トップ

製品の詳細

パラメータ

Non-volatile memory (kB) 8 RAM (KB) 2 ADC 10-bit SAR GPIO pins (#) 15 Features Advanced sensing, Real-time clock UART 1 USB No I2C 1 SPI 2 Comparator channels (#) 0 open-in-new その他の MSP430 マイコン

パッケージ|ピン|サイズ

TSSOP (PW) 16 22 mm² 5 x 4.4 VQFN (RHL) 20 16 mm² 4.5 x 3.5 open-in-new その他の MSP430 マイコン

特長

  • CapTIvate™ テクノロジ - 容量性タッチ
    • 性能
      • 2 つの同時スキャンによる高速な電極スキャン
      • 近接センシング
    • 信頼性
      • 電源ライン、RF、その他環境ノイズへの耐性の強化
      • スペクトラム拡散、自動チューニング、ノイズ・フィルタリング、デバウンシング・アルゴリズムを内蔵
      • 10V RMS の同相ノイズ、4kV の電気的高速過渡、15kV の静電放電により、IEC-61000-4-6、IEC-61000-4-4、IEC-61000-4-2 に準拠した信頼性の高いタッチ・ソリューションを実現
      • RF 放射の低減により電気的設計が簡素化
      • 金属タッチおよび耐水性設計をサポート
    • 柔軟性
    • 低消費電力
      • 2 つのセンサにより、消費電流 4µA 未満のウェイク・オン・タッチ
      • ウェイク・オン・タッチのステート・マシンにより、CPU がスリープ状態でも電極スキャンが可能
      • 環境補償、フィルタリング、スレッショルド検出のハードウェア・アクセラレーション
    • 使いやすさ
      • CapTIvate Design Center の PC GUI により、エンジニアはコードを作成せず、リアルタイムで容量性ボタンを設計し、チューニング可能
      • ROM の CapTIvate ソフトウェア・ライブラリにより、顧客アプリケーションに豊富な FRAM を使用可能
  • 組み込みマイクロコントローラ
    • 16 ビットの RISC アーキテクチャ
    • 最高 16MHz のクロック周波数をサポート
    • 3.6V~1.8V の広い電源電圧範囲 (最低電源電圧は SVS レベルにより制限されます。「SVS 仕様」を参照)
  • 最適化された超低消費電力モード
    • アクティブ・モード:120µA/MHz (標準値)
    • スタンバイ:2 つのセンサによるウェイク・オン・タッチ:4µA 未満
    • シャットダウン (LPM4.5):SVS なしで 36nA
  • 低消費電力の強誘電体 RAM (FRAM)
    • 最大 7.5KB の不揮発性メモリ
    • エラー訂正コード (ECC) 搭載
    • 書き込み保護を設定可能
    • プログラム、定数、ストレージの統合メモリ
    • 書き込みサイクルの耐久性:1015
    • 放射線耐性、非磁性
    • 高いFRAM:SRAM比、最大4:1
  • 高性能アナログ
    • 最大 8 チャネルの 10 ビット・アナログ/デジタル・コンバータ (ADC)
      • 内蔵の 1.5V 基準電圧
      • サンプル・アンド・ホールド 200ksps
  • インテリジェントなデジタル・ペリフェラル
    • 3 つのキャプチャ/比較レジスタを搭載した 16 ビット・タイマ (Timer_A3) × 4
    • CapTIvate™テクノロジに関連付けられた 16 ビット・タイマ × 1
    • 16 ビット・カウンタ専用 RTC × 1
    • 16 ビットの巡回冗長性検査 (CRC)
  • 拡張シリアル通信、ピンの再割り当て機能をサポート (「デバイスの比較」を参照)
    • 1 つの eUSCI_A が UART、IrDA、SPI をサポート
    • 1 つの eUSCI_B が SPI および I2C をサポート
  • クロック・システム (CS)
    • オンチップの 32kHz RC 発振器 (REFO)
    • オンチップの 16MHz デジタル制御発振器 (DCO)、周波数ロック・ループ (FLL) 付き
      • オンチップの基準電圧は室温で ±1% 精度
    • オンチップの超低周波数 10kHz 発振器 (VLO)
    • オンチップの高周波数変調発振器 (MODOSC)
    • 外付けの 32kHz 水晶発振器 (LFXT)
    • 1~128 の MCLK プリスケーラをプログラム可能
    • 1、2、4、8 のプログラマブル・プリスケーラを使って MCLK から SMCLK を生成
  • 汎用入出力およびピン機能
    • VQFN-20 パッケージに合計 15 の I/O を搭載
    • 15 本の割り込みピン (P1 および P2) により、低消費電力モードから MCU をウェイクアップ可能
  • 開発ツールとソフトウェア
    • 開発ツール
    • 使いやすいエコシステム
      • CapTIvate Design Center - コード生成、カスタマイズ可能な GUI、リアルタイム・チューニング
  • 12KB ROM ライブラリに CapTIvate タッチ・ライブラリとドライバ・ライブラリを内蔵
  • ファミリ・メンバー(「デバイス特性」も参照)
    • MSP430FR2522:7.25KB のプログラム FRAM、256 バイトの情報 FRAM、2KB のRAM
      最大 8 つの自己容量式または 16 の相互容量式センサ
    • MSP430FR2512:7.25KB のプログラム FRAM、256 バイトの情報 FRAM、2KB のRAM
      最大 4 つの自己容量式または相互容量式センサ
  • パッケージ・オプション
    • 20ピン:VQFN (RHL)
    • 16ピン:TSSOP (PW)

All trademarks are the property of their respective owners.

open-in-new その他の MSP430 マイコン

概要

MSP430FR25x2は超低消費電力の容量式タッチ・センシング用 MSP430™マイクコントローラ(MCU)ファミリの製品で、CapTIvate™タッチ・テクノロジを搭載しており、1~16個の容量式ボタンまたは近接センシングを使用する、コストの制約が厳しいアプリケーション向けです。MSP430FR25x2 MCUは、電磁気妨害、油、水、グリースなどにさらされる産業用アプリケーション向けの価値と性能を実現します。これらのデバイスは、IEC認定済みのソリューションであり、競合製品の1/5の消費電力で、ガラス、プラスチック、金属のオーバーレイを通して近接センシングとタッチに対応できます。

TIの容量式タッチ・センシングのMSP430 MCUは、ハードウェアとソフトウェアの包括的なエコシステムによってサポートされており、設計をすぐに開始するためのリファレンス・デザインとサンプル・コードも入手できます。BOOSTXL-CAPKEYPAD BoosterPack™プラグイン・モジュールは、CAPTIVATE-PGMRプログラマ・ボード(スタンドアロン、またはMSP-CAPT-FR2633 CapTIvate開発キットの一部として)、またはLaunchPad開発キットのエコシステムとともに使用できます。また、TIでは、エンジニアが使いやすいGUIによりアプリケーションを迅速に開発できるCapTIvate Design CenterMSP430Ware™ソフトウェアなどの無料ソフトウェアや、CapTIvateテクノロジ・ガイドなどの包括的なドキュメントも提供しています。

CapTIvateテクノロジを搭載したMSP430 MCUは、高い信頼性とノイズ耐性を備え、消費電力が非常に低く、市場最高クラスの包括的かつ自律的な容量式タッチ・ソリューションを低価格で実現できます。詳細については、ti.com/captivateをご覧ください。

モジュールの詳細な説明については、『MSP430FR4xx and MSP430FR2xx Family User’s Guide』 (英語) を参照してください。

 
 

open-in-new その他の MSP430 マイコン
ダウンロード

技術資料

star = TI が選択したこの製品の主要ドキュメント
結果が見つかりませんでした。検索条件をクリアして、もう一度検索を行ってください。
すべて表示 21
種類 タイトル 英語版のダウンロード 日付
* データシート MSP430FR25x2 容量性タッチ・センシング、ミクスト・シグナル・マイクロコントローラ データシート (Rev. C 翻訳版) 英語版をダウンロード (Rev.C) 2020年 3月 31日
* エラッタ MSP430FR2522 Device Erratasheet (Rev. G) 2019年 4月 24日
* ユーザー・ガイド MSP430FR4xx and MSP430FR2xx Family User's Guide (Rev. I) 2019年 3月 13日
アプリケーション・ノート MSP430FR2xx and MSP430FR4xx DCO+FLL Application Guide 2020年 12月 7日
ユーザー・ガイド MSP430 MCUs Development Guide Book 2020年 10月 9日
ホワイト・ペーパー Capacitive Sensing Technology, Products, and Applications 2020年 5月 19日
技術記事 The capacitive touch trend is rising rapidly. Can you keep up? 2020年 5月 15日
アプリケーション・ノート Automating Capacitive Touch Slider and Wheel PCB Design Using OpenSCAD Scripts (Rev. B) 2020年 2月 26日
アプリケーション・ノート MSP430 System-Level ESD Considerations (Rev. A) 2020年 1月 13日
アプリケーション・ノート Designing with the MP430FR4xx and MP430FR2xx ADC 2019年 12月 30日
アプリケーション・ノート MSP430 System ESD Troubleshooting Guide 2019年 12月 13日
アプリケーション・ノート Low-Power Battery Voltage Measurement With MSP430FR MCU On-Chip VREF and ADC (Rev. A) 2019年 11月 4日
アプリケーション・ノート Capacitive Touch Design Flow for MSP430™ MCUs With CapTIvate™ Technology (Rev. B) 2019年 8月 14日
アプリケーション・ノート Migration From MSP430 FR58xx, FR59xx, and FR6xx to FR4xx and FR2xx (Rev. A) 2019年 3月 26日
アプリケーション・ノート Sensitivity, SNR, and Design Margin in Capacitive Touch Applications (Rev. A) 2019年 3月 25日
技術記事 Adding imagination to your next-generation appliances 2018年 11月 12日
アプリケーション・ノート CapTIvate™テクノロジを搭載したMSP430™マイコンによる、金属を通した静電容量式タッチ (Rev. A 翻訳版) 英語版をダウンロード (Rev.A) 2018年 7月 26日
技術記事 Embedding more sensing and measurement at embedded world 2018年 2月 28日
技術記事 Thinking that capacitive touch is too expensive or complicated to include in your product? Think again 2018年 2月 27日
ホワイト・ペーパー Simplify smart home assistant human machine interfaces with capacitive-touch tec 2018年 2月 15日
ユーザー・ガイド CapTIvate BOOSTXL-CAPKEYPAD Evaluation Module 2018年 1月 9日

設計と開発

追加の事項や他のリソースを参照するには、以下のタイトルをクリックすると、詳細ページを表示できます。

ハードウェア開発

評価ボード ダウンロード
14.99
概要
The MSP430™ CapTIvate™ isolation board (CAPTIVATE-ISO) provides a way to maintain Spy-by-Wire, I2C, and UART communication between the CAPTIVATE-PGMR and the CapTIvate MCU Board (such as the CAPTIVATE-FR2633) when the MCU Board is powered from an external power source such as a battery (...)
特長
  • Provides digital isolation for Spy-by-Wire, I2C, and UART
  • No shared power or ground
開発キット ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
29.99
概要

ステップ 1:BOOSTXL-CAPKEYPAD BoosterPack + CAPTIVATE-PGMR バンドルを購入
ステップ 2:CapTIvate デザイン・センターをダウンロードし、インストール
ステップ 3:使用方法の説明を確認

BOOSTXL-CAPKEYPAD は CapTIvate™ テクノロジーを搭載した MSP430FR2522 静電容量式タッチ・センシング・マイコン(MCU)向けの使いやすい評価基板(EVM)です。BOOSTXL-CAPKEYPAD は (...)

特長
  • CapTIvate テクノロジー搭載の MSP430FR2522 MSP430 マイコン
  • LaunchPad エコシステムを活用できる 40 ピン BoosterPack 規格
  • CAPTIVATE-PGMR とのインターフェイス向けの CapTIvate プログラミング・ヘッダ
  • 近接センサ搭載の12 タッチ・ボタン数字キーパッド
  • バックライト向け LP3943 LED ドライバを統合
開発キット ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
149
概要

注:このキットに MSP430™ マイコン(MCU)のサンプルは付属していません。  互換性のあるデバイスのサンプルを入手するには、製品ページにアクセスするか、TI store のカートにこのツールを追加した後、関連するマイコンを以下から選択してください。MSP430FR2522MSP430FR2512、または MSP430FR2422

MSP-TS430RHL20 マイコン開発ボードはスタンドアロンの ZIF (...)

特長
  • JTAG インターフェイスを経由して 20 ピン QFN パッケージのプログラムとデバッグを実行するためのソケット・ボード
  • すべてのデバイス・ピンへのアクセス
  • インジケータ LED とユーザー・スイッチ
  • JTAG コネクタ
ハードウェア・プログラミング・ツール ダウンロード
19.99
概要
MSP430 CapTIvate マイコン・プログラマは静電容量性タッチ技術を採用した MSP430FR2633 マイコンの評価のために、スタンドアロンとして、あるいは包括的で使いやすいプラットフォームである MSP CapTIvate&trade (...)
特長
  • CapTIvate マイコン・ボードと互換性があるプログラマ・ボード
  • EnergyTrace 技術は Code Composer Studio により消費電力を測定
  • CapTIvate マイコン・ボードとのインターフェイスのための CapTIvate プログラミング・ヘッダー
  • USB HID-Bridge 通信インターフェイスは UART または I2C 経由でのターゲットと PC 間のデバッグ・データ伝送を容易に
ハードウェア・プログラミング・ツール ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
115
概要

**第 2 世代の MSP-FET はCode Composer Studio™ v7.0、IAR EW430 v7.1、IAR EWAR v8.10 以降の IDE でサポートされています。それ以前のリリースの IDE と組み合わせて使用する際はこちらの E2E 記事をご覧ください。第 2 世代の MSP-FET を第 1 世代の MSP-FET と見分けるため方法はMSP Debugger’s Guide (section 5.6.1 – general features)** に掲載されています。

MSP-FET はパワフルなエミュレーション開発ツールで、デバッグ・プローブとしばしば呼ばれます。このツールを使用して、MSP 低消費電力マイコン(MCU)上でアプリケーション開発を迅速に開始できます。

(...)

特長
  • USB デバッグ・インターフェイスは MSP430 マイコンをコンピュータに接続し、リアルタイムでインシステムのプログラミングとデバッグを実行
  • EnergyTrace™ テクノロジーにより、Code Composer Studio と IAR Embedded Workbench 開発環境ですべての MSP430 / MSP432 デバイスのエネルギー測定とデバッグが可能
  • 3 ステート・モードをサポートし、EnergyTrace による電力消費量を高精度に表示
  • MSP430 と PC 間の双方向通信のためにバックチャネル UART を搭載
    • これにより、アプリケーション実行中にセンサからの入力のシミュレーションやデバッグ・データのロギングが可能
    • MSP ブートストラップ・ローダ(BSL)インターフェイス
  • FET プログラマの以前のバージョンである MSP-FET430UIF に比べ最大 4 倍の読み書き速度
ハードウェア・プログラミング・ツール ダウンロード
document-generic ユーザー・ガイド
概要

MSP ギャング・プログラマ (複数デバイスへの書き込み機能) (MSP-GANG) は、MSP430™/MSP432™ デバイス向けのプログラマであり、最大 8 個の同一 MSP430/MSP432 フラッシュ・デバイスまたは FRAM デバイスに同時にプログラムする (...)

特長
  • RS-232 または USB インターフェイスを経由して、フラッシュ・ベースまたは FRAM ベースの MSP デバイスに迅速かつ信頼性の高い方法でプログラム (書き込み)
  • 数種類のプログラミング・モード:
    • 対話モード - PC に接続した状態で、MSP GANG プログラマの GUI を使用してプログラミング
    • イメージからのプログラミング - 構成オプションとコード・ファイルを収録しているイメージを保存することが可能。この場合は、ユーザーは PC を使用しないスタンドアロンで MSP デバイスにプログラミングすることが可能
    • スクリプトからのプログラミング - より複雑なプログラミング手順の自動化が可能。
  • 設定、プログラミングおよび量産テストのための直観的にわかりやすい GUI
  • イメージ保存用の SD カード・スロット
  • PC なしでも簡単にプログラミングできる LCD 画面
  • 同時に 8 個のターゲットに対応
  • 現在および将来の MSP430/MSP432 デバイスをすべてサポート

ソフトウェア開発

アプリケーション・ソフトウェアとフレームワーク ダウンロード
MSP CapTIvate デザイン・センタ GUI
MSPCAPTDSNCTR CapTIvate™ デザイン・センター GUI は、TI の MSP430™ マイコンに統合された CapTIvate (...)
特長
  • 5 分未満で設計を開始
  • プログラムを書かずに静電容量式センサの製作、構成、調整が可能
  • Code Composer Studio™ と IAR Embedded Workbench® IDE 向けのソース・コード・プロジェクトを自動生成
  • スライダ、ホイール、ボタン、近接センサをサポート
  • HID 通信ブリッジを使用したターゲットとのリアルタイム通信により以下の機能を実現:
    • センサ・データの詳細表示
    • センサ性能の構成と調整
  • 以下の環境で動作:
    • Windows 7 以降の OS とバージョン 1.6 以降の Java
    • Apple OS X 10.10.1 とバージョン 1.7 以降の Java
    • Linux OS とバージョン 1.6 以降の Java
ドライバまたはライブラリ ダウンロード
FRAM 埋込型ソフトウェア・ユーティリティ、MSP 超低消費電力マイコン用
MSP-FRAM-UTILITIES The Texas Instruments FRAM Utilities is designed to grow as a collection of embedded software utilities that leverage the ultra-low-power and virtually unlimited write endurance of FRAM. The utilities are available for MSP430FRxx FRAM microcontrollers and provide example code to help start (...)
IDE (統合開発環境)、構成機能、またはデバッガ ダウンロード
MSP マイコン向け EnergyTrace™ テクノロジー
ENERGYTRACE EnergyTrace™ ソフトウェアは、MSP430™ マイコン (MCU)、MSP432™ マイコン、CC13xx ワイヤレス・マイコン、CC26xx ワイヤレス・マイコンに対応した、エネルギー・ベースのコード分析ツールであり、アプリケーションのエネルギー・プロファイルを測定して表示します。また、超低消費電力化を目的としたコードの最適化に役立ちます。

デベロッパーの皆様がご存じのように、システムの状態を理解していない場合、システムのチューニングは困難になります。 EnergyTrace ソフトウェアを使用すると、最小消費電力の設計を実現するのに必要な情報を入手できます。このフィードバックにより、MSP アーキテクチャが提供している各種技術の実装や、ULP Advisor (...)

特長
  • 電流測定機能は、MSP430 マイコン、MSP432 マイコン、および各種コネクティビティ・デバイスで有効になっています
  • CPU 状態のトレース機能は、選択された MSP430 マイコン、MSP432 マイコン、CC13x2 ワイヤレス・マイコン、CC26x2 ワイヤレス・マイコンで利用できます
  • ペリフェラル状態のトレース機能も、選択された MSP430 マイコン、CC13x2 ワイヤレス・マイコン、CC26x2 ワイヤレス・マイコンで利用できます
  • MSP430 マイコンで EnergyTrace 機能をサポートするには、eZ-FET または MSP-FET のデバッガが必要です
  • MSP432 マイコンでこの機能を使用するには、(MSP432 LaunchPad が搭載している) XDS110-ET、または MSP-FET と MSP432 マイコン対応アダプタの組み合わせが必要です
  • CC13x2 と CC26x2 の各デバイスでこの機能を使用するには、(LaunchPad 開発キットが搭載している) XDS110-HDR、またはスタンドアロンの XDS110 (TMDSEMU110-U) + EnergyTrace HDR アクセサリ (TMDSEMU110-ETH) の組み合わせが必要です
  • Code Composer Studio IDE と IAR Embedded (...)
IDE (統合開発環境)、構成機能、またはデバッガ ダウンロード
IAR Embedded Workbench Kickstart - 無償 4 KB IDE
IAR Systems からの提供 IAR-Kickstart (zip, slac050)

IAR Embedded Workbench Kickstart for MSP430 is an Integrated Development Environment (IDE) for building and debugging embedded applications for MSP430 microcontrollers. The IDE includes a code size limited C-Compiler/Unlimited Assembler/FET Debugger/Simulator. The code (...)

ソフトウェア・プログラミング・ツール ダウンロード
UniFlash stand-alone flash tool for microcontrollers, Sitara™ processors and SimpleLink™ family
UNIFLASH サポート対象のデバイス: CC13xx、CC25xx、CC26xx、CC3x20、CC3x30、CC3x35、Tiva、C2000、MSP43x、Hercules、PGA9xx、IWR12xx、IWR14xx、IWR16xx、IWR18xx、IWR68xx、AWR12xx、AWR14xx、AWR16xx、AWR18xx。  コマンドライン専用:AM335x、AM437x、AM571x、AM572x、AM574x、M65XX、K2G

CCS Uniflash は、TI マイコン (MCU) 上のオンチップ・フラッシュ・メモリや、Sitara プロセッサのオンボード・フラッシュ・メモリをプログラムする (書き込む) 目的で使用する、スタンドアロンのツールです。Uniflash には、GUI、コマンド・ライン、スクリプト・インターフェイスがあります。CCS Uniflash は無料で利用できます。

サポート・ソフトウェア ダウンロード
SLAC750C.ZIP (359 KB)

リファレンス・デザイン

リファレンス・デザイン ダウンロード
ジェスチャベース静電容量性タッチ・スピーカ・インターフェイスのリファレンス・デザイン
TIDM-02004 — The Gesture-Based Capacitive Touch Speaker Interface Reference Design demonstrates an ultra-low-power panel for controlling speaker systems. The design uses an MSP430™ microcontroller with CapTIvate™ technology for recognizing capacitive touch events. Using a self-capacitance (...)
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド document-generic 英語版をダウンロード
リファレンス・デザイン ダウンロード
近接センシング / LED アニメーション機能搭載、静電容量性タッチ・ベース・ユーザー・インターフェイスのリファレンス・デザイン
TIDA-01559 — TIDA-01559 は MSP430FR2522 MCU と LP5569 デバイスを使用するヒューマン・マシン・インターフェイス(HMI)のリファレンス・デザインで、超低スタンバイ消費電力を提供するほか、LED エンジン制御機能により MCU のリソースをオフロードします。EMI 特性と湿気耐性の高い低消費電力 HMI を必要とする用途に最適なソリューションです。  例として台所の換気扇フード、調理器具上部、冷蔵庫などがあります。
document-generic 回路 document-generic ユーザー・ガイド document-generic 英語版をダウンロード

CAD/CAE シンボル

パッケージ ピン数 ダウンロード
TSSOP (PW) 16 オプションの表示
VQFN (RHL) 20 オプションの表示

購入と品質

含まれる情報:
  • RoHS
  • REACH
  • デバイスのマーキング
  • リード端子の仕上げ / ボールの原材料
  • MSL rating/ リフローピーク温度
  • MTBF/FIT の推定値
  • 原材料組成
  • 認定試験結果
  • 継続的な信頼性モニタ試験結果

サポートとトレーニング

TI E2E™ Forums (英語) では、TI のエンジニアからの技術サポートが活用できます

コンテンツは、TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関する質問は、TI サポートのページをご覧ください。

トレーニング・シリーズ

TI のトレーニングとビデオをすべて表示

ビデオ