドライブのリファレンス・デザインです。このリファレンス・デザインは、65mm x 60mm のコンパクトなドライブで、センサ・ベースの台形波制御機能を実装しています。このリファレンス・デザインは、TI の MOSFET パワー・ブロック技術を活用しています。この技術は、ハーフ・ブリッジ構成の 2 個の FET を単一の 5 x 6mm SON パッケージに封止し、非常に高い電力密度を実現しています。このリファレンス・デザインは 2 個のパワー・ブロックを並列に使用し、50ARMS の連続(3 秒で 120A のピーク値、1 秒で 160A のピーク値)巻線電流を供給します。この MOSFET パワー・ブロックは、寄生インダクタンスが最小で、電流制御のゲート・ドライバとスルー・レート制御の組み合わせにより、効果的な MOSFET の並列接続をサポートし、スイッチング・スパイクを低減します。MOSFET の VDS を監視することにより、電流センシングを実施しています。このボードは、サイクルごとの過電流保護と短絡保護を実現しています。
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド
リファレンス・デザイン ダウンロード
3 相 BLDC モーター向け、36V、1kW、効率 99%、18cm2 の出力段のリファレンス・デザイン
TIDA-01485 — このリファレンス・デザインは1kW 出力段で、10 セルのリチウムイオン・バッテリで動作する電動工具のような産業用アプリケーションで使用する、3 相 36V のブラシレス DC(BLDC)モーターで 99% の効率を実現します。このリファレンス・デザインは、この電力レベルで最小のインバータ出力段で、センサ・ベースの台形波制御を実装するほか、巻線電流で 25ARMS の連続波(2 秒の期間で 60A のピーク値、400ms で 100A のピーク値)を実現します。このリファレンス・デザインが搭載している MOSFET パワー・ブロックと電流制御のゲート・ドライバは、スルー・レート制御と低い寄生インダクタンスにより、クリーンな MOSFET スイッチングと最小 EMI を実現します。
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド document-generic 英語版をダウンロード
リファレンス・デザイン ダウンロード
230V、250W、高効率 BLDC モータ駆動、DC バス電圧リップル補償付、リファレンス・デザイン
TIDA-00472 TIDA-00472 は、センサレス台形波制御方式を使用して、調理器用フードなどで使用されている、最大定格 250W 以下のブラシレス DC(BLDC)モーターを駆動するディスクリート IGBT ベースの 3 相インバータのリファレンス・デザインです。このリファレンス・デザインは、DC バス電圧のリップル補償のためにソフトウェア実装を行い、DC バス・コンデンサの要件を 30% 低減するとともに、全体的な BOM(部品表)コストを削減します。サイクルごとの過電流保護機能により、大きい電流スパイクから出力段を保護するとともに、ボードは最大 65℃ の周囲温度で動作します。このリファレンス・デザインはテスト済みであり、伝導性電磁波、サージ、EFT に関する EN55014 の各種規格に合格しています。
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド
リファレンス・デザイン ダウンロード
高効率、多用途双方向パワー・コンバータ、エネルギ保存および DC 家庭向けソリューション用
TIDA-00476 TIDA-00476 is comprised of a single DC-DC power stage, which can work as a synchronous buck converter or a synchronous boost converter, enabling bidirectional power flow between DC power source and energy storage system. Operating in synchronous buck mode, the system works as a MPPT controlled DC-DC (...)
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
DSBGA (YFF) 40 オプションの表示
TSSOP (DA) 38 オプションの表示
WQFN (RSB) 40 オプションの表示

購入と品質

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示

ビデオ

関連ビデオ